Home > パソコン・ネット > トロピコ4

トロピコ4

デモ版には非公式だけど日本語データが有る&製品版は有志が編み出した日本語化手順に従っても強制的に英語版に書き戻されるっていう仕様(先人が編み出した手法を忠実に設定しても無理)、これもSteamのおま国の一種なんでせうかw

トロピコ4もシムシティみたいな箱庭系シミュレーション作品だけれども、都市ではなく国家運営であるところと、時代背景の叩き台がキューバ危機だそうなので、その辺りの外交感覚がゲームバランスにも影響を与えているような、いないような結構微妙な感じである。

少なくとも国家運営の道筋はプレーヤーの思うようにやっていいところは如何にも洋ゲーって感じだけれども、シムシティ型のプレイにどっぷりハマった人間がトロピコをプレイするとどうしてもシムシティ型の単純な開発発展を目指す完璧型のプレイ姿勢に行ってしまうような気がする。

もちろん、それはそれでトロピコのプレイスタイルの一つでもあるのだけれども、そういう紋切り型のプレイに自然となってしまうが故に、トロピコの面白さになかなか切り込めていないような気もする。

最も、これは序盤から圧政を敷くわけにもいかない(シムシティと同じで財政破綻して詰む)から、中盤くらいまでの財政基盤が確立されるまでのプレイスタイルは大体どういうプレイスタイルを追求しようとも概ね堅実な国家運営を行う感じになって、それから個性付けしたくても都市が大きくなりすぎてて難しいってところか。

ただ、シムシティと比べると圧政プレイをしてるようなつもりでもあまり住民からの反応が返ってくるように思えない(その逆も然り)ところが何とも微妙な感じである。

シムシティなんかだと重税を強いるとあっという間に衰退したりするけれども、プレイの裏テーマが「私腹を肥やす」であるわりにはやることが狡いというか限られているというか、最初から絞るに絞る設定になっててそれをなんとなく住民も受け入れてる的な感じだから、やることがなく感じる。

まあ、この辺りはシムシティは割りとシステムに単純なところがあるので、慣れれば勘でだいたいプレイできるというところがある。

この辺りの箱庭ゲーの「感覚」って、やっぱりシムシティの影響が強いっぽくて、トロピコでのただ発展させるだけならシムシティライクにある程度住人の要望は無視して勘と経験でプレイしても間違いないところなので、この辺りの「要望」に鈍感なプレイスタイルになっているところが、トロピコの醍醐味を味わえていない気がする重要なポイントなのかもしれない。
(そしてそれってある意味独裁プレイだなw)

Home > パソコン・ネット > トロピコ4

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top