Home > CGイラスト > SAIをバージョンアップした

SAIをバージョンアップした

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2010年2月12日 03:59
  • CGイラスト

たまたまSAIのWikiを読んでいたところ、このような項目を発見。

操作パネルをフローティングできる(Ver1.1.0)

・w・

ktkr!

操作パネルがフロートできないことって、ある意味SAI最大の弱点とも言えたので、これが出来るコトは非常に嬉しい。

バージョン確認。

1.0.0・・・orz

なんかちょっと前にバージョンアップ作業してた気がしたけど、してなかったみたい・・・(爆

しかもアップデート日時が08年12月になっとる・・・。
つまり1年以上放置していたわけですな(爆

「操作パネルをフローティング」っちゅーのは、こういうことなワケです。

SAI_001.jpg

つまるところ、写真屋とかペインターとかとおんなじスタイルっちゅーことですな。

ちなみに旧バージョンはこんな感じ。

SAI_002.jpg

つまり、フロート化することで、同じモニターでも実質的なキャンバスの表示面積を広げることができるってワケですな。

今までのスタイルでは、とにかく1280x1024までしか表示できないモニタだとキャンバスの表示面積の狭さが致命的で、だから先日までDELLのモニターがどうのとか本気で考えていたワケですよ(笑
操作パネルをフロートにできたことで、これで勝つる!と(笑

一応、以前のバージョンでもTABキーを押せば操作パネルを消してキャンバス表示面積を増やすことは出来たんですが、それじゃショトカ登録していない操作とかをする時に不便だろうと。

あとは、今までのSAIって基本的に操作パネルの配置が固定だったので、操作性があんまり良くない部分もあったんですよね。
フロートではそこも自由に動かせるので、操作性も良くなる、と。

理想を言えば、あとCMYK・グレスケ・2値辺りにも対応してくれれば(対応の予定はあるらしい)、実質的に写真屋要らずになって同人描き的に見て最強なんですが(笑
(CMYK・・・カラー表紙用 グレスケ・2値・・・モノクロ本文用)
でも、最近の印刷屋さんって、RGB入稿も対応してきてるから、案外CMYKカラーって最近は不要にもなってきてるんですけど。

まあ、表紙のタイトルデザインとか考えれば、SAIじゃ対応し切れない部分があるので、それらに対応したところで写真屋の出番はなくならないと思いますが。

Home > CGイラスト > SAIをバージョンアップした

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top