Home > パソコン・ネット > 何かがDELL

何かがDELL

東京行ったついでにNew Inspiron 15Rに興味があったので、確実に置いてありそうなDELLリアルストア(秋葉原駅脇のビルのとこの)で見てきましたが、やっぱり第一印象として気になってたDELL謹製アイソレーションキーの後付け感は、実物を見ても拭い去れない違和感。
隣に旧型もあるから、見比べれる的な意味で。

ああするくらいなら筐体を弄らなかった方がよかったんじゃ・・・。
フルモデルチェンジをするときに採用するべきだったんじゃ・・・。
ある意味、あれで大損してるなぁ。

時々槍玉に挙がるキータッチは、微妙に悪いかなって気はしたけど、まあほとんど旧型と一緒。
そもそもキータッチにそこまで敏感かつ拘る人ならこんな機種選ばないだろう。

でも、テンキー付きノートの操作感、デスクトップ向けのテンキー付きキーボードのこととか考えたら、操作の違和感について気になる方がおかしいと思ってたけど、驚くほどBackSpaceキーの押し間違いをすることに驚いた。
(テンキーの方を押しちゃう)

結論としてはやっぱり2台目的ポジションが一番合うと思ったけど、でかいよね。そう使うには(笑
かといって10~12インチクラスだと2台目としても性能が不足がちになるし、難しい。

だけど、やはりこの機種の弱点としては

どう贔屓目に見てもHPのdv6-6000に負ける

っていうのが大きいw

そりゃdv6-6000は後出しジャンケンですが、後付け感の凄いキーボードも勿論ですけど、元々メモリが6GBマックスだったり、ディスクリートGPUモデルも微妙だったり妙に中途半端な部分も多いし、このクラスは激戦区だから、このクラスではエンターテイメント性重視の機種としても敢えて選ぶ要素も薄い・・・。

往生際悪くXPS17の見積もりも取ってみたけど、やっぱりデスクトップの代替としては微妙すぎる。
17万5000で性能は同じ値段のデスクトップのおそらく半分、持ち運びやすい以外にメリットは無いね。
ていうか、前応対してくれたスタッフが含みを持たせてた、店頭割引が実は大したことなかったのが一番残念だったね。ウン。
よく囁かれてるメモリの不具合はユーザーが悪い気もするけど。

ところで、ソフマップに置いてあったCintiqの21インチモデルが素敵すぎだ。
22万円もするけど。今生産止まってるけど。

Home > パソコン・ネット > 何かがDELL

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top