Home > アニメ・コミック > 【感想】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

【感想】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ようやく見た。

とりあえず庵野さんがまた色んなモン拗らせたってことはよく分かった(w

新劇版になってから庵野さんも随分丸くなったもんだと思ったけど、結局根っこは同じってことか。

途中は15年前の劇場版みたいになってこれどーすんのよって不安になったけどw

でも前と違って投げっぱなしにはせず最後まで続けられるようなんとか丸め込んである辺りは、作家としても随分と成熟したんじゃないかなって。

初期シリーズみたいに作品の意図を解釈できないように作ったっていうか、その辺りの整合性を取ることを放棄してたのと比べれば、Qになってからまた昔みたいな難しい作品に逆戻りはしているけれども(単にミリオタ庵野秀明が自分の趣味を全開にしただけっぽい感じもするけど)、序・破と同じくエンターテイメントとしても成立してると思うし、意外と丸っきり変えてあるようでエヴァンゲリオンって作品の骨格は失われないようにしているのはよく分かるし。

まあおめでとうとか、気持ち悪いで終わるようなことは無いんじゃないかなw

逆にQまでは作品としてまとめ上げられているのに、最終的に4本目、新劇もそういうノリで完結したら、庵野さんのクリエイター・アーティストとしての能力を疑う。

最も時間的制約を課せられる環境下で制作を進める必要のあった旧シリーズと比べれば、エロゲ並みに延期を繰り返してでも納得のいく作品を作り上げられる環境を敢えて作ってまで制作に臨んだ新劇版でそれやらかしたら、庵野さんの作家人生は終わると思うけど。

あとなんとなく、この新劇版が完結してもまた10年くらいしたらなんだかんだでリメイクするような、どちらかというと庵野さんとかのライフワーク的に続いていくんじゃね?雰囲気も匂わせてた気がしたw

Home > アニメ・コミック > 【感想】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top