Home > アニメ・コミック Archive

アニメ・コミック Archive

【感想】夜ノヤッターマン

単純なリバイバルではなく、ドロンボー一味を主役に据えたスピンオフ、という扱いらしい。

タイムボカン=ヤッターマンというイメージがあったのだけれども、何気に戦隊物みたいにかつてはシリーズ化していたんだね、コレ。

で、ヤッターマン(タイムボカンシリーズ)と言えば、ギャグ作品のイメージが強いけれども、今作はそういうタイムボカンシリーズらしいギャグ要素を散りばめながらも、「夜ノ」という接頭語が付いているように、大人向けなダークかつダーティなストーリー展開、或いはヤッターマンをむしろ悪として描きながらも単純な勧善懲悪とはしていない辺りは実に最近のアニメっぽい。

実際、この辺りはオープニングムービーが妙にスタイリッシュな辺り、或いは八奈見乗児のアドリブ?が数々の名言を生み、ある意味タイムボカンシリーズの陰の主役とも言えた次回予告が敢えて省略されている辺りからも、旧作のタイムボカンシリーズとは一線を画する存在として見るべきではないだろうか。

最も、「そこはかとなく漂うノスタルジー」「どんなにシリアスな展開であっても息抜きのように挟み込まれるギャグ」「そしてドロンボー一味がどん底からヤッターマンに抗う展開」をして、なんとなく要素として前半は似たようなプロットを描くキルラキルっぽさ、或いは旧作と比べてスタイリッシュな中に潜むカッコ悪い大人がドタバタと駆けずり回るスラップスティック感辺りからはスペースダンディ(或いはタイガー&バニー)といった、直近の傑作の雰囲気を感じてしまうのも確か。

或いはこのスピンオフ自体も、ルパン三世の峰不二子という女の影響も感じるけれども。

全体的に言えばそういう重い方面の作品なので、30分がかなり長く感じる手合ではあるのだが、タイムボカンシリーズにあまり馴染みがなくても普通に見れる辺りは、あくまでヤッターマンと言う要素はプロットであって(実際本来は悪役であるはずのドロンボー一味が主役で善玉な辺りで本来は違和感を抱くはずなのだ)、作品そのものが純粋に面白い作品として成立している証拠だと思う。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】艦隊これくしょん4話

そろそろ切っていいですか。

***
別に毎回感想を書くとは決めてはいないのだが、こうもツッコミどころを残していただくと書かざるを得ない気分になってしまう。

結局、前回のラストの悲壮感もどこへやら、本編の半分も全く前回の展開を無視したコメディやってたら、一体このアニメはどこへ向かって行きたいのかと疑問になるんだな。

今回にしても、導入部は前回の流れを汲んで重々しい雰囲気から始まったものの、直後に金剛姉妹のコメディパートに突入した途端にそれまでの重苦しい部分が完全に吹っ飛んで安っぽい笑いに走り、かと思えば深海棲艦とのバトル(シリアス)パートに突入すればまた序盤みたいな重苦しさが復活するっていう、この落差が別作品のように大きくて、正直振り回された感じだ。

正味25分の本編を見るのに50分掛かった。

このアニメって、とりあえず日常系作品やガルパンなんかの萌えミリ、或いは脚本を一から考えなきゃいけないようなソシャゲ系アニメ、そしてシリアス系のミリタリー作品の悪いところを全部寄せ集めたような脚本の拙さがあると思うのよ。

これって結局「艦これ(の世界観)とはユーザーが作り上げるものである」という方向性を悪い方向に捉えてしまったとしか言いようがないと思うのね。

そもそもの作品の骨格が定まってない割に、視聴者・ファンへの顔色伺いみたいな要素(例えばゲーム中のセリフであるとか、二次創作発の設定であるとか)を無節操に取り入れたり、或いは前回の如月の轟沈にしても、要素としては有りでもある意味ではユーザーが最も忌避してる部分を最悪の形で取り込んでしまうのもあり、この辺りの塩梅の拙さは恐らくだが製作を指揮する人間に提督が居ないんじゃないかって邪推するレベルじゃな。

まあ、なんか13話で全てをまとめるのは無理っぽいような気もするし、かと言って2期や分割2クールみたいな形にされても・・・というような厭戦気分にもうなってるというか・・・。

個人的にはアルペジオを艦これだと思って見る方がマシな気もするし、ニコ動でみんなとツッコミ入れながら見た方が面白い作品的なポジションになっております。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】幸腹グラフィティ

シャフトwwwww

***
なんか最近サトリナが出てるアニメよく見てる気がすゆ(これ・デレアニ・大魔法峠

***
OPの監督のクレジットで新房監督の名前を見て「シャフトかよ!」と吹いてしまったけれども、たぶん登場人物が突然不条理に襲い掛かってきたりとかはしないと思う(ぇ

***
元々、冬コミだったかでトレーラームービー見かけてからすごく気になってた作品で、見てみたわけである。

個人的にはこういうグルメ系の作品を見るのは好きで、古くはそういうのの元祖の美味しんぼなんかは実写版を含めて映像化されているものは大半は見てるし、土曜ドラマのザ・シェフなんかも好きだった。

だからこの作品を視聴するのは半ば必然だったのかもしれない。

***
まあ確かに何気ない仕草・風景を大げさに、綿密に描くのはシャフトの得意分野かもしれんw

料理アニメと言えば、そもそもミスター味っ子のようにオーバーアクションで味に感動する作品が大勢を占めるようになってしまっていたが、この作品は日常系のノリで料理アニメを描いてしまっているので、そもそも地味である。

ただ、「食っている姿がエロい」とよく言われているように、その辺りの表現にシャフト節が迸っていて、海が割れたり地が割れたりしないせず、ただ女の子が飯を普通に食ってるだけの作品なのに、上手いこと美味さの表現ができていて、大変な飯テロアニメとなっている。
(流石に妙に饒舌に味覚を語るところはこのテの作品っぽい)

料理の画なんかも、ジブリやドラえもんほどアニメチックな意味では印象的ではないものの、こういう料理アニメの中でも非常によく描き込まれている部類。

実際のところ本当にそれくらいしか言うところがないのだが。

***
でもまあ結局、味っ子を筆頭とする従来のグルメアニメがオーバーなリアクションでの表現に走った理由っていうのって、たぶんパッと見た限りじゃ料理が美味そうに見えないからだと思うんですよね。

それはまだ当時はアニメって子供の見るもので、今ほど細部まで凝った演出っていうのは考えられていない時代でしたし、子供が理解できないような細かい考証を詰めるくらいなら、多少のツッコミどころはあっても勢い良くやった方がウケが良かったですし。

しかもそれらの派手なグルメ作品は結構邪道な料理法を繰り出してくることも多いから、今改めて見るとグルメものとしてはうへぇと思う部分も多い。

この作品ってその辺りの作品とは真逆のベクトルで、美味いものをちゃんと美味そうに見せるっていう、基本中の基本の部分を究極まで洗練させた、ある意味とっても愚直な作品なんじゃないかと。

***
でもやっぱり作品全体から漂う雰囲気はシャフトのそれであって、俗に「シャフ度」と呼ばれる独特の立ちポーズこそ無かったものの、インテリアデザインとかが円盤になったら家具が増えそうな具合の広大さ&妙に近未来的でオシャンティなところとか、ゆるふわ日常系アニメの割には短い止め絵的なカットを差し込んで展開に緩急を付けたり、或いは独特の動きの少なく妙に引いたアングルとかも多用する「静」の絵面を中心にした構成なんかは、化物語シリーズ辺りとの演出の共通点を色濃く感じてしまったりとか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】アイドルマスター シンデレラガールズ3話

いいアニメだった・・・

***
やっぱりデレアニの興味深いところは、アニマスと同じ骨格で描くにせよ、立場の違いを明確に描いているところだね。

先を突っ走るアイドルたちと、駆け出しのアイドルたちの対比、そしてそれに上り詰めようとするシンデレラプロジェクトの面々の初々しさがあまりに鮮やかすぎて、おそらく視聴する側の人間が置かれているであろう、卯月たちの視線から見る世界の華やかさに圧倒される感じだ。

現実でもジャニーズなんかがああいう感じでJrとかの顔見世興行をやったりするらしいけれども。

話の展開としては、序章として1~3話が1セットになって翌週から新しい展開が始まる感があるけれども、それを敢えて登竜門を駆け上がる姿を思い切り描いた上でライブ回をキッチリ差し込んできたのはやはりアイマスらしいとしか言いようがない。

アニマスでは7話くらいまでは辛気臭い話も多かったけれども、今回はいきなりアクセル全開って感じか。

それだけにキルラキルみたいに3話にしていきなり「いい最終回だった・・・」と感傷に浸りたくなるくらいの圧倒的な熱量を受け止めるハメにもなるのだが(笑

ある意味、アイドルを取り巻く世界そのものの成長物語であったアニマスと比べて、同じアイドルマスター、ここまで見事に差別化をしているとは。

それでいて、アイドルマスターだから最後の段階は読める、しかしながらその最後がどういう形で演出されるかはまたお楽しみという。

いやはや、半年間本当に楽しみなアニメだ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】艦隊これくしょん3話

なるほど、そう来たか。

***
ただ、話の作り方としては艦これはなんていうか、粗いわな。

要するに、今までの展開を見るに、1・2・3話それぞれで全く別の作品を作ってるような断絶感があって、話のそれぞれが30分1本勝負、結局のところ今までの展開で伏線を張るということを一切やっていなかったから、これは非常に後味の悪い結末だったと思うよ。

これが1話はまだ自己紹回だとカウントするのであれば仕方ないにせよ、仮にも1話がなかなかいい出来で期待させてもらっただけに、2話でももう少し緊張感のあるシナリオを書いていれば、もう少し提督各位の心象も違ったのではないかと思うのだが。

逆に史実を知っていれば今回のサブタイそのものがネタバレだったというのであれば、ある意味では戦後以降的な要素を多分に含む艦これの設定とは大きく矛盾するものであると考える。

結局、鬱アニメや死にアニメにしてもまどマギなんかは最終的には上手く伏線をストーリーの中に隠してあり、Fate辺りなんかだとある意味最初から絶望しかなかったわけで、その辺りを全く手当していなかった艦これは、3話で急に目に見えて話を動かしていた感がありありだったので、ある意味「ここからが本気です」って言われても、それはこれからそれらの傑作と違って色々と色眼鏡で見られるとしか言いようがない。

ただまあ、先日述べたように、1話でこの作品の輪郭をお見せしています、というのであれば、やはり1話の後半の戦闘シーンはある種の伏線・フラグだったと言い張れないわけではないが。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】それぞれの2話

■艦これ
1話は上手くまとまっていたと思ったが、2話になって急にクオリティがガタ落ちしたような感じがした。

元々、設定らしい設定の薄い作品であるので、公式自体が二次創作派出の設定を取り入れていくと言っているのだから、そこに突っ込むのは野暮というか意味が無いのだが、いわゆるこの手のソシャゲ系作品特有の、設定がない故のスカスカ感がとても目立ったと思う。

故に、皆さん気に掛かっている「二次創作設定を取り入れたが故の悪乗り・内輪受け」感が増幅されていたようにも。

結局、1話でめぼしい艦娘たちを出してしまったこともあるんだろうが、2話では目立った新規登場キャラもなく、ただ淡々と艦娘たちの日常を描く+多少のサービスシーンを盛り込むことに終始してしまったことから、非常に展開に間延び感があって、正直見ているのが辛かった。

時々、このテの作品にはただ意味もなく女の子が戯れてるだけのように見える作品も多いが、艦これもそこに片足を突っ込みかけていたような話だった。

ある意味、事前の期待感の高さから見れば、ヘタすればこれはクソアニメ認定されても仕方ないレベルでは。

今期はかなり凄いのが居るらしいけど。

■モバマス
逆にこちらは2話になって更に熱量が上がった感じがした。

最初は卯月・凛・未央の3人を主軸に据えてやっていくのかと思ったら、2話になって更に主軸級キャラとしてシンデレラプロジェクトのメンバー10名余りが追加されるという、ある意味でのサプライズがあったわけだが、それ以上にこちらも艦これ同様キャラは多いわけだが、モブ的な扱いとしても更に新規登場のアイドルも登場する・アニメの作中にて突如新規CVが付いたキャラすら登場するなど、色々と余念がない。

この追加されたメンバーについては、確かに1話のときから存在を匂わせる描写はあったものの、1話では全く顔が出てこなかったことから、個人的にはアニマスの竜宮小町のような、あくまでストーリー上は別働隊として出てくるものと考えていたので、正直驚いた次第である。

ではそれがそういうメンツかというと、これもまた正直なところ各属性でバランスよく配分する以外にどういう基準で選んだのかはちょっと図りかねる部分もあるが。
(最初期から居て比較的人気・認知度の高いアイドルが大半だけど、アナスタシアのようにサービスインして相当経ってから追加になったアイドルも居た)

まあ、作品の骨格は2話を見て、「アイドルが如何にして作られていくか」というところを丁寧になぞる形であったりとか、挿入歌としてふんだんにアイマスの楽曲を投入するとか、ますますアニマス色を感じてしまったことも確かだが。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】アイドルマスター シンデレラガールズ

押してくるねぇ。

***
基本的な構成は11年のアニマス(アイドルマスター)と変わってないのな。
(まあ制作元も一緒だけど)

相変わらず、ゴールデンに放送していても全く違和感が無いような圧倒的な王道感をそのままに、前回のような「掴み」の話を入れずにいきなり本題に入ってきたような感じもあるけれども、それでもこの作品から見始めたとしてもアイマスの世界というものを上手く表現した良い1話だったのではないだろうか。

特にラストのしぶりんの「で、あんたが私のプロデューサー?」にちょっと感動してしまった。

***
元々、モバマスは比較的オリジナルのアイマスの世界観というものに忠実な傾向があり、アイドルたちの人物像も比較的現実味に溢れている&敢えて作風的な意味での個性を押し殺している面があるので、前回のアニマス同様、そこにA-1 Picturesの「ケレン」が入ることで、キャラクターたちが素晴らしく輝いて見えるという、正の相乗効果が現れている。

この辺りは、映像という形では劇場版の方にグリマスのキャラが先行して登場しているものの、グリマスはキャラクター考証もA-1が担当する形になっているが、そのせいかアニメチックなクドさが目立っていて、オリジナルのアイドルたちとイメージをすり合わせるためなのか映画には比較的ケレン味の少ないキャラを選抜して出していたような印象があったのとは正反対である。

***
面白いと思ったのは、モバマスとは都合100ウン十名にも及ぶアイドルたちが存在していることであるのだが、基本的に多くのアイドルたちはすでにトップアイドルとして活躍していると設定した上で、モバマスの初期アイドルの雄、卯月・凛・未央に絞ってストーリーを展開していくと暗示させる構成になっているところではないだろうか。

確かに全てのアイドルを平等に活躍させるシナリオを書くのは不可能にせよ、数多の人気キャラを敢えて脇に振ってでも、この3人を主役に据えたという判断に実に感心する。

前回のアニマスにしても、13人のアイドルを(竜宮小町などの分岐も使うとはいえ)一括で同時に成長していくというストーリーとしていただけに、2クールという尺を持ちながらもキャラ回なども含めるとややシナリオが早足的になっていたが、今回は同じアイドルマスター、そして新人アイドルの成長物語としても、そういう意味では非常に濃厚な展開が期待できそうである。

元々、ソシャゲ系のアイマスにはオリジナルのアイマスと比べても更にシナリオらしいシナリオが存在しないわけであるが、そこを逆手に取っている感もあり、これはなかなかしてやられた感じである。

実際、これらの初期アイドルたちが初めてガチャSRに起用されたときの盛り上がり感を思い起こすと、ある意味そういう単純な成長物語としてでなく、ゲームとのリンク感・高揚感を再び思い起こさせてくれそうである。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】艦隊これくしょん~艦これ~(アニメ版)

意外と上手く作ってあったかもしれん。

自分の中での艦これアニメのイメージに最も近い形の描き方は実は「蒼き鋼のアルペジオ」がズバリそのまんまなのだが、これはこれでありだろうし、1話がいわゆる自己紹回で面白くない作品というのは割りとあるが、アニメ作品としての艦これの輪郭を描きつつも提督たちへのアピールも忘れないという意味で。

そういう意味ではこれからどういう形で艦これのアニメを描いていくか、というのが明瞭に見えたことは、ある意味で理想からかけ離れた作品を見続けるが故の未練を断ち切る意味でも良かったのかもしれん。

とりあえず、ゲーム中のセリフを敢えて盛り込んでいた辺りとか、色んな意味でゲームと声が一緒だ!とちょっと感動してしまった。

或いは、艦これはいわゆる「緩やかなソーシャル」の中で醸成された設定を巧く作品に反映していくことを公言しているわけであるが、それもアニメの中に「公式設定として」反映されていたのは実に面白い。

個人的には吹雪は第一艦隊としては一度も使ったことが無い(そもそも初期艦で選んだのが叢雲な上、加入自体もかなり最近だ)ので、そういう吹雪としての上坂すみれの声・演技は非常に新鮮に映ったが。

しかしながら、ゲーム中では秘書艦=正妻という風潮、或いは常にゲームの待機画面に表示されることから目立つ=こういう場では主人公ポジションのキャラが就くポジションという風潮も強い中で、敢えて長門を秘書艦に設定するというのは、ある意味では長門提督大勝利なのか、それとも秘書艦という概念は流石に公式的にも譲れない一面があるのかは興味深いところである。

そういう点から見ても、なんだかんだ言って「公式ヒロイン」吹雪さんは地味にハブられている気がするのだが。

ただ、この秘書艦の扱いを鑑みるに、少なくともアニメの艦これでの提督のポジションというのは、同じく顔の見えない(=プレイヤーの化身である)プロデューサーというポジションから作品を見下ろすことになるアイドルマスターとかとは、かなり異にするもののようである。
(最も、アイマスもアニマスではPの顔・存在が思いっ切り表に出ているので、これはこれでやはりゲームと解釈が異なるが)

全体的に見ると、今回はとにかくキャラを出すことに腐心した感じがあり、キャストを見て「あれ!?この娘出てたっけ!?」と驚くくらい存在感がなかった艦娘も居たが。
(自分は夕張がどこに居たのか全く気づかなった)

あとは、バトルシーンのノリなんかを見てると、最終的には結構鬱展開になりそうな気がした。

そもそも艦これは史実通りに描けばどう転んでも鬱展開になるが、艦これの時代背景は実は少なくとも戦後以降であると設定されているわけなので、ある意味「史実通り」には描きようが無いわけだが、それでも意外とこの手の作品を原作に取る割には真面目に作ってあったこと、そして最終的に深海棲艦との対決を深く描くのであれば、それなりに鬱は入ってくると思う。

***
ただ、ほとんどのキャラはゲーム中の姿を生き写したようなくらい自然に映ったが、加賀さんだけは妙にドスが利いてて怖かったと思う。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】ソードアート・オンラインII

BS11のFateの前にやっていたので。

思えば、同原作者のアクセル・ワールドは少し見たけど、SAOは薄い本では散々お世話になった割に(何故か)、アニメ原作の方は一度もまだ見てなかったのよね。

最初はこの作品はありがちなMMORPG原作のアニメかと思っていたのだが、一時期は雨後の筍如くだったMMOにしても、如何にMMOの世界からは最近ご無沙汰だとしてもそのようなタイトルの作品は聞いたことがなかったし、だとすればそもそもタイトルに敢えて「オンライン」などと付ける必要は無いわけで、純粋なラノベ作品だと聞いた時には耳を疑ったものである。

しかも1期はAWと半分放映期間被ってたよな。
同作者のアニメが2本放映時期が被るって、特に単発ヒットの増えたラノベアニメ全盛の昨今では非常に珍しいことのような気がする。

でもまあ・・・これってアレか。

かつてのROプレイヤーがROニメに絶望した結果が巡り巡って爆誕した感じが(w

極端なことを言うと、前途のRAGNAROK THE ANIMATIONを始めとしてMMORPG原作のアニメでマトモな作品は見たことがないと言っても過言ではないが、そういう世界観をベースにしただけのラノベの方が余程そういう点でMMOらしい世界観を忠実に表現しているっていう。

ストーリーのド途中から何の予習もなく見て、それでもこう、本能的に元MMOプレイヤーの心を深く抉る演出と展開の数々は、明らかに原作者にMMOなどのネトゲの心得が深く備わっているとしか思えないなw

まあAWといいSAOといい、ネトゲやFPS的なゲームを土台とした世界観を構築してる時点で間違いなく原作者はゲーヲタなんだろうが。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

【感想】甘城ブリリアントパーク

今期はFateとこれだな。

とりあえずイラスト原案がなかじまゆか先生なわけで、それだけで視聴確定あります。

ただニコ動では水曜22:30生放送だけっていうのは氏ねって思いますが。
あとはdアニメストアとかBS11辺りだったかでも見れますけれども。

しかしながら、なんでなかじま先生が関わるラノベ作品って微妙に重いシナリオの作品が多いんだろう?

前回アニメ化された「パパのいうことを聞きなさい!」もイメージに反してやたら重苦しいシナリオで6話くらいで心が折れたのであります。

今回も潰れかけのテーマパークを立て直すというお題故、キャラクターたちの葛藤とかが結構色濃く描かれているので、「ライト」ノベルというには芯が太くかなり重めなストーリーに見えますが、どちらかと言えば昼メロチックでかなり取っ付きづらかったパパ聞きと比べればまだライトな感じで見ていけそうな気はする。

それに同クールでFateがあるお陰でモッフル×セイバーネタ(中の人が同じ)が加速していたりとか、早くもツッコミネタがいくつも生まれてますけどw

***
あ、制作が京アニなんですね、これ。

けいおんとかと比べるとやはり行間を挟みづらいネタの密度があるからか、基本的には筋書きの丁寧な京アニの良さがすごく出ていると思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

1  2  3  4  5  6  7  8  9

Index of all entries

Home > アニメ・コミック Archive

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top