Home > 音楽 Archive

音楽 Archive

SUPER INFLATION

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年4月 3日 01:26
  • カラオケ

インフルエンザでダウンしている間に何があったのかは知りませんが、数日振りにうたスキのサイトを覗いてみると全国ランキングがエライことに。

4月から採点基準が変わるとあったのは知っていますが、そもそも4月はのっけからアレですし、そもそもまだ3日だというのにカラオケもクソも。

何があったのかと思えば、すでに今月の初カラを終え、しかもなんと現在4月の全国暫定ランキング200位に位置するせるま氏曰く「変わったのは点数の採点基準ではなく、全国ランクの決定基準である」とのこと。
なんかマイナー曲の上位がすごく有利になったらしい。

うーん・・・。
これどうなんだろう・・・。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

マターリマターリジョイウェーブ

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月26日 00:36
  • カラオケ

緊急地震速報なるシステム、そんな10秒とか20秒前に警報出されたところで、それって単に死の宣告をしてるだけのような気がするのですがー。

やっぱり喉の調子が落ちてくるまでやっちゃダメだねー。後半は全く点が伸びぬ。
あと、2回続けてJOYだから、そろそろDAMの選曲が恋しく。

今日の1位。
・暁ノ空ヲ翔ル
逆転で取ってきた・・・けど、あと1点は伸びるな。
まだ細かく間違えてる。

・きれいな旋律
90点が不思議なくらい不安定な状態。
あと3?4点は余裕で伸びる余地アリ。
逆を言えば、すぐにでも逆転を許す状態。

今日は飯食いながらマターリしてたつもりだったけど・・・。
うーーん。何か食べてる間は確かに調子良かった気もするけど・・・。
やっぱり更にマターリするために次回はDAMで(笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ぢょいうぇ?ぶっ

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月23日 01:50
  • カラオケ

う?む・w・

今度マターリメシでも食いながらフリー一杯チャレンジしてみたいのう。
先日は端末のログイン認証を気にしすぎてちょい飛ばしすぎてたから、適度にふざけつつハイスコアを狙ってみようかと。

・・・と思いつつも、やっぱり採点ばっかり気にしてるのも面白くないよなぁ。

いわゆる100点を取れる歌い方って、機械が判定するものである以上1パターンしか存在しないと言っても過言ではないのだし、実際点を狙いに行く歌い方をすると、どの曲も同じように響いてしまって大して面白くない・w・

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ジョイウェーブ

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月20日 19:28
  • カラオケ

・・・というワケで、本日は石川に新たにできたコートダジュール金沢田上店にてHyperJoy Waveに突入。
山側環状線沿いにあって、野々市矢作の店よりも20分も近いぞー。

で・・・、やっぱりHyperJoyの採点は甘い。
にあ氏から「全国採点は厳しい」と脅しかけられてましたが(爆)、ナンのことはない。DAMより遥かに甘い。

DAMだと90点台ってまず出ないのよね?。
でも、標準の採点よりは厳しい・・・かもしれない。

最高点は栗林みな実のPrecious Memoriesで94.776点。
歌った時点での全国1位が佐藤裕美の暁ノ空ヲ翔ル。

ただ、甘いなりにも精度はしっかりしているみたいで、90点台が出たのはそれなりにノドの調子も良かった中盤までの話。

ノドの調子の落ちてきた後半は、極端に悪い点が出ない辺りは甘いなあと思わされますが、それでも全く点が伸びなかったですな。

点で勝負をかけたいなら・・・まあ、1人なら最初の10曲くらいが勝負やね。
メシ食いながらマターリしてたらもっと余裕できると思うけど(笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

神は蘇るか

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月17日 21:15
  • カラオケ

JOYSOUNDがリアルタイムリクエストなるエライ企画をブチ上げたようで。

毎月リクエスト上位200曲を配信とは、JOYSOUND必死だな。
DAMの脅威の追い上げが響いたか。

最も、こういう可能性の高いリクエスト企画には当然VIPPERやオタク様などのそのテのネットワークの強い層が大量流入してくるのが常でありまして、実際結果はかなりスゴイことになっている模様。

JOYSOUNDといえば、我々の層ではつい2年ほど前まではHyperJoy以外に道は無しとも言えるほどにメジャー系のアニソンの配信が充実している機種であります。

それをDAMがエロゲを中心とするマイナー路線の曲を大量に配信し始めた辺りから立場が揺らぎだし、現在ではメジャーのJOY・マイナーのDAM・何か間違ってるUGAとそれなりに主要機種の個性が確立されることとなったのです。

実際DAMはそういうエロゲ系以外にもそれまで弱かったアニソンコンテンツをその期に乗じて一気に増強してきたので、有名どころはほぼ網羅してきましたし、メジャー系のアニソンでも最新曲系に関してはむしろDAMの方が強い部分もあります。

現在はやはりI'veの配信数の多さもあり、満室で部屋が取れない時以外は原則DAMばっかり使うのですが、JOYの持つ90年代後半頃のアニソンコンテンツの幅広さは今も尚魅力なのであり、そういう意味では非常に悩ましい状況が続いているのです。

そういう状況が永遠に続くかと思えば、今回のこの企画。
聞けばなんとMOSAIC.WAV(当然、すもも関係じゃないよ)の配信交渉に入ったと公式に記されるなど、もしこの企画が順当に進めばJOYがDAMのエッセンスも取り込んで再び王者に返り咲く可能性も秘めているわけで、要注目であります。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

きれいな旋律 #2

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月16日 02:19
  • 音楽

なんぞ評判を調べていると、えらくこの曲は不評じゃのう。
KOTOKOらしくないだの、詞がウンコーだの、rush(c/w曲)の方がイイだの。

やっぱり、I'veのメロディじゃないのがイカンのか?
まず作曲マーティ・フリードマンって時点で拒絶反応起こしてる人も居る気が。
そんな周囲の雑音を一切聞かずに聞けば、ここしばらくのI'veの曲の中では最高レベルの曲だと思うし、個人的にはこんなイイメロディの曲は滅多に無いと思うが。

まあ、確かに詞の方は読み込んでいくと、(マリみては良く知らないけど)露骨に「ああ・・・なんかマリみてだ・・・」って感じのする箇所はあって、Charcharよりはデキが悪い気がするけどさw

でも、正直電波浴とかも良いけど、やっぱり音楽というものは音を楽しまなければいけないワケであり、音で遊ぶものではないと思ふ。

その中でI've SOUNDという殻の中に閉じ篭らずに新しい路線へ踏み出したこの曲は、そういう意味でも新鮮味があって非常にスバラシイと思うぞ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

きれいな旋律

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月15日 14:57
  • 音楽

なんてイイ曲なんddddddddddddd!!!!!!!!

だが、一味足りない。
聞けば作曲がメガデスの元メンバーと聞く。

つまり、そういう風味(またはもっとロック寄りの風味)を混ぜればより良くなると思うのだが、如何に!?

ていうか、編曲でなんとかI'veっぽく持っていってる曲な気がする。
作曲が外国人でそういう方面出身の人間ということを考慮しても、邦楽と洋楽の真ん中を行ってる感じで、歌詞が英語でヴォーカルが男性でも違和感が無さそうな感じだ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ESTEEM -I'VE RESPECT ARRANGE VOCAL ALBUM-

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月11日 23:54
  • 音楽

ひょんなことからこのCDの存在を知ったのですが(´・ω・)

こういうのを聞かされると、同じことをやれるハズなのにやれないのが歯痒いというか、やれるならクラウザーさんやジャック・イル・ダークのカッコでギターかき鳴らしたって上等。いや、ギターは弾けませんが(爆

いや、実際ミクシのコミュでもダメバントとかそういうコミュがあって、そういう活動を行われてる方々が集っておられますけど、自分的にもっとそういうものでの常識を破壊するというか、世界を変える挑戦がしてみたいんですよ(・ω・)

とりあえず、9曲が収録されていますが、その中で特に思い入れのある曲を。

★Princess Brave!
極端にオリジナルのイメージからは外していないのですが、やっぱりこう、自分の中にあるプリブレと違うんですよね。

ある種、すでにプリブレという曲の世界観が自分の中で出来上がっていることもあるのですが、もう聞く度にレヴィ張りに「違うんだ、違うんだベイヴィ」となります。

何が違うかって言ううと、たぶん目指す方向性が違うんだろうな。
I'veっていう音を音楽的に洗練させるか、萌えとか電波とかの洗練させるか。
僕は音楽性の方を取ってるから、そういう部分での相違がでるのかな。

ま、こーいうのを聞かされるとね、自分なりのスタイルでこの曲を表現したくなるんだ(´・ω・`)
北陸(石川)にはそういうバンドいないけど。

誰か一緒にやる?

★↑青春ロケット↑
個人的なこの曲(オリジナル版)に対する感想を一言言わせて貰うと、「この曲は電波ソングじゃない!」っていうのがあるんですよね。

プリブレと同じで、この曲もやっぱり自分の中で曲を消化して、再構築していく中で、この曲もやはり自分なりの解釈というのが生まれてくるワケですが、その中でこの曲はどーにも電波ソングとは思えないと考えるようになったのですよ。

そういう意味では非常に不満の残るアレンジというか、このアルバムでは「この曲は電波ソングである!」という主張が伝わってくるワケでありまして、曲の持ち味を殺しているような気がします。

★Treating 2U
先日I'veにも男性Vo.曲があったんだ、と書きましたけど、このTreating 2Uを知ったのがこのアルバムなんですね(爆

調べてみれば2000年リリースということで、既に登場から7年経過・ほぼI've最初期の頃の曲でありますねぇ。

この曲、このアルバムではハードロックな感じにアレンジされていますが、オリジナルはB'zのCallingみたいなバラード調であります。
ついでにヴォーカリストは堤伊之助という方ですが、ヴォーカルの雰囲気もイイ声なんですがB'zです(爆

では、このアルバムに収録されているバージョンはというと、サンプル版とか聞いてて何となくBメロのフレーズが詰まってるなってイメージがあったのですが、オリジナルがゆったりしたフレーズで構成されているのだから、テンポアップすればそれも当然か。

でも、違和感らしい違和感っていうのはソコだけで、実際このタイプの編曲がオリジナルに聴こえるくらいイイのですよ。

果たして、アレンジがイイのか、それとも曲がそういう風に変幻自在に姿を変えられるタイプの曲なのかは分かりませんけど。

しかしまー、調べてみるとこの曲にはリミックスバージョンで女性Vo.版も存在するようですが、とにかく評価が真っ二つ。

やはりI've=女性Vo.のイメージがあるのか、それとも本当にリミックス版のデキがイイのかは分かりませんが、リミックス版を支持する声が非常に多い。

もちろん、オリジナルも評価は高いし、実際曲の完成度も高いと思いますので、やはりある種のI'veに対する先入観みたいなものがそういう評価を生んでいるのでしょうか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

HAC@林原祭り

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年3月 5日 00:40
  • カラオケ

なんと完走していしまいました。
といいますか、最後の数周は本気でマズかったですが(笑

皆様何故かシングル曲や有名曲を避けていたので、逆にそういうのしか歌えない自分にはそれなりに好都合でした(笑

とりあえず、自分の持ちネタは全部出し切りました。
あれ以上歌えと言われたら「みなさんありがとう!」で別部屋です(笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ハヤスィヴァラ祭り

  • Posted by: とみ~☆かいら
  • 2007年2月27日 21:00
  • カラオケ

僕は曲とタイトルが一致しない曲ってほとんどないんです。
というか、そういう曲は漏れなく歌えません(爆

まあ、林原さんの曲というと、追っかけてたのはGet along?産休までなのですが、実際聴いていたとなるとマンキンの主題歌前後から怪しい曲が出てきてたり(爆

数に直せばまー多くて20曲ってところでしょうけど、ほとんどがシングル曲と一部の有名曲(Tokyo Boogie Nightとか虹色のスニーカーとか)くらいなんで、アルバムキャラソンを行けと言われたらムリであります(爆

たぶん、早々にノーマル部屋に回ることになるべー(爆

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

Index of all entries

Home > 音楽 Archive

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top