Driver's High


Search: ナビ / 52 Hits

カーナビ
Posted: 2018年8月 8日 00:06 自動車コラム

カーナビのパイオニア、自動車業界の変革にのまれ苦しく
https://www.asahi.com/articles/ASL864RH5L86ULFA00W.html

カロは仕方ないよ・・・。

だってトレンドが全く読めてないんだもん。

ワイドDIN対応が14年モデル、車種専用とか8型以上の大画面対応に至っては16年モデルと、こういうトレンドの追従には他社の5年遅れてるわけだし。

自慢の音響もダイヤトーンナビに猛追されて色褪せてきてるし、ハードウェアの革新性だったらケンウッドの彩速ナビが圧倒的に進んでるし、結局カーナビゲーションシステムとしてのハイエンドブランドとして何かブッチギリの凄みがあるかって言われると、無いんですよね。カロッツェリア。

いや確かにスマートループとかの構想は壮大だけれども、こういうのって本来は自動車メーカーも巻き込んで全社横断的にやって初めて機能するものなのに、これを事実上カロ一社で運営しているわけですから、そりゃカロくらいの規模の会社じゃ持て余す&他のことに手が回らなくなるよねっていう。

故に高機能だけど高価で扱いにくくて遅いってイメージが付いちゃってるから、ホント昔からのカロファンとかサイバーナビのブランドに惹かれる人しか買わない感じ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ぬふぅ
Posted: 2016年4月16日 00:00 自動車コラム

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160415_753358.html

こういうニュースを見ていていつも思うのだが、この手のサービスは半ば機能不全状態だと思うのよね。

だって、これだとたぶん「トヨタの純正ナビを付けた車」のデータしか反映されない故。

これは、G-BOOKが何故か独自路線を貫き続けているから起こっている問題であり、プローブデータが他社と共有されていない可能性が高いからである。

この手の民間系の交通情報配信サービスでは、トヨタ系のG-BOOK以外にはパイオニアのスマートループ系のもの、そしてGoogleのものがある。

Googleのそれも確か他社へプローブデータの配信はやっていなかったと思うが、あれはあれでスマホの移動データを無尽蔵に収集しているので、ある意味カーナビとの相性は悪そうな気がするし、そもそも市場性も違う気がするので除外する。

そして残りのスマートループ系のものだが、このサービスについてはサイバーナビや楽ナビのデータしか反映されていないわけではない。

現状、スマートループ系のプローブデータは本家の他にパイオニアが純正ナビを納入しているホンダ、そしてクラリオン系(ニッサン)や三菱電機もこのデータを利用しているのじゃな。
(三菱電機はプローブデータを受信しているだけだった気もするが)

昔はG-BOOKはマツダやスズキの純正ナビにも採用されていた時期があり、この頃はG-BOOKがこういうテレマティクスサービスを席巻するかと思ったが、この2社はG-BOOKから離脱した上、スマートループ系の緩い連合が伸長するという展開になっておるからのう。

つまり、カーナビ系プローブ情報配信サービスでは、G-BOOKとスマートループが市場を二分しているわけだが、それが故に単純に考えると情報の半分が利用されていない状況であるとか、或いはそれぞれが同様のサービスを展開した時には情報が違って見えたりとか、そういう状況になるのだな。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Wazeというナビの憂鬱
Posted: 2015年10月13日 00:37 アフターパーツ

地図データを編集すればするほど国産ナビの偉大さが身に沁みて分かってくる罠。

故に、どんなにコンセプトが崇高でも、人を増やすには利便性が必要、しかし利便性を上げるには人が必要という(ry

まあこれは前も言ったか。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ナビゲーションの未来
Posted: 2015年3月 4日 22:43 自動車コラム

http://autoprove.net/2015/03/56649.html

ずーっと昔から言っているが、本来日系メーカーのプローブ情報システムについては、本来期待していた機能というのがこういうものだったりする。

そもそも、スマートループから数えても早10年近くは国産ナビベンダーはこのテのシステムを構築しているにも関わらず、今それらのシステムが出来てることは単にVICSの機能をリアルタイムに近い程度に拡張しているのみであり、自分がこのテのシステムに対して夢描いていた、渋滞情報に留まらない工事・事故・その他イレギュラーな道路状況なんかの瞬時の情報共有は、日本のナビでは何処もやってない。

というか常時通信などの環境が整わなかった過去ならいざ知らず、デバイスの性能や通信環境の向上など、このテの技術革新を行うには十分過ぎるくらいの時間が経ったにも関わらず、このテのシステムが初めて登場した時から状況が全くと言っていいほど変わっていない。

やってるのはこういう海外ベンダー系ばかりで、日本でもスマホのWazeというナビアプリがこのテのV2Vを活用したリアルタイムの詳細な情報共有システムを作り上げている。
(最も、Wazeはベースとなる地図情報もユーザーが作らなきゃいけない上、肝心のユーザーが少なすぎて日本では全く実用的でないのは玉に瑕だが、コンセプトは見事である)

何故出来ないのか、と言われれば、結局VICS絡みの利権争いであるとか、そういう情報をアップロードするためにドライバーなんかが動的に対応せよっていうのが安全上問題になるからなんだろうけど、それなら画面にショートカットボタンを表示するとか、或いは何らかの自動化をして勝手に情報を送受信するとか、そういうのができないのかっていう。
(この辺りはWazeなんかもまだメニューを辿らないといけないので、完璧ではない)

それができれば、ナビゲーションシステムはまだまだ進化すると思うのに。

でもまあその前にトヨタの独走方針も改めて(ニッサン・ホンダ・パイオニア、他リアルタイムプローブシステムを使っているところは、トヨタ以外はほぼ共通化されている)、情報をどう活かすかは各社の裁量にしても、このテのプローブ情報は最低限このテのシステムを構築している全メーカーで共有するところから始めないとダメだとも思うけど。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ガーミン
Posted: 2014年5月29日 12:44 アフターパーツ

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20140528_650668.html?ref=rss

GARMIN.jpg去年くらいだったっけ、海外向けにはすでに発表されている製品でありますが、日本にも投入か。

これだけで本格的なナビゲーションを期待するとちょっと足りないところもあるでしょうけど、ナビゲーションシステム自体は日本製(スマホナビ)であることを考えれば、イマドキはスマホナビの実用性は普通に据置ナビと遜色ないレベルではあるから、GPSの受信感度の悪いところに行くでも無い限り、問題はそれほど無いでしょう。
(Wazeなんかの海外製ナビAppにしても、データさえマシなら使える奴はあるけど)

それにしても最近ガーミン元気だなぁ。

日本では知っての通りのメーカーがシェアを押さえちゃってるのであまり目立ちませんが、海外では純正にも採用されるなど定番の会社です。

しかし・・・やっぱりこういうのを見ると如何にカロッツェリアがオタッキーなのかっていうのがわかりますね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Wi-Fi
Posted: 2014年1月 7日 20:16 アフターパーツ

140107_mdv-z701.jpgまた彩速ナビ。

通信環境という点では未だに後進的なカーナビ業界ですが、やっと現代的な手段で各種デバイスやネットに接続できる機種出てきたのね。
Wi-Fiだとアウディ辺りは純正で対応し始めてた気がしますが。

Bluetoothでもできるといえばできる話ですが、何故か皆やろうとしないし、音楽関係だと制約も結構あるからなぁ。

でも本体内蔵にできなかったんだろうか。Wi-Fiユニット。

まあ本体にアンテナ付けると異様に受信感度が悪くなる場合があるから、外付けの方が安定するってところでしょうか。

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20140107_629807.html

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

BD
Posted: 2013年11月18日 23:17 アフターパーツ

621558.jpg知っている限りでは唯一のBD対応ナビだったのにね。

まあ来年にはこの規格を順守した新型で復活するんでしょうけど。

しかし、カーAVにBDプレーヤーが一向に登場しないのは何故なんだろう?

もうHD-DVDとの次世代規格戦争も終わって何年になるんだって話なのに、知っている限りでもこのトヨタの純正ナビと、数年前に出たパナソニックの単品のプレイヤーくらいしか知らないんだけど、皆さん家庭用のプレーヤーでも車の中に持ち込んでるんだろうか。

あとはいわゆるアプリユニット系のシステムは流行ってるのかどうか分からんな。

各社なんか散発的に出してるし、社長なんかもそこそこウケてるみたいなことは言ってたけど、実際使ってる人は見たことがない気がする。

まあああいうシステムになると、結局そのアプリユニットに対応するAppの数と質が勝負みたいな感じになるから、カロみたいに一向にAppが増えないような状況だと売れないだろうね。

あと、店頭とかで試してみるっていうのもそういうのは難しいだろうし。

http://response.jp/article/2013/11/17/210867.html

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

I have a BIG GUN
Posted: 2013年10月27日 13:11 アフターパーツ

ALPINE.jpgモノのデカさが評価基準って人にとっては、確かに「専用大画面ナビ」というジャンルを切り開いたアルパインビッグXシリーズって魅力的なのかもしれない。

「専用」という言葉には如何にもプレミアムな感じがあるし、2DINナビでは寸法上7インチより上のサイズは難しいところに8インチ9インチっていうサイズを引っ提げて登場してきましたからね。

ただ肝心の液晶の質は大したことがないし(でもそれを素直にカタログに書いちゃってるアルパインはエライ)、中身はこれミドルレンジ相当(カロで言えば楽ナビ)っぽいんですけどね・・・。

でも、アルパインの場合は圧倒的な高性能・高機能とは無縁だけれども、いざ実用するにあたってのユーザビリティが高いっていう、土台の部分もかなりしっかりしたナビゲーションを作っていると感じるので、使ってみて納得っていう部分も大きいのかもね。

この辺りの究極系は個人的にはケンウッド彩速ナビだと思うのですが、スマホライクな操作性に慣れない人にはアレは異端極まりないだろうし、ああいう操作体系を採用するにあたってのインターフェース設計にもまだ洗練し切ってない部分もあるので、成熟にはもう少し時間がかかりそうだけど。

あとはまあ・・・オーディオ性能なんだろうか。

調整項目は確かにいっぱいあるけど。

使い切れず、しかも効果的かどうかもわからないナビの性能や機能性を磨くよりも、音質面を重視したほうが確かに一般へのアピール性も高くわかりやすいし、その辺りはアルパインの得意分野でもあるだろうけど。

この辺りは未だに「高いものに全部を詰め込む」カロッツェリア(パイオニア)ユーザーや、或いは純正カーナビユーザーから見ると一寸異端のようにも見えますが、アルパインに限らず「敢えてナビ性能は必要最小限に抑えて」オーディオ性能の磨いたというダイヤトーンナビが登場し、なかなかの評判を得ているように、こういう一芸特化的な製品が好評を得ているのは、カーナビゲーションシステムというものが一般的になり、ナビそのものへの神聖視が無くなったが故に生まれてきた新たな価値観のような気がします。

http://response.jp/article/2013/10/27/209420.html

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

スマートループ
Posted: 2013年10月 1日 01:09 アフターパーツ

最近気づいたのだけど、メニューのSmartloopの項目から、ネット接続経由でMapfanWebで登録した登録地を呼び出せるのだ。

これ、本体で検索して登録する以外に、従来のナビスタジオでの地点編集に相当する機能としてMapfanWebと提携してそういう登録編集ができて、それをSDカードに落として本体に登録することも出来るのだけど、つまりそれと同等の内容である。

ある意味では本気でスマートループを活用する気にカロがなってきた&そういうインフラも整ってきた証左かもしれないけど、一方で以前のブレインユニット世代のサイバーと比べると非常にナビスタジオなどの操作性・機能性が落ちていたり、そもそもどこかの段階でバグのような挙動を起こして正常に登録できなかったりするので、扱いにくくてどうしようと思っていたのだけど、これでいいんじゃないだろうか。

少なくとも、0009シリーズならば通信端末は標準装備になっているので、「持ってない」ということも無いのだから。

でも、現行型のサイバーって、こういう機能の重複が結構あるのが非常に気になる。

これって、従来ブレインユニットがあった頃の概念を引きずったりして、従来の資産を無理に活かそうとしてる所にそういう問題点の根本がある気がする。

だからいい加減、抜本的にシステムを作り直した方がいいんじゃないかと思うんだけど。

でも、それを言うと究極的に言えばカロッツェリアのハイエンドナビが目指すべき方向性って、実はアプリユニットなのよねえ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ちょっとした邪推
Posted: 2013年6月20日 00:05 アフターパーツ

マツダ純正ディーラーOPのナビでは、例えば去年のモデルなんかだとZH77相当のモデルはあってもZH99相当のモデルは存在しなかった。

型番はまるで違うけれども、ニッサンやトヨタのように見た目からして別物というわけでもなく、ほぼ市販版と見た目も機能も同じであるがゆえに、大変不満である部分である。

自分的にはこれは単純にZH99系相当のグレードのものを導入すると値段が高すぎるからか?と思ったけれども、実際のところ他社では普通にZH99系のナビをディーラーオプション設定しているメーカーは多い。
(確かスバル・VW・スズキ・ルノー・フィアットでは見かけた)

そこでふと気づいたのだけれども、ZH09からカロッツェリアが展開しているARスカウター機能、これの一部機能がマツダのi-ACTIVSENSE系装備と機能重複していることに気づいた。

少なくとも車間距離認識機能と車線認識機能は機能重複している部分だ。

それのせいだろうか?

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

カーナビもSSDの時代
Posted: 2013年6月18日 02:17 アフターパーツ

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20130614_600526.html

うむ。素晴らしい。

サイバーナビも早くSSDにしよう(提案)

結局最終的にサイバーのレスポンス性で足引っ張ってんのはHDDだから。

むしろ新型のサイバーナビってカタログ読んでると、何故か大容量HDD(100GBになったらしい)なのに地図データに圧縮掛けた(元々ストレージ容量の厳しいメモリーナビモデル向けに使ってた技術の流用)みたいだから、余計レスポンス悪化するんじゃないの的な不安があるんですけどー。

でもケンウッドは地図更新を平気でサボるクセは直ったんだろうか。
3年くらい地図更新放置したのだけは絶対に忘れん。

まああん時はケンウッドの経営ボロボロでカーAV事業みたいな儲からない部門から撤退するかどうかの瀬戸際まで追い詰められてたけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

僕らは今のなかで
Posted: 2013年5月24日 04:35 アテンザ

件のUSB/AUX入力は一応純正では両方共音声で好きな方(対応してる方)を使えって感じで、あとは改造次第でどうにでもなるという大変もにょる結論が得られたのでなんだかどうでもよくなりました・w・

そもそもサイバーナビは元々iPod(iPhone)動画の入力に対応してますし、今度のアプリリンク機能なんかを考えればどのみち車体側のUSB/AUXは役に立たない。

そーゆー観点からすると、とりあえず純正USB/AUXは普通に繋ぐ、もう1ポート余ってるUSB入力でiPhone接続を賄う、けれどもアポー製品を買うのが面倒くさいので準備工事だけ、みたいのが一番よかったりして。
音楽+充電するだけならBluetooth+普通にどこぞからの給電で十分。
(そもそも車体側USBはサイバーの通信端末接続に占領されそうですが)

一応、社長からの連絡で「バックオーダー入れといたから!」と力強く宣言されましたので、すでに後戻りができないような気がしますが、今日はジェームスに探りを入れてみたところ「ZH0007なら今日入荷しました」なんて言われた上、公式を見てもいつの間にか「発売予定」の文字が消えていたのでもう発売したんでしょう。

別に発売日(?)に手に入れれる必要は無いですが(付ける車が無いのにどーせいっちゅーねん)、異口同音に色んな店が匂わせていた通り公式がフライング。まさに外道。

とりあえず、基本メニュー30万でできるといいなぁ・w・

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

価格調査
Posted: 2013年5月19日 23:44 アフターパーツ

zh0009hud.jpgで、新型のサイバーナビっていくらくらいになりそうよ?

■超自動後退
27万ほど。5月末(!?)入荷予定。

価格は妥当と思われるけれども、5月末入荷?
発売はメーカーが6月って言ってるのに・・・?

ちなみに12年モデルは投げ売りしてた。
(確か価格コムの最安値より安かった)

■黄色帽子
本体24万+工賃+オプション。入荷は6月。

値段自体は12年モデルと一緒とのことで、ZH99CSが現時点で19万弱だから0009CSも同じ。そこにHUDが(去年はキャンペーンやったらしいのでその値段が)5万という塩梅。
それで出してくれるならいきなり通販とかも含めて最安値レベルになるんだけど、ソレって大丈夫なん?(笑

但しどーもHUD同梱モデルは取り扱わない?
HUDモデルが欲しければZH0009HUDではなく、ZH0009CS+ND-HUD2という扱いになるらしい。
まあ何が違うって言われたらハコが違うくらいでしょうけど。

■カルバン
本体26万+取り付け費用。入荷は6月だろうけど5月末には入ってくるかも(!?)

相変わらずカロッツェリアは発売日を守らない模様w
いや、入荷はともかくとして売り出しを販売店が守らないのか?w

■ジェームス
約32万。入荷はやっぱり5月中には入ってきそうとか・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ジムニーにナビが付いた
Posted: 2013年5月18日 23:45 ジムニー

IMG_0464.JPGお下がりのZH9000ですがw

結局、やれジムニーにはスマホナビだ、ZH9000はアテンザ行きor売却だっちゅーのは巡り巡ってこうなったわけで、ナンとも言いようのない結末になり申した。

スピーカーはフロントがTS-F1020S、リヤにTS-STX510、ウーファーにTS-WX110A。

フロントは単純に純正の位置に純正のサイズのものをインストールしただけ。
リヤは一応純正の取り付け位置もあるけど場所が最悪なので敢えてサテライトタイプ。
ウーファーは小口径スピーカーの量感を補うためと、あとはボディソニック調に運転席の下へ。

メインの前後SPはやっぱり小口径のせいか、音の厚みという意味では社外品とはいえインフィニティのBOSEには敵っていないと思う。

ただ、音自体はカロッツェリアの音だなぁって思う(笑

どんな音かといえば、クリアでソリッド、音の輪郭がハッキリ掴めるんだけれども、クリアでソリッド過ぎて音の奥行きというか余韻に欠ける感じで、DSPやイコライザーみたいのを効かせなくても、最初っからそういうのをかなり効かせているような、ややデジタリックというか作られた音感が強い。

明け透けに言えばかなりドンシャリ感があるけれども中音域もハッキリ出ているっていう、結構独特な感じのする音。
だけどそこが不自然というかなんというか。

これはもっと高くてしっかりしたインストールをしたシステムでも、店の試聴台にポンとくっついてるやつでも、傾向としては同じなので、もはやこういうのがカロの音なんだとしか言いようが無いと思うんだ。

良い悪いで言えば確かに普通よりは遥かにいい、このレベルのスピーカーでも音源の良し悪しまでハッキリと分かるといえば分かるんだけれども、如何せん音の傾向がそんななので聞き疲れしやすそうというか、流すジャンルの相性も選びそうな感じ。

自分的にはこういう音あんまり好きじゃないんだよなぁ・・・。

ウーファーはコレ自体はオールインワンの比較的小型でお手軽なタイプのサブウーファーなんだけど、これでもメインのスピーカーが比較的小口径なので、どーも強く効かせれば低音が勝ち過ぎて、弱くすればそもそも鳴ってるのかどうかすら分かんなくて、相性というかバランスが悪い気がする・・・。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

明日を見通す力
Posted: 2013年5月17日 23:55 アテンザ

新型サイバーナビの件、ディーラーに 投 げ ら れ た (笑

ナビの発注は取り消していいから、好きなようにしてくれと(笑

・・・いや、まあ、この件について折り合いが不調に終わればこっちからナビの発注取り消しの件、切り出すつもりだったけど、先方に先手打たれた、と(笑

そりゃ値段も発売日も分かんねえじゃどうにもなりませんわな。
殊に自分の欲しいHUDシリーズは何時出るのかよく分からんし。
(少なくとも、発売が納車より遅れる可能性はかなり高いと思う)

まあ、これで色々楽になりますわな。たぶん。

***
そういえば5月も半ばなのにまだ詳細な日程分からんのね(車の

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

今日のWazeさん
Posted: 2013年5月17日 23:15 自動車

何度か走行ルートを教えこんでみたら、結構ルート学習というものはすぐにしてくれる模様。

だから走りこむ度にナビゲーションルートがより正確になっていく感じで、「とりあえず起動するだけでもいいから使ってくれ」という主張もよく分かる。

少なくとも、地図情報と走行情報がそれなりにキチンとある場所では、ナビゲーションの精度は国産ナビと大差ない、というかヘタしたら良い。

結局、Wazeが本領を発揮するには、最低でもそれなりに正しい地図情報は必須要素で、まず地図が合っていれば最低限の精度を持ったナビはしてくれる、あとのプラスアルファはプローブ情報の蓄積如何って感じだ。

だから、時々妙な迂回ルートやあり得ない方向転換を指示されることがあったりもするけれども、そういうのを帰ってから確認してみると、そもそもの粗いデフォルト地図の部分以外にも、自分が編集した地点であっても、その肝心の編集内容をミスっていたりする場合がほとんどだったりする。

だから、周辺にWazeユーザーが居ない(少ない)地域で、一般的な感覚だと平気でヘンな案内をする原因は情報不足であって、未編集の地域は極端な話そこらへんの脇道と国道が同列に区分されていたりするし、当然それはアプリ(サーバー)上からは区別できないわけだし、仮に地図情報が曖昧な箇所があってもプローブ情報が蓄積されてる地域ではそれで補完もしているようなので、情報さえあればいくらでも正しい、有用な誘導をしてくれる。

しかしながら、つまりWazeが本領を発揮するにはユーザー数が全てということにもなるけれども、じゃあ日本でWazeが普及する可能性がどれだけあるかというと、正直厳しい。

結局、日本人というものはこういう「商品」に対しては「利用者」ではなく「お客様」として接してしまうので、例えば今日Wazeをインストールして利用を開始しても、まず起動して面食らうのが荒野のように精度の低い道路しか通ってない地図、次に試しにルート検索をしてみてあり得ないクソルートの指定or目的地がありませんで終了するナビゲーションシステムとしての、表面上の性能の低さが障壁になり、結局日本のナビ(アプリ)の方がいいじゃんで終了してしまうこと。
自分も最初はそれで面食らったクチだ。

つまり、自分で発展させるという概念に乏しい。

Wazeというナビはとにかくユーザーがリアルタイムで道を作り、ランドマークを追加して発展させていくものであるので、現時点ではナビとして最低限の性能が無いのだけれども、それを甘受しなければならないのだね。
そういう、ユーザーからのレスポンスが高度に発展したアメリカとかでは、市販のナビよりも質が高いという。
(最も、アメリカで売られているナビがどういうものか・・・というのを差し引く必要もあるだろうけど)

そういう意味では国産メーカー各社が採用を進めているプローブ情報システムは日本のナビとWazeのいいところどりをした良いシステムのように感じるし、スマートループ辺りなんかでも理想的にそれが発展していけるならばWazeなんて入り込む余地は無いけれども、日本のナビというのは実はお上からの通達だかガイドラインだかでルート選択に制約が課せられているので、恐らくこの辺りの制約なんてクソ喰らえの海外製アプリならではのフリーダムかつ純粋にプローブ情報の蓄積如何で有用なルートも自由に選択できるWazeよりは、本質的には発展性が低い。

この辺りはWazeの中の人も全自動車だったかナビだったかスマホだったかの数%のユーザーが利用してくれればWazeは飛躍的に発展する、とは言っているけれども、数%とて実数に直せば10万単位のユーザーは最低でも欲しいということなので、日本じゃそれは厳しいだろうなってあの荒野のような地図を眺めて思う。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 2

Waze
Posted: 2013年5月15日 01:02 パソコン・ネット

最初はムッチャクチャな案内ばっかりしてたWazeだけれども、地図情報をしっかりと作り込んであげると少なくとも地図情報に沿ったルート検索はしてくれる模様。

故にどう考えてもルート選択がおかしかった部分なんかを重点的に作り込んでみたけれど、そのお陰で津幡バイパスの部分なんかはほぼ完全に作り替えてしまったような感じだけれども、良かったんだろうか(w

最も、ルートを外れるとどんなに目的地に近づこうが執拗に元ルートに戻そうとしたり、妙なルートを指定したりしてくるあたり、バカナビの領域を出ていなくもあるが。

ただ、Wazeは人工知能的にユーザーの走行情報を蓄積してルート検索アルゴリズムに反映するシステムらしいので、走行情報の無いルートは選ばないのかもしれない。
故に地図を粗方作りこんでしまったあとはとにかく他のユーザーがWazeを使って走り回ってくれることを期待するしかない。
(単に起動しているだけでもいいらしい)

あとは道路種別なんかもそういうのの判定材料に絡んでいそうでもある。
故に、その辺りの最適化もWazeの精度向上に非常に重要そうである。

でもこの道路種別が結構クセモノで、基本的に海外的な概念での道路種別しか用意されていない。
従って、デフォルト?の道路情報を元に見ていくと、一般道に普通に「Highway」の項目が多用されていたりして結構戸惑う。

だけれども、よく見るといわゆる日本的な意味での高速道路(Highway)は「Freeway」が選択されているので、Highwayという項目は日本的な意味で捉えるならば「国道」程度が良いようだ。
(つーか半分シムシティの道路種別を元に区別してる)

従って、自分の設定としては主要幹線国道やバイパス路線はMajor Highway、そこまでの域に達しない3ケタ国道とかはMinor Highway、県道なんかはPrimary Street、特に道路名等の無い道をStreet、明らかに私道とか路地っぽいのはそれ以下の属性を選択しているが、さて。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

サイバーナビ
Posted: 2013年5月 8日 23:35 アフターパーツ

zh0009hud.jpg

どうやら今年の新型が発表になったようだ。

型番を見る限りはやっぱりフルモデルチェンジなのだが、実際のところ筐体のデザインが変わった以外には何が変わったのか、よく分からない(ぇ

なんせ一番変化を体感しやすいであろうインターフェースの面では、ZH09(11年モデル)の時にようやくワイドVGA対応に描き直されたものをそのまま流用しているっぽいので、ZH09世代みたいな大きく変わった感が無い(w

HUDも型番は変わっているけど、見た目は変わった気がしない。

カロはこういうモデルチェンジが多いから困る。

そして型式はまた4ケタ(ZH0009)になったってことは、このシリーズ3年引っ張るよ宣言かw

まあ、順当に今年も出てくれたことには違いないので、ブックを書こうと思う。

***
どうもスマートループがクラウド対応したのが大きな目玉なのか。

しかし、自分がスマートループに本来求めていた姿というのは、今スマホ向けナビにWazeという海外製のものが存在するが、これがリアルタイムでユーザーが道路状況の情報を動的に発信したり、或いはユーザーが通ったルートの情報なんかを集積して、地図・交通情報の充実ととナビゲーションアルゴリズムの進化を図るというコンセプトを明確に打ち出しているのだけれども、スマートループにはまさにこのWazeがやっていることに期待していたんだよね。
(ちなみにWazeは流石に海外製&無料なので、現状ではナビそのものの性能は非常にウンコ。でもこのコンセプトがイイ)

カロッツェリアは初代エアナビとかでネットワークを駆使したナビゲーションシステムの構築には積極的なメーカーであるので、スマートループというのは話を聞く限りではきっとそういうものなんだろうと思ったけれども、実態は全く違ったと。

まあスマホと違って、リアルタイム通信が必ずしもできる環境にないというのを考えれば、そういう双方向性を持たせるのはあまり実用性的な観点では現実的ではないからでしょうけど、現状では単なるオンデマンドVICSのちょっとすごい版なんですよね。
(それでも11年モデルからは一応3年無料期間付きの通信端末を同梱したりとか、一応頑張ってはいる)

今度のスマートループ・アイはWazeのそれに一歩近づいたシステムのようにも見えるけど・・・。

***
よく考えると、HUDを装着するとマツダ純正の取り付け位置にETCが付けれなくなる。

まあとは言っても所詮ディーラーOPに過ぎないので、あのバイザー裏に仕込むやり方を踏襲するにしても最悪助手席のとこにでも付けとけって感じですが、これは案外困りものである。

とはいえ、マツダはこのテのメーカーラインオプションを全廃してしまっているので、ニッサンやトヨタのような美しいビルトイン仕様や或いは綺麗に既存の機器でも収納できるスペースは存在しないので、苦肉の策でこうなっているのだ。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

やりすぎワロタ
Posted: 2012年6月 9日 23:08 アフターパーツ

alpine_001.jpg

アルパインやりすぎワロタw

去年か一昨年辺りからあるBIG-Xシリーズは敢えて装着できる車種を絞って(実際には取り付け部分はDINなので、パネルをワンオフする気概があるなら、設定外車種でも普通に付く)専用のインストパネル用意することで、8型などの大型モニターを採用できるようにしたモデルではあるけど、それだけに飽きたらずスイッチベゼルまで専用品用意して更に大型のモニター使えるようにしたモデルまで出すのかw

ここまで徹底して来るとほとんど見た目純正品と変わらんなw
最近ライン装着のオーディオが無くなって寂しいマツダはん辺り、なんか作ってもらえばエエんと違います?(笑
(そういえば最近マツダとアルパインって仲イイんだっけ)

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

蒼い鳥
Posted: 2012年1月 9日 19:17 自動車

シビックのナビがBluetoothに対応していたので、ワーイと思ってiPhoneペアリングしてみたら、インターナビとハンズフリーの通信にしか使えなくてショボーンであった。

iPhoneの10GBに達するオーディオフォルダが火を噴くことはなかった。

ウチのシビハイは19年式なので多少古いが、それでも各社の対応状況を改めて調べてみると、ニッサンやトヨタは最新の青歯対応ナビはBluetoothオーディオ対応なのに、ホンダは今を持って非対応とか、時代遅れじゃのう。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search