Home > イベント・旅行 > 急行能登

急行能登

わんへすの帰りに初めて使ってみた夜行列車。

往復で諭吉1枚程度で済むほど安い高速バスや、この列車よりも30分ほど早く上野駅を出発し、全く同じルートを辿る寝台特急北陸はよく(?)使うのだけど、能登は初めて。

乗ってみた理由は単に興味があったから(笑
あとは、あんまり快適じゃない高速バスを、更に荷物が嵩張る状態(キャスターバッグ持ってたし)で乗りたくはないけど、寝台特急も高過ぎる(割引によっては飛行機の方が安く上がることすらある)という理由もあり。

まあ、中身はフツーの特急列車ですけどね・w・
「急行」という種別もJRでは滅多に見なくなりましたけど、使っている車両は特急の転用(489系・かつての雷鳥とかの兄弟車種)ですから・・・。

料金的には、大して安くないです。
(上野?金沢で1万円弱ほど)
でも、指定席と自由席の料金差がたったの500円くらいしかないので、指定席の方が得?と思ったらそうでもない。

ハイシーズンの頃や高崎駅くらいまではそれなりに混むらしいけど、うん。ガラガラだった(笑

しかも、車内設備も指定と自由では一緒だから、指定席の特権である「必ず席が取れる」ことのマージンすらほとんど無いぜ。
というか、イスが柔らかすぎて全区間乗り通すととてもケツが痛くなった。

むしろ、最近では滅多に見なくなったらしいラウンジカーが面白いなー。
自販機あるし、マターリしたい時とかすごく行きたい。

でもまあ、公共の交通機関としては石川?東京を移動する手段としては最も遅く東京を出られる(上野発23:33)ので、ギリギリまで遊んでたいときとかは今後も使う機会あるかも。

Home > イベント・旅行 > 急行能登

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top