Home > 日記 > 雑記 Archive

雑記 Archive

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2013年5月16日 17:03
  • 雑記

ライブチケット抽選の大量の重複応募が普通だって言うんだから、そりゃあアイマス界隈っていうのは互助会的なシステムが活きるわなぁと思ったりする。

しかしながら、そういう手法により大量当選をする人が居るが故に、抽選で当たらない人も大量に居るということを考えると、果たしてそういう現状が良いのかどうかという疑問も同時に湧いてくる。

まあ、大量当選があったところで前述の通り互助会を通して再配布されるわけであるから、最終的に落選者にも一定の「救済」は得られるとはいえ、折角抽選にして平等化を図っているのに事実上の抽選の形骸化であったり、或いはそういう「身内」に属さない落選者には恩恵が無かったりとか、そういう問題がある。
こういうのは体の良い転売に近いものがある故。

まあ、重複応募を禁止(これにしても身内その他の名前使って応募する人間は普通に出るが)にして平等化を図るのと、どちらが良いのかっちゅー問題もあるが。

そういう界隈になると、新規参入者はそれほど多くはないがゆえにコミュニティの問題になってくるので、この辺りで恣意性を廃する制度にするとそれはそれで参加者の意気にも関わってくる場合もあるっていうか。
でも、マクロスのライブ辺りではこの辺りすんごい厳格にやったことあるよね。

どちらにせよ不公平感があるっちゅーのなら、それなら思い切ってGLAYの20万人ライブとか、或いはロックフェスみたいな野外の大規模公演やればいいんだよ。

こういう、誰が好きなだけ来てもどんだけでも入るハコでやれば、涙を飲む人居なくなるでしょ。

そんな10万人入れるようなところに1000人も来ないようなジャンルでもなし、アイマス民はカネ持ってるから、多少経費が嵩んで料金その他に跳ね返っても問題ないと思うし。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Birth

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2011年7月28日 22:39
  • 雑記

アキハバラ電脳組の舞台って2011年(劇場版)だったっけか・・・。

2014年前後だと思ってた。

今年じゃねぇか。

つまり今年リアル15歳世代と花小金井ひばり15歳が同じになるのか・・・。

胸が熱くなるな。

アニメ放映当時は赤さんだった人間が遂に同年齢とな。

てか風見ハヤト14歳とか綾波レイ14歳もそろそろ遠い未来どころか冗談じゃなくなるご時世。ワシも年をとったものじゃのう・・・。

思へば、同人というものに関わり始めたのがこの前後の時期だったんじゃが、まだあの当時はネットは使ってなかったし同人の世界がここまで広く深い世界であるとも思わなかったもんだから、電脳組本ってほとんどゲット出来んかったのよね。

話題作だったけど、結果的には半マイナーくらいの立ち位置だったっていうのもあるような気がするけど。

・・・ああ!

だから8月に電脳組オンリーあるのか!

胸が(ry

いや、嬉しいんだよ?

アキハバラ電脳組好きですから。
忘れてない人間がまだ居るっていうのが。

思えば、絵を描き始めた当時はアキハバラ電脳組ばっか描いてたんだよ!!!

ちなみにひばり・つばめ派です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

けいおんは人生

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2010年10月 1日 05:26
  • 雑記

そして我は気づく。

けいおんはキャラが好きなのではない。けいおんそのものが好きなのだと!!!

そんな劇場版発表に寄せての想い。

でも2期は全国ネットなんだし、今のご時世情報回るのも早いんだから、ちーとは発表の形態・タイミングも考えてくれとは思う地方在住のぼやき。
1期みたいに地方ネットが無いならまだしもね。

地方は総集編をやらないところもあるというが、北陸は番組欄見る限り、総集編もあるのだ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

なん・・・だと・・・!?

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年12月21日 13:04
  • 雑記

寝台特急北陸と急行能登が無くなるだと・・・!?

まあ大して使わん(年1回使うかどうか・・・)から良いが、それでもイザという時に困るなー。
高速バスはイヤなんだよなー。

余計車か飛行機に偏るフラグか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

産展すげえ

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年10月 4日 18:00
  • 雑記

http://blog.zaq.ne.jp/iwasere/article/760/

>「ビッグサイト」
>東1~6ホール、西1~4ホール総展示面積=80,660㎡

>「幕張メッセ」
>1~11ホールの総展示面積=72,000㎡
>(イベントホールのアリーナ部分を足しても75,098㎡)

>「インテックス大阪」
>1~6号館の総展示面積=72,978㎡
>(同人誌即売会には適さない屋外展示場を除外すると70,078㎡)

>「パシフィコ横浜」
>展示面積=20,000㎡

>「石川県産業展示館」
>展示面積=17,700㎡

>上記五つ以外では、何処も15,000㎡以下です。

でもたぶん全館貸切イベントは経験した事が無いだろうw

産展が全国でもかなりデカイ方のホールだとは知っていたけど、全国で5番目やったんですねw
てかビッグサイト・メッセ・インテックスがTOP3なのは当然として、その下がいきなりパシフィコ・産展って、凄い落差だなw

てかTOP3がデカ過ぎだろjk。
ビッグサイトなんざ、東1・2ホールだけでほぼ産展全館分あるとか。

その中間が無いっつーか、案外広い面積のコンベンションホールって無いんだねぇ・・・。

あと、よー考えてみたら産展はビッグサイトとかみたいに、各ホールを繋げて使えないから実質的には結構狭いんじゃ・・・。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

人生ドマ・・・ドラマチック

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年8月31日 03:30
  • 雑記

一般人はテレビの影響で「民主が良い」と言う。

ネット住民はネットの影響で「自民が良い」と言う。

ステレオタイプな見方ではあるけど。

でも当然、どちらにも正義はあり、悪もある。
結局、媒体は違えど、何かに影響を受けているという点では同じ穴の狢だと思う。


てかウチの選挙区すごかったなー。

開票率99%に至るまで当確が出るどころか、100~1000票差レベルで競ってて発表ごとにトップが入れ替わってるくらいの状態だったモンねぃ。
しかもそれがガチの保守王国で55年体制以降一度も自民が落としたことが無いくらいの無風区で繰り広げられた勝負だった上、結果が小選挙区自民陥落だもん。
ある意味、革命じゃー。

ただ、あまりに競り過ぎてて競ってた2候補同時に先に比例当選が付いた時は力が抜けたけど(笑

まあ、ウチの選挙区はそんなエライ先生方は出てませんから、どっちが当選しても同じだと思うんですけどね・w・

そもそも形はどうあれ両方当選してるし。

##
てかまあアレだね。

阿部たか・・・いや、シンゾー・アベへの政権移譲~投げ出しまでは仕方ないとして、そこで福田"チンパン"ヤスヲを挟まず直接麻生"ローゼン"太郎に行ってればまだマシだったんじゃないかね?色々と。

そもそもチンパン先生の政権奪取劇はローゼンからの横取りに近かったしねぇ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

綺麗なままで

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年8月18日 11:23
  • 雑記

結局カタログをおうちに忘れてっちゃったモンだから、カタログはとても綺麗なモンである。
ってか実質C77の日程確認にしか使ってねえ(爆

カタログ自体は現地でも買えるけど、買ったところで家に帰れば同じものが2冊に増殖する上、そもそもカタログ自体が要らないような状態だったから買わなかった。

でも、カタログが無いだけでコミケの夜は大変健康的に過ごせ、数年ぶりに3日目の前夜にしっかり寝た気がする(笑

今までの3日目の前夜の定番といえば

(1)せっかくだからカタログチェックしよう
(2)いつの間にかマンレポ読んでる
(3)気分転換にテレビをつけたら深夜アニメが!・w・
(4)アニメの後はマンレポの続き
(5)気が付いたらどう見ても夜明けです。本当にありがとうございました。

だったからねぇ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

エンドレス・エイト~番外編~

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年8月17日 17:50
  • 雑記

コミックマーケット76参加者数

1日目:18万人
2日目:18万人
3日目:20万人
合計:56万人(過去最多)

>2日目:18万人
>2日目:18万人
>2日目:18万人

ウソだッ!!!

特に2日目とか2日目とか2日目とか。

1・3日目はまあいいとしよう。
でも、1・3日目の感覚からすれば2日目は最低でもあと10万人は多くないと計算が合わない。

さて、今日からまたこみトレ向けて原稿を描く日が始まるんだお・・・・。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

BLACK OR WHITE?

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年8月10日 16:31
  • 雑記

8/9 最近流行の合同イベント
http://blog.livedoor.jp/increment/archives/51703383.html

そもそも、これっていうのは作品自体が粗製濫造されているのが問題だろうと思ってる。

イベントの形態自体はそれに付随して起こっているものであって、複合イベントというのはその中から最適化の形として生まれたものであろうし、こうなっているから世がそう動いているものではない、と考える。

同人の流行りの盛衰というものは、やはりこの世界の最終到達点である、「アニメ化」の時に花開くことが多い。
ただ同人を描くだけであれば、お題などはいくらでもある。

しかしアニメは予算を掛けて各雑誌や公式サイトのメインを飾り、公共性の高い媒体で映像として華々しく展開されるが故に、アニメになるだけでもそれまでとは段違いの注目を集めるが故である。

だが、一時期の1クールの新作50本60本という異常なバブル期は脱して、再び「質への回帰」をしつつある気がするけど(数年前と比べれば「話題作でも1クール」って例が減ってきたと思う)、それでも「作品の青田刈り」「出したモン勝ち」的な風潮が依然酷すぎる。

故に個々の作品が各クールの主力作であっても(というか昔は夏と冬に話題の新作なんてまずありませんでしたが)以前と比べて小粒過ぎる。
そもそも2クール目に突入して「え?2クール(以上)やるの?」な現状はある意味異常だ。

小粒すぎるが故に人を引き付けられないし(だってさ、数が多すぎるからだろうけど1話とかエアチェックしてちょっとつまらなかったら「切り」って普通にみんな言うんだぜ?)、人が来ないから周囲の活動も盛り上がらない。

つまり、本来ならば1つの魅力ある作品としてまとまった人気を獲得出来るような作品であっても、ほとんど作品としての体裁が整わないうちからアニメ化されて魅力を伝え切れないまま尻すぼみになるとか、或いは同クールに話題作が集中し過ぎて逆にファン層が分断してしまうとかそういう状況だと考える。

結局のところ、アニメを「見る」のは楽だが、「ファン」として活動して行くには一人の人間は所詮一人でしかない。また、この世界を嗜む人間の数もタカが知れている。

一人の人間が「見る」以上のことで何本も並行して作品を抱え込むことは難しいし、現状みたいにほぼ3ヶ月~半年で全く話題が入れ替わってしまうような現状では、とてもじゃないけどついていけないし、気が付いた時には取り残されてることも少なくない。
例えば、半年後に「けいおん」って言って、どれだけの人が振り向くだろうか。

そんな中で同人ともなると、1冊描くのに月単位の時間を食うことも珍しくない。
その間に、アニメが始まって、終わるのだ。
余程決め撃ち的な内容でいくか、「それ以前」から扱ってない限り、精々「コミケ合わせ」が関の山である。

その状況が改善されない限り───せめて90年代くらいまでの状況にならないと、現状のイベントの小粒化等は改善しないと思うんだけど。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

こみへす

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年7月24日 01:23
  • 雑記

相変わらず公式が死んでゐる。

8/30開催・・・でいいんだよな?
まあ同日にガタケ、翌週こみトレだから出れるか?と問われると「不明」としか言いようがない状態ダケド。

うーむ。

北陸本専の主催が個人のサークル持ちであるのならば、ワシが彼らに倣ってこみフェスの主催を引き受ける・・・なんて妄想もしてみたりもする。

実際、こみフェス13の討論会に於いては、そこまで踏み込んだ言及があった(はず)。

だけど、「やってみたいけど消極的」であった理由としては、SKUNK WORKSという同人サークルを立ち上げてしまった以上、やはり同人サークルが同時に同人イベントも主催しているというのは、イベントの公平性の点から見て如何なものかという疑問があったことがまず第一。

そして、同人関係の活動には数々関わってはきたけれども「イベント主催・運営」の経験だけは欠けておる故、果たしてまず「主催」としての仕事が勤まるのかが不安であるため、手を上げる勇気が無い。

だが、本専がそういった「有志」によるイベントであること、そしてこみフェスは北陸地方では数少ない男性向けイベントである故、存続してくれないと困る故、出来るのならば一肌脱いでみたい所存でR。

しかし、主催を引き受けた場合には、もうひとつ問題が持ち上がる。

それはSKUNK WORKSとしての活動。
本専が不定期開催(実際本専3は2年ぶりの開催)である理由は、主催がやはり個々人の活動に忙殺されていたためとも聞く故、定期開催(最低でも現状の春秋2回開催)の維持を念頭に置くと、事実上二者択一の選択を迫られるように思う。
その上、自分一人で立ち回ることは、小規模イベだとしても当然ながら到底ムリであるので、協力者の方を募る必要もあるし。

こみフェスは腐っても次回で15回目を迎えるイベントであるので、「やってみて出来ないから投げ出す」は許されない。

同人シーンが活気付いて欲しいのは我が願いであるけれども、そのために本来自分のためでもあることにおいて、自分の思い通りにできないかもしれないというのは、やはり本末転倒と言わざるを得ない・・・。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

1  2  3  4  5  6  7  8  9

Index of all entries

Home > 日記 > 雑記 Archive

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top