Home > アニメ・コミック Archive

アニメ・コミック Archive

ルパンザサー

何故かキーワードランキングの上位にルパンが来ている・・・新作は毎年夏のはずなのに何故だ・・・と思ったら、昨日金曜ロードショーなのかな?でやってたのですね。

これが新作だったらくず折れていたところだが、ルパンvs複製人間か。これはビデオがあるな。

ルパンvs複製人間といえば・・・ゲストっぽい感じで出てたカルーセル麻紀がそれはそれは素晴らしい演技(棒読みとも言う)を披露した作品ではなかったか。

大作アニメにゲスト出演して微笑ましい演技を見せるタレントは数あれど、カルーセル氏のあの脅威の演技には驚愕したのだが(笑

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ハヤテ2話

ちょwwwww海賊wwwwwwwww

突っ込みどころがあり過ぎて困るw

これ絶対子供が見るもんじゃないw
気に入ったwwwwwwww

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ちょwwwハヤテやってるwwwwwww

何考えてんだテレビ金沢wwwww
月曜15時55分からってwwwwwww

ちなみにその後はしまじろうだったりするw
どー考えても前後の視聴者層が違うwwww

小学館ブランドに騙されたか?
(そういえばブラックラグーンも小学館ですね)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

紙とペンを握って

サークルカット、まだ仕上がってません(爆
まあ、オンライン申し込みなので問題ありませんが。

しかし、こう、やっぱりデジタルだと紙とペンの温かみが出んのー(´・ω・`)
線も綺麗に描けないし、縮小で誤魔化せるかと思ったらソレにも限度が。
結局、グレースケールで途中まで塗ってみたけどボツにしてもうた。
まあ、絵自体はボツではないので、またペン入れの段階からやり直しているんですが。

でも、やっぱりこんぴーたはダメだ!と、久しぶりに紙とペンに描いてみたけど、微妙にタッチが違ってやっぱりちょっとイメージと絵がずれる。
鉛筆の温かみはいいんだけど、よくよく見てみるとその線の柔らかさ以外は割りとこんぴーた上で描いた時と大差なかったりして。

うーむ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ハレ晴レユカイスペシャルバージョン(DVD7巻オマケ)

これさ、とりあえず女性パートマジメに完璧に踊れるようになるまで練習したら絶対痩せられるようねw

そういえば、ようつべにはこれ以外にもフジが垂れ流したというアイドルユニット?のハレ晴レもありますが、それと比較すると何かこう、アニメでは映ってなかった部分が完全版とフジ版で違うような気がするっスね。
絵コンテが結構前に公開されていたはずだから、中身自体はそれなりにそのテの方々には周知されているはずなんだけど。

あと、ようつべと言えば、フジ版以外にも素人が趣味で踊った動画が大量に納められていますけど、それとフジ版を比べてみると、流石に動きの質は恐らくプロの振付師が指導して、それなりに心得のある人間が踊ったであろうフジ版の方がイイですけど、動きの味というか、ダンスの理解度っていう部分では素人ビデオの凝ってる人の方がハルヒをよく見ていてオリジナルに近くてイイ感じに感じます。
フジのアレは結局仕事で踊っているだけですよね。無機質で味わいが無い。

完全版を見て、ついでに改めて見直してみたんだけど、そういう風に思いますた。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

(Γ・∀・)Γ タwwカwwノwwツwwメwwww

知人宅でコードギアス13話一気視聴。

超展開の連発&ルルーシュのヘタレっぷり&女性キャラの魅力に圧倒されました。
あとオレンジ。

また、某氏が冬コミで捕獲してきたエロ同人誌(大半がコードギアス本)が刺身のツマとして投入されたこともあり、全13話(8話だけ総集編ってことで見なかったかもw)・6時間のロングランでありながら異様なハイテンションで乗り切ることが可能でありました。

そしてコス&同人計画にガッチリその名が刻まれました。


あ、ちなみに(Γ・∀・)Γ タwwカwwノwwツwwメwwwwはフロッグマンショーネタですw

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Les Misérables

痛いニュースにて世界名作劇場が復活するという話を聞いたのですが。

なんスか?この絵は。

ボキが知ってる世界名作劇場じゃないやい!
元になっているお話はレ・ミゼラブルだそうですが、作品のタイトルじゃなくてこの作品に向けて「レ・ミゼラブル(ああ無情)」って投げかけたいわい。

ただ、こんなもんばっかりを放送してると、そのうちアニメ業界が崩壊するのではないか?というギモンが2chでは出ていたようですが、それは半分正解・半分間違いの認識だと思っています。

まず、正解の意味はといえば、確かにどんな作品をアニメ化しても事実上狙っている層というのが単一化しつつある現状というのは作品の多様性を狭め、延いては業界の先細りを予見させる、そのような予想が出るのも仕方が無いものと考えています。

要は金を落としてくれる人間最優先と言ってしまえばそれまでなのですが、定期的に訪れるアニメバブルの影響でこの業界自体が実態以上に拡大してしまっている以上、とにかく「稼げる」モノを作らざる得ないのであります。

結局そうなってしまうと「味わいのある作品」というものは、爆発的に売るのが難しければ、ノベルティグッズの製作もまた難しかったりするわけでありますので、良作であるとか万人が見れるような作品っていうのが減るわけです。

実際、僕自身も話のネタとして秀逸であっても、真に見たいと思うアニメ・マンガはかなり減っておりますし、住む世界の鞍替えも視野に入ってきている以上、それは一般の方のみならずこの世界を愛す人間にとっても実感できる部分であります。

そして次に間違いの部分。
これは「萌えと燃え」が支配するアニメ・漫画業界であっても、好きになろうと思ってもいきなりこういう濃い世界だけに投げ込まれる状態ではない、というのが僕の見解であります。
というのも、最近のアニメ・マンガ業界というのは、コロコロや小学○年生シリーズ、なかよしといった幼年向けマンガ誌からいきなりこういうノリですから。

そりゃジャンプ黄金期の辺りとかに少年少女時代を過ごしたような人が、リバイバルブームとかアキバ系とかで再び脚光を浴びてる名作を見て再びこの世界に興味を持てても、そういう20年前とは全く違った世界観の作品が大半を占める現状に馴染めなかったり、違和感を感じるのは当然。

でも、この世界っていうのは子供はまず見ないような偏屈な世界と違って、アニメ・マンガというのは本来そういう子供層と密接に関係する世界でもありますので、ブームの波及の仕方はボトムアップであり、トップダウンであったりもします。

つまり、それが良いかどうかは別として、こういうノリが今の流行であり、また幼い頃からそういうノリに馴致されているわけですから、子供という存在が居る限りは割とそういうオタ予備軍みたいな人間は一定の数は生まれ続けるものと考えておりますし、業界構造そのものがいきなり崩壊する可能性も低いと考えております。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ブララグ23話のヒドさがハンパじゃない

これだけは言わせてくれ。

な ん だ こ れ 。

敢えてラグーンの感想は書かないことにしていたが、23話だけは酷すぎる。あり得ない。

  • Comments (Close): 3
  • TrackBack (Close): 0

ブラックラグーン

素晴らしかったね。うん。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ブラックラグーン第2期

10月からとかmjskwwwww

1期が結構放送開始までに時間掛かった気がするから、1期も終わったばっかりだし来春くらいからかなぁ、と思ったらw

まあ、放送前に気付けてよかったw
流石に1期とさほど時間が無かったせいか、主題歌とかも同じ予感?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

Index of all entries

Home > アニメ・コミック Archive

Tag Cloud
RSS
RSS表示パーツ
Links
Counter
Feeds

Return to page top