Driver's High


Search: グロリア・セドリック / 56 Hits

クラシック
Posted: 2018年5月11日 03:16 中古車

Y32_030.JPG

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU7784940163/index.html?TRCD=100002

車体番号:Y32-006556
モデル記号:MLAAGEAY32EDA2----
製造年月:92年9月
グレード:グロリア V20Eクラシック
カラー:BL0(グレイッシュブルー)/C(ソフトブラウン)
装備:205/65R15タイヤ+アルミホイール

アルミホイールはクラシック系ではオプション扱いだったので珍しいかもしれませんが、そのオプションのアルミを選択するとブロアム系と同じタイヤ・ホイールが付いてくるので、これ自体は別にあとからクラシック系であることを誤魔化そうとしたわけではありません。
(でも考えようによっては最初からそういう「擬装」をしたとも言える)

でも、無印クラシックって果たしてどの程度売れたんでしょうね?

以前、恐らくオーテックの手による改造車のベースになった個体は見かけましたが、一般ユーザーの車となるとSVはそこそこ居るような感じがしますが、無印は。

何しろこのY32の最廉価グレード、何しろ全グレード中唯一トータルコーディネート室内照明が無いなど、「Y32らしい」部分が尽く欠けているのですよね。
(パワーシートが無いのはグランツーリスモも無いので唯一ではない)
SVになるとこの辺りが補われるので、雰囲気だけなら如何にも高級車っぽくて良いのですが。

勿論、オートエアコンが標準だったりと「高級車らしい」部分はありますけれども、現代的な基準で見ると安全装備がオプション、オーディオはラジカセのみでCDすら無い(オプション)、キーレスも無いと、ある意味現在のアルトバンにすら負けているような感じです。

当時の世相から考えればABSやエアバッグは贅沢品でシーマ以上の車格か安全に特別の拘りのある車じゃないと標準装備のグレードはほぼ存在せず、CDもこの辺りの車に乗る人には普及率が低く需要も低調(というかこの頃くらいまではCDって割りと贅沢品扱いだった)、キーレスもやはり最高級車のための装備だったのでかなりの高級車か高級感をウリにしたい車じゃないとほぼ見かけないと、今とは全く異なる価値観で作られた車ではありますけれども、それでも明らかに無い無い尽くしでカタログの賑やかし程度の存在(本体価格は2リッターで約260万円)だったわけですが。

ただ80年代くらいまでと違うのはさすがにカラードバンパーが無かったり鉄チンむき出しだったりするような事が無いくらいで、そういう意味では外装面では案外昔よりコストかかってない感じもします。

でもクラシックってグレードはY31だと中間グレードくらいの立ち位置だったわけで、そういう意味ではそういう外装にまで差別化が必要なグレードを切ってプレミアム化を推し進めたとも。

とはいえこれはどういうユーザーにオススメかって言われても、とにかくこういうのになると同じ値段を払うならローレル以下は絶対イヤで、何が何でもセドグロの形をした車に乗りたいって人くらいしか。
装備はショボいし、VG20Eもとんでもなく鈍足ですし。

でも、ホテルみたいに外面しか見ない場面(まあ中身まで覗き込むことはできませんから仕方ないですけど)ならば、そっちの方が有利に働くこともあるか。

だってこの車、正面から見たらブロアムVIPと見た目が全く一緒でしょ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

3ウェイエレクトロニックメーター
Posted: 2018年4月 9日 22:57 中古車

Y32_029.jpg

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU7549391553/index.html?TRCD=200002

車体番号:PY32-241194
モデル記号:MLBAGUNY32EDA-2E--
製造年月:92年5月
グレード:グロリア V30EグランツーリスモS
カラー:KH3(ブラック)/W(オフブラック)
装備:サンルーフ、デジタルメーター

多分この車だと思うんですけどね。

イマドキの車だとメーターパネルは上手くブラックアウト処理をしたり、MFDに統合することでたとえ必要ない装備の警告灯が存在してても警告灯の部分をほぼ全てのグレードで共通化するのが一般的ですけれども、当時はいちいち作り分けていた車も珍しくなかったんですよね。

個人的にその代表格だと思ってるのがY32で、まだこのデジタルメーターは設定グレードに制約があったりしたのでマシだとは思うのですけれども、アナログは警告灯をひとつひとつちゃんと表示灯として設置していたので、ホント装備の組み合わせ毎に警告灯の数が違って、その種類分だけメーターパネルがあると言っても過言ではない凄い車でした。

だからブロアムVIPとかだと最初からほとんどの警告灯が付いたパネルが付くわけですが、それ以下(以外)のグレードだと、まず全車共通で表示される警告灯が付いたパネルがあって、そこから例えばエアバックだけとかABSだけとか付けた時にはその分だけ警告灯の数の増えた、それ専用のメーターパネルがあったわけです。

Y32みたいなスタイルだとメーターを綺麗に見せるにはそうするしかないとはいえ、無駄に手間が掛かっております。
っていうかこの車はそんなんばっか。

***
この3ウェイエレクトロニックメーターですけれども、アルティマでは割りと装着率が高く(LVみたいに標準装備のグレードもある)、ツインカム9000回転スケールのメーターは良く見るわけですが、シングルカム用の8000回転スケール/6000回転レッドゾーンのタイプって割りと珍しい気がします。
(同じ8000回転ならシーマV8用っていうのもありますが、アレはアレでレッドゾーンのスケールが違うからまた別パーツなんですよね)

一応、VG30E車ならばデジパネはグレードを問わず装着できるのでこのグレード専用ではないわけですが、ブロアム/クラシック系となると上級グレードを頼むような人ならまだしも、シングルカムグレードを頼むような人がこういう装備を敢えてというのはほぼ居ないと思うので、こういうのが出てくるのはグランツならではかなって。

そういう意味でも作り分けがあるわけで、無限にメーターの組み合わせがあると言っても過言ではないですね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

7年ぶり捕捉
Posted: 2018年3月12日 03:44 中古車

Y33_008.jpg

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o224712450
http://g50fan.net/blog/archive/2011/04/post-1232.html

生きとったんかワレェ!

22年落ち14万km超でも生き残れるとは流石オプション満載のアルティマ。
でもアルティマタイプXってY32同様後期からのグレードだった気がするし、そもそも以前普通のアルティマとして捕捉しているので(ry

以前と変わったところは

・DOPのヘッドライトガーニッシュが付いた
・ホイールが純正っぽいメッシュになった

と、確かにタイプXに通じる変更は為されていますけども、あくまでそれっぽいってだけで。

でも、如何にも中古高級車然としていた以前と比べると、この7年の間に所有していた前ユーザーはそれなりの拘りを持ってこの33に乗っていたようであります。

***
ちなみにタイプXはモデル記号見れば分かります。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

カタログ
Posted: 2017年1月28日 02:30 自由研究

Catalog.jpg色んなカタログを久しぶりに読みたくなって、オクで落としてみた。

■プレジデント(93年5月版)
前期のG50プレジデントとしては最終型(カタログとしては最終版ではない)のもの。

なんというか・・・カタログ自体の装丁は90年版と比べてかなりショボ・・・違うのに、中身はそこそこ追加要素がある割にはなんか大して変わってる気がしないという。

まあ形としては下級グレードが追加された(92年)だけだし、このマイチェンにしても、表向きには助手席&後席エアバッグが追加された程度の変化しか無いけれども、ちょっと寂しすぎるくらいに変化を感じない(笑

■パジェロ(93年7月版)
たぶん自分が昔持っていたのと同じ版。

よく考えてみるとこのマイチェンは新エンジンが載った以外には大きな変化が殆ど無いマイチェンなので、カタログの大枠の構成自体は初期型とあんまり変わってないのだけれども、この頃のパジェロはほぼ毎年グレード構成が大幅に変わっていたので、下手すると半年ズレるだけで情報の認識が大幅に相違したりする、ややこしい車になっている。

91年~93年の前期型の頃は特別仕様車を含めてほとんど変化が無かったはずなんだけど、このマイチェンのあった93年から2度目のビッグマイチェンのあった97年頃まではホントに毎年違うと言っても過言ではない。

その中では93年モデルは比較的前期型に近い構成ではあるのだが、「バングレードの大幅整理(キックアップルーフのXEバンだけになった)」「何気に存在が許せないエクシードI」「キックアップルーフワイド」は当時自分の中で新エンジン以外に強い印象を残した変更点である以外に、意外と中間グレードの変化が大きいことにも気づいた。

少なくとも、ミッドルーフXLとキックアップルーフXGの設定が無くなってるんだよね。
そしてメタルトップワイドXR-Fという廉価グレードが追加されていたりとか。

あと、色の選択肢が削られている。

エクシードの3ウェイカラーのベース色がベージュからシルバーに変わったのは当時もなかなか印象深かったけど、それ以外にも内装色が削られてたりとか、ボディカラーの選択肢が減ってたりとか・・・。

この頃のミツビシは絶好調でしたけど、金かけるだけのマイチェンじゃなかったんですね。

■セドリック(91年10月版)
仕様としては最初期のものである。

正直なところ細かいところの情報はほとんど忘れてるレベルだったんだけども、自分のY32のイメージはシーマをベースに作られている、ということは分かったw

VIPでも意外と細かい装備がオプションだったり、知られざる装備が存在してたりして、面白かった。

中でもグランツーリスモSVはほとんど「NA版のアルティマ」と言ってもいいくらい装備の組み合わせに差がない。

フルオプションを組み合わせればものすごく豪華なSV(恐らく総額で500に届くほどの)を作ることも可能である。
そんなのの生産実績があるかは知りませんけれども。

後のY33ではSVは明確にアルティマの下に位置づけられたような仕様になっていたけれども、32ではかつてグランツーリスモの最上級グレードであったという矜持が引き継がれていたことを、改めて確認した。

でも昔からものすごく気になっていたエアバッグを付けるとテレスコピックが無くなる理由と、PAY32のノンターボの存在だけはどうしても読み取れなかった(爆

LVが載ってた時期のもの以外に初期型のものも持っていたんですけどね。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

MLEBRUAY32TZAKYEQ-
Posted: 2016年7月29日 18:37 中古車

Y32_027.jpg

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k222426445

車体番号:PBY32-011058
モデル記号:MLEBRUAY32TZAKYEQ-
製造年月:91年10月
グレード:セドリック・V30ツインカムターボグランツーリスモアルティマ
カラー:KH3(ブラック)/W(モーブブラック)
装備:寒冷地仕様、ABS+エアバッグ、サンルーフ+ヒーターミラー、デジタルメーター、本革シート

コレ前にもみたこと有るような・・・と思ったら8年前に捕捉していた個体のようだ。

自分が見たことあると思っていたのとは別だったけど。

***
元々廃車率が高いと言われるY32でも、グランツーリスモ、特にアルティマは割りと生き残ってますね。
これも結局あれから8年間も生き残っているわけですし、割りと大量に付けられたオプション群がそれを後押ししているように思います。

最も、目立つオプションは色々付いてますが、コレでもフルオプションには程遠いっていうのは恐ろしいところですが。

フルオプションのアルティマって、何台作られたんでしょうね・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

LVではない
Posted: 2016年7月 4日 16:49 中古車

Y32_025.JPG

Y32_026.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU4810766953/index.html

車体番号:PBY32-416748
モデル記号:MLEBGUAY32TDA-2GQ-
製造年月:93年3月
グレード:グロリア・V30ツインカムターボグランツーリスモアルティマ
カラー:KK0(ダークグレー)/W(モーブブラック)
装備:サンルーフ、デジタルメーター+マルチAVシステム+DSP、本革シート

(´・ω・`)

そろそろY32セドグロのカタログ、買おうかなぁ・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Y32
Posted: 2016年6月13日 00:55 中古車

Y32_024.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU4739119749/index.html?TRCD=200002

車体番号:PAY32-304347
モデル記号:MLECRHAY32TZA-THM-
製造年月:93年1月
グレード:セドリック・V30ツインカムターボブロアムVIP
カラー:WK1(シルキースノーパール)/X(グレー)
装備:寒冷地仕様、前後断熱ガラス+ヒーターミラー、デジタルメーター+CDプレイヤー、オートドライビングポジションシート+本革シート

色々オプション付けてるVIPなんてすごく久しぶりに見た気がする。

Y32のVIPって、メーカーオプションを選んでも意外と何か機能が増えるみたいなオプションが少なくて、最初からフル装備みたいなものだったせいか、オプションの装着率が非常に低い気がするし、シーマと比べられてシーマ選んだ人が多かったのか、そもそも数自体あんまり見かけません。

そういう中では革シートとデジパネのみの組み合わせすら希少に感じるのですが、これにさらにオートワイパーとかのパッケージ、或いはマルチ・DSPともなると。。。

そういえばちょっと思ったんですが、Y32のオーディオの組み合わせって非常に多岐に渡るわけですが、ブロアム系って基本的にCDはオプションなんですよね。

グランツーリスモになるとアルティマとSV、あと前期の途中から追加されたSには標準だったと思いますが・・・。

流石に当時ブロアムの主要客層とされた年代はカセットテープで音楽を聞く層が大多数でしょうからそういう組み合わせになったんでしょうが、ブロアムのオーディオはグランツーリスモと比べると一段上の扱いになっていて、イコライザーや短波受信機能が付いた2DIN一体型だったんです。

グランツーリスモなんかは基本1DIN+1DINですから、あとでいくらでも単品のプレイヤーが付けれましたけど、ブロアムの場合はメーカーオプションで、それだけのためにヘッドユニットが2種類(DSPを含めれば3種類)あったんです。

贅沢な時代でしたね。

***
http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU4674174135/index.html?TRCD=200002

車体番号:PBY32-409596
モデル記号:MLEBGUAY32TDA3--Q-
製造年月:92年10月
グレード:グロリア・V30ツインカムターボグランツーリスモアルティマLV
カラー:KK0(ダークグレー)/W(モーブブラック)
装備:本革シート


http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU4566114115/index.html?TRCD=200002

車体番号:PBY32-413683
モデル記号:MLEBRUAY32TDA32L--
製造年月:92年12月
グレード:セドリック・V30ツインカムターボグランツーリスモアルティマLV
カラー:KK0(ダークグレー)/W(モーブブラック)
装備:サンルーフ、マルチAVシステム+DSP

そういえばアルティマLVってよく考えてみると、それ自体がオプションの詰め合わせみたいなグレードだから、おっと思って調べてみてもオプションコードに現れるオプションの数は少ないことが多いんだったw

だから実際、ブロアムVIPと比べると何気に見かける頻度は高いけれども、VIPと同じでオプション装着率って案外低い。
特に当時のセドグロ、特にグランツーリスモはABSとエアバッグはオプションだから、そういうところの選択肢も有る割には、そういうのの選択率も低い。

でも、2番めのLVはそれなりにガチでオプション選んでますね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

私の記憶が確かならば
Posted: 2015年6月21日 04:48 中古車

Y32_023.jpg

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f149572394

車体番号:PAY32-103376
モデル記号:MLECGHAY32TDA-----
製造年月:91年8月
グレード:グロリア ブロアムVIP
カラー:WK2(ウォーターグリーン)/C(ソフトブラウン)
装備:-

ちょっと前に某所で紹介になっていた固体か。

32グロリア前期・ウォーターグリーン・ブロアムVIP。

この条件だけなら完璧だけれども、オプションが一つもない。

まあOP付いてるVIPって何気にレアな気がするし、当時のレベルではVIPは素の状態でも並の車のフルオプションを超越する豪華装備だったから大体皆さん満足された結果なのかもしれないけど、ちょっと寂しい。

まあ、自分がこの色のグロリアVIPに拘る理由はある意味では自分の高級車好きの原点がこの32グロリアであり、ウォーターグリーンのブロアム(クラシック)というのはその生き写しかつ、VIPは究極の到達点だからである。
(ウチのは色は同じだけどクラシックSVだった)

あとはラズベリーレッドのアルティマLV?

***
そういえば、カタログに載っていたVIPもこの色だったっけ。

まあ時期によっても違いそうだけど・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

6年半ぶり
Posted: 2015年6月16日 00:47 中古車

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k192041675

http://g50fan.net/blog/archive/2008/11/post-1185.html

(´・ω・`)?

生き残ってたのね。

そりゃこんな特徴的な装備の車が早々にあるわけもなしw

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

見たことがあるようなないような
Posted: 2015年3月25日 05:14 中古車

Y32_021.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU3538191133/index.html?TRCD=200002

車体番号:Y32-401272
モデル記号:MLAAREAY32EZAWM1S-
製造年月:93年3月
グレード:セドリック・V20Eクラシック(特装)
カラー:301(?)/C(ブラウン)
装備:205タイヤ+アルミホイール+ビスカスLSD、寒冷地仕様

wwwwwwwww

テレビの中辺りで見たような見てないようなw

でも、こういうのってたまに払い下げられるけれども、結局誰が買ってるんだろう?

たまに、VIP仕様になったりしたのを見かけるけど。

でも、これはキッチリオーテックが改造した特装車。
どっかの板金屋で適当に屋根を切った車ではアリマセン。

Y32_022.jpg

それにしてもこれ、ベースになってるグレードがクラシックの2リッターなんですね。

パワーシートが無いので気づいたのですが。

改造費が掛かるから、せめてベースのコストは抑えようという感じ?
(まあスピード出すような用途には使いませんしね)

一般にはやはり豪華グレードのブロアムやグランツーリスモが主流でしたが、クラシック系も故障の要因になる部分が少ないせいか、近年の程度良好車としてはクラシックSVはたまに見るような気もしますが。

無印のクラシックはY32では数少ない運転席パワーシートが付かないグレードで(後は無印グランツーリスモかな?)、特にY31~32と言えばドアトリムに付くパワーシートスイッチがある意味アイコンの一つだっただけに、それが無い姿を見るのは結構珍しいのではないか、と思ったり。

しかもこのグレードだと唯一トータルコーディネート室内照明も付かない・・・けれども屋根切ってあるから、その辺りはよく分からないか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

WY30
Posted: 2014年12月 5日 04:41 中古車

WY30_003.jpg

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c467825848

車体番号:WY30-516273
モデル記号:WY30GJAEH23
製造年月:94年9月
グレード:SGL(4速フロアAT車)
カラー:621(ピュアホワイト)/C(ブラウン)
装備:電動格納式ドアミラー、パワーステアリング+リヤデフォッガー+リヤワイパー+シングルエアコン

改めて見てみると、6年式となるともう半分惰性で売っていたような時期+元々ワゴンの装備はセダン・ハードトップ系と比べるとショボイと言っても、SGLになると結構豪華装備?

元々、細かいところの仕立ての良さは知っていたけれども。

ワゴンには流石に某エロランプとかは無いし、2本スポークのステアリングやメーターも如何にも実用車丸出しのデザインになったりしてるけど、この年式だと逆にまだコストダウン目的の無粋な上級車向けエアバッグ付き汎用ステアリングにはなってないから、その辺りの当時のままの微妙に安っぽい80年代的廉価要素も味に感じるし、元々の仕立ての良さやそういう豪華に感じる装備が普通に残っている辺り、今となってはなにやら大変な高級車のように見える。

しかしながら、99年まで販売が続いた車とはいえ、その乗り味は80年代前半の高級車丸出しのまったりしたものだと聞くけれども、一体どんな乗り味なんだろう・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 2

Spirit of XTC
Posted: 2014年4月 4日 17:05 中古車

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU2627005931/index.html?TRCD=200002

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

へんなの。
Posted: 2014年3月10日 09:16 中古車

JPY32_013.jpg

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020712430140306001.html

車体番号:JPY32-005911
モデル記号:BLEARGAY32EDAD-F--
製造年月:95年3月
グレード:タイプL
カラー:KH1(ホワイトパール)/P(タン)
装備:マッドガード+助手席エアバッグレス+ASCD+キーレス、助手席パワーコンフォートシート+ポルトローナ・フラウシート+断熱グリーンガラス

ん?

JフェリーにKH1なんてあったっけ?
当然これ北米仕様じゃないぞ。

Jフェリーの白はWK0っていう色のはずなんだけれども・・・。

でも逆に生産最初期には黒(よく知られてるけど設定なし)のフルオプションなんていう、これまた誰が頼んだのか、何のために作ったのか、或いは本当にそんなのが市場に出たのかわからない個体(JGBY32-000108)も登録されてますが、これも謎。
でもこの頃の日産車ってカタログに無い色で製造されてる車が稀によく見つかるからなぁ。

しかも助手席エアバッグレス・・・。
これはカタログにも正規に載っていた仕様ですが、てか前に出てきたフラウ車もエアバッグ取ってたね。なんでだろ。

なんだかんだで金が無かったのか?

***
調べてみると、Jフェリーのリコールで件のV8モデルはリコール対象になってるので、出荷されてる可能性が大ですね。

ニッサンの常で車体番号自体は恐らく101から始まってるはずですし、データ上は自分が持ってるデータでも106辺りからは履歴が残ってるんですが、それらの車は対象外ということは・・・。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

フルオリジナル?
Posted: 2013年11月 5日 13:10 中古車

Y32_017.jpg

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/178469417

車体番号:PBY32-013019
モデル記号:MLEBRUAY32TZAKYEQ-
製造年月:91年10月
グレード:セドリック グランツーリスモアルティマ
カラー:KH3(ブラック)/W(モーブブラック)
装備:寒冷地仕様、エアバッグ+ABS、サンルーフ+ヒーターミラー、デジタルメーター、本革シート

これと仕様はソックリですけれども、フルオリジナル(に近い)という意味ではレストアして綺麗にしてみるのも面白いかもしれませぬな。

しかし、なまじオプションの選択肢が広いといっても、フルオプションに近い個体かほとんど何も付いてないような個体かの二択しかないっていうのもなぁ(笑
LVのフルオプション(orVIPのフルオプション)って出てくると思う?

あと、確かにオプションはたくさん付いてるけど、シーマより高いは流石に言いすぎじゃないかなあぁ(笑
この時期のアルティマって、結構安いのだ。(確かオプション無しで370万くらいだったはず)
逆にシーマは32以降は結構高く、インフィニティにも迫る値段のタイプIII-LTDは勿論、タイプIでも430万くらい(消費税で値段の下がった31後期の最上級グレードとほぼ同じ、セドグロだとブロアムVIPと同じくらい)する。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エアバッグ #2
Posted: 2013年10月31日 22:52 中古車

Y32_018.jpgなんとなく、このハンドルってローレルと共通部品のような気がするんだけど、どうなんだろう?

エアバッグモジュールの部分が結構特徴的なのでそんな気がするんだけれども。

この車自体は、グレードはブロアム。
32までは妙な差別化の一環でブロアム系では革巻きハンドルっていうのは無かったんですが、32後期からは例外で革巻きになる仕様が登場しており、その例外が「後期はブロアムでも一部革巻きハンドルがエアバッグ装着車なら選べる」とのことだったけれども、こーなる基準って結局何なんだっけ?

エアバッグ無しのブロアムにはエアコンのステアリングスイッチがあるわけですが、ステアリング(というかエアバッグモジュール)が本来のブロアム用とは別のもの(32全体ではグランツーリスモと共通)になったせいで、オミットされております。
ブロアムVIPやシーマにはエアコンスイッチ付きのエアバッグ(シーマは当然革巻き)があるのにね。

かなり不思議な感じだ。

あのエアコンの操作スイッチは個人的にはすごい好きなんだけどなぁ・w・

この当時のニッサンはコストダウンのためにステアリングなんかの共通化を始めた、っていうネタを大昔に聞いたことがあるんだけれども、かなりなりふり構ってないというか、この頃のエアバッグ無しがまだ当たり前だった時代の車はY32みたいにそれ逆にカネかかってるんじゃないの的な共有をしてるんだよね。

ちなみに、同時期の車のハンドルでもっと不可解で複雑奇怪なのはクルーだと思う。
後期の11マーチとかのステアリングに統一される前は、エアバッグ付きのハンドルだけでも何種類かあったような・・・。

これがもう一世代重ねると、ニッサンはデュアルエアバッグ全車標準をウリにしだすわけだけど、その副作用もあるのか今度は3種類くらいしかハンドルの種類が無くなるわけだけどw
継続生産のZとG50だけ、何故か専用のステアリングのままだったけど。

***
ちなみにこの車の仕様はこんな感じ。

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020659120130926001.html

車体番号:PY32-810331
モデル記号:MLEARGNY32EDAFFC--
製造年月:94年11月
グレード:セドリック ブロアム VG30DE
カラー:WK1(シルキースノーパール)/X(グレー)
装備:マルチAVシステム、デュアルエアバッグ+ABS+プリテンショナーシートベルト、デジタルメーター

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

フルオリジナルだったら良かったのにね
Posted: 2013年10月31日 22:47 中古車

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700054101020131018001.html

車体番号:PBY32-013019
モデル記号:MLEBGUAY32TZAKYJQ-
製造年月:91年10月
グレード:グロリア グランツーリスモアルティマ
カラー:WK1(シルキースノーパール)/W(モーブブラック)
装備:寒冷地仕様、エアバッグ+ABS、サンルーフ+ヒーターミラー、デジタルメーター+マルチAVシステム、本革シート

グランツーリスモなのになんで後期ブロアム顔、まあそういうのはたまに見るからいいんですけれども(逆は前期だと結構難儀)、しっかしこんなオプション付いてる32なんて滅多に見たことなかったんですがー。

現車の装備見てるとマルチ撤去するために色々と変なことになってるので分かりにくいですが、アームレストがマルチ車用のものだったので、たぶんこれでいいんじゃないかと。。。
(後席エアコン+ピュアトロンってグランツーリスモじゃオプションだったよね?っていうかオートピュアトロンってセドグロにあったような、無かったような・・・シーマのパネル?)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エアバッグ
Posted: 2013年10月30日 08:59 中古車

Y32_016.jpg

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p365209344

車体番号:PBY32-612312
モデル記号:MLEAGUNY32EDAK----
製造年月:92年6月
グレード:グランツーリスモSV
カラー:621(ピュアホワイト)/W(モーブブラック)
装備:エアバッグ+ABS

個人的にはコッチみたいな感じの方が実は好みなわけで(笑

でも前期になるとエアバッグとABSが標準装備されているグレードはブロアムVIP系とブロアムGだけで、残りは全部オプションなので装着率が時代もあって非常に低い。
(ウチにあったグロリアなんかはABSだけは付いてましたが)

故にこういう個体はまず巡り合えないわけであり、グランツーリスモ用のエアバッグ付+スイッチ無し+革巻きハンドルなんて滅多に見かけないわけであります。

また、SVはVG30DE搭載グレードになるので、ミッションが5E-ATだったりと非常に渋いと個人的に思ってるので、ブロアムVIP・アルティマLVの次辺りに好きなグレード。

しかもSVとてY32の頃はまだかつての最上級グレードとしての矜持も残っていたのか、結構オプションも豊富にあって、本革シートなんかも選べたりするんですよね(33になると選べない)。

まあ1回革付きのSVは見ましたが、それ以外のオプションも山盛りにしたような、そんな満艦飾なSVが要るとは思えませんが。

***
ところで、後期からだったと思うけどエアバッグ+ABSのパッケージオプションが「Sパッケージ」って名前になってるっぽいんですよね。

最初、Sパッケージってなんぞや、なんか走り関係の装備が追加されとるんかいと思ったら、Sはセーフティとかその辺りの意味らしい。

そういえばエクストレイルでもサイドエアバッグとかのオプションが「Sパッケージ」でセットで付くことになるので、何気にこの「Sパッケージ」って言葉はニッサンの伝統的な名称のようで。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

LV
Posted: 2013年10月29日 23:27 中古車

Y32_015.jpg

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g132403479

車体番号:PBY32-407829
モデル記号:MLEBRUAY32TDA3----
製造年月:92年8月
グレード:グランツーリスモアルティマLV
カラー:KH3(ブラック)/W(モーブブラック)
装備:-

LVっぽい。

うん、個人的にLVは大好きです。
ABS・エアバッグ付きの個体が居たら捕獲したいですね・w・

FAST上ではアルティマLVはパッケージオプションとして表示されるので、ちょっと分かりにくいですが。

でも、この当時のグランツーリスモシリーズってオプションの選択肢が結構あるので、実際問題好みの個体に(中古で)行き当たる可能性って非常に低いと思うんですよねえ。
しかも希少なLV。

その上意外とセドグロってオプションの装着率が低い気がするので、自分みたいな希望の個体を探すのって本当に万に一つの確率レベルな気がする。

そういえば、前期の後半辺りは特別仕様車としてもこの鍛造アルミを履いたグランツーリスモがあるっぽいので(60周年記念車?)、ぱっと見LVと紛らわしい個体が結構あるのが難点であります。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

アルティマの全部付き?
Posted: 2012年10月10日 21:43 中古車

ずっと前に惜しい車を見つけましたけれども、今度はさて。

Y33_007.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU0765882944/index.html?TRCD=200002

車体番号:HBY33-104826
モデル記号:MLHBRUAY33TZABFBGA
製造年月:96年4月
グレード:セドリック グランツーリスモアルティマ
カラー:QN0(ホワイトパール)/G(オフブラック)
装備:寒冷地仕様、スーパーHICAS、ピュアトロン+マルチAVシステム+CDチェンジャー+後席吹き出し口、V-TCS+ビスカスLSD、ASCD+デジタルメーター、本革シート+サンルーフ、ヒーターミラー

ビンゴー。

アルティマの全部付き。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ブロアムVIP
Posted: 2012年8月 7日 06:33 中古車

Y33_006.jpg

車体番号:HY33-209056
モデル記号:MLHARHAY33TDAGAC--
製造年月:95年7月
グレード:セドリック ブロアムVIP
カラー:7R5(ホワイトパール2トーン)/R(ブラウン)
装備:デジタルメーター、電子制御サス、マルチAVシステム

内装の写真だけ見ると一瞬おっと思うけど、よく見るとこの車と一緒で、見た目が派手な装備がワンポイント的に付いてるだけで、案外地味な車っていうwww

しかしボディカラー分かりにくいな・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search