Home > サークル者の憂鬱

サークル者の憂鬱

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年4月 2日 06:40

相変わらずペン入れは苦手です(;´д`)(ぉ

慣れるしかないのかなぁ・・・

さて。

http://d.hatena.ne.jp/Vanadis/20090329/p2

あっとまーく・いんくりめんとさんの記事で、ちょっと気になーる話題があったので少々。

同人誌の値段設定とは如何なるものか。

まだワタクシは身軽な立場でございますので(謎)、一零細サークルの立場から考えを述べさせていただきます。

確かに、「本はもっと安くても良いのではないか」、ワタクシってば元々買い専出身の人間でゴザイマスから、その気持ちは良く分かります。今も普通に一般参加もしますし。
1000円で3冊くらいはせめて買いたいですよね。ウン。

しかし、同人誌ってそんな「高い」ものであるのか。

レイリアさん家(仮)さんでは単純に「24Pのオフセ本」を単価500円と仮定し、それをねこのしっぽさんのちびねこパックAでの料金で原価計算をされています・w・

確かに、「オフセ24P(28P)で500円」というのは良く見かける価格設定ですし、ちびねこパックAの(基本)料金で上記の条件の本を製作・頒布するのであれば単純な収益分起点はレイリアさん家(仮)さんが計算している通りのものであります。
まあこれは算数の計算上の話でしかないですから、それ以上もそれ以下もありません。

ですが、では「ちびねこパックA」で仕上がる本ってどんなもんよ、と見てみました。
したら、表紙は1色刷りで本文用紙なども薄めのものを使う、お手軽なコースなワケです。

サークル側の視点で見させていただきますと、このコースで本を製作する場合、申し訳ないですが24P(28P)でも500円という値段は非常に付けづらいです。
特にワタクシメのような零細サークルの立場ですと。

コピー本なんかでも分かるかと思いますが、単色刷りの表紙ってものすごくアピール力が低くて、何らかの意図がない限りはそういうタイプの表紙の本は作り辛いんです。
つまり、フルカラーでないと手に取ってもらえないんですね。

だから、オフセ本を作る時はできるだけフルカラー表紙を前提に作りますし、もしこういう形で作る場合はそういう意図があるか、内容的に「外し」的なものを頒布したい時。
つまり、この場合ですと恐らく同人誌製作の経験がある程度ある方の場合は、精々200~300円と多くの人が答えると思います(少なくとも、僕はそう)。
最近はオンデマンド印刷などの手軽で比較的高品位な印刷のできる業者も出てきましたが、24P(28P)で500円はフルカラー表紙で刷って、内容もそれなりに恥ずかしくない物を作って初めて付けられる値段ですね。描いている者の立場的には。

ちなみに、僕がオフセで出した本はねこのしっぽさんの料金コースで言えば、すべてちびねこパックC相当の内容に当たりますし、表紙にフルカラー+PP加工の施されているような本の多くもそうだと思います。

しかも、少数部数しか必要ないようなサークルさん(・・・というか、僕の場合ですねw)ですと、そもそもオフセット印刷で発注できる発注単位だと、多くの場合で一度二度のイベントのみで売り切るのは難しいですし、そもそもオフセ印刷のコストと手間を考えれば少部数でもいいからオフセっていうのは考えづらいんですよ。
ですから、コストや内容を天秤に掛けてコピー本で済ませることもままあります。
(ちびねこパックは少部数もOKのようですが・・・30程度ならコピーの方が色んな意味で心に余裕が)

つまり、大多数のサークルさんはオフセを刷ると、あの値段でもほとんど利益なんて出ないんですよ。
僕らの規模で確実に利益が出る値付けにすればそれはそれで売れないだけです。

無論、あっとまーく・いんくりめんとさんが言うように、同人活動とは本来営利活動ではありませんので、利益を追求しなければならないワケではありません。
赤字で売ったって、懐が痛むだけで誰にも怒られません。
むしろ、必要以上に高い値段を付けるのが憚られる世界です。

だから、周囲の「相場」的なものを考えた慣例的なものであったりもしますが、「同人誌の値段」とは言わば「自分自身の心意気」であります。

確かに売りたくて値段を下げるのは簡単ですが、では100円200円にしてその本を手に取ってもらえるか?という点においてもまたそれは別問題ですからね。
安かろうが高かろうが皆さん中身を見てますよ。

同人誌で利益・・・などと言える方というのはハッキリ言うと商業で仕事を貰えるか、それだけに打ち込んで研鑽と広報を欠かさないくらいの覚悟があるくらいの方です。
そういう話のできる人っていうのは、その気になれば(絵でも文でも)その道のプロとしても食える人であり、そもそも僕らとは格が違います。

だから、レイリアさん家(仮)さんの前提は間違いではありませんが、間違っています。

それくらい同人活動は冗談抜きで割に合いませんし、儲かってなんかいません。
僕らの規模でも、いくら使ったか思い出したくもないくらい赤字垂れ流しまくりです。
製作コストにしても実際にイベントで並んでいるフルカラー表紙のオフセ本の場合はアチラの記事で言われてるところの最低でもザックリ言ってその倍程度は掛かっているとお考えくださいませ。

Home > サークル者の憂鬱

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top