Home > パソコン・ネット > 新しいPC

新しいPC

一応新しいPCをなんとなく使ってるわけだけど、コイツがCPUは低電圧版なのにかなり高グレードのdGPUが載ってるっていう面白いノートでな、ゲームをやってるとどこがどういう風に動いてるかっていうのが結構手に取るように分かるっていう。

要するにCiv5なんだけどw

そのGPUはGeForceのGT750M。
最近は755Mっていうのが出たみたいだけれども、まあちょっと前まで現行世代のノート向けゲフォのメインストリームモデルの最上位だったモデルである。

これが予想以上に性能が良くて、Civなんかだとゲーム側の最高設定+ゲフォのドライバー側の最高設定を入れて動かしても、グラフィック面ではほぼパフォーマンスで文句が出ることがないわけだ。
他の3Dゲー・・・まあ現状ETS2くらいしかやってないけど、こっちも同じような感じである。

だけど、CPUはi7を名乗るけどなんとグレードが4500U。
つまり、i7の最廉価?モデルである。
(ロットあたりの価格を見ると、むしろ4700・4800MQよりも高価なので、単に最下級モデルと言った方が正しいような気もする)

で、Civをやってると、概ねゲームが後半に差し掛かる頃になるとゲームがガクガクになるんであるw

最初は流石にグラフィックの限界か、と思ったけど、グラフィック面の負荷が大幅に軽くなる戦略画面でも何か行動をする時にはその重さはあんまり変わらないし、何よりもターンの経過速度が序盤度比べて劇的に遅くなるので、あ、これはCPUの限界か、と。

そりゃ仕方ないよね。2C4Tで1.8Ghzが定格だもん、ヘタしたらi5の高クロックモデルより性能が悪いっていう。

少なくともCivを普通に遊んでるとCPU・GPUの温度が共に80~90度以上にも達するので、CPU側はターボブーストが効かなくなってるんだろうけど、それにしても分かりやすすぎるくらい限界が分かるもんである。

Civ5は推奨スペックを見るとクアッドコアが推奨なようなので、4スレッド動作が可能とはいえネイティブでは2コアで動作クロックもTBが効かないと推奨環境ギリギリとなるこのモデルでは、果たして推奨環境を満たしているかどうかの点については怪しい面もあるが。

あと、この低電圧i7は何気にPCIeがx4接続までしか対応してないので、dGPU側もそれに引っ張られてx4接続となるので、心なしか高負荷描画を行う際のレスポンスももっさりしてる気がする。

GPUの処理が追いついてないというよりは、VRAMからの読み出しが遅いっていうか。

Home > パソコン・ネット > 新しいPC

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top