Home > 日記 > うはwwwww

うはwwwww

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年6月28日 05:50
  • 日記

とある請求書をなくしたので部屋の整理をしていたら、ベッドの下(自分のベッドはベッド下のスペースが狭くて、下側の様子が見えない)からガキの頃に描いたマンガが出てきた。
それも10冊くらい。

まー、コピ本みたいなもんだな。
つーても「同人誌」とか、マンガの描き方なんてモンは知らなかった頃の一品だから、適当に真っ白な紙を製本して、その中に直接落書きの延長線上にあるようなものを描き込んでる程度のものだが。

年代に直せば、15年以上前だな。
当時の「本」には紙に特徴があってな、今の家に引っ越してから見かけてない紙を使ってるから、大体の年代は分かるのだ。

・・・しかし、以前部屋の模様替えでベッド動かした時には見つからなかったのに(w;

いやぁ、確かに「隠し場所」としてベッドの下に隠してたのは確かだけどさー、その模様替えの時に出てこなかったから、捨てたとばっかり思ってたんだけどなー。

まー、ベッドの動かし方も、一人どころか大人数人でも重過ぎて持ち上げるのは無理なくらいだったから、「そぉい!」と押して大転換させたんで、ベッドの下自体はほとんど見てなかったんだけど(w

とりあえず黒歴史として再封印(ぉ

んー・・・。

あの当時、描くの辞めなかったら、今どんなマンガ描いてたんだろ・・・。
少なくとも、あの頃はマジで楽しくて描いてたからなー。

ていうか、pixivとか色んな同人作品とか見てると、僕がその昔妄想してたネタそのまんまなネタを描いてる人って結構居るのよね。
無論、相手がどう考えたのか、までは知りませんが。

いや、結局のところ中坊くらいまでの頃って、結構ムチャなエロネタとか、或いは今なら何でこんなのに萌えてたのか?っていうようなネタが掃いて捨てるくらい湧いきてさ、それを我ら絵描きは形にしたくなるジャン?あの感覚。

何を描いてたかっつーのはそれなりに覚えてるし、その頃から嗜好はほとんど変わってないんだけどさ、今描こうとなると結構「理性」とかが邪魔して描けないんだよ。そーいうの。

だから、その子供の頃に浮かべるようなネタを「今」描ける大人って羨ましいZE。

Home > 日記 > うはwwwww

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top