Driver's High


Search: サイバーナビ / 65 Hits

今更気づいた
Posted: 2016年8月22日 01:11 アフターパーツ

atenza_usb.jpg前期のアテンザのアームレストボックスには、AUXとUSBのポートがある。

これはナビなどでそういう拡張端子を持つデッキのポートを延長コード的に繋ぐものであるので、単体では何の役にも立たないし、取り付けるデッキによって微妙に動作が変わるのだが、自分の場合ここはスマートループ端末用にサイバーナビの汎用USBポートを繋いでいた。

現在はスマートループ用の通信端末の無料期間が過ぎた&BluetoothがPANでの通信に対応したので、スマートループのデータ通信はiPhoneが受け持ってるので、空きポートになっていた。

そして今日、何となくここの端子にiPhoneを繋いでみたら、普通につながった(笑

元はといえば、一応コネクター自体はUSBで繋がるのだから、せめて充電でも、と思ったら普通にデータ通信もできたのである。

サイバーナビの場合、別途iPod(iPhone)向けのUSBポートも付いていて、本来はiPhone等はここに繋げということになっているので、2つあるUSBポートは同じように見えて受け付けないデバイスが存在するのかと思ったら、普通にどのUSBポートに繋いでも動作は一緒なのね。

まあ本来USBとはそういうものなのだが、USBの汎用性の高さというか、USBのコネクターの汎用性の高さに目を付けたシロモノが氾濫する世の中だけにな・・・。

***
じゃあ何のために分けてるのかっていったら、あのお高い「iPod接続ケーブル」を売るためなんだろうけど、アテンザみたいに単純にデッキの外部入力端子を延長する形で使う端子を持っている車の場合、不格好に延長コードを隙間から伸ばしてこなくても、車体に予め付いてるポートを流用することも可能なのだな。

最も、マツダコネクトを始めるまでのマツダは、2000年代の後半からいわゆる純正オーディオを全廃していたので社外品向けにこういう端子が標準装備されているのであって、他社ではどういう具合になるかは知らない。

***
実際のところ、iPhoneとかに付いてくる純正の充電・通信ケーブルって、パソコンとかにはUSBで繋がるようになってるから、USBのポートさえあれば本当はサイバーナビみたいな「接続ケーブル」って要らないのよな。

勿論、本体に直接そういうケーブルを繋ぐには現実的ではない(表にそういうポートを設ける場合を除く)ので、延長がてらそういうケーブルを付けてるのだろうけど、そもそもUSBのはずだから単純に普通のUSBケーブル付ければいいのに、こういうケーブルを使う前提だからか本体側の端子形状がUSBの規格に沿ってないとか、微妙に問題があるのもこういうオーディオ純正のケーブルの悩ましいところ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

今年もやってまいりました
Posted: 2016年5月11日 08:41 アフターパーツ

AVIC-CL900.jpg2016年モデルのサイバーナビ。

今年はファンならみんな知ってるフルモデルチェンジの年だけれども、思っていた以上に変わっていてワロタw

***
まず型番からして一新。

遂に1D+1Dスタイルが廃止され、アタマの記号は画面サイズを表すようになった。
それと合わせて車種専用設計(っつーかミニバン各車専用)品が登場して、カロッツェリアもいよいよミニバンユーザーからぼったくる術を覚えたか、と(笑

なんせ専用10インチタイプは通常型の2倍の値段ですよ(w

***
「性能が従来比3倍」と言われてもそもそもハードウェアアーキテクチャが何なのか分からない&元々低かったんだからこれでようやく他社並みなんじゃないのという疑問も晴れないけれども、確かに目に見える部分はそれなりに変わっていて、今まで古式ゆかしい抵抗膜式だったタッチパネルが静電容量式に進化(?)していたり、ちょっと注目すべきはサイバーは8インチモデルから液晶が720pになることで、これは従来10インチないと720pにならなかったカーナビ業界からするとちょっと革新的。

まあスマホ・タブレットではこのサイズでも1080pがもう当たり前なんだからもうちょっとおごっても良かったと思うが。

とにかく中途半端に改変したせいで使いづらくなっていたインターフェイスも見直したみたいだし、この辺りは力を入れているようだ(見えるだけに)。

そして相変わらずお家芸のように思えるBDは非対応。

***
ところで、何気に大きいと思うのが、サイバーも遂にメモリーナビ化。

車載用HDDは耐久性を重視するあまり性能の進化が15年くらい止まっているような状況だったので、喜ばしい・・・が、メモリーナビの概念としてはストレージをSDカードに投げるか、SSD化するかでかなり変わってくるのだけれども、サイバーは残念ながら前者。

ストレージのアクセススピードというのはこういうデバイス・ガジェットの操作感の向上には何気にかなり効果的で、特にカーナビのように地図情報の参照などで頻繁にストレージにアクセスのあるデバイスの場合は効果が高い。

実際SSDの方を採用したナビであるケンウッドの彩速ナビや、フォルクスワーゲンのディスカバー・プロはこの辺りを大々的に宣伝している。

勿論、SDカードとてフラッシュメモリストレージの一種には変わりないし、高速なスロット実装&SDカードを使えばSDカードでも実用上はほぼSSDと変わらぬ速度でアクセスすることもイマドキは可能なのだが、少なくともハードウェアの宣伝でその辺りに全く触れられていない辺り、前者としか思えないのである。

***
恐らくクルーズスカウターはマルチドライブアシストとなって進化したのだろうが、HUDはどこいったのだろう。

確か14年モデルかその辺りから廉価版サイバーナビにもHUDの設定が広がっており、その時点ではやる気はあったんだろうという感じだったのだが、純正でも再びHUDが増えてきたこともあるのか、それともあのサンバイザー置き換えとなる大袈裟な装置の小型低コスト化に失敗したのか、とりあえず現時点でカタログにHUDの文字はない。

しかし9月発売とはえらく遅れるな。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

いつもの
Posted: 2016年4月22日 19:47 アフターパーツ

http://carview.yahoo.co.jp/news/goods/20160420-10243211-carview

cybernavi_2016.jpg今年は一応フルモデルチェンジ世代(のはず)じゃが・・・。

とにかく、現行世代のサイバーナビは実質13年モデルから何もしてないも同然なんじゃが、これは今年のフルモデルチェンジに向けて力を貯めていた、と好意的に解釈できるレベルの製品が欲しい。

ただ、カロッツェリアの「革新的」は「確かに凄いんだけど世間のニーズとはなんかズレてるし、多分将来的にもニッチに留まるだろう」とか「着眼点は素晴らしいが10年早い。そしてカロにはその10年を自分の手に引き寄せるマーケティング力も雌伏の時として過ごす体力も無いだろう」とか「コンセプトはいいけどもっと熟成しろ」レベルのものが割りとあるので、個人的にはまずノウハウたくさん持ってそうなBDから対応してくだしあ。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

With-you
Posted: 2015年11月24日 22:30 アフターパーツ

今更になってLinkwithの使い方がわかってきた。

サイバーナビの場合、度々全くLinkwithの操作を受け付けなくなる、と思ってたら、どうもクルーズスカウターの情報表示が出ているときは何故かLinkwithのタッチ操作が無効になるらしい。

これはクルーズスカウターとの組み合わせる可能性があるサイバーナビ特有の問題やね。

しかも同じサイバーナビでもクルーズスカウター自体はオプション装備なので、組み合わせてない場合もあるからサイバーでも気付かれない場合がある、と。

まあLinkwith自体はメーカーも半ば見捨て気味になっているけれども、使い方が分かれば、何とか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

PAN
Posted: 2015年5月28日 03:23 アフターパーツ

ZH0999_PAN.png

15年モデルのサイバーナビ、こっそりBluetoothのPANに対応しとる。

Bluetoothは対応するプロファイルを接続する機器同士が持っていないと繋がらないのだが、一昔・・・というか、Bluetooth対応の携帯でカーナビのネットワーク接続を行おうとした場合、最近のスマホだとBluetoothに対応しているのにネット接続が出来ないというのは、だいたいこのプロファイルの問題である。

カーナビは未だにDUN(ダイヤルアップネットワーク・プロファイル)でネットワーク接続をするのが主流で、これはガラケだとDUNのプロファイルを持っている機種が大半なので接続できるのだが、スマホだとこのテのネットワーク系のプロファイルはDUNではなくPAN(パーソナルエリアネットワーク・プロファイル)というプロファイルで対応することが多い。

これは単にDUNが古い規格だから、というのがあるのだが、ナビは既存の機材を流用することを最大限に尊重しているのか、ほとんど対応機種が存在しなかったのである。

その代わり、最近ではWi-Fiテザリングでのネットワーク接続に対応した機種が増えており、これがスマホでのBluetoothでのネットワーク接続との代替手段になりつつあったのだが、サイバーナビは何故かPANに対応することでスマホとのペアリングを可能にしたようである。

まあ、これも望まれていた形といえばそうなのかもしれないが、Bluetoothは元々高速通信を意図した規格ではないから、今となってはネット接続の手段としてBluetoothっていうのはかなり古臭い感じもするけれども、3.0+HSに対応しているとそれなりに速度が出るからねえ。

***
ちなみに13・14年モデルでもバージョンアップで対応するらしい。

まあこれで、仮にこのモジュールの無料期間が過ぎても、タダ(?)でスマートループとか取得できるようになったのかな。

AVIC-ZH0999S 7型フルセグ内蔵HDD サイバーナビ クルーズスカウターユニットセット パイオニア カロッツェリア

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

サイバーナビ15年モデル
Posted: 2015年5月10日 13:22 アフターパーツ

えーと?

やっぱりそうですかw

今年は8インチのDINに収まらないサイズの追加が主、と。

でも、この異型サイズのモニターにしても、最近は純正供給向けでも9インチがあったり、アルパインなんかは更に車種は限定されるけど遂に10インチまで投入してきたりと、大型化の一途を辿っているのに、サイバーは今更8インチ。

ハイエンドでそういう見た目よりは実を取る方とはいえ、そういう分かりやすいアピール点にも欠けていれば、実の方も全く入っていないという地獄。

他社が対応してきているVICSワイドにも非対応、もちろんブルーレイなんかは夢のまた夢、いい商売ですね。

まあ、流石に来年はフルモデルチェンジの年になるでしょうけれども、やはり4桁型番で3年間変化が乏しかった9000シリーズ世代でも、DSRCへの対応など多少の変化はあったわけで、ここまでハード的にもソフト的にも変化の無かった世代って、ほとんど無かったような気がするのですけれども。

***
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150508_700954.html?ref=rss

唯一なんかあったと思ったら、ミュージッククルーズチャンネルなる、有料ストリーミングサービスへの対応があるらしい。

ただ、機構的にはスマホアプリとの連携ということだが、今現在Linkwithすらマトモに動かないような状況なのにそういう機能を追加して大丈夫なのか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

14年モデル
Posted: 2014年5月13日 03:33 アフターパーツ

ZH0099WH.jpgもしかして今年の新型の見どころって、「ワイドDIN対応」・・・「だけ」・・・?

元々今年のサイバーはフルモデルチェンジ世代だった13年モデルのマイナーチェンジ版であること自体は想定済みとはいえ、ハードウェア的な面での差異がワイドDIN仕様が追加された以外はほとんどカタログ上からは見当たらず、ソフトウェア的な面で見てもそれすら目ぼしい要素に欠けている以上、ぶっちゃけホントに13年と14年モデルの違いってワイドDIN仕様があるかないかくらいしか差がないのでは?

こんな酷い「モデルチェンジ」は見たことないかなって。
あ、そういえばZH/VH9990(10年モデル)のときの時も酷かったっけ。

元々車種専用設計はおろか、最近はトヨタ系列以外でも採用の増えてきたワイドDIN対応すらダントツで遅れてるカロッツェリアだけど、いくらなんでもそれはちょっと寂しすぎるなんてレベルじゃないかなって。

サイバーナビは色んなモノが旧態依然過ぎてそろそろアレなだけに、これは来るべき抜本的フルモデルチェンジ(型番的に早くて2年後?)に備えているんだと信じたい。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

クルーズスカウター動画
Posted: 2013年10月21日 12:59 アフターパーツ

無圧縮AVI?とはたまげたなあ。

フレームレートとかはあんまり高くないみたいですが。

SDカード自体は結構前に満パンになってたんですが、こういうドラレコ系の動画ファイルって、ヘンな独自規格ファイルでエンコードされてることも多いので放置してたんですが、重い腰を上げて取り出してみたらビックリ。

まあそういうヘンなファイルが出てくるよりは余程扱いやすいですが・・・。

でも、5分で35MBにも達する莫大な容量(そして常時録画した際に出てくる1つに見える動画データも実態はこの5分単位の小ファイルの群体)を食うのは如何なものかとw

たまたま初期は常時録画設定で動かしてたこともあるんですが、32GBのSDカードだとそれでも2ヶ月・・・いや、時間に直せば丸一日分くらいかな?持つんですが。
(少なくとも東京往復1000km10時間以上に渡る動画は余裕で全編入ってる)

まあ容量節約しようとして圧縮ファイルを採用すると、前述みたいなヘンな規格のエンコーダ使ってマトモに再生できなくなったりとか、あまりにも容量節約が過ぎてクソ画質で見るに堪えないものになったりするわけですがw

でも、イベントドリブンの記録はアテンザの足回りが硬すぎるのか感度過敏なのか(感度はデフォルト設定)、結構例えば高架の継ぎ目を踏んだだけでも反応してるものがかなりあるんだよなぁ・w・

実際、新車の頃よりはマシになった気がするけど、相変わらず初期のストロークの渋さというか重さが取れない、しなやかさに欠ける足回りではありますけどね。
(ホイール軽くしたらとりあえず改善するのが分かってる辺りが悔しい)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

スマートループ
Posted: 2013年10月 1日 01:09 アフターパーツ

最近気づいたのだけど、メニューのSmartloopの項目から、ネット接続経由でMapfanWebで登録した登録地を呼び出せるのだ。

これ、本体で検索して登録する以外に、従来のナビスタジオでの地点編集に相当する機能としてMapfanWebと提携してそういう登録編集ができて、それをSDカードに落として本体に登録することも出来るのだけど、つまりそれと同等の内容である。

ある意味では本気でスマートループを活用する気にカロがなってきた&そういうインフラも整ってきた証左かもしれないけど、一方で以前のブレインユニット世代のサイバーと比べると非常にナビスタジオなどの操作性・機能性が落ちていたり、そもそもどこかの段階でバグのような挙動を起こして正常に登録できなかったりするので、扱いにくくてどうしようと思っていたのだけど、これでいいんじゃないだろうか。

少なくとも、0009シリーズならば通信端末は標準装備になっているので、「持ってない」ということも無いのだから。

でも、現行型のサイバーって、こういう機能の重複が結構あるのが非常に気になる。

これって、従来ブレインユニットがあった頃の概念を引きずったりして、従来の資産を無理に活かそうとしてる所にそういう問題点の根本がある気がする。

だからいい加減、抜本的にシステムを作り直した方がいいんじゃないかと思うんだけど。

でも、それを言うと究極的に言えばカロッツェリアのハイエンドナビが目指すべき方向性って、実はアプリユニットなのよねえ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Linkwith その後
Posted: 2013年9月16日 22:22 アフターパーツ

Linkwith機能その後。

Linkwithアプリは案の定、その後1つも増えてない。

よく分からない海外アプリと、何の役にも娯楽にもなりそうにないアプリだけで構成されるメニューを見るのはもう飽きたんだお・・・・。

あと、LinkwithモードでiPhoneを接続させていると、バッテリーを爆発的に喰う。

一応、Linkwith状態でも充電はできるのだけれども、それどころじゃないくらいバッテリーを消費する。

どれだけ喰うかというと、裏で音楽を流して画面はナビ・・・という状態でも、充電分と消費分がトントン前後という燃費の悪さで、動画やアプリを作動させてるとジワリジワリと減ってくる。

iPhoneは通常充電モードと急速充電モードの2つが存在しており、それは供給電流の多少によって決定されるのだが、ナビ側から来てる電気は接続がUSB相当なので、USBは規格上流せる電流も定められているので、恐らくiPhoneは通常充電モードで充電をしている。

だが通常充電モードのせいなのか?と言われれば、USBモードで(つまりiPod相当として)接続している時には普通に音楽を聞きながら、或いは同時にアプリ(ハイタッチでもなんでも)を使用しながらでも充電できるので、Linkwith/HDMIモードはそれだけ何かに電気を取られているということである。

というか、ジムニーさんで過去にまだサイバー(ZH9000)を移植する前、遠出でナビ&オーディオ代わりに使っていたこともあるけれども、その時は恐らく急速充電対応の電源プラグを使っていたこともあるんだろうけれども、画面常時点灯・ナビアプリ複数起動・音楽常時再生で普通に充電できていたから、それだけLinkwithは消費電力が多い+充電電流不足のダブルコンボなんだろう。

想像なんだけど、Linkwithモードはどうも挙動を観察していると、単純なオーディオモードではなく、ナビともオーディオとも更に独立した外部入力扱いっぽいので、常に裏でそういうHDMIで流せる音声・映像情報を流したり、そしてiPhone5ではLinkwithは青歯接続も同時に求められるのでその辺りも常時接続して電気を食いまくってるんだろうか。

まあ異様に発熱するしね。

だから、iPod(iPhone)から音楽を聞いたりするだけ場合、Linkwith経由で回りくどく聞くよりも、単純にUSB接続(或いはBluetooth)のほうが色々制約も無く、充電もできるので最早Linkwithは使っていないような状態である。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Linkwith #2
Posted: 2013年7月 4日 20:29 インプレッション

IMG_0618.PNGとりあえずLinkwithメディアプレイヤーを実用してみたけども。

サイバーの画面自体は従来同様の抵抗膜式なのに、無理やりスワイプやらの動作をさせるインターフェース(ていうか実はスマホ・iPhoneのまんま)なので、異様に操作性が悪いw

あとLinkwithは基本的にスマホ上で動作しているアプリをナビに映してるだけという扱いらしく、ステアリングスイッチの曲送りなんかはできない。
(ナビ本体側のボリュームは当然変えられる)

だけれども、動画なんかは適当なサイズにリサイズされるらしく、HDMI直繋ぎでは縦横比は合ってるのにどうしてもサイズの合わせられないニコ動の640x360の動画でも、Linkwithだとナビ画面ちょうどに表示される。
(稀になんか表示倍率がおかしなことになってiPhoneのタスクバーみたいのが見えたりする)

あと、なんかLinkwithモードでは他AVソースとの音声ミックスが出来るらしいので、もしかしたら例のレー探とかと(音声は)共存できるかも?

ただ、LinkwithはLinkwithであることに変わりはないので、残念ながら動画表示中はHUDはiPhone5では非表示になってしまう。

あと一番の問題。

たまにアプリ起動か連携に失敗する。

Bluetoothが繋がってないとかいうのではなく、上の画面が出たまんま固まってしまうことがある。
この状態でもLinkwithのメニューを選び直すとメニュー画面も出るし、他のアプリとかは正常起動させられるので、メディアプレイヤー固有の不具合っぽい。

しかもこの状態になるとどうもナビを再起動しないとダメっぽい。

***
今日のバージョンアップで「新型サイバー対応」の文字。
非対応やったんかい!

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

R.G.B. #2
Posted: 2013年7月 3日 00:55 アフターパーツ

先日の続き。

メディアデータをiPhoneで全てを管理してしまおうと思った。

が。

ここにも落とし穴があって、iPhone5×ZH0009だと、よく考えてみるとまずLightningコネクターはアナログの映像出力が出ていないので、単純に有線接続してiPod扱いにしただけでは音楽は流れるが動画を見ることはできない。

けれども、映像もデジタルでは出ている。

ので、LinkwithのためにせっかくHDMIに変換するアダプタを買ったのだから、まるで役に立たないLinkwith同様、HDMIから音声と映像を流すことになるが、今度はHDMI側からデータを流した場合、なんとiPodモードにならない(!)。

どーもこの接続で繋いでしまうと、事実上スマホはLinkwithのために使うような形になるようだ。

別にLinkwithとHDMI入力自体はイコールではない。
そもそもHDMI自体は映像音声の入出力端子のひとつなので、HDMIモードは数ある外部入力モードの一つ、単なるビデオモードなので、LinkwithをせずともHDMIモードでナビにはiPhoneからの映像・音声がそのまんま出る。

ただしそれだけだ。

しかもこれでは本来はタッチで操作している画面が見えてるのに操作は基本的にiPhone側で行うことになる。なんてこった!

しかしそれを解決する方法がひとつある。

それがこの「エンブリーLinkwith」。

結局、カロもワザとやってるのかやってないのか、Linkwithモードで動作するメディアプレイヤーアプリが用意されていて(ryという、大変めどい仕様になっているのだ。

もちろん、ニコ動が見たいとかそういうイレギュラーな事をやりたい時はいつでもiPhoneである。
でも単にLinkwithせずにiPodなどから映像・音声を垂れ流したいのならDOCKコネクター時代のモデルの方が良さげであるが。

どうしてくれよう。コレ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

R.G.B.
Posted: 2013年6月30日 23:54 アフターパーツ

IMG_0583.JPG

結局アテンザだとこういう風に見えるわけだ。

最も、これはちょっと取り付けに「工夫」してあるものなので、本来はもうちょっとコンバイナが後ろ(=像が小さい)。

やっぱりミニバンとかの方がちゃんと見えるのかなぁ・・・。

もうちょっとデカく見えてくれれば細かい字とか潰れないと思うんだけど。

ちなみに表示が全体的に緑色っぽいが、これはどうもディマーが効くと単に減光するだけでなく、何故かこういう風に白が緑色っぽくなる。

矢印は最初っから緑だけど、文字なんかは白なんだよ。

夜間でも案内中の一部表示はちゃんと白になるのだけれども、なんでなんだろう?

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

CODEC
Posted: 2013年6月27日 00:04 アフターパーツ

最近のサイバーナビはH264動画に対応しているはずなのに何故か再生できない。

つまり自分が主に所持するところのH264動画はニコ動から落としてきたような動画だけれども、コレを調べている限りでは一応サイバーの対応条件は満たしているはずなんだよなぁ・w・

突っ込んだ動画の映像コーデックがH264/AVC、音声コーデックがHE-AAC/AAC-LC。
ビットレートや解像度、フレームレートも規定内。

何故だろう。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

サイバーナビAVIC-ZH0009HUD
Posted: 2013年6月25日 04:43 インプレッション

ある意味ではとてもサイバーナビらしい製品と言える。

近年のカーナビゲーションは低コスト化・大衆化が進んでおり、シンプルかつフィット感の高い設計、つまりはメモリーナビであるとか、或いは車種専用設計であるとかであるけれども、サイバーナビ・カロッツェリアはそんな流行りも何処を吹く風、昔ながらの汎用DINサイズ・ハイエンド志向の高価なナビである。

■基本的な部分
昔よりも地図が綺麗になったとか、ハードウェアの性能が良くなったとか、そういうモデルチェンジに際してのお約束事項を除くと、ある意味ナビとしての基本的な使い勝手・性能は昔と一緒のような気がする。

だから、扱いに関しては旧モデルや他のカロナビを知っていれば、基本的には感覚で使える安心感。
最も、メニューはちょっと再編されて操作感が変わった(なんか色んな所に色んな項目が散らばった。使いにくい)ところもあるけれども。

だけれども、ハイエンド志向とはいっても、それはあくまでカーナビゲーション本質の部分への拘りであって、最新のメディアとか一般へのアピール度の高い部分への対応はサイバーはいつも若干遅いのが玉に瑕。

このナビにしても依然BDなんかは読めないし(でもBDの読めるナビはトヨタ純正系くらいしか知らない)、未だにHDDに拘る姿勢もちょっと疑問。なんだかんだ言ってスマホ連携なんかもぐちゃぐちゃとオプションが要る。

結局、自分的にはスマートループまでは知ってるわけなので、11年モデル以降のクルーズスカウターやHUD辺りが最大の差別点かと。

■オプション
アテンザには予めオーディオサテライトスイッチ・ハンズフリー用マイク・バックカメラ・USB/AUXコンボコネクターが車体側に存在し、かつこれらはディーラーOPナビ(ほとんど市販品のOEM)向け装備で各種変換ハーネスが純正・社外から出ているため、それを装着済み。

結果としては意図した機能は全て使えています。

但し、前評判通りサテライトスイッチはナビ絡みの機能とミュートは使えず、あとAUX入力も本体側に対応する端子が無くなった?ため使用不可。

■AR HUD(ND-HUD2)
アテンザではまずメーカー自身がすでにマッチングデータを持ってるので、適合車種となる。
が、説明書の指示通りでは設置位置はかなり後退気味で、非常に圧迫感ある見づらい位置に来る。

ので社長が工夫してちょっと前に出してくれて、前後関係はちょうどいい感じになった。

そして、上下関係については、基本的には前を向いている分にはほぼ視野内にはHUDのコンバイナーは入ってこない。のだが。

実際ルートナビゲーションさせてみると、どーもこれが高すぎる。

公式サイトではどーももっと低くコンバイナーは視野の1/3~半分程度かかるのが正解のようで、アテンザでは拳半分か1個分くらい高い位置にコンバイナーが来るので、ナビのルート表示が異様に浮いた位置に来る感じになる&ランドマーク表示もそれに釣られてちょっとズレた感じに見える。

あと、やはり公式のごとくコンバイナーの幅目いっぱいに使った感じには映らないので、それこそアテンザではコンバイナーが窓の縁まで出て初めてちょうどいいくらいなんじゃないか。

うーむ。

従って、このAR(Augmented Reality)の特色を存分に生かした視点モードではアテンザでは残念ながら実用性に欠ける。

但し普通の地図表示にもできるので、そっちを使えばよいのではないかと。

表示自体は綺麗で情報も見やすくHUDを付けているという満足度が非常に高い。
けど解像度もちょっと低い、というか荒くて、時計表示みたいな細かい字が潰れて見えない。

これはND-HUD1の時からそんな感じだったけど、2になるに当たって改良されたとも聞いていたので、残念。

■ARスカウター(クルーズスカウター)
意外と色んな道路標示の認識率が高くて驚いた。

速度標識なんかもキッチリ読む、信号・先行車も当然キッチリ認識する。
少なくともこの辺りのシンボルを誤認識することは全く無くて、ここまで精度がいいとは思っていなかった。

最も先行車認識に関しては、同じ車の後ろにずっと付いていても見失いがちだったり、どう見ても正面に来てない車(対向車なんかは可愛い方で駐車場や道路脇に停まってる車とかも)を先行車と認識したりするのでややお馬鹿。
(だからSEオンにしてると車両認識のSEがピコピコうるさい)

■SDカード
まあ最近のナビらしい、と言えばそれまでか。

ある意味では、ナビスタジオ経由でのデータ管理ができることは変わらず、ブレインユニットが超小型化したようなもの、という風に考えることもできるけれども、やっぱり事実上の本体部分を簡単に取り外せてデータ管理も出来たブレインユニットという思想はサイバーナビ独特のものであり、自分のような人間には何かと都合が良かったので、他のナビと同じような設計になったのは残念。

そもそも、だからと言っても本体・クルーズスカウター・HUDで最大3枚もSDカードを使うのはちょっとやりすぎ。

■レスポンス
08モデルとの比較では、起動はたまに妙に速く起動することがあるけど、全体としては大して変わった気はしない。
元々、それほどサクサクと動くシリーズではないけれども。

サイバーの低レスポンス性の一因はHDDなのでさっさとSSDで実装するべき。

でも去年のは遅かったってみんな口を揃えて言ってるので、どんだけ遅かったのよ。

■無印とCSとHUDと
何が違うって言われたら、箱と同梱物が違う(笑。

本体の刻印なんかはHUDでもZH0009としか書いてないしね。

だから、箱から出してしまったら最初にどのモデルを買ったのか・どういうオプションを追加したのかっていうのは、分からない。
(だから、某黄色帽子の値段のせいか店頭ではCSまでしか扱わず、HUDは別箇にそれなりの値段で出すから欲しい人だけ買ってねv、っていうのも割と正しい)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Impressions
Posted: 2013年6月24日 00:23 アテンザ

■燃費
ナビ装着のために店に車を預けてたら、平均燃費が20kmから15kmにwwwww

まあバックカメラの一件とか、結構一筋縄に行かなかった部分もあるから仕方ないね。

でも、帰ってきて普通に乗ってたらすぐにどんどん燃費が上がっていくです。

そんなこんなで500km走ってもタンク半分(満タン62Lだけど)も使わない燃費。ジムニーよりいい(ぇ
確かに1タンク1000kmは間違いなく走るらしい。

■i-DM
正直ほとんど活用してないのだけれども、一応エンジン切る度に採点はしてくれるので否が応にも目に入る。

それによると、2ndステージまでは5点満点しか取れないくらい甘い評価だけど、3rdに入るとそれなりにしっかり見てくれるらしい。

何故ならば、昨日まではほぼ5点しか見たことがなかったのに、今日は突如4.0に落ちた。
ん?と思ったらいつの間にか3rdステージだったらしい。

あと、初期設定では3rdが最上級レベルだけど、設定で5thまで出せるらしい。

とりあえず、丁寧なドライビングかどうかの指標には結構i-DMはスキルとセンスの高いドライバーのスタイルに合った、なかなか良く練り込まれたアルゴリズムが組まれている(・・・と最初にこのシステムに触れたアクセラ・デミオに乗って思った)ので、i-DMに怒られない程度のドライビングを続けていれば、いい慣らしになりそうな予感。

■ヒルホールドアシスト
放っとくと車が動くけど、普通に乗る分にはほとんど気にならないような緩勾配でも効いてくれる反面、結構ガッツリとホールドする&リリースのタイミングも微妙らしく、本当に効いてほしいレベルの坂ではブレーキが効き過ぎてギクシャクする感。

うーむ。

でもまあ、これならインテックス大阪の屋上駐車場に至るスロープでは確実に効いてくれるだろう(何

■MT
大トルクエンジン+ハイギアードMTって何気に乗りにくいね(何

それに加えて結構クラッチの繋がりも大トルクに対応するためかシビアっていうか。

何処のギアに放り込んでおいてもアイドリング以上回る速度なら大体走っちゃうのは凄いけど、交差点とかでも、ねえ。

■AR HUD
結局、下半分の時計とかの表示を敢えて捨てる感じで、視点を下げ気味にする位置にコンバイナを調節したら、ルート表示はそれなりに良い感じに。

ナビに必要な情報は基本上半分に出るので、下半分は切ってもほぼ問題はない。

うむ。確かにこれはなかなか新しい感覚だ。

まあ、それ以上に本格的にちゃんと見える風にしたければ、本体の設置をなんとかして弄る以外ないから、コレ以上は無理っぽいけどね。

■スポットウォッチャー
石川の片田舎にも、例のスマートループ・アイの写真撮影ポイントが・・・。

システムの意図としては最新の道路状況を生の画像で、というものだけれども、現時点ではユーザーが少なくて都内とかの撮影ポイントでも最新の画像が半日前とかで、役立たねーってみんな言ってるけど、石川の片田舎でも最新の情報が半日前とかだったりして、おお自分以外にも最新のサイバー付けて走り回ってる人間がもう居るのか、と逆にちょっと感動してみたりする。

■書き漏らし?
アテンザのカタログの主要諸元を見ていると、何故かディーゼルモデルには充電制御(オルタネーター)の文字が無い。

i-ELOOPの理念の中に充電制御オルタは含まれないのか・・・と思ったけれども、それだったらそもそもサブバッテリー的なものまで積んでまで回生発電させる必要性が無いし、i-ELOOPの紹介ページでは普通に充電制御オルタもその理念の一部のように読める。

ディーゼルと充電制御オルタは相性が悪いのか?という点についても、マツダはCX-5でも使われてないようだけど他社ではデリカでは普通にディーゼルにも充電制御オルタは使われているので、関係無さそうだ。

どちらが本当なんだろう。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

アテンザ×ZH0009HUD
Posted: 2013年6月21日 01:16 アテンザ

22848446.jpg

とりあえず首が痛い。

・すでにメーカー自身がマッチングを持ってるので、自信を持って付くとお墨付きアリ
・基本的に取り付けが純正バイザーの取り付け穴の位置に依存するので、こういうウィンドウの角度の急な車かつバイザーの取り付け位置が後ろの車は、ツライ(何
・純正USB/AUXコンボ端子は、AUXは使用不可(本体側端子が13yモデルから廃止?)。USBはたぶんOKなのでドコモモジュール専用にする。
・純正バックカメラの設定はナビと一緒にするがFAらしい。
・動作のためにSDカードが3枚要るとか、どんだけ金使わせるんですか、このナビは。
・あとは概ね、前評判通り。

ZH99(12yモデル)から数えても実はHUDは社長の店では初装着らしい。

とりあえず、ちょっと見てみた&座ってみた感じでは、案外違和感の少ない取り付け・・・だけれども、コンバイナーが非常に近くて圧迫感のある&首が痛い位置関係・・・あと数センチ前に出せるといいのだけれども、元がこんな感じなので調整範囲一杯まで前に出してもコレらしい。

去年のモデルをQ45に付けようと思案してた頃から「実は近すぎてヤヴァいんじゃね?」って薄々思ってたけど、これってたぶん、本来は最近のSUVとかミニバンとか、そういうので比較的フロントウインドウが前進している車を前提に考えてるんじゃないかってフシがありますな。この構造。

尚、どういう感じに見えるかというと、普通に前を向いている分には意外にもほぼ視野内にはコンバイナーは入ってこないので、従来のナビ画面同様、「見たいときに見上げる」って感じで使わせる腹積もりなんだろう。カロ的には。
Q45ン時には常に見えてそうな雰囲気もしてたけど、この車は見えない。

純正のHUDだとダッシュからウインドウ下部に投影する場合がほとんどなので、否が応にも視野内に飛び込んでくる車が多いですが、やっぱり考え方が異なるようで。

***
カメラの一件に関しては、社長よりとりあえずナビと繋いでみたけど挙動がおかしい>よってディーラーにやっぱり設定が要りそう、後日持ってくと連絡してみる>ディーラーさん、じゃあ社長の店とちょっと連絡取ってみます、で解決してたw

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

CD-U120
Posted: 2013年6月 7日 18:59 アテンザ

carrozzeria カロッツェリア 7V型ワイドVGA地上デジタルTV/DVD-V/CD/Bluetooth/USB/SD/チューナー・5.1ch対応・DSP AV一体型HDDナビゲーション クルーズスカウターユニット・AR HUDユニットセットAVIC-ZH0009HUDどーも13年モデルのサイバーナビから、本体裏側のUSBコネクタの形状が変わってるような気がするんだけれども、純正オプションのUSBケーブルの品番を調べると、12年以前と特に変わっていない(CD-U120。つーかND-DC1接続用に同梱されてるのがコレそのもの)。

本体側のコネクタ口を見る限り、突起の形とかが明らかに12~13年で合わないような形状になってる気がするのに。穴が一回り大きくなった?

これの互換性があるかどうかっていうのは、マツダのUSB/AUX変換コネクタ(GJP1-V6-572)の互換性があるかどうかに関わる重要な問題なのだけど、よく分からない。


でも本来USBってコネクターの形状まで合わせて汎用規格だから、こういう風に独自形状のコネクタ作られるのって困るんだよね。色々と。

##
そのくせ、13年モデルから対応したHDMI(これも規格品)はどう見てもそこらへんの電器屋で売ってるケーブルと全く同じ(本体側もHDMI端子そのもの)である。

###
ちなみに例のオーディオサテライトスイッチはDOPナビ以外だとケンウッドの彩速ナビだと全部使える(ように設定できる)らしい。

####
取り付けは再来週末じゃね?って流れになってる。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

僕らは今のなかで
Posted: 2013年5月24日 04:35 アテンザ

件のUSB/AUX入力は一応純正では両方共音声で好きな方(対応してる方)を使えって感じで、あとは改造次第でどうにでもなるという大変もにょる結論が得られたのでなんだかどうでもよくなりました・w・

そもそもサイバーナビは元々iPod(iPhone)動画の入力に対応してますし、今度のアプリリンク機能なんかを考えればどのみち車体側のUSB/AUXは役に立たない。

そーゆー観点からすると、とりあえず純正USB/AUXは普通に繋ぐ、もう1ポート余ってるUSB入力でiPhone接続を賄う、けれどもアポー製品を買うのが面倒くさいので準備工事だけ、みたいのが一番よかったりして。
音楽+充電するだけならBluetooth+普通にどこぞからの給電で十分。
(そもそも車体側USBはサイバーの通信端末接続に占領されそうですが)

一応、社長からの連絡で「バックオーダー入れといたから!」と力強く宣言されましたので、すでに後戻りができないような気がしますが、今日はジェームスに探りを入れてみたところ「ZH0007なら今日入荷しました」なんて言われた上、公式を見てもいつの間にか「発売予定」の文字が消えていたのでもう発売したんでしょう。

別に発売日(?)に手に入れれる必要は無いですが(付ける車が無いのにどーせいっちゅーねん)、異口同音に色んな店が匂わせていた通り公式がフライング。まさに外道。

とりあえず、基本メニュー30万でできるといいなぁ・w・

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

凡そ見積もりは出揃った感
Posted: 2013年5月23日 23:27 アテンザ

まあ量販店の値段なので個人ショップとはまた違うだろうけれども、概ねZH0009HUD(相当の内容)の初値は27万前後か。

工賃含めて30万前後なんだろうか、今回の場合はカメラの取付が事実上無いので、その分だけ割安。

一番高いオプション品は今回はVICSアンテナになりそうだけれども、アプリリンクで必要なオプションにはアップル純正品が含まれるので、その辺りはカロ(或いは普通の店)の及ぶ所ではないので、このあたりの「隠し費用」がちょっと気がかり。
Lightning関係の製品って基本ぼったくりなのよ。

あと配線関係調べてると、アテンザのUSB/AUX端子のAUXってこれは音声なのか映像なのか?
音声だと対応する入力がナビ側に無い気がするし、映像だとバックカメラと共存できない気がする、それともUSBと共通なのか。それによって配線の仕方が変わってくる予感・・・。

***
っていうかZH0007はもう入荷も始まってるらしく、今日入って来ましたとか聞いた(笑

6月発売じゃなかったんかいw

まあ予約入れててももう付けてくれるのかは知らんけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search