Home > アニメ・コミック Archive

アニメ・コミック Archive

けいおん!!終了に寄せて

そんなワケで地元でも遂にけいおん!!が最終回を迎えた。

けいおんの世界に足を踏み入れてからというもの、この半年はジェットコースターのようであったが、割と後々から追いかけることの多い自分にあって、とりあえずのところこのビッグウェーブに乗ることができて感慨無量である。

しかしのところ、けいおん2期(けいおん!!)というのは、少々構成に無理があったのではないか、とも思う。

何故ならば、1期12話で贅沢に単行本3巻相当のエピソードを消費しているのだ。
3巻といえば大したことがないように思えるだろうが、けいおんのシナリオ的に3巻の時点で2年次終了、おそらく4巻辺りが最終巻になる可能性もあるなかで、それから2期2クール分のシナリオをひり出そうという時点で、少々地雷臭を感じたのは確かである。

果たしてその予感は半分的中した、ように思う。

2期1話のオープニングでいきなり唯が一人でギターを弾いていた時点で度肝を抜かれたが、要は2期のけいおんはけいおんにあらず。言わば中学生日記とかその辺りのドラマをアニメでやってみました的な作風になっていたように思う。

つまるところ、1期を濃厚に詰め込みすぎた分、2期は結局残り少ないシナリオを無理やり引き伸ばさざる得ず、結果的に「けいおんらしさ」という点においては、2期はかなり違和感の強い仕上がりであったと思う。
というか、元々2期作る事を想定してなかったような感じだよねw

本来、けいおんとはハッキリ言えば喜怒哀楽で表せば明らかに怒と哀の部分がすっぽり抜け落ちたような脳天気な作品であり、喜怒哀楽があるのはアニメオリジナルな部分である。

だが1期は比較的原作に忠実で、肉付けは主にどうにも原作では内容が無くて肉付けせざる得ない部分だけ、或いは1話丸々アニメオリジナル的な、比較的明暗のハッキリした作りであったが、2期はその辺りが曖昧で学園モノアニメとしては王道というかベタな仕上がり。
しかも「水増し」したのがハッキリと感じられるシナリオ構成。

これ、1期が無ければ間違いなく埋没したでしょうな。

元々、けいおんとはコメディタッチな部分を除けば「らしい」個性がほとんど無い、というかそのあまりの内容の無さが逆に魅力な作品だ。

アニメ化前のけいおんとはマイナーな作品であり、おそらく昨春の時点でのけいおんの注目度とは、作品の質よりも「京アニの新作とは如何なるものか」という部分への興味の方が大きかったのではないか。

そこから1期がウケたのってたぶん、肉付けするにしてもエヴァとかみたいに考える作品・緻密な作品とは完全に正反対な、その内容の無さを逆手に取るような徹底的にピュアな「軽音(音楽)楽しい!」っていう感情とかをストレートにかつ増幅して表現する感じがあったのが良かったんだろう。
だから、結果としてそういう陽のスパイラルというか、「けいおん!」という作品の枠を超えた、音楽の世界そのものにも多大な影響を与えるくらいのムーヴメントにすらなんたんだろう。

そんな作風なんだから、2期みたいなヘタに内容を求める構成にすると、無個性でどこか生々しくて説教臭い感じになっちゃう。
だから自分も含めて、妙に考え込んじゃう人も出てきちゃうわけで。

本来、けいおんなんて考えたら負けな作品だよ。
だって、元々の設定とか考えれば、明らかにおかしいじゃんw平沢姉妹の超センスとかw
大人ほどその辺りに気付けないみたいだけどね・・・。

まあとにかく1話見て思った不安がまさに的中してしまった感じで、これだったら1クールの方が良かったんじゃね?って気がした。
ロ澪とジュ律エットとか、2期の迷走の典型だろう。

1期同様、1クールで馬鹿みたいに突っ走って突っ走って、最後に24話の話で締めれば大・感・動で伝説的な作品になったと思うんだけど。

そういう意味では、少々残念な作品でもあった。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

けいおん!!

いきなり3年次の話か。

まあ・・・ブルーレイ特典でどーも文化祭後~年明けの話が制作されてるっぽいが。
(ちなみに1期最終回は完全オリジナルの話)

でも区切りがいいっちゃーいいがね。
イキナリ2期からの地方も多いし。

でも、地方の事情を加味すると、せっかく区切りのいいところから始めてるのに、暗黙の了解的展開があるのはダメだろ・・・。
クラス分けのクダリとか、NDK会長の流れとかw
細かいところで、「あくまで1期の続き&ブルーレイ買ってるよね?w」臭がw

あと、曽我部さんかわいそす(´・ω・)
ブルーレイとかの方でやったのかね?

そういうところを加味しても話の流れは原作と一緒なんだが、増量剤混ぜ過ぎw
シナリオ自体は一緒のハズなのに、実質全然違う話になっとるやないか(笑
1期の水増しより更にひどいぞwww

なんせ初っ端から唯がソロ弾いてるシーンには度肝を抜かれたわいw
あれこれけいおんだよね?wってw

でもまあ・・・今期は2クールらしいし、これくらいやらんとネタ切れするわな・・・。
1期ですらアレで原作にかなり追い付いてたし。

それに辻褄合わせていくと・・・2期ってけいおんっぽい何かになりそうだお・・・。
実際、1話だけでもなんかすげー違和感あったしw

節々で見れば、原作そのままの流れのシーンは「けいおん!」なんだが、追加された部分が京アニ色全開でなんかMADで違う作品を継ぎ接ぎしたみたいになってるんだよな。
しかも追加シーンの方が多いときている。

1期の水増しは基本原作が舌っ足らずになっているところを繋ぐために追加された感じだったが、2期のそれはそれそのものが主題的。

こう、全体的に見るとなんかありふれた学園モノアニメになってしまってた気が・・・。
1期のけいおんは原作同様頭空っぽにして見れる楽しさがあったが、2期はそれが無い。
いや、原作を読んでいなければ、それもアリ、というか気付かなかっただろうが、俺は読んでしまった。
言うなれば別モノ。

ちょっと前のTrue Tearsなんかがそういう作品の典型だったが、2期のけいおんはTrue Tearsほど極端でないにせよ「けいおん!のプロットを使って京アニがオリジナル学園モノを作ってみました」って感じだな。

これね、「アニメ化に際しての差異点」で許容出来るレベル超えてると思うんだ。
なまじ人気が凄まじいだけに、1期のハガレンみたいに「TV派」「原作派」を分けかねんよ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

魔法という名の兵器

なるほど。で、なのはさんは次どの作品に出まっしゃるのやろ。

・メルティブラッド
・エースコンバット
・スーパーロボット大戦
・アーマードコア

さあ好きなのを選べ(爆

なのはシリーズは初めて見たが、たぶん奴なら真祖でもサーヴァントでも互角に戦える。

といいますか、ちょっと演出過剰なプリキュアっつーか、魔砲魔法のロックオンサイトとか出てきた時にはどうしようかと思いました。

レイジングハートとか、ありがちな魔法のステッキのようには見えるけど、やっぱりアレちょっとロストテクノロジーっぽいもので出来てるだけの兵器だな。ウン。
なんか色々機械っぽいし。

スマン、本当に天才とバカは紙一重というか、シリアスとギャグは紙一重というか、笑えばいいのか泣けばいいのか、とりあえずポカーン( ゚д゚)と見てた。

なんかさ、グルメ作品の「美味」の表現みたいな感じだなw
言葉では伝え切れないから、その分だけ海が割れたり天上の世界が見えたりみたいなw

とりあえずもう少し年喰ってから出直してきな(ぁ

ところで、水樹奈々とは歌手としては他には無い存在感があるのに、声優としては全く存在感が無いな。

とにかく、水樹奈々の曲というのはワンフレーズ聞いただけでも「水樹奈々とはこういうものだ」というイメージがすぐに湧くのに対して、声優としてはどこにでも入り込めそうだが、入り込んだら入り込んだでどこに居るか分からないみたいな。

なのはではフェイト役と、割と目立つところだからまだいいが。
でも、最初本当にフェイト役で合ってるのか不安になるくらい分からんかった。

しかも「水樹奈々=なのは」ってイメージは強いがそれは主題歌であって、あくまで主人公は「高町なのは=田村ゆかり」であり、水樹奈々は実はサブなんだよなぁ・・・。

しかし・・・「1st」か・・・。
続ける気満々か・・・。

そして相変わらずアーチャーはカッコイイな。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

たまには映画でも

昔からアニメ映画以外見たこと無いんだがな!

んなワケで東京大阪と比べれば総じて約1ヶ月半遅れでの公開となった、劇場版Fate(Fate Stay/night Unlimited Blade Works)とハルヒ(涼宮ハルヒの消失)見てきますた。

☆Fate
実に正統派伝奇系ヒロイック(キリッ
Fateの世界観を(キリッ

・・・。

つかこれって凛(アッー!

まあね、タイトルそのまんまだからね。仕方ないね。
まあ・・・話の流れ自体はアニメしか見てないからセイバールートしか知らんけど。

クオリティはTVシリーズとほぼ同等か。表現関連はより原作よりだったが。
相変わらず有名シーン・セリフ山盛りで美味しかったです^q^

まあそれでも尺が2時間あるとはいえ、よくぞ劇場の枠内でまとめたって感じか。
いや、12時間(24話)かけて1ルートやってたTVシリーズが贅肉だらけだったってことか?
なんというか、本来のシナリオの濃密さがより分かりやすく見えた気がする。

あとライダーさんカワイソス(´・ω・)(出番5分
ついでにいつもアーチャーはんは美味しいとこ持っていきなさりますなぁ。
この勢いで幻のイリヤルートも実現するんだおwwwww(ヲイ

でもアレだよね。
まさか元はエロゲの作品がここまで来ると、感慨深いよね。ウン。

でもここまでやったってことは当然桜ルートの話があるのは規定事項なんですよね?

☆ハルヒ
ハルヒ=みくる>>>>>>>>>>>>>>>>>長門

ガコーン

ハルヒ=みくる>>>>>>>>朝倉さん>>>>>>>>>長門

まあ、「消失」って時点で前評判通りですな。
本来、TVシリーズでやるんじゃないかってウワサもあったけど、アレだったしねぇ。

でも、原作読んでないからよく分かんなかったけど、読んでても分かんない気がした(爆

☆まとめ
どっちが面白かったかって言われればまあやっぱりFateかなぁ。

ウチ自身はFateはTVシリーズしか見てない折、劇場版のシナリオ自体は初見だったのだが、ある意味ではこの劇場版っちゅーのは、話そのもののデキ以外にもセイバールートをクリアして、再プレイで別ルートを見つけたような感動もあったワケで、そーゆー意味ではゲーム的な意味でもFateを楽しめたと思うからだ。

逆にハルヒは本当に初見(マジ)なので、そもそも涼宮ハルヒシリーズの話を咀嚼し切れていないワケであり、予備知識的な意味で「こんなもんだろう」という感触はあっても、話の本質には迫れなかったね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

詰め込みすぎのハンバーガー

・・・ソラノヲトを一言で表すと。

みんな好きそうな要素をなるだけ詰め込んでみたけど、逆に食い合せ悪く、しかも食べようとすると具がはみ出てしまうくらいボリューム過多で食べづらい。しかも本物の味わいは無く安っぽい。

そう・・・ビッグてりやきベーコンレタスフィレオフィッシュチキンタツタクオーターパウンダーチーズバーガーって感じかw

超時空軽音ストなぎにも笑ったが(w

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

けいおん見てた

UMU。

今更(笑

なんつーか・・・水みたいなアニメだな(笑

良くも悪くも水みたいだ。
適度に内容がスッカスカというか、緩いまんま話が流れて行くから、何となく続けて見れる感じだな。
こう、薔薇咲く世界とは別の意味で、山なし・オチなし・意味なし(笑

ふつーのアニメやと、まあイイトコ3~4本見たらお腹いっぱいな感じだけど、これは時間があったらそのまんま1話から最終話まで通しで「何となく」見れてしまいそうだ。

まあ、それが面白いかっちゅーと、なんかそういう概念とは別次元の作風に仕上げられてる気がするな。

まあ、唯・憂姉妹の超人的なセンスとか、なんとなく音楽系作品を感じさせる「アニメ(マンガ)チック」な部分はあるけれども、ある意味日常の「ネタ」としてそういうのを誇張して描いてると考えれば、全体としてただ日常生活をそのまんま描いてるだけだ。考えたら負け的な。
それだけに、番外編(13話)のモノローグ的シナリオは逆に違和感ある感じだ。

全体としてみれば、確かに10~20代辺りの人間にはものすごく影響を与えそうな感じやね。
恐らく、けいおんにハマった人間っちゅーのは、画面の向こうにもう一つのリアルを見出したんちゃうかなー。
ヘタに演出に非現実性を感じさせる部分が無いだけに。

まあ、原作はアニメに輪をかけて内容がスッカスカらしいから、そういう意味ではアニメはいい感じに肉付けられたんと違いますかね。
京アニってそういう仕事が得意みたいですし。

ただこれで2期作るって言っても・・・うーん(笑

せっかく楽器屋とか儲かってるんだし、ウチらの世界の底辺拡大のためにも、ここはひとつ楽器の正しい扱い方とかレクチャーしてくれませんかね?作中で(笑

ギターはちょっとだけ触れられたけど(笑

あと、あいなまさんなんかは、けいおんみたいなインパクトある作品であんな性格のキャラやったら、そりゃーアホの子キャラ付きますわな(笑
平野綾がハルヒでなんかキャラ変わったみたいに(笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

涙の出ない悲しみに初めて出会ったよ

ご・・・郷里さんが・・・。

なんという・・・なんということだ・・・。

あの声をもう聞けないとは・・・・・・。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

・・・orz

一番大切な時に聖痕のクェイサーなんか見るんじゃなかった・・・orz

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

井上雄彦

昨日のプロフェッショナルの井上雄彦凄かったなぁ。

でも、画力の差はともかくとして、やってること自体は基本を究極まで洗練させてるだけで、特別な事は自分のスタイルに関わること以外、何もやってませんでしたね。
そーゆー意味では、プロとて同じ事しかしていないという意味で、とても参考になった。

でも、ああいう人たちはワシらが1ヶ月とか2ヶ月とか掛けてひーひー言いながらやってる事の倍以上の仕事量を、1週間───ヘタしたら数日で完璧に仕上げるんだもんなぁ。アシさんが居るにしても。

やっぱりプロってすげえ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

咲見てお勉強

  ./  ̄/  ̄  / _|__ ___|_
    ―/     /   |/   /|
    _/  _/    |  _/|
                                  /\___/ヽ
    (.`ヽ(`> 、                      /''''''   ''''''::::::\
     `'<`ゝr'フ\                  +  |(●),   、(●)、.:| +
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                   |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                 + |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
       \_  、__,.イ\           +     \   `ニニ´  .:::/    +
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ
          \l__,./       i l.ヽ! |   .| ::::::::::::::l ヽ   `7ー.、‐'´ |\-、
  ___________________________  __
 │二│三│四│二│三│四│二│三│四│◎│◎│◎│伍│|伍|
 │萬│萬│萬│萬│萬│萬│萬│萬│萬│◎│◎│◎│萬│|萬|

咲の単行本買ってきた。6巻まで。

いや、麻雀自体は10年以上前からできるぞ。
役とかマトモに覚え始めたのはここ数ヶ月の話だが(爆

何を勉強しているのかと言うと異能麻雀本を描くにあたって、どういう風に話を展開させればいいのか、など。

背中が煤けてるぜ的なセリフとかは知ってるけど、麻雀というゲームを話にしたとき、まさか1個1個牌を配ったり切ったりするところから描くわけにもいかんからの(笑

それに、ギャンブルマンガというと福本御大のカイジはそれなりに読んだけど、福本先生を基準にすると魅せ場では牌1個切るだけで標準的な同人誌1冊使い切りそうだしなー(笑
福本先生自身、アカギで10年経っても半荘すら終わってないんだっけ(笑

とりあえず今年の夏はのどっちのおっぱい楽しみです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

Index of all entries

Home > アニメ・コミック Archive

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top