Home > アニメ・コミック > 【感想】アクセル・ワールド

【感想】アクセル・ワールド

ある意味、ラノベの方向性ってタイトルに現れると思うんだよね。

比較的正統派の小説然としている作品はタイトルも普通、逆に如何にもラノベっていう言うなれば前衛的・奔放なタイプはセリフ調、みたいな。

アクセルワールドは前者だな。

まあ文学の世界というのは時に理解に苦しむものであり、自分のような無知蒙昧な人間には全く底が知れないものであるけれども、とにかくカッコイイ世界観っていうのを追求している辺り、妙に斜に構えやすい最近の傾向からすれば、娯楽作品としては本当に正統派と言えるんじゃないかな。
剣と魔法の世界の現代版、みたいな。

カッコイイってのは、重要なこったぜ?

なんとなく、昔コロコロとかでやってたゲームセンターあらしとかダッシュ四駆郎とかの系譜に繋がる作品のようにも感じるけど。

ただまあ、その辺りはそういうオーバーザリアルな作品が得意なサンライズとの相性もいいっていうか、老舗らしい作りこみと合わせてアニメという映像を得て更に加速していると思うし、ムダに壮大なリクツをこねくり回すようなことをあまりしていない分、流れとしてはむしろ懐かしい感じもするお話っていう。

話のボリューム的には普通に作り込みの秀逸な作品なだけに、一気に見るとゲップが出るレベルであり、BGV的に垂れ流すのには向いてないか。

こら、そこネトゲ廃人の抗争を美談化してるとか言わない。

Home > アニメ・コミック > 【感想】アクセル・ワールド

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top