Home > 音楽 Archive

音楽 Archive

バ奈々さんの歌唱曲

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年12月20日 15:10
  • 音楽

深愛か・・・。

ま、妥当なところだな。
面白味も無いがw

でもタイアップがコレWHITE ALBUMなんだよな・・・。

そうか・・・地上波アニメ版の主題歌とはいえ、遂に大衆の面前でエロゲ発ナンバーが流れる日が来るのか・・・。
しかも本人自ら歌うと。

胸が熱くなるな。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

からおけ

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年12月14日 12:40
  • カラオケ

ふと歌ってて気が付いたんだけど、カラオケ屋は空気が悪い。
ようやく体調が回復したと思ってたのに、いつの間にか鼻が詰まってたんだ。
あれでは良い歌は歌えんな。

もしかしてカラオケであんまり調子の良くない理由ってコレだったんだろうか。

あと、DAMとも使いにくいな。
実質的にフェリカ携帯必須か。DAMのカードなんて見たことないしw
その上、リモコンが違ったらログイン情報も受け継がれないしなー。

JOYなら全国ランクで数千人とか1万人とか順番付けてるような曲でも、DAMは数十人百人単位しかいないワケである。

ぶっちゃけこういうシステムの利用者はヲタばっかっていうのは暗黙の了解なワケですが(ワラ)、ヲタ系ソングが大量に配信されてるのは、最近ではDAMの方なんだが(JOYは2000年代以前やメジャー系アニソンは圧倒的に強いけど、エロゲ系は弱め)、その割にうたスキに利用者数で完敗してる理由は、この利便性の悪さだろうね。
まあまだ月半ばですけど。

でも、だからと言って上位に行きやすいか?というと、DAMの採点が辛いのも相変わらずであるw

まあ、JOYだったら微マイナー曲程度なら数十人・数百人列を成してたりするけど、DAMはその場合普通に5人とかしか居なかったりしたので、そういう意味では数字的な上位になるのは楽(笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

佐藤ひろ美×NANA

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年12月12日 00:53
  • 音楽

うーむ・w・

このコラボが実際に存在するとわ(笑

でもさー、この2人ってある意味コラボする意味無いよね(爆

だってさ、この2人、歌い手としての性格が近すぎる。
歌ってる曲の傾向、声質、歌い方までソックリだ。
つまり声だけ聞いてたらほとんどどっちがどっちかワカラン(爆

先に知ったのは当然佐藤ひろ美(佐藤裕美)の方だが、NANAをてとてトライオンのTry on!で知ったとき、「コイツは佐藤ひろ美とウリ二つだな」と思ったほどである(笑

r.o.r/sで奥井雅美と米倉千尋が組んだときは、当時アニソン女王2トップがタッグを組んだ夢のユニットとか言われてたけれども、この2人はその性格があまりに違い過ぎて、ユニットとしての落とし所が両方の個性消しちゃってて微妙だったけど、こっちは性格が同じ過ぎて「いつもと同じ曲」しか歌ってねぃし、実は一人で録りましたって言われても信じるぞ・・・(笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

同人音楽って何だ?

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年11月19日 03:37
  • 音楽

http://www.cyzo.com/2009/11/post_3164.html

そんな小難しいこと眉間にシワ寄せて言わなくたっていいんですよ。

流通経路がちょっち異なるだけで単なるインディーズ系音楽の一種でしかないのに。

ソレともナンだ?
同人音楽を作る(聞く)ヤツはいわゆるミュージシャン・アーティストの類や、リスナーとは全く異質の人間であるとでも?
「同人音楽」とは音楽ではないとでも?

そんなこと言ってたら、ストリートミュージシャンやカバーバンドの類は全員首を括って氏なねばならない。

そもそもメジャー系レーベルが相対的に弱体化&インディーズ系レーベルの流通経路が多様化した現在、こういう「同人音楽」と勝手に括られてる連中以外にも、ハナからメジャー系レーベルに興味示さないミュージシャンも非常に多いというのに。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 1

MySound

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年10月 2日 18:51
  • 音楽

こんなメールが来た。

>この度、株式会社ヤマハミュージックメディアは、PC向け音楽配信サイト
>MySoundの音楽配信サービス、及び音楽SNSサービス(ユーザースペース)を終
>了し、音楽情報サイトとしてサービスを継続する運びとなりました。

>音楽配信サービスは2009年10月30日、音楽SNSサービスは2009年12月22日の終
>了を予定しております。

>サービス終了によりご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます
>と共に、これまで音楽配信、及び音楽SNSをご愛顧いただきましたことを深く
>感謝申し上げます。

いわゆる旧プレイヤーズ王国。

音楽系SNS、或いはアマチュアの作品配信の場の先駆け的存在ですが、最近のニコ動等の同系統の新鋭人気サイトに押されたのか、そういったサービスを終了・リニューアルするとの事。

余程人が流出したんでしょうね。
まあ、僕もここ数年(特にニコ動が始まってから)はほとんど見てませんが。

ここはニコ動が始まる前後までは、ほぼ唯一、ネット上で簡単に作品を公開・交流することのできるサイトだったんですが、運営母体がヤマハ(企業)ですから、非常に著作権関連の管理が厳しく、いわゆるカバーはJASRAC登録曲のみ・簡単な作品審査ありという、ニコ動のフリーダムさと比べるとかなり堅苦しい場でありましたから、その辺りユルいサイトが出てくると、相対的に魅力が無くなるのは仕方ないですが。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

09/8/21 KOTOKO LIVE HOUSE TOUR 2009WARP !!~限界打破への旅-trial stage-~ 金沢公演

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年8月22日 12:16
  • 音楽

先生!曲が分かりません!(爆

いや、だってさ、MC聞く限りでは3/4くらいはUZU-MAKI、或いはそれ以降辺りのかなり新しい曲中心だぜ?
神懸ってた3年前(※Fearウルフ氏のブログ)と比べると、「常連」或いはメジャー以降の「新顔」さん向けのセットリストになるの。

ウチなんかみたいに好きな曲を掻い摘んで聞くタイプにはこういうアルバム曲中心のラインナップは厳しいわけで、辛うじて分かったのが・・・Abyss、Special Life!、BLAZE、ハヤテの新曲・・・あと1曲、妙に古いの(←追記:HALLUCINO。たぶんこれだろうなぁと)が何かあったな。

あとは。。。人少ねぇ(笑

前回は超満員だったけど、今回は普通に詰めて3/4程度かなー。
入場の列整理の時点で大体100人くらいしかいなかったしねぇ。

チケット取った時に整理番号70で、前回のことを思うとキタコレと思ったけど、そもそも150も発券されてないんじゃないかと。
当日で90?って話もあったし(爆

最前列はさすがにファンクラブ会員レベルの人間が占めてた印象だけど、そういうのの先行予約ナシでも位置も前から3~4列目付近、KOTOKOの顔がよく見えたじぇ(笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

うたスキ

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年6月29日 01:02
  • カラオケ

久しぶりにうたスキ使ってみたけど、廃人どもが酷すぎるw

人気曲はトップ3の平均得点99点台後半はザラ、TOP3全て99.999点(カンスト)すら存在するとか、おまいらどれだけアホなんですかw
平均得点も、参加者が多い曲は90点台だしな・・・。

攻略し尽くされとる。

ていうか、昔より参加者ものすごい増えてる?
けいおん系の曲がチャレンジャー15000人オーバーとか・・・。

けいおんとかはともかく、ほとんどの曲で500人以上参加者居た気がしたんだけど。
ちょっとした人気曲は4桁人は普通だったしねぇ。
昔、ちょっとマイナーな曲ならあっという間に1位取れたのとは大違いだ。

で、ちょっと古いけど、これがカンストを目指す歌い方らしい。

・・・すごく良く出来たボーカロイドですね・w・

つまりアレか。

うたスキで高得点を取るにはボーカロイドにならないとイケナイと!(´¬`)

じゃあとりあえずレンきゅんのコスプレから(´¬`)

まあ、それはそうとして、ウチの採点の傾向がコレのお陰で分かった気がする。

・序盤やキーの高い曲で高得点が出やすい理由
→状態が良い、或いは一杯一杯で音がブレない(抑揚が付かない)から良判定が付く

・逆に後半点を落とす理由
→音域は勿論のこと、疲れで音がブレたりするのを悪判定される

今まで点が下がる理由は音(特に高音)が出なくなるからだと思ってたけど、複合的かつ単純な理由のようで・・・。
点の上下だけでなく、今まで高得点取ってきた曲の傾向などを考えても、確かにそんな感じがします。

今回は平均してちょっと点が悪かったので、ちょっと厳しくなったのかなぁと思いましたが、そういう点を考えると採点の傾向そのものは初期の頃から変わってませんね。

つまり、総括すると影山や遠藤なノリで歌うと大減点よってことか(笑
セキレイとかスケッチスイッチとかそういう感じで歌うの好きなのにーw

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

マイコー・・・

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年6月26日 12:08
  • 音楽

嘘だと言ってよマイコー・・・

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

バナナが!バナナが!

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年6月 9日 13:00
  • 音楽

<水樹奈々>声優で史上初の首位 オリコン週間アルバムランキング
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000000-maiall-ent

サントラ系ならドラクエとかエヴァとか以前にも記録してるんですが、とりあえずおめでとうございます。

しかし初動7.4万枚・・・(・ω・)
寂しい数字だな。

絶対数で言えば水樹奈々は「オリコン2位」(ETERNAL BLAZE/シングル曲)で話題になった頃からこんな程度ですので、この作品が特別バカ売れしたワケではありませんが。

でも、「1位を取るCD」という意味では寂しい数字でも、こういう声優系とかのセールスはこういう市場が一気に拡大した90年代半ば以降、CD不調が囁かれる現在に至っても当時からそれほど変わっていない(若干の漸減傾向は見られると思います)ので、相対的に上位を取りやすい状況にはなっていますが、まあ遂にと言うべきか。

最近はコレがセールスの谷間ってよりは、大物のリリースが無い限りは普通に続いてるっていうのが寂しいところですが。

ワシがオリコンウィークザイチバン(現:オリ★スタ)を愛読していた頃には、こんな数字の1位作品は余程極端な谷間期間以外は無かったんですが。

1位には1位の格があるっちゅーよりも、オリコンなんて基本は純粋に販売数しかカウントしてないんだから、そんな「識者の見識」みたいのが入りこむ事は無いんですが、ただホントに1位を取るためのボーダーライン自体が初動なら30万枚とかでしたからね。

少なくとも1週間のうちに1億分の30万人に支持されなきゃナラン作品っちゅーことで、それだけで取れる人間自体が限られてたっちゅーか、ハードルが高かったわけです。
それが初動でたったの7万枚で1位が取れるっていうのだから、安くなったものです。

単純にCDで音楽を聞く人間が減っちまったと言ってしまえばそれまでですが、ある意味「オリコン1位アーティスト」という箔を、ディプロマミルで取る学位のような勢いで取れる世の中になったわけです。

そーゆー意味では我々の世界というのは、支持するものはとことん支持する根強い一面が現れてるのか、依然CDというメディアに権威を見出すような旧来の価値観から抜け出せないのか、ただ単に搾取されているだけなのか、微妙な側面がありますね・w・

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

バーボンハウスへようこそ!~Artist's Live 09/5/30~

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2009年5月31日 18:25
  • 音楽

やあ(´・ω・`)(ry

今回は面白いバンドばっかりだなぁ

>米沢亭
演奏のレベルは高くて、オープニングのインスト演奏なんかは「おおっ」と思ったくらい。
でも、それに対してボーカルがイマイチ生きてなかったのと、なんかパフォーマンスがチグハグで照れが見えたな~。

音は「聞ける」だけに惜しかったけど、全体として粗削りなバンドだった。

>TAB
(中略)

>ココロ
エエバンドでした。
各パートの音が生きてるんですな。
全ての音がキレイに聞えて、聞いていて心地の良い音でした。

僕ってば興味の無い・知らない曲を聞くのが苦手なんですが、それを感じなかった。
アマチュアバンドとしては、かなり完成度が高かったと思います。

>第七警察(セブンケイサツ)
色物だけど、この人(ピンっぽい)おもろいですw
今回一番の衝撃はこの方です。

他の三方がバンド形式で、「ごく普通の」ライブだった中、第七警察だけはMCの代わりに曲間に演劇仕立てのストーリーを挟んで、全編シームレスにステージを展開して行く。
最初「MCが無い」って言ってたのはそういう意味だったのですな。

1人なので演奏とかは基本録音なんだけど、その内容も名前の通り昔懐かしい感じの「刑事モノ」で統一されているし、曲・ストーリー共に見ていても非常にまとまりが良い。パフォーマンスも今回の中では一番完成している気がするw

で、最後のシメが次回予告~「テーマ曲」。
そういうところまで手抜かり無く仕上げられている。

ステージ上に1人で出てきた時は「?」だったけど、「ああ、こんな形もあるんや」とドギモを抜かれた一組。

ただ、急遽入れたらしい、最初のMCは寒かったとです。。。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

1  2  3  4  5  6  7  8  9

Index of all entries

Home > 音楽 Archive

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top