Home > パソコン・ネット > 最終報告書?

最終報告書?

・・・というわけでDDR3Lのメモリ(メーカーは同じCFD)が届いたので組み合わせてみた次第である。

今のところは安定動作している(ように見える)。

少なくとも最悪20〜30分程度でカーネルパニックを起こして実用にならないということは無くなっている。

よく調べてみるとLate2013のiMacは自分とおんなじ症状が頻発しているようなので、やはりAppleのカタログや仕様書などの記載が何故か間違っていて、実際の対応メモリはDDR3Lのようである。

https://discussionsjapan.apple.com/message/100801349
http://yorozu.pigulin-forest.com/?eid=1014081
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000579640/SortID=17008317/

ただ、現状でもまだ1回カーネルパニックが起きているのと(このクラッシュの後、しばらくSkyDriveが不調だったので、SkyDriveのアプリがOS道連れにして落ちたっぽい?)、カーネルパニックには至らないまでも度々ワコムのドライバーが単体で落っこちるので、まだ完調ではないようである。

メモリテストも通ったし、これ以上何をすればいいのか。
流石に3セット連続でメモリ不良(?)までは疑いたくないが・・・。

しかし、現状でも明らかに100%ととは思えない以上、これ以上となると本気で本体の異常を疑うか、Appleにお布施する以外なくなるんだけど・・・。

ていうか、Macはメモリの相性にシビアだそうだけど、ここまでシビアに作る必要あるか?

4枚挿しみたいな用途は昔から確かに相性問題は起こしやすいものだけど、近年ではメモリ・本体側の性能向上からWindows機では明確にどちらかに瑕疵が存在しない限りまず聞かなくなった話なのに、Macは未だにそんなレベルとか。

それだったらいっそのこと27インチモデルもメモリ交換不可にしてもらったほうがまだ潔い。

Home > パソコン・ネット > 最終報告書?

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top