Home > アニメ・コミック > 【感想】織田信奈の野望

【感想】織田信奈の野望

信奈ちゃんかわいい(小並感

でも、「であるか」っていう相槌の使い方が妙に不自然だった上、あれって信長そのもののイメージってよりは、大河ドラマで反町隆史が演じた信長のイメージって感じなので、正直全く合ってなかった。

シナリオ自体は史実にほぼ忠実に、姫武将というこの作品ならではの概念を上手く織り込んでアレンジした、大河ドラマチックな割りと分かりやすい流れでありまして、自分が持っていたイメージからすれば相当に硬派っちゅーか当たり障りが無いって感じですな。

でも出てくる武将などが全て美少女化されているのか?と言えば、如何にもパラレルワールド的な性別がひっくり返ってしまった世界ではなく、単に「女でも家督を継げる世界」というものであるので、別におかしいわけではないけれども普通に男性のままの武将も少なからず居たりと、割りと美少女化の基準みたいのがよく分からなかったりもする。

まあこのテの作品でトリップしてきた主人公が痛いのはお約束。

ただ、史実では普通に戦死・客死しているような武将が主人公や信奈たちの機転で生存してしまっているようなパターンが乱用されていたのは気になる。
基本的にシナリオに絡むレベルの人物は不殺が基本の流れのようでしたけれども。

そしてそれにより発生するであろうタイムパラドックスがほぼシナリオとして描かれていない&都合よく辻褄が合うような流れで構成されていたのは、そういうのはこのテの作品の限界なのか、それともあくまで大河ドラマ調なのであって架空戦記モノではないということであるのか。

とにかく、ドラマ性のためにそういう生死を描けという意味ではなく、こういう作品である以上は「死んで当然である」という人物が不自然に生き残ること、そしてそうであるにも関わらずシナリオの大勢に影響がないということに違和感があるのである。

あとは時間軸の設定もヘンだね。

やはり織田信長の一生を曲がりなりにも描く以上は時間の流れというものは切っても切れない部分だと思うけれども、この作品では1クールの制約の中でも有名な史実を幾つかなぞっている割には、そういう時間の流れみたいなものがほとんど感じられない。

要するに演出や見せ場の部分の考察は非常に凝っていたけれども、それ以外の部分はかなり端折った感じが強かったと思う。

あと金朋先生が演技ではなく素ではないか疑惑(ぇ

Home > アニメ・コミック > 【感想】織田信奈の野望

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top