Driver's High


Search: エクストレイル / 21 Hits

エクストレイルハイブリッド
Posted: 2015年4月 7日 17:41 自動車

本来ならば昨年末くらいには出てなけりゃおかしい車だよね(´・ω・`)

だって当初のリリースでは現行型リリースの1年後を目処に発売って言ってたんだから、半年遅れたことになる。

しかしながら、この大体300万前後という価格帯は、実際のとこ先代のディーゼルと同じ価格帯になるのだけれども、これは最近のSUV事情を眺めていると、むしろ割りと割安な価格設定と言えるだろうけれども、やはりこの辺りは伝統的にリーズナブルなSUVを志向するエクストレイルの面目躍如なんだろうか(´ω`)

確かに、最近はヴェゼルやCX-3のように、車格的には1クラス下でもプレミアムの錦の御旗の下に強気な価格設定をする車が増えているので、そういう車から見れば今までよりも上級移行したように見えるエクストレイルが相対的に良心的な価格設定をしているように見える。

ただ、逆を言うと今のエクストレイルってそういう風に値段以外に見どころが無いようにも見えるので、今もそれなりに売れている理由がこの比較的ユーザーが流動的かつ能動的なジャンル・カテゴリーで「価格」だとか「ブランド」だとかみたいな、消極的な理由であるのが大きいのならば、今後厳しいものがあると思うのだが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

SUV
Posted: 2013年12月26日 23:11 自動車

002_o.jpgオートサロンにオーテックが出展するエクストレイルのカスタマイズカー、新型のエクストレイルに足りなかったものを効果的に補ったドレスアップで、シンプルなのに雰囲気がまるで変わっていて大変よろしいな。

やはり無骨さを無くしたのはマイナスだろうし、SUVとはかくあるべきであろう。
(特にエクストレイルに至っては)

ぶっちゃけ、ノーマルと何が目立って変わったかっつったら無塗装のバーフェンと大径タイヤになったくらいだと思うし、この辺りのカスタマイズっつーかドレスアップはSUVではないクロスオーバーモデルではド定番の変更点なんだけど、逆を言えばああいうオフロードモデル定番の要素が新型にはまるで欠けているということである。

The Tough Gearを名乗って登場した車が、今じゃその牙を抜かれているわけである。

この辺りはスズキ・ハスラーなんかでもそうなんだけど、結局「足元を見る」という慣用句があるように、いくらカタログで美辞麗句を並べて、装備も用意したところで、肝心なところを欠いていては得るものも得られないというか。

エクストレイルの魅力って、ニッサンはSUVジャンルであることと撥水・ウォッシャブル内装にしか見出してないみたいだけど、実際にはそういう実用的な内装のユーティリティを連想させる見た目の雰囲気も大だと思うの。

***
でも今カタログに載ってるエクストリーマーもオーテック扱いだと思うんだけど、ただのショーカーのつもりだけで出すんだろうか。コレ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エクストレイル
Posted: 2013年12月13日 22:45 自動車

価格帯が大体220~280万って、概ね先代の1割増し程度か。

個人的には250万~の車になるんじゃないかって思ってたんだけど、日本ではデュアリスを統合して(海外ではキャシュカイって残るのか)如何にも都会的なラグジュアリーSUVっぽい感じに変貌した割には、それほど価格上がってないのね。

むしろ先代なんかもFFモデルみたいな明らかな価格対策グレードや、モデル末期の強引な値下げを除けば、220万くらいからだったはずだから、下の価格帯は一緒と。

CR-Vなんかがそういう風に路線変更した時には値段も大幅に高級化(実際かなり豪華だから見合ってるとは思うが)したのと比べると、案外良心的・・・な気がする。

ただ売れるかどうかとは別問題な気がする。

エクストレイルはよくも悪くも野暮ったかったが、ゴツイクロカン車的な雰囲気という意味では他とは違う車だったし、デュアリスが不人気だっただけに。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エクストレイル
Posted: 2013年10月25日 04:25 自動車

murano_002.jpg新型は「200万円で使えるカジュアルなSUV」という基本コンセプトは継承されてるんだろうか・w・

別にイマドキな感じに豪華な見た目になっても、多少車高が下がっても、エクストレイルとて乗用ベースのSUVである以上はジムニーやランクルみたいな本格的な実用性は今更期待していないけれども、やっぱりエクストレイルといえば「なんか便利そう」っていう、SUVならではの匂いを感じるところにあったと思うんだよなぁ・w・

まあ現行型とて実際には200万では買えなくなっていたんですが(モデル末期になって滑り込みで無理やり200万のグレードを用意した程度)、それなりに売れてたのは「エクストレイルっぽい」っていう、一種のアイコンが機能していたからだと思うし、ここがポンと250万~とかってなると、やっぱりプレミアムな感じになった見た目と合わせてエクストレイルっぽくないと思うの。

個人的にはプレミアムSUVの優雅さっていうのは最近になって気付きはしたけれども、それはエクストレイルには求めてない。

実際、CR-Vなんかがエクストレイルと似たようなコンセプトでスタートしましたけれども・・・ってアレは逆に中身がハッタリ過ぎて、3代目で開き直って乗用車らしさを隠さなくなってからある程度息吹き返したんだっけ。

***
Nissan_dCi_badge_001.JPGディーゼルも無くなるのか。

まあルノー製のせいか不具合も多かったみたいだし、「初物」のせいか色々洗練度も足りなかったみたいだけど、そもそも初期で月間目標100台、AT追加されてからは多少強気になってたけれども、そんな控えめな目標でありながらも明らかに他社のクリーンディーゼルと比べると勢いがなかったから、たぶんニッサンが思っていた以上に売れなかったんだろうなあ。

折角PURE DRIVE dCiのエンブレム作ったのに、それ掲げてる車、殆ど見ないしねえ。

でもなんかベンツのSクラスのエンブレムみたいに、ハッタリで付けてる人も結構居るみたいだけど。

***
その代わりにハイブリッドか。

でも今ニッサンのFF向けにマトモなハイブリッドシステムあったっけ?
まさかティーノのハイブリッドを今更引っ張り出すわけにもいかず。
(セレナのアレはどちらかというとマイクロハイブリッドに近い)

まあそれはいいとして。

日本市場を勘案した場合、確かにハイブリッドという選択肢は正解だと思うんだぬー。

ライフサイクルコストを回収するのに現状ではかなりの長期間・長距離を走らないと回収できないのはハイブリッドもディーゼルも同じ、でもディーゼル車の場合、経済性が特に他の形式と比較して秀でてるのがどちらかといえば高負荷・高速域になるので、基本的に最高速度100kmに制限される日本の法規、或いは高速走行をあまり行う機会の無い日本の交通事情を考えれば、ハイブリッドの方が特性的には合ってるわけだ。

そういうトータルコストにしても、気にする人&明らかにそういう目的意識を持って車選びをする人でも、最終的に安くなればいいんでしょ?

ならハイブリッドでもいいじゃないか。

結局、ハイブリッドのイメージが(車好きの間で)良くないのは、色々屁理屈はこねているけれども、本心は単にトヨタが先鞭をつけた&トヨタがイニシアチブを取るジャンルだからだと自分は思ってる。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エクストレイル
Posted: 2013年9月11日 23:28 自動車

T32_x-trail.jpg

エクス・・・トレイル?

なんか今のエクストレイルとデュアリスを足して割ったような感じになったぬー。

まあ現行型は変わらなさ過ぎだったけど、これはいくらなんでも変わりすぎ(しかも従来のユーザー無視し過ぎ)って感じがするけど・・・。

ヨーロッパでは何気にエクストレイルってかなりの高級車として販売されていたらしいけれども、その流れを汲んだのか、でも次期型がこんなデザインになるってことは、デュアリス・キャシュカイは現行型で絶版か。

今はデュアリス・キャシュカイと兄弟車のアメリカのローグが今度はエクストレイルと兄弟車になるっていうのも、その辺りの推測に信ぴょう性を与えるポイントだな。

ニッサン的には同車格の車を同じサイクルで同じ市場に同時に投入している状態を解消したかったんだろうか。

でも、欧米では知らんが日本では逆にデュアリスの方が不人気なんだから、このモデルチェンジは失敗するな。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

うーむ。
Posted: 2013年1月14日 06:17 中古車

T31_005.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU1562859705/index.html?TRCD=200002

車体番号:DNT31-100294
モデル記号:TTYNRHYT31UZKVE-E-
製造年月:09年12月
グレード:20GT
カラー:KY0(ダイヤモンドシルバー)/Z(ブラック)
装備:Sパック、寒冷地仕様、プレマイナー仕様、キセノンランプ、ナビ+サイドブラインドビューモニター

CX-5に客取られたんでしょうか。(すっとぼけ

どういう買い方をしたかは知らないけれども、補助金受けてたらその期間の半分も満たないうちに売り払われたってことですが、補助金返納+いくら付くか分からない下取りのリスクを背負ってまで売った理由って何なんでしょうね・・・。

まあ、時期的にはちょうど初回車検満了となるので、元々車検ごとに乗り換える人なのかもしれないですが。

しかしながら、秋口に逃した個体よりも更に条件が良い。

やっぱり、メーカー系中古車ディーラーって、他社製モデルは割安に設定するんだろうか。
ジムニーなんかでも、他メーカー系から出てるような個体には明らかに相場より安い車結構あるけど。

でもSパック(サイドエアバッグ付き)って本当に少ないな。
なんとなく、マイナー後もオプション扱いのままで、今度出た20GT/Sでは設定無しってのが分かる。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

20GT S
Posted: 2013年1月11日 18:09 自動車

この記事は、エクストレイルに新ディーゼルグレードなど追加について書いています。

遅きに失したというかなんというか・・・(笑

まあエクストレイルならいつ聞いても納期は1ヶ月くらいって返答だったので、マツダと違って今から頼んでも補助金は余裕で間に合うと思いますが。

でも、今ならエクストレイル買うくらいならアテンザ買うなぁ・・・ジムニーあるし。
いやでも実際に冬場の実用性で言えば、大方の人はたぶんエクストレイルの方が上ですよ。

仕様的にはガソリンの20S辺りと合わせた感じなのかな。
元々20GTって専用装備多いし(後期になってから大分減ったけど)。

でも、装備一覧を参照する限りでは、シートヒーターレスになって、クルーズコントロールを外して、17インチになった以外はそれほど中身変わってないんですけど、それで40万くらい安くなってるんですよね(w

どう考えても40万引けるくらいの装備は削ってないんですけど、どーゆー銭勘定してるんですか。それ(w

逆を言うとこれって普通の20GTのすごい値引き圧力になるんじゃ。

補助金のせいか、エクストレイルもディーゼル車は全く値引きが利かないんですが、ほとんど装備変わってないのに40万差って、特にサイドエアバッグ付けたい人から見たら交渉材料になるような・・・。
(補助金も安くなった割には大して変わってないし)

まあ、あと3ヶ月早ければね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

這い寄る混沌
Posted: 2012年9月19日 23:16 自由研究

どーもエンジン周りの部品(ガスケットとか)がメーカー欠品中らしく、納期未定っていう。

まあ別に気が付かない人なら気が付かないようなレベルの問題っていえばそれまでであったりもするので、とりあえずのんびり待ちます。

ただ、この時代の車になると、古い割には定期的に生産している部品と、バックオーダーが溜まらないと生産しないような部品に分かれてくるので、さてどちらなんだろうか。

***
案外、ココ数年くらいの車って、昭和50年前後の排ガス規制が立て続けに強化されて、それに合わせて小変更を繰り返していた時代の車並みにカオスなのかもしれない(笑

そういえば今手持ちの09年秋版のFASTならば、31エクストレイルの仕様を多少は漁れるということに昨日気づいたのだけれども、カタログに書いてあったのかなかったのか、その辺りは分からないけれども、一時期メーカーの倉庫とかに眠っていたと思しき特殊な未登録車の正体みたいなものが、ちょっと分かったりとか。

結局、そういう車で見受けられたスクラッチシールドレスの通常塗装車とか、純正カーウイングスナビなのにサイドブラインドカメラとかが無い車とか、一応これ最初期型には普通にラインナップされてたんだね。
カタログでは公にはセットOP扱いだったり、標準装備だったりしたと思ったけれども。

まあ実際、そういう個体は今のところ普通にユーザーが発注したであろう個体では見たことがない気がするので、Y33のマルチレス仕様みたいに、よほどその辺りでこだわり?があるユーザー向けの裏メニューとして存在した、程度のレベルなんだろうけど。

あと09年税制対応装備っていうのがあるんだけど、これなんだろうw
ナビとかサンルーフとかでそういうのがあったんですが。

ココ10年くらいはグリーン税制とかで、自動車税制がグチャグチャになってますし、きっとその辺りで主に取得税とかの計算式が変わるようなモノになってるんでしょうけど。

結局、この辺りの仕様は09年末の一部変更で全て廃止になってるっぽいんですが。

でもそれだったら20GTは出てすぐ見に行って、カタログも貰ってるんだから、この辺りのこと書いてあるかな。欄外に小さく(笑

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

もうこれでいいんじゃね
Posted: 2012年9月18日 23:39 中古車

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/19/906012070900801770001.html

車体番号:DNT31-001052
モデル記号:TTYNRHYT31UZK-E-EA
製造年月:08年11月
グレード:20GT
カラー:KY0(ダイヤモンドシルバー)/G(ブラック)
装備:Sパック、スクラッチシールド、寒冷地仕様、カーナビ+サイドモニター

もうこれでいいんじゃね(投げやり

一応、最低限希望のオプションも付いてるし。

個人的には、それじゃーリースが無理なら補助金は敢えて無視でガソリンとの差額分だけ値引き+初回車検で乗り換えプランっていうプランすら考えだしたわけですが、これですら下取りとの勝負になると思えば結構バクチ。

しかしながら、車台番号漁ってみると、前期20GT全然売れてねぇ。

08年9月登場で2ヶ月経ってようやく1000台。
もう1000台製造するのに更に4ヶ月。
つまりこの個体を特定する手間は全く掛からなかった(笑

うーむ。

やっぱAT無しってキツかったのかw
MTだけで苦戦しているとは聞いていたが、せめてこの倍くらいは売れていると思ってたんだが。

ってーかエクストレイルGT中古高いですな。

つーことは残価率自体は結構あるってことか。
ま、モデルチェンジされたらオシマイですが。

ところで、一時期広告使用車みたいな、ちょっと特殊な出自の車にスクラッチシールドレスの車が目立つなぁと思ってたら、最初期型はスクラッチシールドはオプション扱いだった(でもT31になってからはウリのひとつだった気がするから、レスオプションがあった?)のか。

ニッサンは対外的(カタログとか)な扱いと社内的な扱いが逆だったりすることがたまにあるから、よく分からん。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ニッサン・エクストレイル 20GT(後期・6AT)
Posted: 2012年7月 2日 12:13 インプレッション

うーん・・・。

M9RとATって相性悪いのかなぁ・・・。

***
後期GTのAT自体は乗ったのは今回が初めてではなく、去年だったかにカレストでチョイノリしているワケですが、その時にチョイノリでも明らかに違和感を感じるレベルの恐ろしいくらいのモッサリぶりに辟易して、エクストレイルGTってこんなダメな車だったっけって真剣に思ったレベルだったんだけど、やっぱりダメみたい。

MTだともっとシャキっと走ってた気がするんだけど、なんていうかレスポンスが悪くてフケない昔ながらのディーゼルみたいなフィーリングになってるんだよね。加速感もなんだか無いし。

まあ我慢してアクセルずっと踏んでるとブーストが立ち上がってくるのかそのうちずんずん速度も伸びていくんだけど、こう、ホント古臭い走り。

平時の力感が無いという点ではCX-5のディーゼルも大概だったけど、ターボディーゼルなのはアッチも一緒なわけだし、あっちは踏めば瞬時にトルクが出ていただけに、エクストレイルのボンヤリしたフィーリングって何が悪いんだろうなぁって思う。

そういえばエクストレイルのディーゼルって、日本仕様ではATでもMTでも表向きのスペックは同じということになっていますが、欧州向けはATの方は20馬力くらいパワー落とされてるんだよね。

瞬間燃費は100km時で20km/lくらいを指していたので、実際にはこれの1~2割落ち程度が妥当?

***
いつものディーラーではなく、近所のディーラーだったので試乗コースが普段と全く異なるのだけれども、田んぼの真中(爆)にあるような店で通常の3倍くらいの距離と、圧倒的な快走ルートを走ることができますた。
実際のところ、普段走ってる道はコッチの方が断然環境としては近いワケで。

いや、ここのディーラーはそんなことができるところだと信じていました(何

やはりこういう農道のど真ん中を爆走できるルートとなると、平均ペースは釣り上がるけれども、元々高規格で整備されているわけでなかったり、経年で路面が荒れ気味になっていたりするもんですが、そういう路面の状態の影響を受け易いのか、微妙な修正舵を常に当てていたような感じだったなぁ。

フラフラというほどではないけれども、真っ直ぐ走ってくれないって感じが強かったような。

その割にはフラット感に欠ける乗り味というか。
路面状況的には本来こういうタイプの車が一番得意なシチュエーションのはずなのに。
前期型や同プラットフォームのデュアリスは如何にも欧州向けかつSUVらしい懐の深い感じの、なかなかナイスな感じだった気がするんですが。

***
カーゴルームは流石に目当ての車の中では、車格自体が違うので広い。
やはり全長の利を活かした圧倒的(?)な奥行きがいい。

ただ、フロアアンダーボックスを付けることに意識が行き過ぎたか、それともリヤシートを折りたたんだ時のフラットフロア状態に意識が行き過ぎたか、妙に上げ底で高さ感に欠けるのが惜しい。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

300人の勇者たち
Posted: 2010年8月22日 09:03 自動車

この記事は、日産、エクストレイルのディーゼルが3000台超の受注について書いています。

>1カ月を経過した8月19日時点での累計受注台数は、9000台に迫る8902台に達したという。その内、クリーンディーゼルエンジンを搭載し、6速AT仕様が追加された"20GT"は3066台で、全体の35%という高い構成比を占める好調な立ち上がりとなっている。

ほほう。

>■グレード別
>20X:61%(2WD:1% / 4WD:99%)
>20GT:35%(MT:9% / AT:91%)
>20S:2%
>25X:2%

つまり20GTのMTは300台ほどしか受注が無いわけかw

まあ地元の20GTの試乗車もこれ幸いにと全部ATになったからな(w

でも、初期の頃のMT受注率が3%ほどしか無かったことを考えれば、20GT=MTのイメージが残ってるのか、それともそれだけMT需要が存在するのか、興味深いところでありますな。

最も、全体で見れば20SのMTグレードが廃止されたこともありますから、現在MTの設定のあるグレードは20GTのみとなるので、MT比率はやっぱり3%ほどに留まるようでw

まあ今のご時世、このレベルが限界なんですかね。

そういう意味ではMTを求める層自体は確実に存在するけど、その比率が綺麗に一定数のまま推移するということは、最早一般層でMTを求める人間自体が減りようのないところまで減ったっちゅーことなんでしょうな。

しかし、それ以上にFFグレード廃止した方がいいんじゃないの?w

1%ってw
無いも同然じゃんw

>■ボディカラー別
>ダイヤモンドブラック:35%
>ブリリアントホワイトパール:21%
>ブリリアントシルバー:13%
>バーニングレッド:11%
>ブレードシルバー:10%
>スチールブルー:5%
>ヒマラヤンカーキ:5%

案の定、如何にも売れなさそうなスチールブルーとヒマラヤンカーキがダントツのビリ争いw

予想通りすぎて笑える反面、なんで設定したんだ?(w

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

OVERREV!
Posted: 2010年7月20日 00:01 自由研究

とりあえず、ギア比を計算してみた。

【ケース1:ボンバネットの場合】

カタログスペックを参照すると、ガソリン・4WD・MTの場合、ファイナルが4.777。
タイヤはバン用のタイヤ・・・っつーか、扁平率表示が無い場合は82%換算とするはずだったので、乗用車用タイヤ風に表記すると、恐らく175/82R14となるはず。

そして問題のトランスミッション。

1速がなんと減速比4.712!!(爆

これで計算すると、このエンジンは一体全体何回転まで回して良いのか分かんない(タコメーターなどという贅沢な物は無い)ので、とりあえず最高出力を発生する5000回転を目安に計算すると、1速では5000まで回しても30km/h出ない(爆

こりゃ発進した瞬間2速に入れないと吹け切っちゃうのも当たり前だな(笑

2速も2.632もあり、これはファイナルを勘案すれば普通の車の1速相当なので(総減速比が12.57。Z32ターボなんかは1速3.214/最終3.692で11.87と、ボン・・・バネットの2速より高い)、やはり通常は2速発進でいいようだ(笑

ちなみにディーゼルはもうちょいハイギア&クロス気味設定。
やっぱりトルクがあるらしい。

どちらかっていうと、あの粘りはエンジン自体のトルクよりはギアに助けられてる感じ?
でも4速とかはファイナル考えれば低いけど、ディーゼルと比べれば大差ない(4WDなら一緒)から、やっぱりエンジンそのものの特性もあるかなぁ。

【ケース2:ニッサン エクストレイル20GT】
ディーゼルモデルに待望のAT~はいいが、そのギア比はどうなっているか。
同じ6速どうし、非常に気になるポイントである。

ギア段 : AT / MT
1速 : 4.199 / 3.727
2速 : 2.405 / 2.043
3速 : 1.583 / 1.322
4速 : 1.161 / 0.947
5速 : 0.855 / 0.723
6速 : 0.685 / 0.596
最終 : 3.571 / 4.266

こうして見てみると、ミッション単体ではMTはえらいハイギアリングに見えるが、ファイナルで辻褄を合わせてあるので、実際にはATの方が僅かにハイギアリング。

総減速比を数字で表すと、このような感じになる。

ギア段 : AT / MT
1速 : 14.995 / 15.899
2速 : 8.588 / 8.715
3速 : 5.653 / 5.640
4速 : 4.146 / 4.040
5速 : 3.053 / 3.084
6速 : 2.446 / 2.543

だが、この通り計算上はATの方が僅かにハイと言っても各段での最終到達速度はほぼ同等、各種環境の誤差などを考えればほとんど気にしないでよいレベルである。

結局、ここまで一緒だとATというシステムでは避けられないロスを勘案すれば、やはりMTの方が実燃費も良いだろうと推測できる部分である。
(MTはドライバーの腕によるところも大きいけど)

けど、このギア比見てて常々思うんだけど、あと1割2割ハイギアでも十分実用になるよなぁ、と思う。

特に高速燃費にはキくだろうし、ATなんかはよりそういうのと相性が良いはずなんだが、ディーゼルの排ガス規制なんかを考えるとそうもいかないか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

新型エクストレイル
Posted: 2010年7月 9日 03:12 自動車

http://www.carview.co.jp/news/1/130555/

予てからのウワサどおり、20GTにAT追加。
触媒の問題は解決したらしい。
あと、何気に20GTにはMTも残ってる。よく残した。

でも、ガソリンモデルのMTはカタログ落ちするらしい。

せっかく、設定してくれたのにこのユーザーの仕打ち。

せめて1割でも売れてくれりゃ残ったんでしょうが、確かエクストレイルのガソリンモデルのMT比率は発売直後で5%くらいだったような(笑
比較的指名買い需要の高い初動でその程度じゃ、今はもっと低いですな。

設定しても買わないんじゃ、そりゃーメーカーは設定落としますよねー。

この調子じゃスポーツモデル以外のMTグレード・・・そう、ニッサンならティーダとかのMTの設定が落ちるのも時間の問題だろうな。

ところで・・・

T31_004.jpg

新色のヒマラヤンカーキって、先代にもあった通称「自衛隊色」系統の色か(笑
復活するのか?(笑

アレ、意外と好評だったんだ・・・(笑

確かに、珍色っぽい割にはよく見たけどさ(笑


調べてみると、あのオリーブドラブ系の色、先代ではいくつかあったみたいだな。
(#B34スレートブルーカーキ、#E20サンドカーキ、#J12カーキ、#K47アッシュカーキ)
ニッサンがここまで残すとは、やはりそれなりに需要あるらしいw

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

不思議なクルマ
Posted: 2009年10月13日 21:41 自動車

T31_003.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU0004610637/

意外と広告等使用車って各社あるもんだね(笑
たまたま見てたマジェスタでもあった。

しかしこのエクストレイル、不思議な車である。

まずボディ塗装が何故かスクラッチシールドになっていないらしい。
以前も言いましたが、スクラッチシールドとはクリア塗装(塗料)のひとつなので、5イヤーズコートなどの事後施工のコーティング剤とは全く別物です。
レスオプションが存在するのだろうか。それとも、そういうコーティングの類と勘違いしてるのか。

そして純正のカーウイングスナビが付いているのに、サイドアンダーミラーがある。
純正ナビ付車は確かサイドブラインドビューカメラも付くから、アンダーミラーは無いハズなんだが。

T31_001.jpg T31_002.jpg

左:標準(サイドブラインドビューカメラ付)車
右:該当(サイドブラインドビューカメラ無)車

カメラボタンが「画面・消」ボタンになっている。
どうやらサイドブラインドビューカメラは本当に無いようだ。

さすが、本来なら市場に出回らなかったかも知れない車、不思議な仕様である。
つーか未使用車として正規Dから出てる20GT、細かい差はあれど全部この仕様。

オネダン的には、HIDとSパックとナビが付くだけで60万くらいのプラスオーダーになるので、本体と合わせて実質70万引きくらい、しかも未登録だから免税・助成対象でさらに割引、100万くらいは実質お得なんじゃないだろうか。

しかしハイパールーフレールとサンルーフが無いのはイタイがまあこの2つは趣味の問題、最低限上3つのオプションは欲しいところだったので、オイシイ存在だなぁ・・・スクラッチシールドとサイドアンダーミラーの仕様がおかしいのも欠点だが。

まーこの辺りは現車の車体番号をニッサンに伝えれば、素性は教えてくれるらしいけど。
あとは最新データのFASTかパーツカタログがあれば(ry

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エクストレイル20GT+6速AT
Posted: 2009年6月26日 01:23 自動車

なんかひっそりと10年春発売と予告されてますね。

触媒とかの問題の解決にメドが立ったのでしょうか。
代わりにMTが消えないとイイケド。

しかし、どーせ高いんだからGT-Rみたいなツインクラッチセミオートマじゃダメなんだろうか?

アレなら、MT同等の伝達効率と精緻な制御を両立できるから、環境性能もバツグンだと思うんだけど。

ま、ニッサンが持ってるヤツ(GT-R用)は縦置きエンジン用な上、リヤトランスアクスル4WDっていう、他のメーカーが使ってないような仕様ですけどw

でも、この構造なら、案外逆に置けばFFベースなら流用できる・・・?

まあ評論家とマニアが絶賛して終わりな車の出来上がりな気がしますが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

で、本当の数字は?
Posted: 2008年10月28日 03:10 自動車

http://www.carview.co.jp/news/0/90183/

メーター上の数字はヨイ。
どういうルートを通ってどういう道路状況で、その後何リッターガスが入ったのかね!

てか、メーター上の数字が真だとしても案外燃費悪いですね。
まああのボディと車重とギア比では燃費はそれほど伸びそうにない気がしてましたし、実際はココから更に1割前後マイナス側の誤差がありそうですけど。
実験部の人間が乗ってこの数字では、一般人はどんなに頑張ってもカタログ値前後が関の山ですよ。

北海道というと、「最寄のスーパーまであと100km」みたいな大変雄大なスケールの看板があると聞き及んでいるので、オール下道で計測したとしても本州よりは条件は良いのでしょうが、逆に本州より良いであろう条件下でこの程度の数字しか出せなかったというのは大変に残念な結果ではないでしょうか。

絶対的な数字が違うとはいえ、シビックハイブリッドでは25km/lは堅いような条件に思いますし。

てか燃費チャレンジだとインサイトが40km/lオーバーって数字を実際マークしていたような(日本で)。
まああの車はカタログ値35.5km/lですけどね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ニッサン エクストレイル 20GT
Posted: 2008年9月22日 00:10 インプレッション

T31_001.jpg

乗り心地とか繰安性の点においてはさんざ語りつくされているので省略。

主にM9R型新型ディーゼルエンジンと6速ミッションについて。

★ディーゼルノイズ
外から聞いても内から聞いてもディーゼルらしいガラガラした「サウンド」はいくら最新のM9R型とてディーゼルエンジンである以上は消せるものではなく、そういう点においては「普通の」ディーゼルエンジンであります。

ただ、昔のディーゼルのように甲高い乾いた音ではなく、低く押し殺したような音質であり、また加速ノイズも大変に低いので、この辺りは新世代の乗用ディーゼルである事を感じさせてくれます。

ま、ナニハトモアレ、このディーゼルらしいサウンドが感じられるのは個人的にはすごいイイんですけど。

最近のディーゼルは「ガソリン云々?」という言い回しがあまりにも多すぎるので、このディーゼルサウンドが消えてしまっているのではないかと危惧していたのです・w・

★走り
風のウワサではバカでかい触媒を積んで排ガスを浄化しているので、ATは触媒がジャマで載っからない・ATが載るサイズの触媒では規制をクリアできないというウワサを聞いているのでスが(笑)、まあそんなことは関係ありません。

やはりディーゼルらしくアイドリングに近い領域からバカみたいに太いトルクを発生させているのでありまして、大変に粘ります。

1速では半クラッチだけでズンズン前へ出ようとしますし、街中では少々意地悪して30?40km/hくらいの速度域から4速5速、或いは6速を使ったりしてみたりもしましたが、それらのギアでは1000回転少々まで回転数が落ち込むにも関わらず、そこからの加速でも事も無げに普通に加速していってしまいます。

故に街中でもオール6速は極端ですが、半分オートマよろしくほぼ4?5速に入れておけば事足りる感じで、それくらいズボラな運転も許容するセッティングに仕上がっていると思います。

ただ、エンジン音が静かなのでタコを見ていないと実際どれだけエンジンが回っているのか本当に分からないのですが、最大トルクが2000回転で出るエンジンでありながら、それ以上までスムーズに回ってしまうのはイイのですが、2000回転以上の領域は「ただ回っているだけ」・・・というような感じもします。

まあ実際ディーゼルなので高回転は苦手であるのは仕方ないのですが、エンジンの特性や「環境性能」の謳い文句のからすると、やはりギア比がかなり低い(事前にちょっと計算してみました)感じでありまして、余計そういうのを感じてしまうわけであります。

コレでもMR20DEの6MTよりはハイギアードにはなっていますし、特に3速から上のギアのセッティングはMR20のソレとは全く違うものなのであり、計算上は6速2000回転で100km/h出るのですが、あのエンジンの特性を考えればもう10?15%ほどハイギアードでも問題なく走ると思いますし、実用燃費も改善すると思います。

街中での異様なフレキシビリティもディーゼルエンジンの特性もモチロンですが、この妙にローギアードなギア比設定もかなり効いているのではないかと思います。

故に高速燃費は背の高いSUVスタイルと相まって案外伸びないような気がします。

★その他
クラッチペダルのストロークがかなり短い。

個人的な好みではこのくらいストロークが短い方が好みなのですが、その弊害かそれともエンジンの大トルクに耐えるためにクラッチが強化されているのか、ややクラッチミートがシビアな傾向があります。

試乗とかでよくエンストしたり、下のトルクが無いように感じたりするのはそのせいかと。

慣れれば問題ないレベルと思いますが、折角の乗りやすいエンジン特性に仕上がってるのに、これは残念かな、と。

また、やっぱりこのエンジンくらいまでトルクがあると、6速も要らないんですよ(笑
ハイギアリングの4速ATや5速MTくらいで十分(笑

★まとめ
うん、これは間違いなく俺のためにある車だ(笑

ただ、必需品(ナビとHID)を付けると諸経費コミで400万円という大変な高級車なのが・・・(笑

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
Posted: 2008年9月20日 19:14 日記

石川日産自動車販売株式会社
金沢中央店
試乗車:エクストレイル/20GT 4ドアワゴン/4WD/M9R/6MT/ダイヤモンドシルバー(M)
試乗車:エクストレイル/20GT 4ドアワゴン/4WD/M9R/6MT/ダイヤモンドブラック(P)


                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /?__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈?   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- ちょっくら乗ってくる
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エクストレイルG(ごめんなさい)T(鳥山先生)
Posted: 2008年9月19日 23:55 自動車

・・・確か18日発売だったと思うのですが、未だ20GTってスペシャルコンテンツ扱いなんですね。
発表自体は4日だったので、そこで完結しちゃったのかなぁ?

てーか地元で20GTの展示車・試乗車入れてるのは富山市内の2店舗だけ・・・。
富山までは流石に遠いので、これを乗りにいくためだけに出かけるのも・・・。

いつもの青舞台はエクストレイルの試乗車は3台も用意しているのに、その中に20GTの姿無し。
(情報更新してないだけかもしれないけど)

しかもその富山の個体とて、何か仕様が同じっぽいからヘタしたらディーラー間で使い回している車で巡り会えない可能性もあるかも・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ニッサン エクストレイル 20GT
Posted: 2008年9月 4日 14:04 自動車

http://www.carview.co.jp/news/0/79953/

一部の車のように、改良ナシで明示的に「値上げします」っていうのはムリでも、改良を活かして実は値上げっていうのは多いんだろうなぁと思う今日この頃。

そして遂に登場、新世代ディーゼル車。

個人的には以前からクルーのディーゼル、MT車っていうのを欲しがっているように、ディーゼル車とMT車には特別な思い入れがあったりします。

それは環境とか燃費とかそういうつまらないことを超えたところにあるものであり、それらの要素というものは結果的に付いてくるものであります。

故にこのエクストレイルのディーゼル車も発表当時から興味があったワケでありますが。

しかしのところ、先にお話したムラーノさんは色々僕の車の使い方を勘案すると理想の車というのは言いましたが、そのムラーノさんには決定的な弱点がひとつだけあります。

それが燃費です。

東京片道500km、大阪新潟片道300kmというのを定期的に繰り返している身には、流石にこの時ばかりはガス代というものはかなりの負担であります。

ムラーノさん、3.5リッター+4WDでしかも車重が現行型で1.8t。
こんな条件で燃費が良かろうハズがありません。
実際、現行型はG50と同じくらいの燃費しか出ませんでした。

故に一回りコンパクトでディーゼルエンジンを積むエクストレイルならば、ムラーノさんの長所をほぼ引き継ぎつつ、燃費も激しく期待できるワケであります。

ただ、カッコは良くありませんが。

それに、周囲には何気に現行旧型合わせてエクストレイルに乗っている人が結構居るので、エクストレイルという選択肢も・・・という感じ。

ま、それでも何を思ったか「ディーゼル+MTのみ」という大変漢らしい選択肢しか用意されていないエクストレイルGT、ヒマがあったら見てこようかと思います。

どこに展示車や試乗車があるのかは知りませんが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search