Home > パソコン・ネット > ノートにクワッド

ノートにクワッド

GF9シリーズが予想よりも早いリリースとなった反面、あんまり面白い内容ではなくてガックリしていたところにやってきた、ノートのMontevina向けの新型CPUの詳細。
まあ、その詳細はもっと専門性のあるサイトにお任せするとして・w・

今回いよいよノート向けCore2も動作クロックが3Ghzを超えるようで(X9100)。

ノート向けCPUでは、過去にMobile Pentium4が動作クロック3Ghzを突破したことがありましたが、知っての通りNetburstの爆熱ぶりがノートではアダとなり、デスクトップよりも早く低発熱・高IPC志向のPentium Mに代替されて以降、しばらく動作クロックの上では数値が低めに抑えられている時代が続いておりました。

しかし、Core MAも熟成が進んできた結果、直近の最新モデルであるX7900では動作クロックも遂に3Ghz目前の2.8Ghzまで到達、そしてこの世代のエクストリーム仕様であるX9100では動作クロック3.06Ghzが予定されており、ノートも再び3Ghz時代(まあハイエンドだけですが)がやってくるようです・w・

そして、その中に気になるCPU1つ。

Core 2 Extreme QX9300。

モデルナンバーだけ見るとエクストリーム仕様とはいえ、遂にノート向けにもクワッドが登場するようですが、コヤツモデルナンバー的にデュアルのエクストリームのX9100よりも上位のモデルナンバーが与えられております。

これは面白いことになってきました。

ところが、何故かこのQX9300だけ動作クロックが分かっておりませぬ。
その他の分かっている部分はFSB1066Mhz/L2 6MBx2/TDP45W。

過去にノート向けクワッドの情報が出たときの経験から、コヤツの動作クロックはX9100と同じ3.06Ghzではないか?と見る向きもあるようですが、単純に考えればX9100よりも大きいモデルナンバーの与えられていることと、以前情報が出ているにも拘らず不明となっていることを考えると、QX9300の動作クロックはもうちょっと上の3.2Ghz?のような気がします・w・

ただ、デスクトップ向けのコアではクアッドにしただけでTDPが倍近くまで跳ね上がったりしてますから、いくらノート向けとはいえ、クアッドにしてたった1WしかTDPが上がらない、という事を考えると、やっぱりちょっとクロック低いのかな・・・。

Home > パソコン・ネット > ノートにクワッド

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top