Home > パソコン・ネット > 写真屋さんの64ビット対応

写真屋さんの64ビット対応

CS4から写真屋さんが64ビットのVistaに対応するというウワサが流れているらしく。
(というか、現行のCS3なんかはVistaが出て以降のリリースだから、てっきり写真屋さんの性格的に64ビットに対応しているものと思っていたら、非対応だったのですね・w・)
うん。それならすっごくVistaに乗り換える口実が作れる。

北森瓦版さんとこのレスでも書いてあったけど、Vista&64ビットOSの普及の口実としては、こういうメモリイーターでかつシェアもあるソフトが「対応します!」って言ってくれるのが一番強いと思う。
FF&ドラクエがプレステに流れた時のように。

現状、64ビットOSは周辺機器の対応状況が芳しくないから、今のところそのメリットと言えばメモリをしこたま積めることくらいしかないのだけど、写真屋さんは本当にそのメモリの搭載量で作業性がものすごく変わるソフトの最右翼だから、64ビットOSに対応することのメリットは計り知れない。

写真屋さんが対応すれば、その周囲にあるペンタブとかプリンターとかスキャナとかは否が応にも対応が迫られるし、プリンタ・スキャナ辺りが対応すれば波及的にさらにその周囲にあるソフトやハードも充実してくるし。

結果的にみんなが64ビットOSを手にする機会が出来るということでゲイツ様も僕らも万々歳(笑

僕的にも、仮想メモリ切ってるのが悪いんだけど、物理2GB積んでいてもいっぱいいっぱいだしね。現状?w?

状態としては4GB積んでちょうどイイくらい、快適性を考えるならもっと上が欲しいから、現状の32ビットOSでは写真屋を扱うレベルとしてはもう限界。

最近はメモリも安いんだし、このニュースを機にスッキリとVista移行&大量のメモリをブチ込んだPCで作業がしたいねぃ・w・

ただ、問題としては最近SAIを使い始めたことで、写真屋の作業比率が低下していきそうなこと(爆

Home > パソコン・ネット > 写真屋さんの64ビット対応

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top