Driver's High


Search: ホイール / 56 Hits

BBS
Posted: 2016年7月 5日 10:14 アフターパーツ

http://response.jp/article/2016/07/04/277925.html

昔はそういうのが裏メニューであったって聞いたけど・・・。
(あと、カタログに載ってない特定車種向けの変なサイズがあったりとか)

最も、自分がBBSを買った時はちょうどそういう無駄なラインナップとかを絞っていた時期で、昔の定番サイズがバンバン削られていってたり、そういう特注は全く受けてもらえなかった時期だったりした。
(Q45でトヨタサイズを買ったのは、昔のニッサン向けのサイズがあの時期に一斉に絶版になったから)

そういうのを考えるとまたそういうのをやる余裕が出てきたのか、追加料金が結構いい値段してるように、面倒な注文を受ける代わりにお金持ちからそういうのをトレードオフで頂く戦略に出たのか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

雑談
Posted: 2015年9月 8日 18:26 アフターパーツ

0802235A30150713W00307.jpgfm。

悪くはないのではないだろうか。

クラブリネアのヴィエリというホイール、スポークのデザインにはコンケーブ具合の違いで3種類あるのだが、どうも宣伝に載っている写真が基本的にミッドかディープで、肝心のスタンダードのものがどうも無いらしい・・・というところまで分かっていた。

しかしながら、プリウスにこのホイールの19インチを履かせた場合、スポークデザインがミッドとなる9Jは流石にタダでは入らないと思うので、8Jとなるとスポークはスタンダードとなる。

しかしスタンダードでこのデザインなら、まあ、不満は無いかな。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

チューゾーですよ! #2
Posted: 2015年7月 7日 21:24 アフターパーツ

IMG_1844.JPGカルバンに実物があった。

TWSの。

やっぱりマットなブラックって質感を出すのが相当難しいというか、スポーツ系にしか似合わなさそうな雰囲気がプンプンするというか、似合うコーディネートとかそんなのがかなり限られてきそうな気がするけれども、カタログでは違いの分からなかったこのブランドのブラック系の塗装の違いとかが分かったりしたのも収穫。
(グレーがかった205Sはフラットブラックというヤツで、フラットショットブラックというのがより黒の濃い隣のメッシュのやつらしい)

とりあえず、流れで重さ調べてもらったんだけど、FR向けっぽいワイドリムというハンデを考慮しても13kg強ほどあったので、やっぱり鍛造でも2ピースは重量的に辛いねっていう結論に。

やっぱりこの辺りは比較的(というか20周年とか書いてあったね・・・)古いLMですら重くて12kg前後に収まってるBBSが驚異的なだけか。

他にもワークとかヴォッセン辺りの20インチの重量も一緒に調べてもらったんだけど、やっぱり概ね13〜14kg程度あったりして、まあドレスアップ重視のホイールならそんなものか、と。
(軽さで選ぶならでオススメされたのはやっぱりレイズだった)

しかしながら。

クラブリネアはヴィエリは無かったけど、製法が同じロッシの20インチの8.5J?のサンプルがあって、これの重量を計ってみると、なんとカタログに書いてある通りの約11kg。

フカシではなかったのである。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

チューゾーですよ!
Posted: 2015年7月 5日 22:07 アフターパーツ

tws_exlete_205s.jpg面白いホイールを見つけた。

やっぱりたまにはショップに行くのもいいものである。
(雑誌読んでただけ)

が、またも新作らしくて詳細がよく分からない。

尚、このホイールは鍛造らしく、ブランド的にも鍛造品やマグホイールなんかを得意としているところのようだけれども、じゃあ一般的に鍛造というと軽量品というイメージも強いけれども、なんで鍛造まで謳っておいて重量が載ってないんだろう・・・?
(まあ、大概のところは書いてないし、書いてなくても聞けば教えてくれるんだろうけど)

良く似たデザインで個人的に気になっているクラブリネア・ヴィエリFFは鋳造品だけど、軽量性には自信があるらしくて、ああいうブランドのホイールとしては珍しく重量の記載が大雑把だけどカタログにあるのに。

まあ2ピースだそうなので、たぶん見てくれほどは軽くないから書いてないんだろうけど。
(この辺りはレイズの57FXXシリーズが2ピースになるだけで同サイズで4kgも重くなってたので、少々トラウマ気味である。BBSなら大して重くならないけど)

マッチング的にも20×8.5インチでインセット45〜50が選べたりするし、ヴィエリでは(アテンザに合うマッチングでは)不満だったスポークのコンケーブ具合なんかもこっちの方は「フラットディスク」と謳っていても結構内にうねってそうに見えるんだけどなあ。

ただ、マッチングリストの細かい数字とかが何を指しているのかイマイチ分かりづらいところとかはやっぱりアフターパーツメーカーだなって。

***
でもおねだん見てると、デザインや性能に加えて値段まで魅力的なクラブリネアと比べると、こっちはぶっちゃけデザイン以外はBBSの方がいいんじゃね、とか思ったりもする。

***
よく見たら鍛栄舎なのか、これ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ようやく目当てのホイールを見つけたかもしれない
Posted: 2015年3月22日 00:05 アフターパーツ

VIERI.jpgクラブリネア・ヴィエリFF。

元々クラブリネア(クリムゾン系)のホイールって、デザインはそこそこいい安物程度のイメージしかなかったのだけど、これはなかなか面白い。

自分が求めているダブルスポーク調デザイン・20インチの設定有り・しかも軽量

このホイールの軽量性はかなりメーカーも自信があるらしく、カタログにも誇らしげにアピールしている上、サイズリストにもこのホイールに限って重量が書いてあったりとか、結構面白げ。

実際、20x8.5インチで10.8kgと、重量が分かっている中ではBBSの各ホイールやレイズ57FXXと同レベルの軽量性を誇るなど、20インチホイールとしては非常に軽い部類に入る。

個人的にはもう少しマシニング加工を大胆に入れて白黒のコントラストを強く、素軽く見せても良かったんじゃね?とも思うけど、まあガキっぽくてディテールの甘いレイズとかと比べればマシマシ。

そしてついでに安い

定価は1本54Kで元々爆安レベルなのだが、その上で値引きも結構利くらしく、社長のところで「4万くらい?」、某カルバンで2万以上引けるとのこと。

でもさー。前述のとおり、クリムゾン(クラブリネア)の基本的なイメージって安物なのね。

以前から安い割にはデザインいいなーってことで嫌いではないのだけど、「重くて安い」なら「ああ安物なのね」で終了なのだけど、「安くて軽い」って何気に何が起こるか分からなそうで怖くね?(笑

一応、鋳造=曲がる・鍛造=割れるで、このホイールは鋳造だけど・・・。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

根頸部
Posted: 2015年2月17日 18:38 アフターパーツ

ちょっと気になったホイール2つ。

SSR_GTV03.jpg

SSR GT V03

HOMURA_2x5s.jpg

RAYS HOUMURA 2x5S

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

てっちん
Posted: 2014年3月31日 22:46 自動車

タイヤケースに隠れていたので全く知らなかったのだけど、クロスアドベンチャーのスペアタイヤってホイール鉄チンだったのか。

それは意外な。

ああいう車のスペアタイヤって5本通しで全く同じものが付いてるってイメージがあったから、1本だけ別だったとは思いもしなかった。

少なくとも、標準スペアタイヤ付きの車だと5本のタイヤを使ったローテーションっていうのができるのだけれども、ジムニー(のクロスアドベンチャー)はそれが出来ないことになる。

自分の場合はさすがに5本目まで揃える気力はなかったので、とりあえずボロ隠し程度に標準車のハーフカバー程度付けれればいいなと思っているうちに手放してしまった。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

57FXX #2
Posted: 2014年3月25日 19:56 アフターパーツ

IMG_1266.JPGにょろーん・・・。

やっぱり2トーンのPROの方がかっこいいな!(ぇ
(今度行った店には20インチの展示品がPROだった)

最も重くて高いという難点があるけれども。
2ピースだから重いっつっても、1ピの無印と同サイズで確か3.5kg差は流石に見逃せん。

納期が最速6月末ですか。別に買う予定は今のところ全く決めてないので構いませんけれども。

でもET38って前が入らないのか。
ニッサンだとメーカー推奨サイズで入れると前はガバガバってレベルだったのに。
つーことは自動的に9J+45なんかも無理か。

***
で、偶然店頭に展示品があったのだけれども、57FXX系の上位互換みたいなホイールを見つけてしまった。

BBS-RI-D.jpg

ええ、いつもの通りBBSです。RI-D。

BBSっつったらやっぱりメッシュ系クロススポーク(っていうのよ。アレ)ってイメージが有るのと、RI-DはQ45では履けたらいいなぁとは思いつつQ45にはイマドキ過ぎて似合わないイメージを抱いてしまっていたので、それ以後すっかり存在を忘れてた。

だから最近は同じジュラホイールシリーズのRZ-Dのことばっかり考えてたけど、RI-Dってそういえば57FXXとかRX-8やZ34純正みたいなデザインだったぬ。

しかもBBSだからDBK(ダーククローム系)カラーも選べるじゃないか!

ただこれにも難点はあるわけで、57FXX PROに輪をかけて高い(1本20万!)・そもそも20インチだと外車サイズばっかりで国産じゃ使えるサイズがない(RZ-Dだと8.5JJのET38がギリギリ使える可能性がある)というわけで、結局選びようがなかったりする。

***
納期もBBSの方が早かったりして。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

57FXX
Posted: 2014年3月22日 02:54 アフターパーツ

rays_57fxx_pro.jpg通販で調べてると遂に1本35Kとかいう店を見つけた57FXX。

レイズって安いの?
(定価は欲しいサイズだと6万〜6万6000前後)

でもホイールくらいは地元で買いたいから社長に聞いてみる。

「1本45Kくらい」

やっぱりレイズって安いの?

「でもバックオーダーいっぱいあるみたいだから、欲しいなら早めにね」

それなんか1年くらい前にもそういうこと言ってる人居たような・・・。

「ついでに車高も下げようず」

アッハイ

***
57fxx_epro_image1.jpg

そういえばこんな塗装してるやつ見つけたんだけど、これマスキングはせずに丸塗り?だっていうから、リムのエッジ部分って色乗ってないのかね。このホイール。

真っ黒なのはなんか気に入らないけど銀も違う気がしてたから塗装って方向も模索してたけど、とりあえず妥協できるかぬー?

***
サイズ感的にはこの車は20×8.5インチのET45が基本らしいけど、ET38の方がいいような気もする。

或いは20×9インチのET45か。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

うーむ・w・
Posted: 2014年3月13日 04:44 アフターパーツ

rays_57fxx_pro.jpg14.5kgか・・・。

純正とあんまり変わらない予感!

やっぱり2ピースだからPROは重いんだって。その上高い。

だからみんな履いてないのかな(笑
見た目はほぼPRO無しと同じだし、重くて高いとあっちゃ選ぶ意味が無い。
少なくともこの時点で自分の中からは57FXX PROの選択肢は消えた。

しかし、2ピースだから多少は重いことは覚悟してたけど、ここまで重くなるとは・・・。

***
タイヤはトーヨーで選ぶと245/35R20で8万で釣りが来る。

T1Sは極初期の頃は流石に新製品プレミアムが付いていたような気がするが、それが落ち着くと相変わらず通販ではバカみたいに安くなる(店頭で買うと他社の同格製品と大して変わらん)。
ちなみにT1SでもC1Sでもほとんど変わらないみたいだ。

ていうか前買った19インチのT1Rより安くないか、これ。

これに57FXXの20×8.5インチと合わせても30ちょっとなんだよなぁ。

19インチでもホイールだけで軽く40オーバーしてたBBSとは雲泥の差だ。

でも57FXXの場合、色が気に入らん。

1ピースだから1色塗りしかできないといっても、黒か銀しかないってのがなぁ。
(BBSは1Pでも2トーンあるけどね)

PROみたいにガンメタがあればいいというレベルでもないけれども、イマイチこう、何かが違う。

ホイール塗装でスーパークロームメタリックにでもするか?

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

マグ鍛
Posted: 2014年1月14日 06:28 アフターパーツ

http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2014autosalon/20140111_630485.html

BBS_MP.jpg
現状でも一応マグ鍛のホイールは1つだけだがラインナップに残ってたはずだけど、もう少なくとも10年はラインナップが変化していない上、従来のマグ鍛モデルを上回る性能とアルミの取扱性を両立したと思しきジュラルミン鍛造のホイールまでやりだしたから、少なくとも一般向けにはもう取り扱いのシビアなマグネシウムホイールなんてやらんと思っていたのだが、驚いたな。

とはいえ、やるからには例のジュラルミンホイールとはまた別基軸を打ち出すつもりなんだろうけど、20インチで9kgを切るような超軽量を達成したジュラルミンホイールシリーズに対してのアドバンテージとは?

正直ジュラルミンホイールがああいう感じに仕上がってるだけに、競技専用レベルで実用性を度外視した軽量化と強度剛性の両立でもしない限り、マグネシウム鍛造の立場って結構危ういと思うのだが。

逆を言うと元々取り扱いはシビアで人を選ぶのがマグネシウムホイールなのだから、そういう方面には生き残りの道はある・・・かもしれない。

***
BBS_Super_RS.jpgそしてスーパーRSも今となっては古臭さも隠せなくなってきた割には根強いね。

まあサイズラインナップが非常に少ない上、それもどこの層を狙ってるかがモロわかりな感じだが・・・。

でもその割には「そういう車」に履かせるには厳しいサイズしかそろそろ生き残ってないし、実際今度出展されたのも20インチだというから、一体どんな車に履かせればいいのだろう?

最近のスポークとかがグネグネとラウンドしたホイールと比べれば、良くも悪くもシンプルなメッシュ(クロススポーク)デザインのBBSは「なんにでも合う」けれども。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

BBS
Posted: 2013年9月10日 01:40 アフターパーツ

RX-8_BBS.jpgヲイル交換をしていた時の雑談

営「そういえばですね、RX-8の19インチの鍛造ホイール、あれを新品で注文された方が居たんですが、あれって1本9万円『も』するんですよね」

Me「1本9万円ですか(マジで?)」

Me「(なんて安いんだろう)」

本気で安いと思ってしまった・・・。

そりゃあアナタ、デザインも凝ってるBBS製の鍛造19インチ、それもメーカー品質で超軽量型のアレが1本9万って聞いたら、安いって思わざる得ないよ。

サイズ的にはアテンザにもピッタリだし。

同じBBSのRS-GTは1本14万でしたから(爆

でも、純正タイヤコミだと、確かタイヤが鰤のRE050だったはずだから、アレのウェイトが大きいみたいで、ホイール+タイヤだと60万近いんだって。

でもホイールだけなら・・・うーむ。

***
でも実際に欲しいかって言われたら、確かにあのデザインは捨てがたいんだけれども、消極的にスタッドレス用になら、としか言いようがなかったり。
(しかもスタッドレスは買う予定がない)

夏タイヤ向けに投資するには、新古は問わず数万円くらいで手に入るツテがあるならともかく、マトモに買うにはちょっと元手が掛かり過ぎるっていうか、同じ19インチを買うくらいならその金をRZ-D買う原資にする。

***
ところで、BBSというとRZ-Dの20インチには8.5J/ET38の日本車サイズが存在する。

自分的にはこれが欲しいんだけれども、気になるのはインセット。

アテンザではどうもこのサイズだと45前後がギリギリみたいなんだよね・・・。

契約上、たとえツメ折りだとしてもボディはちょっと触りたくないので、オフセットの塩梅が単に車高を下げないとはみ出すだけなのか、それとも要ボディ加工になるのかが気になる所。

似たようなデザイン・サイズではRN(確かコレはオートサロンに出てたショーカーが履いてたような)にET43っていうのがあって、これならまだマシだと思うし、値段もよりお手頃なんだけど、RZ-Dより2kg以上重いのが気に入らない・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

17インチのテッチン
Posted: 2013年8月 7日 02:08 自動車

CX-5_001.jpg見慣れぬホイールを履いたCX-5が居る・・・と思ってよく見てみると、どうも鉄チンらしい・・・。
でもCX-5ってホイールは一番小さくても17インチのはずだから、別の車からの流用なのか・・・でもよく見ると真ん中にマツダのオーナメントが付いてる・・・なんだこりゃって思ってたら、鉄チンのグレードあったのか!しかも17インチw
しかもホイール以外の見た目にもなんか違和感があると思ったら、フォグが無い。

どうも20Cという最廉価グレードのようで、これはガソリン・FFしかないグレード。
本来は宣伝で205万~という値段を強調するために存在しているようなもので、いざ買おうとするとそれとなく20Sの方を勧められるというような流れで普通は全く売れないことも多いこのテのグレード、実際に買う人って居たんだ・・・。

でもコレが鉄チンだとは知らなかったねw
なんか専用っぽい部分も結構多くて何気に金かかってない?(w

まあ本当のところは海外仕様では普通に用意されているグレード&パーツを寄せ集めたって感じだろうから、日本では少数派ってだけだろうけど。

そういえば似たようなグレードでプリウスLとかってあれ乗ってる人居るのかな。
あれはあれで最廉価であるだけじゃなくて燃費スペシャルで中身も普通のグレードとかなり違うって話もあるから、それはそれで別の需要があるか?

ところで、大口径の鉄チンっていうと、ランクルとかにも17インチってあった気がするけど・・・。

SUVとなると鉄チンも大口径の時代か。

***
CX-5_002.jpg20Cのみに用意されているセグメント表示の専用のMID、コレの方が色々スッキリまとまってていいような・・・。
上級グレード(&アテンザ)のは一度に表示できる情報が少なくてなんか寂しい。

海外仕様のMIDはなんか日本仕様の液晶タイプとも違ってコレに近いデザインだけど、i-DMが無効化されてるって話だから、コレは専用品?

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

RX-8のアルミ
Posted: 2013年7月21日 12:12 アフターパーツ


RX-8_BBS.jpg
ふむ・・・17インチ車はET50だったか・・・。

なるほどなるほど。

とすれば、ちょっとインセットが内側入ることが不安だったRX-8の純正19インチも実はピッタリだね・w・

ところで、このRX-8の純正19インチって、BBS製である。

ホイール単体の重量はわからなかったけど、純正タイヤコミの総重量は21kgちょっとらしい。

サイズ的には、タイヤもホイールもインフィニティに使ってた組み合わせの近似サイズなので、そこから逆算するとホイール単体の重量は恐らく10kg前後と考えられる。

むしろ、純正タイヤがブリジストンであることを考えるとRS-GTとほぼ同レベルかもしれない。

これは19インチの純正アルミとしては非常に軽い部類に入る。
アテンザの19インチがもしかしたら超重量級なのとは対照的に。

コレは面白いかも。

元々、カッコイイしBBS製ということで注目してたけど、アテンザには(19インチ車だと)唯一インセットだけがノーマルより内に入るのが引っかかってたんだけど、実は問題なかったと。

でも、あのホイール、確かロータリーをモチーフとしたデザインが入っていたはずなので、(言わなければ・知らなければ)気づかれないだろうけど、やっぱりロータリー以外に流用するのは結構気が引けるかもしれない。

それに、そういう寄り道をするくらいなら一気に同じBBSでもRZ-D行きたい。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

マツダスピードのホイール
Posted: 2013年7月 8日 01:05 アテンザ

mazdaspeed_rays.jpgなんかオプションカタログに追加されてーら。

レイズ製でオリジナルより4.5kgも軽いんだって。
つかノーマルの19インチ、純正は重いって言ってもそんな削り代があるって一体何kgあるんだよw

4.5kgも削ったとなると本当に超軽量なんじゃないかって気がしてくるけれども、19インチの超軽量タイプだと7~8kg前後っていうのもあるにはあるけども、これは本当にコストか耐久性を度外視したようなホイール(BBSジュラルミンシリーズ、アクテックRF38など)であるから、現実的なレベルで「軽い19インチ」っていうのは大体10kg前後である。

純正系の19インチで最軽量格はZ34純正鍛造(これもレイズ製)の約11kgだろうか。
先代フーガとかにもやっぱりレイズ製の鍛造19インチがあったけど、重量不明。

だから、メーカー純正オプションレベルのアイテムで4.5kgも削れるってことは、ノーマル19インチは15kg以上はあるんだろうかw(ホイール単体で)

確かに19インチのアテンザは17インチ(これも何kgあるか知らんが)と比べても明らかにどったんばったんする、如何にもバネ下が重い感じの走りするけどさ。

アテンザはあの車格で非常に車重が軽いので、バネ下重量が及ぼす影響はかなり大きいと考える。

1回、未だに売れてないRS-GT(1本辺り約9.5kg・総重量20~22kg)試し履きしてみるか?

個人的には、あまりにも酷い19インチ仕様のマッチング(乗り味的な意味で)を鑑みると、手持ちの中からでもそういう選択肢が選べるというのなら、一度試してみたいと前々から思ってたんだ。

あれはマジでぶっちゃけダウンサスだけ付けてインチアップした車と乗り味が一緒ですので。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

RZ-D
Posted: 2013年4月16日 04:20 アテンザ

rzd_dbk_r_400.jpg

アテンザをインチアップするときには、純正サイズを見ていると20×8.5インチのIN38辺りがベストなような気がする。

この辺りのサイズだとBBSには割と設定があるのだけれども、その中でもRZ-Dがよろしい。

あの最近出たジュラルミンホイールシリーズである。

20インチなのに10kgを大きく下回る超軽量が魅力であり、如何にもバネ下重量が重い感じの動きを見せるアテンザには性能面も含めてベストって気がするけれども、お値段も相応、定価で約85万という大変な価格になっている。

***
ところで、20インチ化するなら最もベストなサイズと考える225/40R20というサイズ、なんとこの世には存在しない模様。

純正の225/45R19は無さそうに見えて銘柄を問わなければ結構あるのに、225/40R20は有りそうに見えて怪しいアジアンタイヤにすら設定の無いサイズというのもまた希少である。

まあ最も、仮に何か弄るにしても新車装着のタイヤを使い切ってからとなるので、その頃までに出てればいいのさ。225/40R20。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

アルミ
Posted: 2013年3月17日 00:20 ジムニー

JB23W_016.jpg

ようやく入手の9型クロスアドベンチャー純正のアルミ。エンケイ製。

重量が1本あたり5.5kgほどしかないかないらしく、社外品でもここまで軽いホイールはちょっと存在せず、純正鉄チンと比べると実に1本あたり3kg以上の大幅な軽量化になる・・・のだけど、大して変わんねえ(爆

Q45だと1輪あたり1kgのバネ下重量の軽量化でもかなり変わったので、3kgもの軽量化、それも上屋も軽い軽自動車での話となるとそれはそれは素晴らしい違いになりそうだけど、リジットサスだとバネ下重量の影響ってそれほど大きくないらしい。

結局、独立懸架と比較すると割合としてタイヤ部分の比率が低くなる以上、多少軽量化する程度では独立懸架と比べると変化の度合いも「誤差」的な感じになってしまうというわけか。

とりあえず、よく見てみると確かにタイヤ・ホイールの単体重量がモノを言う加減速のフィーリングなんかは、以前よりは明確に軽くなったようだ。

でも、足回り全体の動きを考えると、もっと根本的なところの方を触らないとこの車の場合は効果が出ないようだ.

ま、カッコイイからいっか。

ちなみにJWL-Tには適合していないので貨物登録モデルへの使用は不可、あとクロカンとかの用途にも向かないかも、だって。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

結局、落とした。
Posted: 2013年3月 5日 19:35 ジムニー

9型クロスアドベンチャーのアルミ。

とりあえず夏タイヤは確保完了である。たぶん。

でもジムニーのタイヤ・ホイールってホント高いわ。
新車外しとはいえ、72Kですか・・・。

まあ、中古だとホイールだけでも(何故か)大して変わらないので、それを思えばほぼ新品のタイヤ付き(9型のモノだからどんなに悪くても1年もの)と考えればタイヤ付きの買い得感は高いですが。

うーむ。

結局、タイヤは新品(に相当する品物)を用意するのを前提とした場合、意外とジムニーのタイヤって高いので、予算を切り詰めると選択肢って狭い。

***
そういえばジムニーさんって、一部の年式(ちょうどウチくらいの頃)の車って、事実上ノーマルサイズ以外のタイヤ履けないんだよね。

いわゆるリフトアップサイズみたいのに限らず、割と定番的な185/85R16も無理と。
(パジェロミニとかジムニーシエラサイズみたいな径が一回り小さくなるサイズは流石に可?)

パジェロとかランドクルーザーとかでは、改良時にボディリフトされたり、逆に大きくローダウンされたりした事もあったけど、ジムニーは何が変わったのかはよく知らないけれども、初期のモデルと対策後のモデルは可で、中期頃のものでは不可。
何も変わってないように見えるのに、ある時期の車だけボディマウントに干渉するらしい。

まあ確かに先代までは複数タイヤサイズがあったりしたから、ちょっとくらいのサイズアップは問題ない(ってか175のサイズは元々使ってたサイズよりもちっさい)っぽいけれども、現行型は軽登録モデルは175/80R16以外の設定は無い。

だからと言ってそれ専用の設計というのもストイックだと思うけど(逆にスズキらしい?)、だから程度も良くて安い中古があったと思ったらそういう普通の車には使えないやつで、純正系はお高いのか。

***
ちなみに物の本によると、昨年のジムニーの登録台数は1万4000台強らしい。

月1000台以上。

そりゃ、何気に9型見かけるわなぁ。

クロスアドベンチャーは目立つからすぐ分かるけど、何気に標準車も結構居るんじゃ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

アルミ
Posted: 2013年2月15日 00:11 ジムニー

JB23W_014.jpgあんまりにも上手くいかないので業を煮やしてもう新品も視野に、と思って9型クロスアドベンチャーアルミの正確な値段を聞いてみたところ、1本31Kほどらしい。

実はこれって何気に前々からオプションカタログに載ってるスズキスポーツ製アルミや、3種類ほどある通常のオプションアルミより1~2割程度安いんだけれども、それでも4本揃えれば124Kほど、タイヤも含めれば180Kにも到達するので、何とも言い難いレベルである。

今のところオクを覗いていると新車外しっぽいのの相場は70~80K程度だけれども・・・。

このアルミ、確か1本5.5kg程度しかないはずなので、純正てっちんが8.7kgもあることを考えれば、1本辺り3kg以上もの大幅なバネ下重量の軽量化になる。

もちろん、てっちんが耐久性重視?で重いのは仕方ないにせよ、ジムニーのアルミって他は少なくともこれよりも1~2kg程度重いものばかりで、この純正のアルミが選べる中でほぼ最軽量の部類に入るので、乗り心地の改善には背に腹を変えられないというか。
(お高い半競技向けみたいなやつならこれレベルに軽いのは一応ある)

でもピロラテラルリンクも足の動きの改善にはいいらしいけれども。
これに性能の良いショックも組み合わせられれば街乗り最強か。

でも一番のガンはやっぱり結局前後リジットサスの4駆ってところで、確かにこれだとデフなどの駆動系も含めて全部バネ下に掛かるので、そういう原理的な部分はどうしようもないにせよ。

ジムニーJ2?ありゃ邪道だろ(w

しかし、このクロスアドベアルミにせよ、聞けば「高いですよ」とは言われども「売れません」とは言わない辺りにスズキの商魂逞しさを感じる次第であるw

他のメーカーなら特別仕様車とか限定車のパーツって補修向け以外には売らないことすらあるのに。
(それでもどこからともなく流れてくるけど)

まあクロスアドベグリルとかを普通にオプションカタログに載せる会社ですしねw

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

アルミ
Posted: 2013年2月 2日 20:01 ジムニー

JB23W_014.jpg一応、ディーラーで聞いてみたら9型クロスアドベンチャーのアルミ自体は普通に購入可能、とのこと。

ただ、やっぱり値段がね・・・。

詳しい値段は調べてみないと分からないけど、概ねDOPのカタログに載ってるアルミと同じ値段というから、大体1本3万強である。4本揃えれば13万くらい。

だから中古・・・と言いたいけれども、先日も言った通り中古需要も旺盛なのでそもそも出物が無い(9型アルミとなると更に新しいし)・あっても高い、である。

普通の車なら結構ある「新車外し」も見当たらないしね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search