Home > ゲーム > DQ6?番外編?

DQ6?番外編?

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年4月10日 20:36
  • ゲーム

とりあえずDQ6のプレイスタイルをば。

★正拳突き
あれー?こんなに有用だったっけ?

確かに攻撃力2倍なのは知っていたのですが、昔やったときはもっと避けられてたような気がして、あんまり実用にならないと思っていたから、途中からほとんど使っていなかったのですが。

★ボス戦
前衛群(主人公・ハッサン・ドランゴ)
後衛群(ミレーユ・バーバラ・チャモロ)から各2人づつ

デュラン戦前(ドランゴ加入前)は前衛はほぼハッサン・主人公で固定でした。
アモスは守備は硬いのですが、イマイチHPと攻撃力が低いのでボスでは使わず。
後衛は時期によってメンバーは入れ替わっていて、ミレーユはほぼレギュラーですが、バーバラとチャモロは育成方針が若干異なることもあって、使える方を使っていました。

職は前衛が主人公は勇者(バトルマスター)、ハッサンがバトルマスター。
後衛は基本は賢者ですが、パラディンだったり魔法戦士だったりもします。

やはりDQ6では、特に後半戦はボス戦ともなるとハンパじゃなく攻撃が激しいので、5ではそれほど重要度の高くなかった補助魔法の割合を増やさないとやってられません。

攻撃は基本的に正拳突きの通じる相手はバイキルトして正拳突き。
ハッサンなんかは攻撃力が高いので、気合ためを併用することもあります。
後衛職は基本的に戦闘補助のみで戦います。

それでもバイキルト正拳がデュラン戦前後ともなると一発300ダメージオーバー、ハッサンに至っては気合ため併用でダメージ4桁に乗ることすらあったので、火力不足はありませんでした。

★ボス戦(ドランゴ以降)
ドランゴ以降は異常な硬さを誇るドランゴが先頭に立つことが多くなりました。
しかし、育成の関係上、真に実用になっていたか?というと、デスタムーア城到達時点でもドラゴン職をマスターし切れておらず、ブレスはイマイチ使えないし、当然正拳突きも使えないので、単なる弾除け状態でした。
でも、この時期にはチャモロが賢者の後パラディンになっていた関係もあって、戦闘補助をしつつも正拳突きを両立できる状態になっていたので、十分機能はしていたのですが。

★転職
イキナリバトルマスター(主人公・ハッサン・アモス)と賢者(ミレーユ・バーバラ・チャモロ)から育成をスタートしたモンですから、途中まではサクサク進めたんですけど、ちょうど主人公融合辺りからそれらの職をマスターして第2の職へ転職するキャラがチラホラホラ。
主人公はバトルマスター後勇者転職でしたからまだ戦力になったのですが、それ以外のキャラは軒並みグレードダウン。

特に、途中で魔法系のキャラが本当に1人も居なくなっていた時期が(笑
賢者コースで育てていたキャラたちがほぼ同時期に賢者をマスターした上、スーパースターの道を歩んだミレーユ・パラディンのために武闘家になったチャモロ・魔法戦士のために(中略)バーバラといった具合に転職させたので、一時期ホントに魔法系が実質居なくなっていたのですよ?。
まあ、重要な戦闘前には一旦職は戻していたのですが、通常戦闘の時はツラかった?。

Home > ゲーム > DQ6?番外編?

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top