Home > アニメ・コミック > 【感想】Fate/stay night [ Unlimited Blade Works ]

【感想】Fate/stay night [ Unlimited Blade Works ]

Zeroと比べた時の圧倒的な安心感。

いや、そもそも自分はFateは映像作品でしか触れたことがないのですが、やはりそれでも曲がりなりにもFateの中で深く付き合ってきたシリーズは何かと問われればSNなワケで、分かっていてもほぼ全ての主要キャラクターがSNから入れ替わるZeroにはまずはこれは「Fateである」という心の準備をする必要があったし、まだゲームしか存在しないような外伝シリーズともなれば尚の事である。

Stay Nightは独特の文体が特色の奈須先生本流の作品であるとはいえ、やはり基本的にはゲーム原作で伝奇ファンタジー調のシナリオであるところに特徴があると考えるので、シナリオ的な味わい深さというか、息を呑むような激しい人間のエゴのぶつかり合いを望むなら、そういうシナリオ構築を本流とする虚淵先生が関わるZeroの方が迫力がありそうですが、まだ3話で今度のSNアニメがどういう出来かを論じるのもね。

この辺りは基本的に文章を読むことで楽しむノベルゲームと、映像による演出が加わるアニメの差であります。

今回のアニメ化では制作スタジオが前回セイバールートのTVシリーズや劇場版UBWを手がけたところからは変わっているわけですが、前回TVになった時は2クールという比較的長い放映期間を取ったことにより、いわゆる尺稼ぎ的な冗長さを指摘されたり、所々の演出のクオリティの低さを指摘されたりといった、月姫ほどでないにせよ半黒歴史的なポジションではあるわけですが、なんせ前回アニメ化されたのは06年1月期と、例のハルヒショックが来る直前の時代であるため、まだ90年代後半以降のアニメバブルの後遺症を引きずっていた時期で、現在の時流から見ればある程度見劣りする点があるのは致し方ないのではないかと、個人的には思っているところであります。

エロゲ原作のアニメなんて低予算・低クオリティの代名詞だったしね。

そもそも自分は前回のTVシリーズは別に出来悪かったとは思ってないし。
というかあの当時のアニメとしてはむしろ出来良かった方でしょ。

本気で前回の事を無しにしたいのなら、ハガレンみたいに完全リメイクで挑むんでないの。

とりあえずこれは原作のポジション的に二期と言っていいのか新シリーズと言っていいのかリメイクと言えばいいのか、どう解釈していいのかやや悩みますが(UBW自体、劇場で一度描かれているわけですし)、個人的にはUBWならラストのセリフで泣かせてくれ、と思うわけであります。

Home > アニメ・コミック > 【感想】Fate/stay night [ Unlimited Blade Works ]

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top