Home > イベント・旅行 > ボンボイエ

ボンボイエ

http://slash.sakuraweb.com/blog/2012/10/post-1273.html
http://slash.sakuraweb.com/blog/2011/10/post-514.html

去年一昨年と展開からして全く変わってねー気がするんだけどそれでいいのか(w

自分は基本的にライブやトークショーは行かねー、とりあえず祭りの空気を味わえればいいやってタチなので(そもそも土曜はまだ半日仕事だ)、毎年参上はかなり遅い方なのですけれども、今年も4時過ぎにようやくパークアンドライドの金大に着いたような感じ。

でもその時点で金沢っていうか杜の里~湯涌辺り?が大雨に襲われていたような状態だったので、果たして止むのを待つか、それとも今年はそのまま諦めるか難しい判断(ぇ)を迫られたところですが、幸い雨は15分くらいで止んだので湯涌へ向かったわけでありまうす。

でも自分が着いてからも結局現地でもスタッフトークショー終了直後に降ったよね。
去年までとは打って変わって今年は断続的に雨が降るような天候だったらしいけど。

あと、今年はそれなりに写真撮りまくったので、その成果はinstagramで。

今まではこういう写真にはあんまり興味を払わなかったので、面白い写真を撮ろうという意識は殆ど無く撮っていたのだけど、ぼんぼり行列なんかは「いい写真」を撮ろうと積極的に色々と動いてみたらなんか新しい感動があった気がしたし、実際こうやってまとまってみると結構面白いので、来年はもうちょっと上手くやってみよう。

この辺りはデジカメ持ち込んでまでガチでやるほどでもないけど、気軽に撮って出しするにはiPhoneのソコソコの性能&手軽さとinstagramの手軽さ&詐欺写真制作機能(爆)はホントに便利だと思った。
(でもズーム利かせて撮った写真なんかではデジタルズームの限界を感じたから、同じようなことをやるにしてもソニーQXシリーズみたいな感じのカメラだったら、面白いかも)

でもそれでも去年よりまた人増えたんですってね。
(去年が1万だと思ってたら7000だったらしい)

来年は映画とかの新要素もないしさすがに減るよね(震え声

再来年まで開催できたら新幹線効果で再来年は前年比では増えるかもしれない。

でも最終的にこの人出ってP.A.Worksが良くも悪くも人と企画を連れてくるから出てくるのであって、P.A.が単なる後援組織の一つに下がるだけでも途端に半減以下まで落ち込む希ガス。

逆を言えばこの祭りに来ている人たちって、実は半分は地元に金を落としに来てるんじゃなくて企画に金を落としに来ているようなものでもある。

この辺りの聖地のご威光だけではコアファンしか最終的に惹きつけられないというのは、聖地ブームの火付け役でもある鷲宮神社とその周辺のブームの恩恵に預かった人たちが流石にらき☆すた後5年以上経って直面しているポイントのようで、湯涌は単なる聖地巡礼ではないカンフル剤を毎年打ち続けている成果とも言えますが、逆にこの辺りは今のところ上手いこと公私が連携してやっていけてるぼんぼり祭りでは、自治体側の人がどこまで認識しているかは、謎であります。

Home > イベント・旅行 > ボンボイエ

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top