Driver's High


Search: シビックハイブリッド / 10 Hits

ハイオク
Posted: 2012年1月20日 22:58 自動車

なんとなくだけど、ハイオク入れた方がイイような気がする。

理由。

ノッキングっぽい音がひどすぎるから。

まあ最近の車はECUの頭が良くなってきたこともあるけれども、それ以上に環境性や市場の要求から、燃調・点火ともにノーマルでもギリギリまで詰めてる車、多いんだよね。

特にそれが比較的低回転・低負荷領域(タウンスピード領域とか)ってなると、ほとんどチューンドROMなんて要らないくらい煮詰められたマップや、フィードバック性を持った車も多いという。

なんかそういう辺りが悪さしてる気がするんだよね。

結局ハイブリッド車で効率最優先のセッティングだろうから、この辺りもかなりシビアに詰めてる可能性が高い。

無論、シビハイはひょっとしなくても普通にレギュラー仕様なわけで、本来は別にハイオク入れなくても100%の性能を発揮できるのが本来の姿である。

でもまあウチの車の場合、経年はともかくかなりの過走行でメンテもどの程度やってるか、少なくとも自分は関知していないので、ちょっとその辺りのマージン設定のアヤがアダになったのかな、なんて。

ホント、1回ハイオク入れてみたいな。

にほんブログ村 車ブログへ 


蒼い鳥
Posted: 2012年1月 9日 19:17 自動車

シビックのナビがBluetoothに対応していたので、ワーイと思ってiPhoneペアリングしてみたら、インターナビとハンズフリーの通信にしか使えなくてショボーンであった。

iPhoneの10GBに達するオーディオフォルダが火を噴くことはなかった。

ウチのシビハイは19年式なので多少古いが、それでも各社の対応状況を改めて調べてみると、ニッサンやトヨタは最新の青歯対応ナビはBluetoothオーディオ対応なのに、ホンダは今を持って非対応とか、時代遅れじゃのう。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


オートクルーズ
Posted: 2012年1月 8日 16:58 日記

先日シビハイに乗っていた時のこと。

何故か冷機のアイドルアップが異常に高い(2000回転近く)。
そのまま走りだしてみると、なんとアクセルを踏まなくても60km/h前後で走り続けてしまうw

いくら冷機時にアイドルアップするっていっても、そこまで高回転まで回すなんて話は聞いたことがないし、だいいちクルーズコントロール状態になるってどういうことさw
どーもスロットル自体が相当大きく開けられているらしい。

そもそも最近は冷機の間はノッキングみたいな音が酷いし、CVTも冷機の間はシフトショックが異様に大きい上、ギアが入るまで時間が掛かったし、これ大丈夫なんだろーか。

まあ暖まったら元に戻ったけど。

これは果たしてどういう状態なのか。
自分の車では普通に扱ってる限りは暖気時間が伸びる程度で冬場も特に調子は変わらないけど(でもチョイノリするとカブる)、これは新しい車は素早く暖機をするような制御が入っていて頭が良くなっているだけなのか、それともそろそろ10万km近く走ってるからなんかダメになってきたのか、新しい車はよく分からんのう・・・(フガフガ

まあ実際最新の排ガス規制やJC08モードなんかは冷機時の数字も対象だそうなので、最近の車は冷機制御も対策されているとは言うけれども、さて。

去年まではそんなことはなかった気がするけど、当然ながら覚えているはずがない。

にほんブログ村 車ブログへ 


ハイブリッドは30km/lの夢を見るか?
Posted: 2010年6月 6日 23:32 自動車

何とか30km/l超えたお。

でも、ハッキリ言うと実用的な方法で超えたわけじゃない。

概ね方法はこんな感じ。

・トラックとかの露払いがある時は70~80km巡航
・単独巡航の時は90km(他人様の迷惑にならないように)
・とにかく車速のムラを抑える。上り勾配でも下り勾配でも。
・エアコンは暑いので入れていた

アタックのレベルとしては、コレでもかなり甘々。
エアコンなんてロスの最たるものだし、車速は他人を気にしなければ延々70~80km/hがベスト(シビハイは、これより速くても遅くてもどうも効率悪いみたいで、燃費が落ちた)。
しかも、ラストにデカイ判断ミスしてやっぱり1km/l近くロスしてる。

でも、普通高速道路をこんな走り方しないでしょう。
他人の目を気にしない運転をするなら、どんな車でもすごい燃費は出せるんです。

でも、かなり甘い条件でアタックした割には燃費計のピークでは32km/l超えた時期もあったし、かなり燃費計の精度がいい(プラマイ1km/lくらい)から、それを目安に考えると普通にストイックにアタックすれば35km/lくらいは出そうだ。

や ら な い け ど 。

んー・・・でもまあシビハイで30km/l狙うのは現実的じゃないよ。
結局、パワートレインにパワーが無さすぎる。

今回はオール高速の数字だけど、勾配に差し掛かればモーターアシストが足りなくなって、CVTは普通にシフトダウンするし、エンジンも回さないと車速維持出来ないし、それで燃費も普通に1km/lとか低下して、それを下りで取り返して・・・の繰り返しだったし、90km/h出すともう燃費がぐんぐん下がっていくのが分かる(笑
まあ、瞬間燃費計見る限り、25km/lくらいまでは実用的に出せるだろうけど、それ以上は・・・。

最も、給油量が少なすぎてコレ誤差もかなりありそうですよね。

たぶんこれはスタンドのアンチャンがあんまりにも給油量が少ないので目一杯入れたと思うので、仮にセルフで自分が給油してたらオートストップが効いた時点でスパンと切ってたでしょうし(笑

つまり、1~2リッターくらいは普通に誤差あるんじゃないかなー。
(つまり希望的に1リットル差し引いて考えると34.4km/l・爆)

でも、シビハイでコレならプリウスならこの走り方すると40km/lとか出るんでしょうか。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


シビックハイブリッドで燃費チャレンジしてみる?
Posted: 2008年4月30日 14:54 自動車

5/10、たぶん新潟遠征。

しかし今回は初めて新潟の中心街まで行くので、石川からだと案外交通のアクセスは悪くて、空の便は無いし鉄道だって直通する列車はサンダーバードやはくたかよりも遥かに本数の少ない北越程度しかない。
(直通列車で考えるよりも、はくたか>上越新幹線乗り換えの方が早そうだ)

故に北陸自動車道を使って車で行くのが一番ベストではないかと思うのだけど、そのクセ距離的にはおそらく大阪と同等程度の片道300kmはあるのではないかと思われるので、大変に手間が掛かる。

直江津辺りでもひーひー言ってるのに、疲れるなあ。

まあ、距離的には何とかできないこともない距離だから、敢えてココはこういう企画を練ってみてもいいのではないかと思ったり・w・
あと、Q45はナビが古いので知らない土地へ行くのが不安だ。

でも、恐らく数字的には25km/l走ると思うので、50リッタータンクのシビハイでは片道では敢えて細かく記録を付けるほどガソリンが減るのか分からないし、往復しても余裕で1タンクで済みそうなんだよね。

にほんブログ村 車ブログへ 


やっぱりトルクが細い
Posted: 2007年12月 7日 16:45 インプレッション

シビックハイブリッドのお話。

何も気にせずに乗っていれば、2リッタークラスのセダン並みに良く走るシビハイだけど、よーく観察するとやっぱりトルクが細いと言うか、燃費重視のセッティングがアダになっている部分があると言うか。

特に60?70km/h辺りの経済スピードの領域で感じるのだけど、巡航時にギリギリまで回転数を落として走ろうとすると、平地でもその速度が保てないのねん。

例えば60km/hでギリギリまで回転数を落としていくと、1000回転よりちょっと上ってところまでエンジンの回転を落とすことが出来る。
この状態だとモーターが介入してくることもないのでエンジンのみで走ることになるのだけど、モーターが入ってこないとやはりソコは1300ccのエンジンなのであって、1300kgのボディをこの回転数で走らせるには絶対的にトルク不足。
速度を保とうとするとCVTが変速してしまう。

しかも、シビハイのエンジンは低負荷領域では気筒休止もするので、もしかしたらこういうタウンスピードでの巡航時には実質的には1リッター未満のパワーしか出ていないかもしれない。

イヤ、これでも排気量を考えれば十分すぎるくらいなのだし、ふつーの車でそんな走行を無理にやればかえって燃費は悪化することにもなるのだけど、この車はハイブリッド。

モーターという、ある意味自由にエネルギーを取り出せるアシスト機構が付いているのだから、いくらホンダIMAシステムがトヨタと違ってエンジンありきのハイブリッドとはいえ、もうちょっとモーターを上手く使ってあげればさらに燃費効率を上げていけると思うのだよ。

意図的にバッテリーを使わせない限りシビハイのバッテリーってメーター上はほとんど減らないければ加速時以外にモーターを使うことも少ないし、ホントもうちょっと有効にモーターを活用できなかったモンなんだろうか。

にほんブログ村 車ブログへ 


サード・インプレッション
Posted: 2007年10月21日 05:26 インプレッション

説明書読むまで、テレスコの存在に気付きませんでした マル

ていうか、テレスコ動かすのに結構力要るね。
最初乗ったときも一応テレスコあるか確認したんだけど、その時はテレスコ方向には動いてくれなかったから無いと思ってた。

で・・・今日のところは・・・。

たまに走るR471を走らせてみました。
まあ、新車だし自分の車でもないので軽く。

こう、やっぱりなんていうか足回りはこういうとこ走らせても、その硬さは演出なんかじゃなくて、根本的に走りの方向に目が向いている感じでスポーティ。

軽く走らせる程度じゃロール感もほとんど無いし、ノーズの切り込み方も軽いし、走ってて実に爽快・・・というか、もっとペースを上げていきたいくらい。
この辺りは腐ってもシビックなんだろうし、こりゃ一度タイプRに乗ってみたいぞ。

でも、それでいてちょっと前のホンダ車みたいにピョコピョコした乗り味を見せることも無く、挙動・乗り味ともに落ち着いてるんだから油断できない。
この辺りはホンダの車作りが年々飛躍的に進歩している証拠だと思う。

ニッサンみたいに「901運動をしていた頃が最高」みたいな懐古主義に陥ることも無く、純粋に車を運転するだけならホンダ車は間違いなく「最新が最良」。
古い順にRD1>UA5>RD7>FD3とホンダの車は見てきたけど、ダメだ!と思った部分が年式が新しくなるにつれてどんどん直っていってるからね。

気になった点としてみれば、セダンのクセに着座位置とノーズやAピラーの関係がミニバンっぽいせいか、フツーのセダンに慣れた身だと旋回感覚にちょっと違和感あるねい。
なんか明らかにフツーの車より前に座らされている感じがして。

★モーターランモード
50km/h以下の巡航では全気筒カット+モーターランになることもある・・・というのは前回言ったけど、じゃあこの状態は実用になるのか?

これは多分ムリだと思ひます・w・

というのも速度や航続距離はともかくとして、モーターランになる条件が極端な低負荷領域のみに限定されていて、しかも条件的に意図して操作しないとこのモードにはまず入ってくれない&入ったところでアクセルを触る程度に動かした瞬間解除だから、実質無いも同然。

そもそもIMAシステムはトヨタのTHSシリーズ(特にプリウス)みたいな「エンジンはモーターのサポート役」とは全く正反対の性格のシステムなんだから、ムリにモーターで走らせる必要は無いのに・・・。

モーターで走らせるなら走らせるで、トヨタ並とは言わずともせめてモーター単独で巡航+α程度はこなせる程度の出力を持たせないとね・・・。

ほとんど「プリウスはできるから」っていうレベルの、カタログスペックを満足させる程度の意味合いしかないと思います。

にほんブログ村 車ブログへ 


セカンド・インプレッション?首が痛いです・・・?
Posted: 2007年10月17日 00:55 自動車

つーことで、新車のシビックハイブリッド到着?・w・

改めてセカンドインプレッション。
(ちなみに一人で40kmほど放浪してきた・w・)

★走り?ドライブトレーン?
まあ、この車にはタイプRなる「峠の闇は深いぜプッシャァァァァァァ」なグレードもあるわけですが(笑)、ハイブリッドでそんな走りをしても仕方がないので、夜の幹線道路を適当に流していただけです(笑

まず。
ギアリングはやっぱり一番高いギア比まで引っ張ると超が付くほどハイギアリング。
60km/h1000回転強・70km/h1200回転前後、80km/h1500回転強。
このギアリングだと計算上は100km/hでも余裕で2000回転を下回るワケでありまして、フツーに僕のQ45よりもハイギアードなんですがー(笑

でも、巡航するだけならこのギア比でもモーターアシスト無しでユルユル巡航できるし、加速体勢に入れば瞬時にCVT+モーターアシストが反応してくれるので全くもたつくシーンは無し。

それでも、猛烈にパワーがあるとかそういう車ではないのは、性格的にもスペック的にも明白だと思いますが、では遅いのか?というと全くそうではないですね。

ていうか、僕の走り方だとエコドライブとかそういうのは抜きで2500回転以上が要らない。

それくらい、CVTは賢く変速するし、モーターアシストは有効に、かつ強力に1.3リッターエンジンをサポートしてくれるワケで、実感としてはカタログでは1.8リッター並の力感を謳っていますが、ギア比などを加味すれば2リッター並のパワーはあるでしょう。タウンスピードでは。

ちなみに、全気筒カット+モーターランは50km/h以下の巡航時に、本当に最小限のアクセル開度までアクセルを閉じると案外簡単に入ってくれるのかな?
IMAメーター見てると、そうであろう瞬間には普段の巡航時は全く振れないメーターがアシスト側に1/3?半分近く振れるし。

★走り?足回り?
んー。
こういう性格の車の割にはとっても元気なチューニングな気がする。
やっぱり乗ってて全くフワつかないし、どっちかっていうともっと飛ばしたい系。
こういう車は、センチュリーみたいに「ノンビリ走るのが楽しい」車に仕立てるのが正解だと思うなぁ。

まあ、シビックっていう車の生い立ちを考えれば、そういうのも似合わないかな・・・。

でも、その割にはMXST以外はフツーのシビックよりもワンサイズ小さいタイヤが指定されてるし、こういう車に組み合わされるタイヤだから恐らく超省燃費仕様の走りの面ではウンコタイヤだと思うし、チョーシこいて飛ばすとかなり危ない気がする。

良くも悪くもサスはしっかりしたチューニングなので、普通に走っている限りはそういうのの不安感とかスピード感みたいのが全く無いし。

あと、ブレーキのときに回生音なのか何かのアクチュエーターでも動いてるのが、度々キリキリ唸ってちょっとウルサイ。

★インテリア
30分以上乗って初めて気付いたんだけど、ヘッドレストが合わない・・・。
上げても下げてもしっくりくるポジションが無いし、角度が付きすぎ。
もの凄く、首が痛くなった。

あとは、ナビの音声認識がとってもウンコ(笑

★エクステリア
恐ろしく、地味(ちなみに色はパール)。

EKは代車でよく乗りますけど、EKくらいまでのシビックは小さいけどとっても若々しく知的に見えたけど、このFDシビックはなんかサニーやカローラを見てるみたいだ。

まあ、そういう意味ではオヤジセダンをヤンチャに弄ったという意味では、今度のタイプRはランエボやインプレッサと並んだのかもしれない(笑

★燃費
車の燃費計がどこまで正確なのかは分かりませんが、12.9km/l→17km/lまで上げてみた!
ちなみにいつもよりはエコドライブだと思いますけど、普通に流れに乗って飛ばしてました。

まあ・・・この数字が正確なら、僕は18?20km/l以上は常時出す自信がありますね・w・

にほんブログ村 車ブログへ 


燃費良く乗るために。
Posted: 2007年10月14日 01:48 自動車

そういえば、今度のシビックハイブリッドはCVT。

我が家にCVTの車がやってくるのは(代車を除いて)初めてであります・w・

親はどうやらやはりシビハイの「燃費」に期待しているようですが、こんなモン買うならリッターカーの方が余程経済的CVTっていくら「自然」な制御を取り入れられたところで、やっぱり普通のATと比べるとちょっとクセがある。

まあ、それは乗り味の方面では、ホンダはCVT技術には優れたメーカーですから、10年前のEKシビックのホンダマルチマチックとかの時代から走りに違和感は少ない。
(対してニッサンはヒドイもんです。ムラーノのVQ35+CVTとか)

ですけど、燃費を求める走りをするとなると話が別なんです。

それはアクセルワークと、それに対する車の反応(変速)にあるのですが、従来のATだとどんなにズボラにアクセルを踏んでいても、最終的には必ずトップギア+ロックアップの状態になる。
つまり、そういう意味では一定の速度で巡航し、ギアも一定を維持する乗り方をしている限りは実は最終的には同じ走り方を知らずに強制されるワケでありまして、そういう状態ではあまり燃費には変化が出ないんです。

ところが、CVTの場合、アクセルを踏みっぱなし(操作がズボラ)だといわゆるトップギアに入らないことがあるんです。

結局、無段階変速のメリットがある意味デメリットになっているというか、「最適な走行状態」に至るギア比というものが当然CVTの場合は常に選択されるワケでありますが、アクセルワークが雑だと常に加速を意識したギアが選ばれるというか、普通のATで言うところのODオフ状態で延々走ってしまうことがあるのですね。

そーゆー意味ではCVTで「燃費のいい走り」をしたいときっていうのは、例えば巡航状態が続いて変速が全く必要ない時とかは強制的に「シフトアップ」してやらなければならないワケです。
これはやっぱりシビハイでも例外ではなかったです。

特にタウンスピードレベルの低速ではCVTは低めのギア比を選びたがるので、加減速が激しいシチュエーションとかでない限り、そういう状態で走り続けることは結構なムダになります・w・

まあ、「シフトアップ」させる方法というのは簡単で、ATを半強制的にシフトアップさせるときはアクセルを緩めますが、ソレとほとんど同じで一度アクセルを全部戻してしまってから、改めて必要な速度を維持するに最小限のアクセル開度を与えてあげればイイだけの話です。

そーすると巡航モードのギアに入ってくれるので、あらゆる速度域でギリギリまで高いギア比が選ばれるというわけです。

それをやるだけでシビハイも50?60km/hくらいで1200回転くらいだったかな、まあコレは速度域的にCVTが選べるギア比の中ではこれは一番高い状態ではないでしょうが、結構回転を下げて走れますヨ。

にほんブログ村 車ブログへ 


季節が行く時
Posted: 2007年10月13日 01:30 自動車

シビックハイブリッドの納車は週明けだって=w=

ついでに前の車は廃車なのかどうなのかまだ分からない状態=w=

そういえば、シビックハイブリッドって一応制御上は全気筒カットでモーターランのみになることもあるんだよな?。

まあ、ホンダのIMAシステムはパラレル型のハイブリッドで、更にエンジンとモーターは常時直結になっているから、走っている限りはエンジン自体は回り続けるので、プリウスと違っていつ全気筒カットになるかは掴めませんが。

しかも、モーター自体もトヨタのソレとは違ってあくまで「脇役」だから出力も非常に低いし、巡航時くらいしかモーターランにできないみたいだけどね?。

にほんブログ村 車ブログへ 


Search