Home > 雑記 > こみへす

こみへす

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年7月24日 01:23
  • 雑記

相変わらず公式が死んでゐる。

8/30開催・・・でいいんだよな?
まあ同日にガタケ、翌週こみトレだから出れるか?と問われると「不明」としか言いようがない状態ダケド。

うーむ。

北陸本専の主催が個人のサークル持ちであるのならば、ワシが彼らに倣ってこみフェスの主催を引き受ける・・・なんて妄想もしてみたりもする。

実際、こみフェス13の討論会に於いては、そこまで踏み込んだ言及があった(はず)。

だけど、「やってみたいけど消極的」であった理由としては、SKUNK WORKSという同人サークルを立ち上げてしまった以上、やはり同人サークルが同時に同人イベントも主催しているというのは、イベントの公平性の点から見て如何なものかという疑問があったことがまず第一。

そして、同人関係の活動には数々関わってはきたけれども「イベント主催・運営」の経験だけは欠けておる故、果たしてまず「主催」としての仕事が勤まるのかが不安であるため、手を上げる勇気が無い。

だが、本専がそういった「有志」によるイベントであること、そしてこみフェスは北陸地方では数少ない男性向けイベントである故、存続してくれないと困る故、出来るのならば一肌脱いでみたい所存でR。

しかし、主催を引き受けた場合には、もうひとつ問題が持ち上がる。

それはSKUNK WORKSとしての活動。
本専が不定期開催(実際本専3は2年ぶりの開催)である理由は、主催がやはり個々人の活動に忙殺されていたためとも聞く故、定期開催(最低でも現状の春秋2回開催)の維持を念頭に置くと、事実上二者択一の選択を迫られるように思う。
その上、自分一人で立ち回ることは、小規模イベだとしても当然ながら到底ムリであるので、協力者の方を募る必要もあるし。

こみフェスは腐っても次回で15回目を迎えるイベントであるので、「やってみて出来ないから投げ出す」は許されない。

同人シーンが活気付いて欲しいのは我が願いであるけれども、そのために本来自分のためでもあることにおいて、自分の思い通りにできないかもしれないというのは、やはり本末転倒と言わざるを得ない・・・。

Home > 雑記 > こみへす

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top