Driver's High


Search: プレジデント / 94 Hits

ちょうどAJ6の車が出ていたので
Posted: 2017年11月 4日 14:03 中古車

JG50_059.jpg
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700050647330170604003.html

車体番号:JHG50-005099
モデル記号:JNHG50GAEPZ/S3
製造年月:91年9月
カラー:AJ6(ダークレッド)/P(ブラウン)
装備:本革仕様+ルーフモール、標準スペアタイヤ、寒冷地仕様

でも、コノリーではないんですよねえ。

これも面白い色なので好きなのですが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

変な車?
Posted: 2017年11月 4日 00:51 中古車

JG50_059.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU6351021130/index.html?TRCD=100002

車体番号:JHG50-006142
モデル記号:JNHG50GAEZ/C4
製造年月:92年11月
グレード:標準仕様
カラー:KH3(ブラック)/P(ブラウン)
装備:コノリー仕様+自動車電話+ルーフモール、寒冷地仕様

久々に登場、なんかヘンな車。

つまりKH3なのにブラウン内装という、確かカタログに存在しないはずの組み合わせなのに、オールペンではなくメーカーの工場で普通に生産されているという謎車。

以前もKJ6(同じくグレー内装しかない)でブラウン内装という車が存在しましたが、それと同じパターン。

個人的には選べるのなら黒外装+茶内装というのは前期の理想の組み合わせなのですが、本来G50系ではプレジ前期のAJ6(これは黒と言っていいのか難しい色ですが)を除くと全年式を通して黒外装は基本的にグレー以外に内装色の選択肢が無く(Q45のエッグシェルは例外)諦めざるを得ないはずなのに、何故かプレジデントに限っては正規の生産実績があるという、誰がどういう注文をしたのかよく分からない事になっているのです。
(Jフェリーのド初期生産分にのみ存在する黒外装や白内装と同じような感じ)

しかもパック記号がC4なのでコノリーのフルオプション。

ほしいなぁ・・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

そういえば
Posted: 2017年2月 3日 23:48 中古車

JG50_058.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5455864767/index.html?TRCD=100002

車体番号:JHG50-004026
モデル記号:JNHG50GAEPS4
製造年月:91年4月
カラー:DJ2(ダークグリーン)/P(ブラウン)
装備:本革シート、自動車電話、ルーフモール、標準スペアタイヤ

***
そういえばJSのカタログも届いたんですよ。

・・・中身はロングとレイアウトこそ違えど、ほとんど違いは無かったですけど(笑

でも装丁は更に薄くなっていたような。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

カタログ
Posted: 2017年1月28日 02:30 自由研究

Catalog.jpg色んなカタログを久しぶりに読みたくなって、オクで落としてみた。

■プレジデント(93年5月版)
前期のG50プレジデントとしては最終型(カタログとしては最終版ではない)のもの。

なんというか・・・カタログ自体の装丁は90年版と比べてかなりショボ・・・違うのに、中身はそこそこ追加要素がある割にはなんか大して変わってる気がしないという。

まあ形としては下級グレードが追加された(92年)だけだし、このマイチェンにしても、表向きには助手席&後席エアバッグが追加された程度の変化しか無いけれども、ちょっと寂しすぎるくらいに変化を感じない(笑

■パジェロ(93年7月版)
たぶん自分が昔持っていたのと同じ版。

よく考えてみるとこのマイチェンは新エンジンが載った以外には大きな変化が殆ど無いマイチェンなので、カタログの大枠の構成自体は初期型とあんまり変わってないのだけれども、この頃のパジェロはほぼ毎年グレード構成が大幅に変わっていたので、下手すると半年ズレるだけで情報の認識が大幅に相違したりする、ややこしい車になっている。

91年~93年の前期型の頃は特別仕様車を含めてほとんど変化が無かったはずなんだけど、このマイチェンのあった93年から2度目のビッグマイチェンのあった97年頃まではホントに毎年違うと言っても過言ではない。

その中では93年モデルは比較的前期型に近い構成ではあるのだが、「バングレードの大幅整理(キックアップルーフのXEバンだけになった)」「何気に存在が許せないエクシードI」「キックアップルーフワイド」は当時自分の中で新エンジン以外に強い印象を残した変更点である以外に、意外と中間グレードの変化が大きいことにも気づいた。

少なくとも、ミッドルーフXLとキックアップルーフXGの設定が無くなってるんだよね。
そしてメタルトップワイドXR-Fという廉価グレードが追加されていたりとか。

あと、色の選択肢が削られている。

エクシードの3ウェイカラーのベース色がベージュからシルバーに変わったのは当時もなかなか印象深かったけど、それ以外にも内装色が削られてたりとか、ボディカラーの選択肢が減ってたりとか・・・。

この頃のミツビシは絶好調でしたけど、金かけるだけのマイチェンじゃなかったんですね。

■セドリック(91年10月版)
仕様としては最初期のものである。

正直なところ細かいところの情報はほとんど忘れてるレベルだったんだけども、自分のY32のイメージはシーマをベースに作られている、ということは分かったw

VIPでも意外と細かい装備がオプションだったり、知られざる装備が存在してたりして、面白かった。

中でもグランツーリスモSVはほとんど「NA版のアルティマ」と言ってもいいくらい装備の組み合わせに差がない。

フルオプションを組み合わせればものすごく豪華なSV(恐らく総額で500に届くほどの)を作ることも可能である。
そんなのの生産実績があるかは知りませんけれども。

後のY33ではSVは明確にアルティマの下に位置づけられたような仕様になっていたけれども、32ではかつてグランツーリスモの最上級グレードであったという矜持が引き継がれていたことを、改めて確認した。

でも昔からものすごく気になっていたエアバッグを付けるとテレスコピックが無くなる理由と、PAY32のノンターボの存在だけはどうしても読み取れなかった(爆

LVが載ってた時期のもの以外に初期型のものも持っていたんですけどね。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

あの店。
Posted: 2016年10月20日 04:13 中古車

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5126968618/index.html?TRCD=100002

車体番号:PHG50-200540
モデル記号:PNHG50XAEJS/G4
製造年月:94年12月
グレード:タイプG
カラー:KJ6(ダークブルーイッシュブラック)/W(グレー)
装備:本革シート、助手席エアバッグ、標準スペアタイヤ+BBSホイール+サンルーフレス?

出処が面白いんですよねー。コレ。

東京の有名な中古ロールス屋。

勿論主役はロールス&ベントレーだけれども、他の車も置かないことはない、しかし国産車はまず置かないって感じのところ。

面白いからずっと見てるんだけど、下取り車みたいな感じらしいとはいえ「気に入らない車は置かない」主義のあの店が、何を思って「ジャパニーズプアマンズロールスロイス」G50プレジデントを置く気になったのかが気になるw

この店、とりあえずプライドがものすごく高いというのはわかるんですが、国産高級車としてはセンチュリーを褒めていたのは覚えている。
(ただ入荷してるところは一度も見たことがない)
でもプレジデントはどうした。

何が「プアマンズロールス」かと言えば、車の格式で言えばもうセンチュリーにプレジデントは追いつけないレベルなのでそういう問題ではなく、乗った感じ・触った感じなんかはG50系はちょうど70~80年代くらいのロールスをモロに意識しているっていうのが最近わかったことなので、とりあえず一回りしてみてビビッと来たんでしょうかねえ。

***
プレジデントといえばコノリーレザー。

これがコノリーだったらもっと面白い講釈が聞けそうだったけど、残念ながら中期以降のJSには設定が無い。

***
でも年式的にこの車を見てみると、まずこの年式のJSだとまだサンルーフは標準装備の時期だった気がするけど、この車には付いてない。

モデル記号的には確かにサンルーフが無い組み合わせのもので、中期になった直後から97年のマイチェンまでずっと共通の記号なので、やはり設定上は中期の最初から設定のある組み合わせのようだ。

となると、インフィニティみたいなレスオプションの形式で当初は設定されていたのか、単なる記憶違いか・・・。

まあ一次資料持ってないしねえ。プレジデント。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

樹脂になってたのね
Posted: 2016年9月27日 17:15 中古車

JG50_057.jpg

http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l364295058

黄ばんだライトのプレジ、初めて見た気がする。

樹脂になってたのね。後期のレンズ。

まあ、だからどうしたって話ですが、順調にコストカットされていたようで。

それでも気づいてなかっただけかもしれませんが、製造中止から14年経って初めて気づいたというのもなかなか感慨深いものですなあ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

これ・・・じゃないかなぁ、と。
Posted: 2016年7月31日 11:47 中古車

JG50_056.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU4889429488/index.html

車体番号:JHG50-003453
モデル記号:JNHG50GAE/C3
製造年月:91年3月
グレード:標準仕様
カラー:KJ6(ブルーイッシュブラック)/W(グレー)
装備:コノリーレザー+ルーフモール

うーむ。

すでにプレジデントもだいぶ廃車が出ているみたいなので、なかなかヒットしないことも多いのですが、手元の資料で92年生産車で引っかかる末尾453の車はV仕様で、製造も3月になるので、この車ではないんですよねえ。

で、黒のグレーのコノリーとなると、直近ではコレしか見当たらない。

プレジデントは不思議な車で、こういうのって流石に受注生産だと思うのですが、その割りに登録落ちが結構見つかったりするのですよね。
(明らかにデッドストック状態だった10年式の前期型とかはぶっ飛びましたけど)

だから真っ当に初年度登録を元に判断するとなんじゃこりゃ?となったりする。

この車も何らかの事情で1年くらい売れ残ったあと、誰かが引き取ったんでしょうけど、それから25年も経って1万kmちょいしか乗ってないという謎個体。

うーむ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

雄の三毛猫的な
Posted: 2015年6月 8日 00:10 中古車

JG50_055.jpg

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d166618600

車体番号:PHG50-001411
モデル記号:PNHG50XAEP/CA
製造年月:92年11月
グレード:タイプG
カラー:DJ2(ダークグリーン)/P(ブラウン)
装備:コノリー内装、標準スペアタイヤ

大変珍しいJSのコノリー仕様アルヨ。

出品者気づいてないみたいだし、謎のエアロ(でもどっかで見たことあるんだよなぁ・・・)は付いてるけど、粗く乗られたようにもあまり見えないし、この際安く買ってレストアするのもありじゃね(笑

ところで、この時期のプレジデントはラインオプションは数少ないのですが(と言ってもJSだとたぶんTCSとかはオプションなんだけど)、何故かトランクリッドのモールもラインオプション扱いで載ってるんですよね(VS記号に「B」が付いてる個体)。

ですから、後付けのドレスアップ以外でも前期に付いていても実はおかしくないパーツではあるのですが、だいたいは後付け・・・というか、このオプション(?)を製造段階で付けた記録のある個体はついぞ見たことがない気がするのですけれども。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

小技系
Posted: 2015年5月10日 20:03 中古車

JG50_053.JPG

車体番号:PHG50-000340
モデル記号:PNHG50XAE/SA
製造年月:92年2月
グレード:タイプG
カラー:AJ6(ダークレッド)/P(ブラウン)
装備:本革シート

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU3612017899/index.html?TRCD=200002

悪くは無さそうだけど、細々と弄ってあるよね。

JG50_054.jpg

定番の中後期テールから始まって、まあ中期の木目パネルとか、その辺りは趣味の範疇と言われてしまえばそれまでかもしれないけど、時計とかも中期になってたり、ハンドルの革も何気に巻き替え?されていたり。

言われないと分からないレベルでもあるけどねw

でも木目がしっかり中期ロング用のものになってる辺りは分かってる系?
(最も、中期JSの木目じゃ前期に付けると・・・形状的に付かないかな?)

グレードはタイプXって書いてあるけど、普通にタイプGでした。

タイプXだったら、これはとんでもなく弄ってあるレベルだったけどw
(革シートや後席パワーシートの設定がXには無い)

前期にはJSにもコノリーがあるし、ここまで微妙に凝った事をやるユーザーの下にあったのならコノリー?と思ったけど、普通の本革なのは残念かも。

まあJSのコノリーなんて、本革が10台あったらその中に1台あるかどうかってレベルだけど。。。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

AH1
Posted: 2015年2月21日 23:53 中古車

JG50_052.jpg

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e154149108

車体番号:PG50-100313
モデル記号:PNG50XAE/Z3
製造年月:94年3月
グレード:タイプS
カラー:AH1(ワインレッド)/P(ブラウン)
装備:ルーフモール

意外とAH1って多かったのかのう。

プレジデントで「ダークレッド」と書かれてしまうとAJ6の方になってしまうのでちょっと興味がわいたのだが、調べてみるとAH1である。

改めてそう言われてみるとこの車も前に見たことがある気がするのだが、タイプSでAH1である以上は、当時は仕様的に興味がわかなかったのか、過去記事は無い(爆

ただ、「前期プレジでAH1」っていうのは他にも何台か見ているわけなので、少なくともこの通り後世に残る程度には生産されていたことになる。

確かに、バブルの頃はダークカラーブームというのがあり、80年代の白系ブームと同じようにこういう濃色系の色がもてはやされ、実際この頃はダークグリーン辺りがイメージカラーの車も多くよく売れたが(セルシオとか)、赤系となるとホンダやマツダのように比較的好んで設定するメーカーはあれど、シェアとして一大勢力を築くほど売れたことは無かったと記憶している。
(この辺りはフシギですよね。常に一定数は赤系を好む人は居るのに、大体は目立つことを嫌って一定以上のシェアには絶対ならないっていう)

最も、赤系の色は極小数の特注?以外では、プレジデントでは中期以降には設定されていないわけだが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

MIDNIGHT BLUE
Posted: 2014年1月14日 00:51 中古車

JG50_051.JPG

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h184263566

ミッドナイトパープル・・・。

と一言で言っても何種類か有りますが、オールペンの候補であったこともありました。

自分が候補にしてたのはミッドナイトパープルIIIですが。
(そういえば最近新しい色出ましたね。コレ)

ミッドナイトパープルはカラーコード別に言えば恐らくもっと多そうな気がしますが、今のところ存在を確認しているのは4種類。

ひとつはQ45の海外仕様にも設定のあった普通のミッドナイトパープル。
この色は割りと90年代中頃の車には多数設定があり申した。

そしてマジョーラになったミッドナイトパープルIIとIII。
どっちも34GT-R専用の限定色でしたが、違いは・・・確かIIが2コート色でIIIは3コートになって色味の複雑さが増した、とかそんなんだったような。

そして最近出たジュークの限定色のIV。
マジョーラってこと以外は何が違うのかは知らん。

一番最初のミッドナイトパープルなら後から塗る分には普通の2コートのパールメタカラーと同じでしょうが、II以降のマジョーラタイプになると一体いくら掛かるか分かんなかったらやめたんですよね・w・

そもそも結果的に言えばガーネットブラックも見方によってはミッドナイトパープルっぽくも見えたけど、検討していた色はどちらかと言えば黒系で赤い透かしが入るような色を希望だったわけだし、マジョーラ系ミッドナイトパープルは専用塗料が必要なわけで、しかもIIIになると更に3コートになるし。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

プレジデント
Posted: 2013年8月 7日 20:59 中古車

JG50_050.jpg

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d143819670

登録落ち・・・でしょうか。
ちょっと詳細が見つからないんですが・・・。

でも、次G50に乗る機会があったらプレジデントなのかなぁ・w・

同じ時期の車なら数の上では勿論Q45の方が生産数は多いと思うんですが、大なり小なり悪評の多かったQ45は高級車故に大衆車ほど減るペースは早くはなかったものの、それでも絶版から15年以上も経てば既に殆どが淘汰済み、でもプレジデントは腐っても鯛なところがあるので、このようにまだたまに出てくることもあります。

それに一度くらいはプレジデントも乗ってみたいしね(w
(でも運転席に座っている限りでは、ほぼ一緒だよなぁ)

最も、5225mmのボディは車庫に入りません・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

4月生産
Posted: 2013年6月 5日 16:47 中古車

JG50_049.jpg

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f123136418

車体番号:JHG50-100939
モデル記号:JNHG50AEP-S1
製造年月:94年4月
グレード:V仕様
カラー:AJ6(ダークレッド)/P(ブラウン)
装備:本革シート、リヤパワーシート

94年4月生産の前期最終型。

3月生産まではたまに見かけたけど、4月は初めてかも・w・
5月にはマイチェンだけれども、ギリギリまで作ってたんですなぁ。

そして標準仕様かと思ったらV仕様だった。
V仕様はアクティブサスですが大雑把に言えば後席TVが付きません。

まあTVがあったら標準仕様になりますが、逆にD仕様(バネサス)だと革は選べないのに後席TVはオプションで選べたりと謎な基準のオプション設定。

つまり前期の革でバネサスって、純正では実は存在しないんですよ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0


Posted: 2013年3月11日 23:21 中古車

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m111163343

車体番号:PHG50-100773
モデル記号:PNHG50XAE-SA
製造年月:94年3月
グレード:タイプG
カラー:KH3(ブラック)/W(グレー)
装備:後席パワーシート、本革シート、ルーフモール

この時期のプレジデントについては今更色々言うのもあれだけれども、6年3月生産分っていうのは、前期の最終型ってことでいいのかな。
コレ以降の製造の前期っていうのは見たことがない気がするし、5月にはマイチェンである。

ところで、プレジデントのコノリーとQ45後期の本革が感触的に変わらない気がする、とは言ってみたけれども、じゃあそれだったらわざわざ2種類も革を用意する必要なんて無いじゃないかって気がするけれども、よく考えてみるとQ45後期はシートン製レザーであるとメーカーが公言しているけれども、前期は特に何も言及されていない。

それだけならばまだしも、よく思い出してみると確かに前期の(普通の)革って後期よりちょっと安っぽいというか、滑る感じのする革だった気がする。

勿論、縫製の違いとか前後期の差は結構多岐に渡るので革だけが原因とも思えないけれども、そうならば確かにプレジデントならば2種類革を用意する意味もあったんじゃないかなぁと。
(そして、確かにQ45後期の革というのは、上質なものなのかもしれない)

コノリーレザーって凄い高かったし。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

コノリーレザー×プレジデントJS
Posted: 2013年2月16日 01:31 中古車

JG50_048.jpg
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/169960111

車体番号:PHG50-001411
モデル記号:PNHG50XAEP-CA
製造年月:92年11月
グレード:タイプG
カラー:DJ2(ダークグリーン)/P(ブラウン)
装備:標準スペアタイヤ、コノリーレザー内装、断熱ガラス

まれーに見つかるコノリーレザー仕様のプレジデントJS。

G50プレジデントのコノリーレザーは有名ですが、JSとなると前期のみの特権です。

値段もこの個体で20万弱、もしかしてプレジデントって、今となっては世界で一番安くコノリーレザーが味わえる車かもしれない。
(いや、この辺りはイギリスの不人気車当たればもっと安いのか。ローバーとか)
最も、安いなりにコンディションとか革のグレードとかも(ry

実際革がバリバリになってる車多いっぽいしなぁ。
自分が見たことのある個体も、Q45の革とあんまり変わんない感じがしたし。
(でもQ45後期の革は何気に35GT-Rと同じ?シートンレザーなので、コノリーって言っても色々あるらしいし実際のところあまり差はないのかも)

前期なのでJSはサンルーフも標準装備。BOSEも標準装備。当然リヤパワーシートも標準。
要するに当時のインフィニティのフルオプションに更にコノリーを足したみたいな感じなのですが、でもTCSはJSだと前期でもオプションなのね(ロングは標準)。

JSの難点は何と言っても短い全長。
Q45と同ボディなんだから短いのは当たり前なんだけど、プレジデントのメッキピラーが後席の短いドアを際立たせてて余計全長を短く見せてるというか。

装備の組み合わせは面白いだけに、ロングと迷うところ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

安心のバネサス?
Posted: 2013年1月 3日 19:00 中古車

JG50_045.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU1531775788/index.html?TRCD=200002

>安心のバネサス
思いっ切りアクティブサスの配管が見えてることは見なかったことにしてやる(ぇ

てかこの年式だとバネサスに換装してない限りバネサス仕様ってあり得ないんですが。

足回り覗きこんでバネが見えたからバネサスって思ったんなら、それはとても残念な判断かなって。

***
車の素性的には黒の皮内装って時点で、このクルマの車台番号末尾では該当車が少なくとも3台見つかっているので正体不明。
(※:JHG50-000807・JNHG50GAECP-S4・KH3/W・9101
JHG50-002807・JNHG50GAEP-C4・KJ6/W・9103
JHG50-005807・JNHG50GAEP-S1・KH3/W・9107)
コノリー車も含まれてはいますが、リヤシートの刻印を見ようにも写真では隠れてるし。

2807番ならコノリーです。

JG50_046.jpg一応、自動車電話の手引きみたいな書類が見えるので、自動車電話の無い5807番は除外か?

フェンダーミラーは結構ドアミラーに換装されているパターンが多い上、実際ドアミラー・フェンダーミラーのコンバートは公式に手順が設定されているので、必ずしも出荷時点での選択が正しいとは限らないところが微妙。

ということは、後はボディカラーが分かれば・・・。
でもなんか革の質感も普通と違うような・・・?

JG50_047.jpgしかし樹脂が溶けるのってなんでなんだろうね。この車。

外車ではこの時期くらいまでの車ではたまに聞くことがありますが、国産ではプラスチック部品が溶けるのはホントG50系特有の事象のような。

ダッシュボードとかは合皮張りになっているからプラチックのように見えてそうではなかったりと、中途半端に素材を使い分けてるから余計溶けてるのが目立つのよねえ。

この辺り、木目の増えた中期(Q45後期)以降は無くなってるように見えますけれども、やっぱり樹脂面が露出してる部品(ベルトバックルとかルームランプとか)は溶けやすい、っていうか溶けるみたい・・・。

プレジロングも1回くらいは欲しいけど、車庫入らないんだよね。流石に。このサイズだと。

Q45でも実は10センチくらいしか余裕が無いんだけれども、幸いにも簡単にして確実な目印があるので普通になんとかなってる。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

GARNET CROW
Posted: 2012年6月 6日 05:48 中古車

JG50_043.jpg

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w75414857

GAC(ガーネットブラック)という色自体は51フーガが初設定ですから、当然G50なんかに設定があるわけがありません。

ただ、プレジデントにはAJ6(ダークレッド)っていう同系色がございまして、ある以上は似合うという確信は間違い無くあったわけであります。

でもコッチの方がより赤っぽい気もしますが。
(写真でも赤く写りやすいから)

全く、ガーネットブラックはどれだけ俺が赤っぽくも見えるアングル・時間帯・季節を探してると・・・(ぁ

オーナーですら紫に煌々と輝く姿は年に数回しか見れないんだぜ・・・。

車体番号:PHG50-001320
モデル記号:PNHG50XAEP-CB
製造年月:92年10月
グレード:タイプG
カラー:AJ6(ダークレッド)/P(ブラウン)
装備:標準スペアタイヤ、コノリーレザー、ルーフモール、リヤパワーシート、断熱ガラス

・・・ん?

パック記号「CB」?

こいつコノリーじゃねえか!

JSにも前期型のみコノリーレザーが存在していましたが、JSではかなり稀な選択率。
それに更にレアカラーのAJ6の組み合わせって、どんだけ低確率な存在なんでしょう。

まあこういう仕様を探しているか、っていうとちょい微妙ですけど(やっぱり長いほうがいい)、前期のJSなんてほとんどプレジ顔のQ45そのものなのにコノリーレザーに座れるという珍妙な仕様、これほしーわ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

このりー。
Posted: 2012年3月15日 22:23 中古車

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/152776528

車体番号:JHG50-500152
モデル記号:CPGDRJAG50EDAAABA-
製造年月:99年1月
グレード:ソブリン(油圧アクティブサスペンション装着車)
カラー:KH3(ブラック)/W(グレー)
装備:プライバシーガラス、V-TCS、コノリー仕様、マルチAVシステム

ここまで付けたんだったらツインマルチ欲しかったなぁ。
今となっては飾りですけど。

でも、G50後期というと、本革の製造メーカーにGT-Rでお馴染みのシートン社を起用していて驚いたんですが、ではプレジデントも標準革はQ45と同じシートンレザーだったんでしょうかね?

実際、ニッサンはJフェリーでシュミット・フェルドバッハのレザーとポルトローナ・フラウのレザーを並べるという(しかもその格付まで勝手にするという)、謎な商品戦略をやらかしていたことを考えると、可能性としてはなきにしもあらず、といったところか(爆

でもQ45とプレジデントは同じように見えて違う部分も多いから、実際資料読まないと分かんないんだよなー。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

5
Posted: 2012年2月20日 21:13 中古車

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w71540874

えるしってるか。

後期プレジの車体番号はすべて「5」から始まる。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

そういえば
Posted: 2012年1月29日 02:48 雑記

1/24 ザ・ベストカーGT No.49 G50 インフィニティQ45

1/24 ザ・ベストカーGT No.36 PHG50型 プレジデントJS 中期型仕様

ちょっと調べてて思ったんだけど、Q45のプラモデルって未だに後期型無いよね。

プレジデントは中期あったのに・・・。

前期のプラモは前期のプラモで、10年以上前からあるフジミのキットとか、アオシマだったかのカスタムVerとかが細々と作られ続けてるのか、未だに忘れた頃に見かけることあるけど。

前期のプラモはフジミのヤツだったと思うけど、子供の頃に2つ買ったぞ。
何故か左ハンドル仕様のダッシュも付いてるから、1個は右ハンドルで組んで、もう1個は左で組んだw

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search