Driver's High


Search: アウディ / 11 Hits

コースティングモード
Posted: 2020年4月 9日 16:08 自動車

https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/614998ca03ea609c439c867a5531f5debd771578/

お。遂にコースティングモード時にエンジン止めるようになったんか。

従来のコースティングモードの弱点は兎にも角にも「エンジンを止めないこと」で、アイドリング分の燃料はバッチリ消費してしまうので、結局かなり特殊な状況下じゃないと普通に巡航時のアクセルワーク+燃料カットするのとどちらが燃費がいいのかよくわからないシロモノであっただけに。

結局のところ、おそらくはマイルドハイブリッド化が今回の進化の「キモ」であるのはほぼ間違いなく、補機類の電動化などでエンジン回転に頼らずとも安全を確保できるようになったとしても、肝心の電力には非ハイブリッドでは限界があるわけで、おいそれと止めるわけにはいかなかった。

***
とはいえ、そうなると次はコースティングモードで消費するであろう電気はどこで貯めるんだ?

普通こういうのは回生で大いに回収するわけだけど。

コースティングを最大限に利用するために加速・巡航中に溜め込むのではやっぱり半分コースティングさせる意味は無いようにも感じるし、マイルドハイブリッドなのでコースティングのときでも回収はできるだろうが、だとしてもそのときに一緒に回収するのでは、やはり何のためのコースティングなのかよくわからないことになってしまう。

***
また、要するに単にアクセル離した時の減速感(=エンジンブレーキ)を減らすには、何もコースティングみたいな方法に頼る必要はなくて、ポンピングロスを減らしてもやはり大きな効果がある。

ではどうやってポンピングロスを減らすか。

単純である。気筒休止すればいいのである。

一部のハイブリッド車は実はエンジンブレーキだと思っていたものが実はほぼ回生ブレーキの減速感という車もあったほど。

にほんブログ村 車ブログへ 


アクティブサスペンション
Posted: 2017年6月24日 08:07 自動車

https://response.jp/article/2017/06/24/296554.html

BOSEが電磁式のアクティブサスペンションのコンセプトを発表したのはもう10年以上前の話ですが、最近流行りの電装系の昇圧化に伴ってようやくこういう電気を大量消費する機構の実用化に目処が立ったってところでしょうか。

アクティブサスペンションはシャーシ制御技術の最終到達点とも言える究極の存在ですが、反面アクティブサスとしての実用的な性能を得ようとすると現状では油圧制御に頼らざるを得ず、実用化自体は30年近く前にはすでに成し遂げられていたものの、結果的にシャーシ性能と引き換えに高コスト・大重量・低信頼性を甘受しなければならないこともあり、それを受け入れる度胸のあるメーカーのみが採用するに留まっていたわけですが、電子制御技術の発達とともに電動化も模索されていました。

勿論、これ自体は去年あたりにコンセプトが発表された新タイプの電動式アクティブサスの恐らく製品版で、リニアモーターを利用したBOSEのそれとはかなり中身が違いますし、サプライヤーもBOSEではなかったと思いますけれども。

油圧式に対する電動式アクティブサスの利点としては、油圧式よりも更に応答性が良い・構造を単純化でき信頼性の向上が期待できるという点がありますけれども、BOSE式のそれが結局実用に至らなかった理由にはコストの高さと消費電力の大きさ(BOSEはバンプ時に回生エネルギーを回収するので問題にはならないって言ってたはずですけれども)があると言われ、アウディ式はアウディ式でなんか制御能力が低そうだとかその割に油圧式並みに厄介な構造をしていそうだとかでいやんな感じも。

しかしながら、アクティブサスと聞けばこれは見に行かざる得ないかなぁ。

最も、こういう複雑な機構を持った車となると、ベンツですらMBCやABC搭載車の試乗車なんてなかなか用意してないですけれども。

にほんブログ村 車ブログへ 


クラスで最軽量
Posted: 2016年9月28日 18:20 自動車

85kgって言われても、元々が重いんだから仕方ない。

http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20160928-10252290-carview/?mode=full

元々アウディはアルミ大好きですから、FFの最廉価グレードはクラスで最軽量を謳う事は元来結構多いし、実際確かに軽い車も多かった。

個人的には昔のA8のFF・6気筒(確か)のグレードがFセグとは思えない車重を誇示していたのは印象深いところであります。

最も、ここ10年くらいのドイツ車は「軽量化」という言葉を忘れたかのように重戦車な車ばっかりだったので、減りしろはだいぶある車が多いんじゃないかなあ、と思ったりも致します。

Q7なんかは300kg軽量化って言ってたしね。

何その力士の体重が人並みに減りました的な数字。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


130kg以上軽い
Posted: 2015年1月22日 22:50 自動車

レクサス GS F 、「ドイツ競合車よりも130kg以上軽い」
http://response.jp/article/2015/01/22/242331.html

・・・まあ確かにドイツ車は重いよねっていう。

どちらかというとBMWが異様に重いってイメージが強いですけど。

GS-Fなんかはライバル視しているのはM5とかなんでしょうけど、アレE39の頃から1.8tくらいあったので、車格の割には元々すごい重い車なんですよね。

V8エンジンとかがガンなのか?と言われると、6気筒モデルとかでもそんな調子でライバルより100kgくらい重いことはザラだったりとか。

かと思えばこんなネタも。

アウディ Q7 新型、アルミで325kg軽量化...ベース仕様で2トン切る
http://response.jp/article/2015/01/21/242248.html

300kgも軽量化というとインパクトがあるけど、そもそもこのクラスの車は欧州車は何故か異様に重くて、Q7兄弟(カイエンとかトゥアレグとか)の初代なんかは、ムラーノ辺りとおんなじくらいのサイズなのに2.5tくらいあったので、そっちのインパクトの方が強い。

日本では車格が一回り大きく、ラダーフレームでゴツく作った上で豪華装備をてんこ盛りにしたランドクルーザー200系でようやく2.5t前後(最上級グレードのZXで2.7t)なんだが、一体あのメーカーたちは乗用車シャーシをベースにしてるのに、どこをどう作ったらそこまで重くなるのか、と基本的に疑問だったりして、今回のにしてもアルミをぶっ込んでもまだその数字か、って印象の方が強かったりとかね。

実際、日本には正規では・・・というか、現地でも限定車扱いだったらしいけど、Q7のW12 TDIとかホントこの調子だと何kgあったのか、逆に興味があるレベルである。

12気筒のディーゼルですよ、12気筒!

にほんブログ村 車ブログへ 


雑記
Posted: 2014年8月 9日 16:06 自動車

■A8
http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20140806-10208690-carview/
audi_A8_002.jpgドイツ御三家のフラッグシップモデルの中では何気に一番モデルが古くなったせいか、そもそも最近のアウディのデザイントレンド自体が一昔前の優美な空力デザインや、シングルフレームグリルみたいな特徴的なモチーフを用いて先進性を前面に押し出す感じからややトラディショナルな方向に振れたせいか、最近のアウディって(LEDで複雑奇怪化したライト周りを除いて)非常にクリーンで、何気に最近の車のグネグネしたラインの受け入れられない昔気質のおっさん受けするデザインになってる気がするの。

audi_A8_001.jpgでも、アウディはクワトロシステムを推進するせいかA8でもFFベースになるから、真横から見るとFFベース丸出しの長大なオーバーハングを持ったシルエットっていうのは、当然ながら大衆車を思い起こさせる要素の一つになるので、この手の高級車の中ではすごい弱点だと思う。

■トヨタ3T4
「モモタロウ」としてクラウンに設定された色ですが、別名でピンクサファイアという名称もある模様?

でもこの色クラウン以外に設定された(する予定もある)んだろうか。

ピンクサファイア・・・もしこの色で設定される車種が出てくるとしたら、むしろ今40~50代くらいのおっさんのノスタルジーを掻き立てる方向か。
クラウンもある意味でそういう感じだっただけに。

でもあまりにも特徴的すぎて別車種に流用が利かない気もしますが。
(絶対に「あのクラウンのピンク」という形容詞が付く)

他のメーカーだと割りと面白い流用パターンがあったりしますが。
(例えばNCロードスターの特別仕様車に設定のあった鮮やかなグリーンメタは実はデミオのカタログ純正色とか)

■正味の軽量化
http://clicccar.com/2014/07/26/262803/2/

正直、新型車の「実質軽量化」っていう文言はやめていただきたい次第(笑

だって、実質○kg軽量化って言ってもある意味比較しようがないから、カタログ開いてがっくりするんだもん。

これを初めて体験したのが3代目パジェロで、3代目のパジェロは鈍重なラダーフレームからモダンな(ビルトイン)モノコック構造とかを使って軽量化に配慮したって派手に宣伝していて、確か「実質」100kgだか200kgだか軽くしたっていうから、2代目よりも二回りはでかくなったボディでそんな軽量化できるってすごい!と思いつつカタログ開いたら2代目とほとんど数字が変わってなかったというトラウマがあるでな。
(まあ確かにあのボディで重量が増えなかったのだから「実質」は軽量化してるわけだが・・・)

にほんブログ村 車ブログへ 


流れるウインカー
Posted: 2014年3月15日 23:06 自動車

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/201046/

流れるウインカーwwwww

ウン十年前から一部界隈では定番だったセンスが、今世界の最先端に・・・w

でもこれって車検通るのかね?
(日本発表の動画だから、日本仕様のはずなんだけど)

にほんブログ村 車ブログへ 


CVT
Posted: 2014年2月 6日 21:17 自動車

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/198997/

アウディってまだCVTやってたんだw

輸入車の中では珍しい事に大体日本車で中排気量クラスまでCVTが普及しだしたのとほぼ同時期にCVTの展開を始めたのは覚えてるんだけど、フォルクスワーゲングループである手前、最近はDSGに移行したのかと思ってたんだけど。

CVTもなんだかんだで洗練され続けているんだから、別に嫌う必要ないと思うんだけどなー。

CVT特有の息の長い加速や、瞬時に最適なギアが選ばれる感覚はなかなか面白いお。

特にトヨタのCVTは非常にデキがいいな。最近では。

にほんブログ村 車ブログへ 


アウディエクスクルーシブ
Posted: 2013年2月17日 03:13 自動車コラム

A8・W12 Lをアウディエクスクルーシブで固めたら見積もり2600万超えて草生えるw

でもまぁこの辺りはBMWインディビジュアルとかメルセデスデジーノと同類のいわゆる特注仕様ですが、ベンベやベンツはこの辺りのおネダンがASK状態で一体いくら掛かるのか分からないのと比べれば、見積シミュレータで明確に値段の出るアウディはまだ親切な方なのかもしれない。

そういえばポルシェも見積もりに値段出るな。
ピエヒ帝国はこの辺りは割と律儀なのか。

そもそもアウディに2600万wwwwって思ったけれども、ベンツのS65AMGなんかはいきなり3000万である。

***
でもそうは言うものの、実際のところBMWの760LiやアウディのA8・W12辺りなんかは「こんなん一体誰が買うん?」状態で、実車をあまり(ほとんど)見かけることがない。

それを思えば一定数ユーザーの居るベンツS600L辺りは驚異的ですが。

でも結局それって、ベンベはロールスロイスを持ってて、ピエヒ帝国にもベントレーがあるから、そんなんに2000万払うくらいならソッチ買いなよっていう、無言の圧力っていうか結局そのクラスの車買える人&その辺りのブランドを支持している人間からすれば、逆に7シリーズとかA8ってハンパなんだろうなって。

それを思えばマイバッハさんは残念だったね・・・。

最も、その「特上」がどっちも買ってきたブランド(しかも両方ともイギリス製)なのは微妙な感じですが。

***
audi_A8_001.JPGそういえばセダンの空間設計についてたまに考えることがあるのだけれども、結局こういう写真を見ても分かる通り、セダンってどうしても絶対的な室内空間が狭いから、「住みよい空間」を考えると包まれ感を通り越して狭苦しさがどうしても勝ってしまう気がしてたまらない。

ドライバーなら基本的に狭いは包まれ感で説明することも可能ですけれども、後席の住人にそういう要素を説明するのはなかなか難しい。

この辺りはやっぱり絶対的なスペースユーティリティに勝る箱型の方が圧倒的に有利なわけで、設えさえしっかり造れば絶対「贅沢な空間・空気」っていうのはミニバンの方が有利だと思うんだよなぁ。

日本には侘び寂びの文化があって、その中で狭さもそういう文化的味わいの一つとして取り込んでしまってるからややこしい話ですけれども、例えば普通の住宅・部屋なんかで上質な空間ってどう作る?って言われたら、結局クルマの空間設計だってそれと同じだと思うんですよねぃ。

現状、ミニバンでそれができてる車ってなかなか無いですけれども、例えばアメリカのコンバージョンバンとか、或いはオーテックエルグランド辺りとかは、その辺りの解のひとつのような。

究極はセレガプレミアム?(ぁ

にほんブログ村 車ブログへ 


どう考えてもおかしいだろ・・・
Posted: 2010年2月 5日 12:25 自動車

アウディ、S6もエコカー補助金対象車に認定
http://www.carview.co.jp/news/1/122170/

フォード・エスケープがエコカー補助金対象に
http://www.carview.co.jp/news/1/122147/

クライスラー車の一部がエコカー補助金に適合
http://www.carview.co.jp/news/1/122144/

どう考えてもおかしいだろ・・・常識的に考えて・・・。

アウディS6とかガソリン垂れ流して走ってるような車だろ。
それにエスケープってまだ売ってたんだ(笑
トリビュートはとっくの昔に生産終わってるのにね。

まあ、いわゆるグリーン税制や排ガス規制自体が結構杓子定規なルールで運用されてるんで、「デカイ車ほど有利」っていうのは昔からなんですが、コイツらが「エコカー」なのはおかしいだろ・・・。
聞けばハマーにも補助対象車があるんだって(笑

コイツらにエコカー補助金とか減税するなら、僕らにもお金ちょいだい(笑
エスケープみたいな古い車にも補助金出るんだし(笑

にほんブログ村 車ブログへ 


!?
Posted: 2009年12月19日 00:21 自動車

http://response.jp/article/2009/12/17/133904.html

おいおい、こいつぁ反則だろwwww

アヤシゲなウワサで「Googleマップのデータをナビに~」っていうのが流れたことはあったけど、実際にそういうのをやるとな?!

やりようによっては、「タダで常時最新・最多の情報を得られる最強のナビ」になるにぇ。コレ。

にほんブログ村 車ブログへ 


アウディA4
Posted: 2007年11月 1日 15:02 自動車

AUDI_A4.jpg

え?

これって、コンセプトプロトとかじゃなくて、れっきとした市販モデルのものなの?

にほんブログ村 車ブログへ 


Search