Home > アニメ・コミック > ゴノレゴ13

ゴノレゴ13

今期メイドガイと並んで超期待していたゴルゴ13、昨日のHACオフでからきちさんが「超面白い」と言っていたので期待して見てみた・w・

・・・これはゴルゴじゃなくて「ゴノレゴ」だだだだ!m9・w・

デキは悪くないし、ネタとしても確かに最高だけど、オトナのコミック・ゴルゴ13を期待すると憤慨したくなるぜ、コイツはw

からきちさん曰く「喋らないゴルゴ」だそうなので、話の大枠は最近のゴルゴがモチーフなんだと思う(実際、ほとんど喋らない)

で、この喋らないゴルゴ、CV:館ひろしなんだけど、このほとんど喋らない、しかもあまつさえほとんど生返事みたいな短いセリフばっかりなのに、それだけで「ヘタクソ」ってヒシヒシと分かるのは如何なものかとw

あと、何よりも問題なのが、ゴルゴが居ないとむしろルパンっぽく感じる作品の作りだな。

絵柄がゴルゴっぽくも最近の絵風にアレンジされてるのは、さすがにさいとう先生のタッチそのままだといくらなんでも古臭すぎるので必要なコトだと思う。

だけど、肝心の本編が、とにかくゴルゴもそうだけど、それらを取り巻くキャラが押し並べて原作よりも小物と言うか安っぽいというか、ゴルゴが大金を受け取ってズキューンとターゲットを射抜くという、ステレオタイプなゴルゴのイメージだけに沿って脚本が書かれてる気がする。

まあ、原作の雰囲気はゴルゴのネタっぽいイメージとは裏腹に超重くて硬派なモノだから、そのままアニメにするのはツライのかもしれないけどね・・・。

でも、ホンモノのゴルゴはむしろゴルゴが全く出てこなくてもゴルゴの存在感を感じるモノであり(実際、そういう話もたまーにあります)、またスナイパー・ゴルゴ13以外の部分の重厚さも大きな魅力であるので、アレはゴルゴをあんまり知らない人間が製作の指揮を執ってるとしか・・・。

ゴルゴ自体はサザエさんやドラえもんとかと同じで、「偉大なるマンネリ」でもあるから、この辺りキッチリと作り込んでおけばネタにも尽きない作品なんだし、新たな定番となれると思うんだけど、現状じゃ無理だなぁ・・・。
1クールで終わりそう。

Home > アニメ・コミック > ゴノレゴ13

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top