Home > 同人 > 2B

2B

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年7月30日 18:53
  • 同人

最近、シャープペンの芯の硬さをHBから2Bに変えたのですが・・・。

主にこの変更に対する要求点は以下の通り。

・軽い力で濃い線を描く
元々、僕はあまり筆圧を掛けずに描く方なのですが、HBだと紙の上ではソコソコ線が濃く描けたように見えても、スキャナで取り込むと軽く補正をかけただけで線が飛んでしまうことも多く、結局最終的にはしっかりと(?)線を描く必要が多かったため

・↑に転じて、修正を容易にするため
だって、軽い筆圧で描いた線って、綺麗に消えやすくないですか?

・↑に転じて、よりペン入れ工程との融合を進めるため
まあ結局、ペン入れは苦手で、嫌いなわけですよ。
やっぱり鉛筆がイイんです!

・・・というワケで変更してみたワケなのですが、確かに「濃い線を描く」という点では狙い通りのものがありました。
スキャナ写りもそれなりに良くなりましたし、僕の筆圧でもHBの芯でしっかり描いた時と同程度の色が出るようになったと思います。

でも、反面思ってもみなかったことが・・・。

・線がボケるというか、滲む。
消しゴムのカスを掃ったりするうちにいつのまにかボケてるんですよねぇ。これは消えるからいいんですけど。

・紙が痛むというか、汚れる
これが一番致命的なような気がするよ。というか予想GUY。
ちょっと濃い目の線を気合入れて描いただけで、それを消すとホワイト修正が必要なんじゃないかってくらい汚れが残る。
なんか補正にも響きそうなんですが・・・。

うーん、やっぱりペン入れ必要なのかなぁ・・・。

Home > 同人 > 2B

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top