Driver's High


Search: オーディオ / 48 Hits

タイムアライメント
Posted: 2016年4月 7日 22:32 アフターパーツ

タイムアライメントというと、当初弄くっていた時はこういうスピーカーからリスニングポジションまでの距離を入れるだけにしてたけど、自分の感覚では調整後は確かに音の聞こえ方は変わった、でも真正面から音が聞こえてくるというよりは、両耳に直接音が送り込まれてくるような違和感のある感じでしたが、でもこういう音の定位って本当のスピーカーの位置を考えると明らかにおかしいけれども、確かに例えば画面から音が出てるような感覚になることもあるんですよね。
(最近ではノートPCの音響イジっててそんな感覚に)

車の方では相変わらずそういう感覚は薄いけど、現状では上記の設定に加えて以前は全くイジってなかったボリュームバランスの補正も少し入れた(左前が大きく聞こえるからそれの修正)けど、これで音がより自分の正面に来た気がするけど、感覚的には微妙に違和感が有る気がする。

***
でもこれって音の周波数帯とかも影響してるのかなぁ。

中音域(主に人の声などの領域)以下は割りとハッキリと定位感を感じることが多い、でもそれ以上になるとどう弄っても音が全体に散ったままで物理的にボリュームが変わったりしないとそういうのが分からないことが多い、これはそれぞれの音の指向性(高周波な音になるほど指向性が強い)もあるんだろうか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ダイヤトーン
Posted: 2014年8月28日 17:53 アフターパーツ

DS-G50.jpg新型WRX、ソニックデザインの専用スピーカーキットも話題だけど、オプションカタログを眺めているとダイヤトーンのものも設定もあって、その中にはキット価格がフロントだけでも18万円(前後セットで27万!)にもなる弩級の仕様も含まれている。

これはなんなのかと思ったら、どうも市販のDS-G50がセットになってるらしい。

確かにコイツは本体だけでそれだけ値段のするモデルなので、単純に買うだけでもそれだけになってしまうのは仕方がない。
でもこのクラスのスピーカーになると流石にディーラーでポン付けするだけで付けるのって勿体無くね?と思ってしまった。

ところで、ダイヤトーンというと、アテンザの方にも「今年からダイヤトーンのスピーカーも増えたんですよ!」とプッシュされたけど、これは逆に市販モデルよりも何故か安い。

しかも最廉価モデルのDS-G20の半額以下という異常な低価格モデルである。

見た目には他のGシリーズの製品と変わらないのだが、その異様な値段の安さは勿論、型式も調べてみてもマツダのオプション品の専用型番が割り当てられていて素性不明。
よく分からないモデルである。

ただ値段を見るにスバルと違ってDS-G20の同等品と見るには明らかに無理がある。

正直なところ、スピーカーって一定以上の価格レンジはうんちくの差で値段が付いてるようなもんだけど、逆に一定以下はモロにスピーカー自体に掛かっているコストの差で値段が付けられているので、DS-G20でもG50と比べると肝心な部分が結構コストカットされているだけに、これよりも更に安いマツダ純正ダイヤトーンって名前だけのただの安物なんじゃないかって思うんだけど、どうなんだろう。

***
ところでダイヤトーンの公式サイト見ると、7月でDS-G50は終売になってるんだけど、だとしたらこれから新品を供給するスバルはこれどこから調達してるの?

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

コネクト
Posted: 2013年10月 8日 22:57 自動車

AXELA_008.jpg>各種情報の表示用としてインパネ上部に7インチのセンターディスプレイが用意される。ビジネスグレード以外で標準装備となる。

賭けだなぁ。

オプションかと思ったらこれ全車標準装備なんだ。

自分はこういう装備が好きだからいいけれども、一般的に考えれば「交換がしにくいAV装備」ってすごく嫌われるよね。

それに、全世界的に色々な専用コンテンツを用意するっていうのはいいと思うんだけど、逆にそういうのって地域性が薄くなってしまうから、結局自分に合った情報・コンテンツが無くて使われない事も多いと思うんだけど、その辺りはどうなるんだろう。

レスオプションとか用意されてるならそういう不満も緩和されようが、今度のアクセラではこれが目玉の一つだから、果たしてそういう選択肢があるのかどうか。

最近のマツダはそもそもこういうライン装着品のオーディオっていうのを事実上全廃してしまっているので、こういう如何にも(カスタマイズ派が)扱いにくい装備を、アクセラクラスの車で展開するとは思わなかった。だったらアテンザにもくれ。昔G-BOOKのナビあったじゃん。

デザイン的には、これの有る無しで相当印象の変わるところなので、外しようが無かったのかもしれないけど。

でも、一応「無いこともない」わけであるから、そのビジネスグレード用のオーディオレス?インパネとか流用して「社外ナビ(オーディオ)付けました(ドヤ」っていうユーザーが出てきそうな気がするのは、やっぱり自分が元ニッサンユーザーで、そういう車を大量に見てきたから、なんだろうか。

それとも、スマホ連携以外に社外ナビ(昔あったナビ本体だけみたいの)の接続手段を残していたりもするんだろうか。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/20130910_614727.html

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

スピーカー
Posted: 2013年9月10日 01:31 アフターパーツ

cas_pho_01.jpgなんとなく、オーディオのグレードアップの話に絡んでいたところ、久々にこういうタイプのスピーカーの話を聞いた気がする。

そういえば、ここ(ソニックデザイン)のスピーカーだったかは忘れたけれども、自分もオーディオショップでこういうタイプのスピーカー勧められたことあるんだよなぁ・w・
高かったけど(笑

見ての通りスピーカーボックス一体型の設計のスピーカーで、この製品のみで音響設計が完結してしまっているようなブツ。

最も、こういうデザインがここ独自のものなのかというと、知っての通りBOSEなんかもこういう設計を好むタイプの会社なので、BOSEの製品でもこういう設計のスピーカーが付いてくることがある。
(Q45のFスピーカーなんかもソレ)

このスピーカーを考えていた人の思惑では、なにかドアの構造上デッドニングが難しい車種だからこういうスピーカーを考えていたそうある。

なるほど、確かにこのスピーカーだとスピーカー単体で音響設計が完結してしまっているので、デッドニングをしてもしなくても音には影響がなさそうなんだ。

だけれども、同時にこのスピーカーって基本的に車のスピーカースペース・・・つまり16センチとか17センチの穴が空いている所にこういうボックス込みでトレードイン装着するための設計になっているので、つまりスピーカー単体の口径はツィーターとまで言わないけれども、7~8センチくらいと非常に小径である。

BOSEでもこのタイプのスピーカーになる場合は口径に制限が出ることが多かったので、たとえばQ45世代のエンクロージャー一体型のスピーカーでは11.5センチ(4.5インチ)という妙なサイズが良く使われていたけれども、実際のところある程度コストなどに制約がある中で音質を追求する場合、質のイイ大口径スピーカー単独のみで妥協するのと、こういうタイプの小径スピーカー+専用エンクロージャーみたいなタイプの製品を使うの、どっちの方がベターなんだろう。

BOSEでは確かにヘタに足掻くよりは余程いい音が出てたけど・・・。

###
でもスピーカー1組にこれだけのカネが掛けられるんだったら、そのカネでスピーカー+デッドニングくらい普通にできるだろうから、やっぱりこういうスピーカーってニッチな市場向けなんだろうなぁ・w・

メカメカしいから、そういうのが好きな人にはタマランだろうけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

CD-U120
Posted: 2013年6月 7日 18:59 アテンザ

carrozzeria カロッツェリア 7V型ワイドVGA地上デジタルTV/DVD-V/CD/Bluetooth/USB/SD/チューナー・5.1ch対応・DSP AV一体型HDDナビゲーション クルーズスカウターユニット・AR HUDユニットセットAVIC-ZH0009HUDどーも13年モデルのサイバーナビから、本体裏側のUSBコネクタの形状が変わってるような気がするんだけれども、純正オプションのUSBケーブルの品番を調べると、12年以前と特に変わっていない(CD-U120。つーかND-DC1接続用に同梱されてるのがコレそのもの)。

本体側のコネクタ口を見る限り、突起の形とかが明らかに12~13年で合わないような形状になってる気がするのに。穴が一回り大きくなった?

これの互換性があるかどうかっていうのは、マツダのUSB/AUX変換コネクタ(GJP1-V6-572)の互換性があるかどうかに関わる重要な問題なのだけど、よく分からない。


でも本来USBってコネクターの形状まで合わせて汎用規格だから、こういう風に独自形状のコネクタ作られるのって困るんだよね。色々と。

##
そのくせ、13年モデルから対応したHDMI(これも規格品)はどう見てもそこらへんの電器屋で売ってるケーブルと全く同じ(本体側もHDMI端子そのもの)である。

###
ちなみに例のオーディオサテライトスイッチはDOPナビ以外だとケンウッドの彩速ナビだと全部使える(ように設定できる)らしい。

####
取り付けは再来週末じゃね?って流れになってる。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

TIME DISTORTION #2
Posted: 2013年6月 5日 18:06 ジムニー

タイムアライメントへの試行錯誤は続く。

とりあえず、ジムニーなんて他に人を乗せる機会なんてまず無いので(爆)、改めてタイムアライメントの基本中の基本である、リスニングポジションを中心に据えるという設定を基本にセッティングを進める。

昨日までの時点ではすでに単純にリスニングポイントから各スピーカーまでの距離を設定するという方の設定で、まあある程度の結果は得ているので、今度はもう一方のタイムアライメント設定のリクツ。

つまり、遅く音の届くスピーカーをアライメントゼロとして、近いスピーカーの音をずらしていくという方法。

結論から言えばこっちは微妙だった。

最終的な音の定位をリスナーの前(?)に持ってくるという意味では、どちらの設定にしても大差は無く、どちらもリスナーを中心とした定位を出すことは出来る。

けれども、今回試した方法については、音の立体感というか、広がり感的なものでは前回試したパターンと比べると出るのだけれども、不思議なことに所々音の厚みが抜けてしまう音域が出てくるのが感じられたりとか、あとはタイムアライメントが「ゼロ」というスピーカーが出てくるせいか、どうにも後のスピーカーのセッティングが決まらない、そういう感じがした。

結局、タイムアライメント0のポイントを設定してしまうと、タイムアライメントっていうのは音を遅延させる制御であるので、リヤスピーカーのように元々音が遅れて届く位置にあるスピーカーのセッティングが原理的に決められない。
その部分で左右のバランスは最適化できても前後がダメなので違和感が逆に出るような感じ。
おそらく、これは前席2スピーカーのみの車とかに使うパターンなんだろう。

最終的な結論として、結局バカ正直に各スピーカーまでの数字を入力する方の音のほうが良いという事になり申した。

昨日感じた音の圧迫感とかについては、イコライザーで音を調整することで解決。
結局、タイムアライメントを取って明瞭に音が聞こえるようになったから、改めてカロのクセみたいなものが伝わるようになってきたんだろう。
この辺りを取り去りたかったらカロ以外の機材を選ばにゃならん。

まあ、これで納得できる方向性が掴めたのかなぁって。

***
意外と面白かったのが最初に設定した、とにかく定点をド中心に持ってくる設定の延長版で、基本的な方向性はそのままに、「より遠く(つまりはタイムアライメントの遅延を大きくした)」を意識したセットにしたら、これがなかなか良い感じに。
人を乗せるときにはいいかも。
(前席限定)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

TIME DISTORTION
Posted: 2013年6月 4日 05:52 ジムニー

やっぱりなんかタイムアライメントの設定がよく分からない。

今度は定石通りに馬鹿正直に各SPの距離を入力したパターンを試してみた。

・・・確かに、先日試したダッシュボード真ん中に定点を定めた場合と比べると、音が自分の身体の辺りに来ている感じがする。

けれども、これっていわゆるよくタイムアライメントの効果として謳われることの多い、「目の前で歌っている」というよりは、顔のド中心、頭の中に直接音を流し込まれてる感じで、音の凝縮感が非常に強く感じられるように思う。

凝縮感、というとなんか良さそうに聞こえるけど、実際はカロッツェリア特有の聴こえ過ぎ感がより強調されたり、音の伸びやかさに欠いていたりして息苦しい。

逆に、「定石外し」である先日のパターンと比べると、確かに音の定位が移動しているのは分かるけれども、こっちはこっちでまた設定通りに音が(車の)真ん中の方にズレた感じで、「目の前で歌っている(ダッシュボードの真ん中辺りから音が出ている)」感であって、確かにそういう意味ではタイムアライメントの効果ってあるし間違ってもいないんだろうけれども、ぶっちゃけどちらにせよ求めていたものと違うよねっていう。
更に言えばタイムアライメントOFFの時はそれに更に音の広がりがプラスされるというか・・・。

要するに、タイムアライメントを取ると音が確かに一点から出てるように聞こえるんだけど、逆に言うと1つのスピーカーから音が出ているようにも聞こえて、これでいーのかなーって。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた
Posted: 2013年6月 4日 00:49 アテンザ

atenza_006.jpgアテンザのBOSE仕様にはフロントドアに23センチという、変わった口径のスピーカーが使われている。

基本、どーも車体構造に関してはBOSEと標準仕様車で変わりは無いというのは、ダッシュボードとかが同じなら当然ドアだって同じというのは大体想像のつく所で、お陰様でその23センチのスピーカーがハマる大穴にズッポリと16センチを嵌め込むためにスピーカー一体型の専用ブラケットが使われており、トレードイン交換不可&市販の汎用ブラケットも付かないときている。
(逆にリヤは16センチがハマるスペースにBOSEお得意の中口径フルレンジを突っ込むためにryなので状況があまり変わらないw)

でもこの23センチという口径、一般的なサブウーハーなんかのサイズに近いので、ドアスピーカーをサブウーファーにすれば、ちょうどいいサブウーファーの取り付け位置が見つからないなんていう問題も解決できていいんじゃね?・・・なんて無駄なことを考えてみたけれども、今度はメインのスピーカーを何処に置けばいいか分からなくなるので流石にボツである。

***
でも、流石にBOSEにしてもここがサブウーファーってことはないだろうけれども、かなり低音向きになるよね。この口径だと。

BOSEの場合はダッシュにミッドレンジ3発ツィーター2発入るので、それで中域以上を補えるから、それでいいのかな。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

じむ兄さんの、おーでおいじり
Posted: 2013年6月 3日 03:56 ジムニー

なんとなくジムニーのタイムアライメントを弄ってみたけれども、イマイチティン!とこない。

確かに最初なんとなく大雑把に「それっぽく」弄ってみた時の変化が面白かったから喜んでメジャー買ってきて、より「正しい」方法での設定を試みたんだけどさ。

そもそも、タイムアライメントの設定方法自体が各自の我流って感じで、結局「自分の気に入った音になればなんでもええ」んかいなって思ってみたり。

だから、タイムアライメントっていう設定の基本自体は同じようなこと言ってても、やってることは各自で全く別だったり、そもそも具体例を全く示してない例とかまで普通にある。

これでは理論というものが破綻しているも同然で、全く参考にならない。

まあ、オーディオの世界なんて自己満足の極地みたいな世界ですし?

***
とりあえず、ジムニーでやったタイムアライメントの設定

ちょっと、考え方としては変わった風に設定していて、単純にリスナーの着座位置=リスニングポイントではなく、ダッシュボードの中心付近に定点を持ってくる感じの設定に。

サイバーナビの場合、タイムアライメントは距離で設定するタイプの機種になる。
距離は当然実測値。やや大雑把だけど。

1)単純にスピーカーからリスニングポイント(定点)までの距離を入力したもの
従って設定値はフロントSPが90センチ・リヤSPが170センチ前後で調整。
タイムアライメントって概念は、本来こっちの方の感じのセッティングを突き詰めるもの、と聞いていたはずなのだけど。。。

2)定点まで音が届く時間差(距離差)を入力したもの
従って設定値はフロントSPが0、リヤSPは170センチ前後で調整。

フロントがゼロの理由というのは、要するに定点が車の真ん中にあると仮想点を設けているのだから、左右のフロントSPが音響設定の基本であり、また定点の位置的には音が届くまでの時間差はゼロなワケである。だから調整する必要はない。

リヤが170センチの理由というのは定点からそれだけリヤSPは離れているから170センチであるのは普通の変わらないけれども、つまりリヤSPのタイムアライメントの数字こそが定位決定のキモであると捉えて、左右リヤSPの音と左右フロントSPの音の交差点=定点であり、仮想的にそこから音が出てるような感じになるんじゃないの?的な発想。

少なくとも、大まかに分ければ皆さんタイムアライメントというものの設定のリクツはこの2タイプに分かれているような感じで、それを両方試してみたワケで、理論的に言えばどちらかが合っていてどちらかは間違っているはずなのだけども。

・・・でも聞いてみると音はどっちもどっちって感じなんだよなぁ。
むしろ何も設定しない方が意識した音に近いっていうか。

***
カタログスペックっていうのも難しい。

確かにアテンザにはダイヤトーンを入れたい。

けれども、ダイヤトーンで組むとサブウーファーで引っかかる。

ダイヤトーンのラインナップ自体にはサブウーファーもキチンとあるけれども、しっかりとした組み付けが必要なSW-G50というモデルが1つ用意されているだけである。

結構これって解釈に悩むラインナップである。

ダイヤトーンのサブウーファーは上にも下にもこれしかない。

価格帯的に言えばDS-SA1とかみたいなガチシステムを組む人間には役不足なスピーカーだろうし、逆にDS-G20で手軽(?)に済まそうとしている身にとっては本格的過ぎて使いにくい。

これはサブウーファーはどこのでも好きなもん使えいというスタンスなのか、それとも比較的低音向きっぽいカタログスペックになってるダイヤトーンシリーズの特性的に、基本的にはサブウーファーは要らんという意味なのか。
まあ、まさに価格帯的にはDS-G50のお供にはピッタリなんだろうけども。

でも結局これらもあくまでカタログスペックなんであって、他社のスピーカーと比べるとSW-G50はサブウーファーなのに他社のサブウーファーより妙に高音まで対応してたりとか、所詮カタログスペックはカタログスペックかって思ったりもする。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

.wav
Posted: 2013年5月 8日 00:36 アフターパーツ

ダイヤトーンナビの商品紹介を見てると、摩訶不思議な説明が一つある。

それは、「高音質wavファイルが再生出来ます!」とドヤ顔で自慢してることw

今日びwavファイルなんて再生できないデジタルオーディオが存在するんかいな・・・。

確かに、あのテのハイエンドを志向するオーディオでは高音質音源を扱えることは死活問題に等しいので、ある程度特殊な形式の音源でもそれが高音質であるのならば扱えるに越したことはない。

けれどもwavって(w

Apple Lossless辺りなら分かるぞ。

要するにwavファイルっていうのは基本的には非圧縮形式であり、録音した元音源の音声データそのものであるので、録音時の設定さえ間違わなければ各種非可逆圧縮音源のような音質劣化は発生しない。

けれども、今まで何故wavがあまり使われなかったかというと、非圧縮であるが故にサイズが大きく、これまでの小容量ストレージではストレージの容量を圧迫するために避けられてきたからであって、ファイルそのものとしては全く単純な、昔から音源ファイルの基本中の基本として存在しているもので、デジタル関係のオーディオでむしろコレを扱えない機器の方がどうかしてると言わざるを得ない。

ぶっちゃけ、wavファイルはそのままCD-Rとかに焼けば普通のCDプレーヤーでも再生できる。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

聴こえ方には個人差がある場合がございます
Posted: 2013年5月 3日 22:03 アフターパーツ

とあるプロショップでダイヤトーンとカロッツェリアのデモカーの音を聞かせてもらった。

・・・で、そのプロショップでこの2つのブランドの傾向ってどんなもん?と聞いた所、見事に社長のとことの答えが返ってきたwwwww

これほどに、個人の感覚の差を感じたのは初めてだ。

でも、そう評価するに至った理由っていうのはよく分かる。
要するに、それぞれのブランドが奏でる音の、どこを評価したかの差なんだ。
個人的には、社長の方の評価の方が自分の感想に近い。

では自分はどう感じたかというと、まず最初に聞いたのはダイヤトーンの方。

やっぱり音響をしっかり作り込んだ車は違うなぁというしっかりとした定位感とかはこの際は脇に置いておいて、まずダイヤトーンは音に嫌味が無い。
低音から高音まで自然に音が出ている感じで、これという特徴は感じないけど聞き疲れはしなさそう。

だけれども、それだけに音に対するインパクトが無いので、これホントに高いオーディオ?と一瞬疑問に思う側面もある。
(ちなみに使ってるスピーカーはDS-SA1とからしいのでむしろ何百万掛かっとんねんってレベルの車)
かと言って音が薄っぺらいわけもなく、どう聞かせても音が破綻することもない。

次、カロッツェリア。
ああ・・・この音は社長の店でいつも聞いてる音だwwww

プロショップの社長曰く、「基本的にメーカーの音作りというものは、同じブランドなら安かろうが高かろうが同じ傾向になる」とのこと。
確かにそうだ。ここの店のデモカーはカロッツェリアXを使って、音響作りもしっかりやりこんだ車だ。対して、社長の店のソレはあくまで試聴台に取り付けられた量販帯のスピーカー・デッキの音なんだ。
でも、その性向がまるで同じ。

自分のカロの音に対する印象っていうのは、「如何にも社外品」って感じのソリッド感。
社長の店はカロ押しの店だから、店頭は勿論代車とかでもデモカー的にカロの製品がよく付けられているので、その音は昔からよく聞いている。

音圧的な迫力や耳に届く情報量が多いのはカロだけど、オーディオの表現力の表し方として「弦を弾く音すら聞こえる」って言い回しをすることがあるけど、あまりに原音(というか音源に含まれる音)を忠実に出そうとし過ぎて、悪い意味でそういう「聞こえんでもいいノイズまでハッキリ聞こえてる」みたいな。
なんか非常に「作った音」みたいに聞こえるんだよね。

社長の店のソレはあくまで量販帯ものだから、いわゆる安めのオーディオにはよく有る、ぱっと見の印象重視でそういう風(要するにドンシャリ)に作ってあるのかと思ったけれども、カロ自体がそういう設計思想なのね。
この音は自分は余り好きじゃない。

思うに、案外これってカタログスペックがそのまんま音に出てるってことなのかも。
ダイヤトーンはスピーカー毎に役割をしっかりと作り分ける思想の模様。
対するカロはメインはフルレンジで鳴らして、その他を必要なスピーカーで補完するって感じなんだろう。
聞いた感じではカロはそういうフルレンジの弱点的なものが出てる気がする。

つまるところ、今回このショップに伺った理由というのが、そういうカタログを見比べる限りでは、ダイヤトーンって逆にそういうスペックから察するに偏った音の出方をするんじゃないか?って疑問があって、それを確かめるためのお勉強であったので、逆にそういうタイプの構成の方が自然に音が出る、ということが分かっただけでも収穫だったりして。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

じむ兄さんの、おーでおえらび #2
Posted: 2013年4月30日 22:44 ジムニー

スピーカーはTS-F1020S(フロント)+TS-STX510(リヤ)+TS-WX110A(ウーファー)の2.1chを予定。

安くあげようと思った割には結局リヤSP+ウーファーまで付けちゃって部品代だけでも4万くらい。

どんな音になるのやら。

***
そういえば、カロのTS-V171AとミツビシのDS-G20ってどっちの方が造りいいんだろう・w・

セット内容(17センチSP×2+ツイーター×2)と価格は一緒だけれども、カロの場合は全ラインナップ中では大体真ん中くらい。
但しコレより上はハイエンドのカロッツェリアXで、通常のラインナップの中では最上位。

対するミツビシは一連のダイヤトーンシリーズの中では最廉価モデルに当たる。
6万もするのにコレが一番安いという凄まじさ。
(最近ダイヤトーンの売り込み激しいなぁと思ったら、一応普及帯っぽいこれを出したから?)

カタログスペック的には結構この2つは違って、カロはフルレンジ+ツイーターみたいな構成で汎用性が高そうだけど、ダイヤトーンはウーファー+ツイーターらしくて、明らかに役割が分かれてる・・・。

***
とりあえず、カロは音がソリッドな感じ、ダイヤトーンは柔らかい感じで、どっちもいいもんだから好みで選べってw

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

じむ兄さんの、おーでおえらび
Posted: 2013年4月16日 04:12 ジムニー

というわけで廃車発生品のサイバーナビが現れたわけである。

有り難くジムニーに付けさせて頂くこととする。

ところで、このジムニー、オーディオがスピーカー内蔵のラジオである。

「たぶんこれ、(車体に)スピーカー付いてないよ・・・」

とは社長の弁(誰も確認はしていない)。
一応、今のジムニーXGは本当にオーディオ関連の装備が何も付いてない(アンテナも!)。

だけれども、純正のスピーカー取り付け位置というのが、ジムニーはなんかヘンである。

一応、ノーマルでも4スピーカー付けるスペースは設けられている。

しかしフロントスピーカーにしても、一般的なドアにも、時々見受けられるダッシュボードにも取り付けスペースが無く、これ何処にフロントSP付くんだべ?と調べてみましたならば、どーも普通の位置よりも更に足元側の、車体側にスペースがあるらしい。
しかも口径10センチ。

後ろもなんか前席の真後ろの脇に怪しいグリルがあるなぁと前から思っていたけど、そこがリヤスピーカーのスペースなんだとか。

そんなわけで、純正のままではまず音響設計的にこれは見るからにヽ( ・∀・)ノ●ウンコーである。

ということで、当初の妥協案であるフロント2SP+ウーファーで低音プラスのみよりは、フロントは普通に付けるけどリヤはサテライトスピーカーで天井に付ける4SP(ウーファーもあれば更に良し)、らしい。
(ウーファーなんかは個人的にはボディソニック調に運転席の下に付けたい。場所は余ってるだろうし)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ジム兄さんの、おーでおえらび
Posted: 2012年11月15日 23:38 ジムニー

別に要らん。


・・・では話が進まないけれども、実際のところやっぱり要らん(ぉぃ

だってウチの車はグレードがXGで前オーナーはオーディオすら弄りもしてなかったものだから、車体側にはスピーカーすら通ってないし、めんどくさい(笑

必要なときには胸ポケットのiPhoneで音楽聞いてますゆえ´・ワ・`

まあiPhoneで良ければ機種変して余ってる4Sがありますので、それをくっ付ければナビ兼オーディオにもなるけれども、ケータイナビは回線契約してないと実用にはならんだろうなぁ。

幹線沿いだけでもWi-Fi入ってくれればいいんだけれども、そんなことやったら携帯キャリアは商売上がったりですし(爆

実際のところ、欲しいとなればできればBluetoothでiPhoneから音声飛ばせるタイプならなんでもいいっていうか。

社長の店ならカロ押しだろうから、その中から選ぶとすればMVH-580辺りか。

でもヘッドはともかくとして、スピーカーもってなると、iPhoneって本体のスピーカーも案外音がいい&高出力なので、もしどうしても付けるとすればこれよりいい音でないとツライっていうか。

ナビはなぁ・・・。

結局、ジムニーの場合、ナビも付けるってなら最初からそういう2DINナビの方が好ましいにせよ、ナビが要るほどジムニーで遠出することは無いでしょうっていうか、でも無いなら無いで意外と心細いナビ。


パイオニア carrozzeria Bluetooth/USB/チューナーメインユニット MVH-580 MVH-580
パイオニア carrozzeria Bluetooth/USB/チューナーメインユニット MVH-580 MVH-580

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

おしえてA to Z
Posted: 2012年6月22日 21:13 雑記

オーディオの基本の一つとしては、スピーカーポジションはリスナーの正面にあるのが理想と聞く。

普通の車はメインスピーカーはドアに配置されているものが多いけれども、自動車の音響というのはそういうリクツを考えるとまさしく最悪に近いけど、たまにダッシュボードに配置されている車も存在する。

自動車ではどう転んでもリスナーの目の前にスピーカーがあるなんて環境はあり得ないけれども、ダッシュにスピーカーを配するというのは、よりベターな環境を探るという意味では大きなアドバンテージの一つなんじゃないかな。

ってか代車で来てたワゴンRがそのタイプの車だったけど、なるほど確かに音が聴きやすくて自然なんだね。

このタイプの配置だと、スピーカーからの音を直で聞くってよりは、フロントガラスに反射した音を聞くっていうような感じでもあるけど。

この車にあるスピーカーってこのフロントの2スピーカーだけだと思うんだけど、ホントに真正面から左右バランス良く音が来てくれて、すごくいいんですよ。

自分的には、ワゴンRの音響って5.1chとかが必要なソースを再生するんじゃない限り、ヘタに色々と弄ったりするよりも、シンプルにこのスタイルに必要最小限の機材追加するだけのほうが、よほどいい音で聞ける気がするなぁ。

極端な話だけれども、音楽だけならもうこのダッシュのフロントスピーカー2つ+サブウーファーの本当に純粋な2.1chスタイルで十分な気がする(笑

でも、ここにスピーカー置くと、いわゆる経時劣化は結構問題になりそうだけどね。
あとは場所的に振動対策とかか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ほむーん。
Posted: 2012年2月27日 15:24 アフターパーツ

audio_001.jpg

ふーむ・・・。

audio_002.jpg

ほむーん・・・。

***

いやまあプレジデント用のフロントドアスピーカーブラケットとカロの楕円変換ブラケットですが。

言っての通りフロントドアは仕様がこれはホントに特殊すぎる上、加工もちょっと難しそうな構造をしてるので、こうするしかありません。
でも構造はバスレフ仕様じゃなくなるのね。

カロのブラケット(UD-K618)の方はトヨタ車用ってことになってますが、楕円→円形変換のできる品番が(このシリーズでは)これしかないのと、要は16×23センチ(6×9インチ)の4点留めを通常の丸型に変換できればいいわけなので、サイズとかさえ合ってればトヨタだろうがニッサンだろうが一緒なわけで。
この品番のバッフルが対応しているサイズはまさにソレなワケです。

ちなみにカロのこのバッフルシリーズにはもう一つ上のグレードのやつがありますが、見た感じでは吸音材なんかの有無程度の差しかなさそうなのと、そもそもG50に使用する場合はその吸音材とかは無駄になるので、こっちでよさそうだ、と(笑

つか案外メジャーなサイズなんですね。6×9インチ楕円スピーカーって。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ウーファーだったんだろうか
Posted: 2012年2月27日 05:46 インフィニティQ45

IMG_1209.jpg

調べていると、現行のティアナではリヤパーセルの6×9インチスピーカーはウーファーだそうで。

気になる。

すごく気になる。

いや。BOSEのアンプ取ってしまってから音響のバランスが崩れたのが今を持って気になっているのだけど、特に低音が抜けたのがものすごく気になってるんだよね。

ティアナではフーガとかみたいな大型ウーファーは使われておらず、また更に(リヤ)ドアにも別にフルレンジのスピーカーが仕込まれているので、たまたまそうなっているだけかもしれないけど、この寸法のスピーカーを今使ってる車ではコレがウーファーじゃない車の方が少ない気もするし。

自分の車では持ってる資料でも特にリヤスピーカーの特性については触れられていないし、BOSEのサイトでも車が古すぎて当然のように情報が載ってないので(でも聞いたら教えてくれそうだ。前別件で問い合わせた時は結構親切だったし)、これがウーファーなのかフルレンジなのか、或いはまた別のタイプのスピーカーなのかは不明だけど、現在はフルレンジ扱いで鳴らしているだけに、ちょっとさらに調整してみる価値ありね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

マルチAVシステム
Posted: 2011年12月11日 03:17 自動車

ニッサンの純正ナビ(マルチAVシステム)向けバージョンアップディスクって汎用性高いのね。

CD・DVDの違いはあれど、それぞれで使ってるディスクのブツが基本的に共通っぽいから、90年代後半以降のマルチの車の大半が普通につい最近まで更新可能な状況で、例えばY33とかでもワイドマルチになる機種はつい最近まで更新できてたりとか(最新が09-10年版)。
トヨタだとこの辺りは車ごとに違うとかなんとか。

調べてみるだけでもCDナビだった33セドグロ・シーマ、34ステージア、35ローレル、G50プレジデント、33セフィーロ、34スカイライン等々、この辺りは全部同じナビディスクが使えて、09-10年度版が存在する、と(笑
つまり、この辺の車だと12~13年間も更新ディスクが供給されているような車もあるわけだ。

さすがに、Y32とか33でも前期のブラウン管マルチはナビディスクの仕様が違うらしくて、とうの昔に更新終了してるっぽいけど。
(適合検索でヒットしない)

最新が09-10年版なら、あと2~3年は実用的に使えるね。

ふむ。

まあ汎用性高いってことはディスクの更新が終わるってことは、一斉に更新が打ち切られるのと同義ってことだけど(笑
実際、CD・DVDナビの一部は09年・10年辺りの版が最終版で、さすがに更新終了っぽい。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

5.1chオーディオ
Posted: 2009年8月31日 13:16 アフターパーツ

意外と勘違いしてる人多いんだなー、と思った。

いわゆる、多チャンネル=エライみたいな。

いわゆる、5,1chシステムの「チャンネル」というのは音声出力チャンネル数を指します。
例えば、(カーオーディオでは良くある)4スピーカー2チャンネルシステム等の場合では、4スピーカーそれぞれで独立した音声出力があるのではなく、2×2スピーカーという扱いで制御されており、独立して2つの音まで出せるということです。

逆に、4スピーカーの場合でもこれが4チャンネルシステムとなると、仕様上は4つのスピーカー個々にそれぞれで全く別の音を出すことも出来るのです。

さて。

ここまで言ってお気付きでしょうか。

そうなんです。別に「5.1ch」というのはゴールではなく、音声出力チャンネル数を更に増していけば、更に多チャンネルシステムを構築することも可能なんです。
現に、車の世界でも擬似ですがレクサスに7.1chシステムというのが登場しています(実チャンネル数は5.1)。

ただ、多チャンネル化を進めれば進めるほど、そのチャンネル数に対応した制御系・機材・音源等が必要となりますので、現実的でないだけであって。

あと、こういった多チャンネルオーディオシステムの性能をフルに発揮させるためには、当然対応の音源が必要になります。

主に多チャンネルオーディオというのは、3次元的な音響効果を生むために存在しているものであって、例えば「後ろ斜めから音が迫ってくるような」といったような音響効果は5,1chなどの多チャンネルシステムの本領発揮と言うべき部分であります。

従って、DVDビデオ等ではそういった臨場感の演出のために5,1ch音源に対応しているものも多いので、そういったシステムの性能をフルに発揮させることも可能でありますが、「音楽を聞くのに5.1ch」はムダです。

何故ならば音源が対応していないからです。

音楽ソースというのは大概2ch(ステレオ)収録、時には1ch(モノラル)収録ですから、残りのチャンネル分への信号の割り振りが行われていません。
従って、5,1chシステムで音楽を聞いても、スピーカーからは音が出ても対応音源でなければ実際には2chで音は出力・再生されているのです。
それに、仮に5.1ch音源を5,1chシステムで再生しても、その機材がプアだったら・・・?

この通り、音質とチャンネル数は実は切り離して考えるべき部分なのです。

ですから、純粋な高音質を実現したい方、或いは音楽メインに聴取される方は、デッキやスピーカー等の質に金と手間を掛けるべきであって、5,1chなどの多チャンネルオーディオは基本的にDVDなどを見まくる方むけということになります。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 2

Z32
Posted: 2009年5月13日 12:32 アフターパーツ

Q45では純正BOSEなんてゴミクソ扱いなのに、Z32では調べてみるとなんと珍重されている。
(但し、スピーカーBOXだけ)

オークションでもジャンク並のものが1組2万円とか・・・。
(但し、スピーカーBOX目当て)

そうか、ZのBOSEは加工すると16cmが付くのか。
まあ、あの4.5インチのスピーカーはBOSE以外無いですしね・w・
それに、あのボックスの構造がイイらしい。

でも、純正BOSEも音イイのにねー。
G50とかZ32のやつは時代が時代だけにアホみたいに金掛かってるから。
(ヘタしたらレクサスのマークレビンソンよりも)
もう古過ぎてスピーカーエッジが死んでたりアンプブッ壊れるけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search