Home > イベント・旅行 > こみフェス富山Vol.13おつかれさまでしたー

こみフェス富山Vol.13おつかれさまでしたー

というワケで遠路遥々魚津まで行ってきたよー!

まずは皆様こみフェスお疲れ様でしたー。
そして当サークルの本を手に取ってくださった皆様、ありがとうございました。

うん・・・初めての魚津、ガタケの行き帰りに場所を推測した時には異様に遠いような気がしたけど、実際行ってみたら意外に近かったね・w・
それでも片道1時間コースだけど。

とりあえず、こみフェスに参加するのは今回が初めてだったのだけど、自分が直参するイベントとしては一番規模の小さい───KACとかよりも更にふた回りは規模の小さいイベントだと思っていたけど、その参加者層は「アツかった」・・・と思う。

直参サークルは4サークル1列の列が4つか5つほどだったから、数的に言えば参加サークルは精々15程度、参加者も多く見積もって100?150人ってところだろうけど、やっぱりみんな男性向けに飢えてるんだろうねぃ。少なくとも会場直後の熱気のようなものはKACよりは熱い。

実際、100回記念でサークル参加1600、一般参加者が万を数えたというガタケよりも、たった100?150人程度でもこみフェスの方がサークル参加をする身としては販売も順調に動いたと思います。

ジャンルとしてはガタケまでに持って行った本をそのまま持って行っただけだから、こみフェスの狙いどころとも、北陸の同人シーンでの流行りともズレたところにある本しかなかったにも関わらず、だ。

やっぱり目には目をと言うか、男性向けサークルは男性向けイベントをって感じ。

で・・・。
ウチが今回こみフェスに行こうかなー、と思った動機の一つが当初告知では13時から開催となっていた交流会があるのですよー。
無論、北陸唯一の男性向けオンリーイベっていうのもありますが。

この交流会を通していけばもっとこみフェスを楽しめるんじゃないかと。
実際、参加してみて思っていた以上に「アツい」イベントだったから、もっと盛り上がればKACレベルの規模くらいにはなると思うし、それくらいの規模のイベントになってくれればムリな遠征に出ずとも同人を描くスケジュールが立てられる。

交流会の中身についてはそれぞれの胸に秘めていただくことにしますが、交流会の方もとても有意義な交流会だったと思います。

Home > イベント・旅行 > こみフェス富山Vol.13おつかれさまでしたー

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top