Home > パソコン・ネット > SSD対応化工事

SSD対応化工事

はっきり言うと、今回はほぼ何もやってない(笑

今回買ったのがインテルのSSDだったので、インテル純正の各種ツールを入れてあるくらいです。

むしろ、高速な最近のSSDの特性を活かすために各データのキャッシュなんかも積極的にSSD側に保存(つまりほぼデフォルトの設定)で使ってる。
ちなみにエクスペリエンスインデックスは7.6出てます。

結局、OSが7になってOS側でもSSDへそれなりに対応が始まったことと、SSD自体の書き込み耐性・信頼性は想像よりもずっと高いというメーカーの発表だけでなくユーザーサイドでの実験結果も元にすると、ほぼHDD時代と同等に扱った方がそのメリットを享受できるという判断により。

比較的SSD採用機種としては初期の世代に当たるmini9なんかはできるチューニングについては全てやってある感じだけど、アレはあの当時のSSDの性能やmini9自体の仕様を考えると、そういう対応をした方が耐久性だけでなく速度面でも有利になる可能性があるのだけど、今は書き込むことによるSSDへのダメージを別にすれば普通に使ったほうがいいでしょうっていう。

まあ15RのHDD交換は一仕事なので、万が一の際でももう交換はやりたくないけど、実際のところ恐らく現状ではSSDの寿命よりも先に本体の寿命か買い替えサイクルがやってくると思われるので問題なし、と。

Home > パソコン・ネット > SSD対応化工事

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top