Home > アニメ・コミック > 【感想】ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-

【感想】ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-

1話1分は革命的過ぎるw

まあ原作は4コマ作品ですが、同じ4コマ出身作品にしてもけいおんとかと違って「行間」というものの挟みにくい原作スピンオフ型のギャグ作品でありますから、4コマギャグのテンポ感を重視するとああいう形もありかなって。

確かにアレでは地上波では流せんw

ただ、4コマ作品ってアンソロジー作品のような例外を除けば、普通複数のエピソードをまとめて話1本仕立てるようなジャンルであるのですから、いくら4コママンガでも話1つでは大枠の1話としての話は基本的に成り立ちません。
せめて3〜4本立てにして5分アニメにする選択肢はあったんじゃないかと。

ぷちますの特徴としては、アニメに先立って出ているCDドラマ版からそうなんですが、アイドルとぷちどるの声優が共通です。
ぷちたちは鳴き声的なセリフしか基本的に発しないのですけれども、絵のないCDドラマ版は非常に混乱しますw
絵が付いてよかった・・・。

あとは、結構話のクオリティにムラのある作品なので、アニメはそこをどう丸めるか・・・。

ぷちますの世界観は一応アイマスSPの舞台がベースなので、美希・貴音・響が(一応)961プロ所属だったり、髪型が2(アニマス)と若干異なったりと、どちらかというとオールドファン向けの作風ではありますね。
故に、2が舞台だったアニマスと比べると、新作でありながら時間が事実上巻き戻ってます。
(って言うと語弊があるだろうか)

ただ、元々がこの作品って二次創作からProject IM@Sに編入したという非常に特異な経緯を持つ作品でもあるので、ある意味設定が「古い」っていうのは当然であるし、また二次創作設定の影響が非常に強く、必ずしもアイドルマスター原作の世界観とは一致しない面が多々あるので、公式にパラレルワールドが明言されている2とも更に別のパラレルマスターと言った方がいいでしょう。

絵のタッチは基本的にぷちどるたちは原作批准ですが、アイドルたちはアニマスとぷちます原作を折半したようなタッチに改められています(たまに原作タッチにもなる)。

これは恐らく原作者の明音氏のタッチが結構特徴的で、比較的個性の薄いアイマスキャラに適用するとまるで別キャラみたいな印象になる可能性があるのを危惧したのではないかと?

Home > アニメ・コミック > 【感想】ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top