Home > 音楽 > ESTEEM -I'VE RESPECT ARRANGE VOCAL ALBUM-

ESTEEM -I'VE RESPECT ARRANGE VOCAL ALBUM-

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月11日 23:54
  • 音楽

ひょんなことからこのCDの存在を知ったのですが(´・ω・)

こういうのを聞かされると、同じことをやれるハズなのにやれないのが歯痒いというか、やれるならクラウザーさんやジャック・イル・ダークのカッコでギターかき鳴らしたって上等。いや、ギターは弾けませんが(爆

いや、実際ミクシのコミュでもダメバントとかそういうコミュがあって、そういう活動を行われてる方々が集っておられますけど、自分的にもっとそういうものでの常識を破壊するというか、世界を変える挑戦がしてみたいんですよ(・ω・)

とりあえず、9曲が収録されていますが、その中で特に思い入れのある曲を。

★Princess Brave!
極端にオリジナルのイメージからは外していないのですが、やっぱりこう、自分の中にあるプリブレと違うんですよね。

ある種、すでにプリブレという曲の世界観が自分の中で出来上がっていることもあるのですが、もう聞く度にレヴィ張りに「違うんだ、違うんだベイヴィ」となります。

何が違うかって言ううと、たぶん目指す方向性が違うんだろうな。
I'veっていう音を音楽的に洗練させるか、萌えとか電波とかの洗練させるか。
僕は音楽性の方を取ってるから、そういう部分での相違がでるのかな。

ま、こーいうのを聞かされるとね、自分なりのスタイルでこの曲を表現したくなるんだ(´・ω・`)
北陸(石川)にはそういうバンドいないけど。

誰か一緒にやる?

★↑青春ロケット↑
個人的なこの曲(オリジナル版)に対する感想を一言言わせて貰うと、「この曲は電波ソングじゃない!」っていうのがあるんですよね。

プリブレと同じで、この曲もやっぱり自分の中で曲を消化して、再構築していく中で、この曲もやはり自分なりの解釈というのが生まれてくるワケですが、その中でこの曲はどーにも電波ソングとは思えないと考えるようになったのですよ。

そういう意味では非常に不満の残るアレンジというか、このアルバムでは「この曲は電波ソングである!」という主張が伝わってくるワケでありまして、曲の持ち味を殺しているような気がします。

★Treating 2U
先日I'veにも男性Vo.曲があったんだ、と書きましたけど、このTreating 2Uを知ったのがこのアルバムなんですね(爆

調べてみれば2000年リリースということで、既に登場から7年経過・ほぼI've最初期の頃の曲でありますねぇ。

この曲、このアルバムではハードロックな感じにアレンジされていますが、オリジナルはB'zのCallingみたいなバラード調であります。
ついでにヴォーカリストは堤伊之助という方ですが、ヴォーカルの雰囲気もイイ声なんですがB'zです(爆

では、このアルバムに収録されているバージョンはというと、サンプル版とか聞いてて何となくBメロのフレーズが詰まってるなってイメージがあったのですが、オリジナルがゆったりしたフレーズで構成されているのだから、テンポアップすればそれも当然か。

でも、違和感らしい違和感っていうのはソコだけで、実際このタイプの編曲がオリジナルに聴こえるくらいイイのですよ。

果たして、アレンジがイイのか、それとも曲がそういう風に変幻自在に姿を変えられるタイプの曲なのかは分かりませんけど。

しかしまー、調べてみるとこの曲にはリミックスバージョンで女性Vo.版も存在するようですが、とにかく評価が真っ二つ。

やはりI've=女性Vo.のイメージがあるのか、それとも本当にリミックス版のデキがイイのかは分かりませんが、リミックス版を支持する声が非常に多い。

もちろん、オリジナルも評価は高いし、実際曲の完成度も高いと思いますので、やはりある種のI'veに対する先入観みたいなものがそういう評価を生んでいるのでしょうか。

Home > 音楽 > ESTEEM -I'VE RESPECT ARRANGE VOCAL ALBUM-

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top