Driver's High


Search: ボディカラー / 30 Hits

イナズマスパーキングブラックガラスフレーク
Posted: 2017年7月 5日 01:44 自動車

ノアとエスクァイアがグリルのお化けになってもーたー・・・とドン引きしてしまったんですが、ヴォクシーに面白い色が設定されましたね。

イナズマスパーキングブラックガラスフレーク。

非常に珍しい、ゴールド系のブラックパール。

黒と金色は相性の良い色ですが、それをブラック系カラーのハイライトカラーとして使うことは何故かあまり見かけることがありませんでした。

ブラックパールカラーというと、ミスティックブラックのような変わり種を除くと青味の濃淡で色々と表現されることはあれど普通はブルーブラック系が主流で、最近はトヨタが凝ってる無彩色メタリックが増えてきている感じ、それ以外ではそしてたまにニッサンのガーネットブラックのようなルビーブラック系を見かける程度で、黄色味を帯びるゴールド系は今までスズキのスパークブラックくらいしか記憶になかったりします。

このテの色は実際のところ表現としては結構難しいもので、ルビーブラック系だと黒というよりはパープル~マルーンっぽく見えることも多々あったりと、「黒」を表現するには色の主張が激しすぎるように見える事も多いので、黒の印象を消さずかつ青味を持たせることで締まった印象を持たせられるブルブラ系が最も扱いやすいっていうのがあるんでしょうけれども。

相変わらず厨二系なネーミングなのは気になりますが(笑)、でも人気のヴォクシーにこの手の色が出てきたってことは、流行るんだろうなぁ・w・

そういえば現行ヴォクシーのボディカラーといえば厨二系なネーミングとは裏腹にダンディな渋みを帯びているということで評価の高いブラキッシュアゲハなんかもおなじみですね。
(いい色なせいか、ネーミングはそのままでプレミオにも設定が増えた色・笑)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

コスモシルバー
Posted: 2016年10月16日 02:18 自動車コラム

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20161013-10253263-carview

記事をぼんやり読んでて、塗装の流れがかつてソアラに設定のあったコスモシルバーに似ているなぁと思った。

まあコスモシルバーはガンメタというよりは普通のシルバーに近い色なので、もろガンメタのマシーングレーとは相当違う色だが、色の出し方のアプローチは大変似ている。

そもそもコスモシルバーは、従来のパール・メタリック塗装に飽き足らず生まれてきた超金属調塗装の第1世代的な色で、この色でもメタリック粒子の流れなどはカラーを表現するのに非常に重要な役割を果たしているし、また何気にこういうメタリック塗装の塗料の進化の過程としては、塗った後のメタル粒子の配列がどうなるかというのは重要な要素なので、マツダに限らず塗料メーカーは日々それが理想の状態になるよう、研究しているものだったりする。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

トヨタ3P3
Posted: 2016年3月14日 01:43 自動車

ん?

3P3_001.jpg

3P3_002.jpg

カラーコード見てて気づいたんじゃが、今度のクラウンのピンク、ヴィッツのピンクと同色なんじゃが・・・。
(前期の3T4モモタロウは今のところ専用色)

名前もそのまんま、仄が付かないだけっぽい(笑

でもまあ、不意打ち的な組み合わせをすると特別感が出る色っていうのは結構あるもので、例えば先代ロードスターの限定車に塗られた限定色のグリーンメタリックって、実はデミオのカタログ色だったりとかするんですよね(笑

***
3P4_001.JPG

でも個人的にやっぱりこの手の色で一番好きなのはセルシオのピンク。
(純正色かつカタログ色)

***
でもこのセルシオピンク、カラーコードが3P4で今度のクラウンやヴィッツのと連番になるんだけど、クラウンとかのは別に昔からあった色というわけではないっぽいんだよな。

ニッサンだと番号の振り方はほぼ登場順になりますが。

トヨタは一応法則性はあるけど順番に番号を振っていくかどうかとは別なのか。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

雑記
Posted: 2014年8月 9日 16:06 自動車

■A8
http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20140806-10208690-carview/
audi_A8_002.jpgドイツ御三家のフラッグシップモデルの中では何気に一番モデルが古くなったせいか、そもそも最近のアウディのデザイントレンド自体が一昔前の優美な空力デザインや、シングルフレームグリルみたいな特徴的なモチーフを用いて先進性を前面に押し出す感じからややトラディショナルな方向に振れたせいか、最近のアウディって(LEDで複雑奇怪化したライト周りを除いて)非常にクリーンで、何気に最近の車のグネグネしたラインの受け入れられない昔気質のおっさん受けするデザインになってる気がするの。

audi_A8_001.jpgでも、アウディはクワトロシステムを推進するせいかA8でもFFベースになるから、真横から見るとFFベース丸出しの長大なオーバーハングを持ったシルエットっていうのは、当然ながら大衆車を思い起こさせる要素の一つになるので、この手の高級車の中ではすごい弱点だと思う。

■トヨタ3T4
「モモタロウ」としてクラウンに設定された色ですが、別名でピンクサファイアという名称もある模様?

でもこの色クラウン以外に設定された(する予定もある)んだろうか。

ピンクサファイア・・・もしこの色で設定される車種が出てくるとしたら、むしろ今40~50代くらいのおっさんのノスタルジーを掻き立てる方向か。
クラウンもある意味でそういう感じだっただけに。

でもあまりにも特徴的すぎて別車種に流用が利かない気もしますが。
(絶対に「あのクラウンのピンク」という形容詞が付く)

他のメーカーだと割りと面白い流用パターンがあったりしますが。
(例えばNCロードスターの特別仕様車に設定のあった鮮やかなグリーンメタは実はデミオのカタログ純正色とか)

■正味の軽量化
http://clicccar.com/2014/07/26/262803/2/

正直、新型車の「実質軽量化」っていう文言はやめていただきたい次第(笑

だって、実質○kg軽量化って言ってもある意味比較しようがないから、カタログ開いてがっくりするんだもん。

これを初めて体験したのが3代目パジェロで、3代目のパジェロは鈍重なラダーフレームからモダンな(ビルトイン)モノコック構造とかを使って軽量化に配慮したって派手に宣伝していて、確か「実質」100kgだか200kgだか軽くしたっていうから、2代目よりも二回りはでかくなったボディでそんな軽量化できるってすごい!と思いつつカタログ開いたら2代目とほとんど数字が変わってなかったというトラウマがあるでな。
(まあ確かにあのボディで重量が増えなかったのだから「実質」は軽量化してるわけだが・・・)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

魂に火をつけろ!
Posted: 2014年1月15日 15:37 自動車コラム

http://www.mazda.co.jp/blog/archive/20140108_01.html

だからワシが言いたいことは、もうちょっと製造工程とかにも凝って欲しかったということであって。

なあに、難しいこと(?)は言わん。

中塗りを水研ぎして欲しかったんだよね、この色。

最近は塗料や機械側の改良もあって塗りっぱなしでも昔よりも平滑性が出るようにはなってるらしいけど、やっぱり結構赤の地の色が結構ボコボコなんだよね、ソウルレッド。

決して不良ではないが、言うなればこれは大衆車の塗装だ。

まあ磨き屋なんかのブログを見てると初期のアテンザなんかはこの辺りの細かい仕上げがかなり酷いらしくて、生産初期の不安定さみたいのが垣間見られたりもしたそうだが、これはせっかくの赤の発色を削いでいると思うから、綺麗に仕上げて欲しかった。
(アクセラではちょっと良くなってる気もするけど、気のせいのような気もする)

クリアなら後からでもある程度は修正は利くけど、中塗りは塗り直しでもせん限りそうもいかん・・・。

普通の特別色よりもオプション価格高いんだから、それくらいやって欲しかったんだよね。

何度も言ってるけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

よく売れる色
Posted: 2013年7月11日 00:14 自動車

XV_001.jpg

http://carview.yahoo.co.jp/news/market/188059/

外装色構成比
サテンホワイト・パール:28.3%
デザートカーキ:14.7 %
アイスシルバー・メタリック:13.0%
プラズマグリーン・パール:11.2%
クリスタルブラック・シリカ:9.4%
ディープシーブルー・パール:7.9%
ヴェネチアンレッド・パール:5.8%
タンジェリンオレンジ・パール:5.3%
ダークグレー・メタリック:4.4%

デザートカーキみたいな変わった色がよく売れるとは、やっぱりスバリストは変わっている・・・。

カーキ色といえばやっぱりワイルドイメージを強調したいエクストレイルがイメージカラーでもない?のに必ず1色は常にラインナップに載せているけれども、やっぱり色としては名状しがたい色だけに、全く売れていないのとは対照的だね・w・
まあ売れてない色はイメージカラーとて即カタログから落とすニッサンがあそこまで執拗に残すんだから相当なものだけど。

それ以外にも他のメーカー(車)なら売れてる色が不人気だったりとか、割りと販売比率がバラけてたりとか、ちょっと特異な感じだ。

ついでにイメージカラー系の色もあまり上位ではない(特にオレンジ)のも変わってる・・・のかな。

まあイメージカラー=売れ線ではないのは他の車でもよくあるけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

最後の一手間
Posted: 2013年5月18日 00:07 自動車コラム

中塗りの水研ぎ工程は、ニッサンでは「今はシーマだけ」と言っているけれども、昔はG50系なんかもやっていた(ド初期のQ45はこの工程が無かったらしい)。

これをやると確かにクリアの下の色の平滑性が違うんだよねー。

だからQ45でオールペンした時は、ある意味では「並の塗装になっちゃった」って思ったり。
最も、そういう中塗りの磨きまでやってくれってそういうので言ったら・・・・。

逆を言うと、それをやってないっていうのは意外とすぐに分かるもので、GT-Rなんかでも出てすぐの頃にアルティメイトメタルシルバーを見た時に、中塗りの品質が普通の車レベルだったのがものすごい残念だったりした(すごい高い特別塗装色なのに・・・)。

最も、GT-Rに限らず「拘りの色」という謳い文句で設定されるような特別塗装色にしても一般にはここまではやらないのが普通で、アテンザのソウルレッドプレミアムメタリックにしても、匠塗とか言ってるけれども、実際のところこの工程まではやってない(っていうのが見ればすぐに分かる)。

これは塗料の改良とかとはまた別のレベルの話になるので、ああいう色の場合だとパール・メタル粒子がどれだけ均一かつ平滑に定着するかっていうのの研究は日夜行われているので、塗りっぱなしでもかなり綺麗になるようにはなったけれども、結局どれだけ塗料や塗装技術が進化しても、細かいゆず肌は必ず残るものなので、最後の一手間として重要なんである。

だからソウルレッドもコレをやればもっと綺麗に見えると思うんだけど、まあ普通の新車塗装であれば1mも離れれば分からないので、細部にまで拘りが及ぶ高級車以外にはやるだけ無駄とも言う。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ラディアントエボニーマイカ
Posted: 2013年4月27日 22:07 自動車

ベリーサはいつまで売るんだって話になって、なんとなくカタログを見てみたら赤系のボディカラーが3色も設定がある。

赤系の設定の多かった車といえばJY32レパードJフェリーも初期型には3色設定があったが、これらは最終的には全色落ちてしまっているので、モデルサイクルも後半に入ってきてる中でこの設定は、やっぱりマツダって赤が好きだなぁって思ってしまう。

赤といえばホンダも赤のイメージがあるけど、マツダは「赤いファミリア」以来の伝統か。

でも、その中ではラディアントエボニーマイカだけがなんとなく毛色が違う。

よく見てみると、この色は赤というよりは黒っぽい。
エボニー=黒檀なので、やっぱり赤ではなく黒系の色なんだろう。

ただ、ベリーサのカタログには写真がなかったので、調べてみると・・・コレってももしかしてガーネットブラックとかみたいなレッドブラック系か。

何気にこの色の設定のある車となると、プレマシーがイメージカラーなのかカタログに大写しになってるけど、これはなんとなくレタッチ過剰(よくある話)で茶色っぽく見えるが、ガーネットブラックもカタログ写真では同じように茶色っぽく見えるレベルのレタッチになっているので、同じようなもんである。

では実車写真は・・・確かに黒にしか見えない物も多い反面、ガーネットブラックと比べるとやっぱりハイライトがより赤っぽいというか、全体的に黒と括るには明るめで茶色系のような気もする。難しい色である。

アテンザにこの色の設定があったら選んでいたかもしれないなぁ。

ところで、実はこの色の試乗車が(ry

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ソウルレッドプレミアムメタリック
Posted: 2013年3月26日 01:05 アテンザ

特別塗装色である。

5万円プラスなので、普通の特別塗装色と比べても特別な塗装、らしい。

いつの間にかCX-5にも追加されてるけど、アレはイメージカラーが確かジールレッドの方だよね・・・。

ところで、少々考えてイメージカラーというものは意外と取り扱いが難しいものと感じてきた。

確かにソウルレッドは似合う。
けれども、イメージカラーだからみんな好き嫌い選り好みは別として、アテンザといえばあの色と大体の人は思い浮かべるわけであり、人前に出したところである意味驚きはないわけだし、知らない人相手には今度は単純にアピール度が高すぎて厭らしい。

要するに自分の色が無い。
赤いアテンザは、それだけで既にストーリーが完結してしまっているのだ。

だからと言ってナニをアレするという気力は恐らく向こう3年くらいは起こらないと思いますが。

そういう意味では最終的に悩んだ候補がブルーリフレックスとアルミニウムシルバーだったりする。
ブルーリフレックスは実にいい色だ。水色の大型車というのは一種独特の雰囲気がある。
アルミニウムシルバーは一見普通の銀だけど、シルバーが似合う車は美しいというのが持論だ。

こういうのをベースにした方が面白いかな、と思っていたりする。

まあ最も、見積書その他にはソウルレッド以外の文字は書かせたことがありませんし、交渉の場でも一切口に出したこともありませんが。

要するにFunの要素を考えるとソウルレッドというのはアテンザに塗るには実は面白くない色であり、オールペンの題材としては扱ってみたいかなっていう方向性を感じていたりする。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ジム兄さんの、おいろなおし
Posted: 2012年11月28日 00:51 ジムニー

JB23W_002.jpg

今現在のジムニーの色は、シルバーである。

中古車を見てるとランドベンチャーとかクロスアドベンチャーとかの特別仕様車ばっかりなのに、街中を走っていると案外シルバーのXCとかXGという個体が結構多いことに気づく。
自分しか乗ってない車に乗るのに対して、これは何気にいいステルスです(ぇ

でもやっぱりなんか寂しいのでサビてきたりしたら色が塗りたくなってしまうかもしれない!(視線を外しながら

ということでどんな色が似合うか多少思案してみる。

JB23W_007.JPG

これは真剣にジムニーを考える以前・・・というか、ボディカラー考察の時に見つけたのだけれども、恐らくパレットとかに純正設定されているクリアベージュ(だと思う)。

だってクリアベージュで検索したらヒットしたんだもん。前。

この色は個人的にすごく好きな色で、何かの機会があったらこの色を使ってみたいとは思っているのだけど、ジムニーではどうも特別仕様車専用色だったらしいけど、どちらかというと華やかな感じの車に似合いそうな色の割りには、ジムニーでも案外似合っている。

JB23W_006.JPG

だけれども、グリーン・ベージュ2トーンもなかなか。

この時期の車はまだ2トーンカラーが似合うけれども、ジムニーもそのタイプらしい。
この配色だと如何にも一昔前のクロカンって感じの雰囲気になるけれども、そもそもJB23は98年発売なので、今となっては15年近くも前の車になるのである。
ただ、この時期の車で2トーンってかなり少数派にもなっていいたけど。

でも、なんか2トーン色の車にはドアパネルが付いてるような・・・。

JB23W_008.JPG

面白い色といえば、ガンメタ2トーン?
でもこのガンメタ、グリーンが入ってるような・・・。

RangeRover_001.jpg

グリーンが入ってるガンメタといえば、クラシックレンジのモスウッドグリーン?
でもこれグリーンって付いてるだけでガンメタでもなく茶色にも見えるけどw

でもクラシカルなデザインの車にすごく似合いそうな、素敵な色です。
これで2トーンって、渋そうなんだよなぁ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ホワイトノーヴァガラスフレーク
Posted: 2012年10月16日 02:51 自由研究

そういえば最近ってかつてのソリッドホワイトにあったような、より白いを追求する傾向がまた出てきたような。

ただここ15年くらいの間で主流だったホワイトパールでも十分白いこともあってか、各社それなりに「白」の表現には苦労しているようで、従来の白と並行して新色の設定があるところにも特徴がありそうな。

そんな中でレクサスにもそんな新色が登場。

083ホワイトノーヴァガラスフレーク。

昨日行ったレクサスにも、たまたま展示車でこの色の車があったけれども。

思うに、この色は磁器の白みたいなのをイメージしてるんだろうか。

ニッサンのKBBエターナルスノーホワイトとは違って、パールホワイトの定石とも言える3コート塗装だけれども、パールメタ感が薄くて比較的のっぺりとした色味の白に見えた気がした。

レクサスの場合は主戦場がアメリカにあることもあって、アイボリー系のホワイトパールも用意しているけれども、こっちは日本での流行りであるより白い・・・という方向の一つの解なのかなぁ。

レクサスが最近たまに使うガラスフレークを使った塗装は従来のパールメタ塗装と違う無機的な色味の変化を見せるのが特徴だと個人的には思っているわけですが、ニッサンの場合はアプローチは異なりますが無機系の風合いを強調しすぎてシルバーっていうかグレー味がかっちゃってるけど、こっちは割合素直に純白になっている気がする。

ちょっと前にはブルーイッシュパールクリスタルシャインっていう、青みを強くすることで白っぽさを強調するような色を使っていたこともあったけど、あれは白っていうには違和感すごかったからね(笑

最も、屋内の照明の下では隣に定番のホワイトパールクリスタルシャインの車が並べられてたけれども、違いはよく分からなかったから、あのFスポーツのLSがいつか試乗車になることを祈るのみかね(笑

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

KH1
Posted: 2012年9月19日 23:41 自動車コラム

JG50_044.jpg

やっぱりKH1は味わいがあってよろしいですな。

この時代は純白の白っていうのは、スーパーホワイトとかのソリッドホワイトが担っていましたから、パールホワイトとなるとホントに真珠みたいなアイボリー調が多かったですが。

結局、日本でソリッドホワイトカラーが廃れた原因っていうのは、1コート塗装が主流だったからだよね・・・。

高級車に設定されていた場合ですら、1コートで済まされてた場合が多かったし。
(だからY32とかではフッ素塗装選べなかったような・・・)

ハイソカーブームの頃のソリッドホワイトブームっていうのは、日本人の美意識的なものと、あとはメーカーの都合(塗装工程とか塗料代のコストダウン)の利害が一致したって面が大きかったみたいなんですよね。

最初にソアラなりなんなりで設定された時は単純にカッコイイのが良かったんでしょうけど。

だから、ユーザーは白い車に憧れてスーパーホワイトとかの車を買う、メーカーは同じ車でもより利幅を大きい車を合理的に売れるから拡販に勤しむ・・・というプラスのスパイラル(笑

で、そのうちバブルを迎えてより上質な・・・って要求が高まったのと、安価な塗料ができたお陰で、90年代以降の日本車っていうのは海外ではあり得ないレベルなくらいパール・メタリック塗装天国みたいな状態になっているんですが、その中で1コートの単純なソリ白は取り残されてしまった、と。

まあ本来ソリッドホワイトが担っていた部分にまで「パールホワイト」が進出してきたっていうのも大きいんでしょうけど。

ああいう純白のパールの開祖ってニッサンのWK0・WK1辺りなのかしら。

外車なんかのソリッドホワイトは確かに基本色の1つとして今でも定番でもあるのですが、ちゃんとクリア塗った2コートが多いんですよ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

面白いデータが
Posted: 2012年9月12日 13:07 自由研究

北米仕様に設定されていたボディカラー一覧

621/White Cotton('89-93)
AH1/Black Cherry Pearl('89-93)
AH2/Burgundy Berry Pearl('89-92)
AL0/Crimson Pearl('93-95)
BJ4/Twilight Blue Pearl('89-92)
BK8/Blue Lapis Pearl('93-94)
BM1/Dark Blue Pearl('95)
CG2/Beige Pebble Metallic('89-95)
CK0/Beige Silk Metallic('93-94)
DJ2/Dark Green Metallic('89-95)
FL0/Silver Blue Ice Pearl('93)
KH1/Ivory Quartz Tri-Coat Pearl('89-95)
KH2/Grey Charcoal Pearl Metallic('89-94)
KH3/Black Obsidian('89-95)
KJ1/Beige Sand Pearl('89-95)
KJ2/Silver Ice Metallic('89-92)
KK0/Grey Anthr. Pearl Metallic('93-94)
KL0/Silver Crystal Metallic('93-95)
LM0/Mulberry Frost Pearl Metallic('94)
LP0/Silver Amethyst Metallic('95)
LP2/Dark Red Purple Metallic('95)
QN0/White Platinum Tri-coat Pearl('94-95)
TG0/Blue Grey Storm Metallic('89-91)

96y?(Y33かも)
CG2/Beige Pebble Metallic
CP2/Brown Pearl
DP0/Forest Green Metallic
KH1/Ivory Quartz Tri-Coat Pearl
KH3/Black Obsidian
KL0/Silver Crystal Metallic
LP2/Dark Red Purple Metallic

参照した資料自体は公式のものではないですが。

つかモデルイヤーの数え方が1年ズレている気がします。
あと、同系色どころか同色系の色がカブって設定されてるような記載になってたりとか、本当にコレで正しいのかって疑問も湧くわけですが。

大雑把に見れば、前期はほぼ日本仕様と一緒ですが、ほぼ毎年なんらかの入れ替わりがあり、前期途中の93y辺りから日本仕様と違ってきます。後期なんかはほとんど別物です。
でも、日本と同じでKH3・DJ2辺りはほぼモデルサイクルを通して設定されています。

それと今更公式の資料なしで確認するのも難しいですが、FL0・QN0・LP0とかなんていうのもあるんですな。

これらの色はQ45の個体としては全く見たことがないんですが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

2トーン
Posted: 2012年7月30日 23:21 自動車

ミレーニアのパール2トーン見ててちょっと思ったんだけど、

↓コレ
eunos800_003.jpg

Q45後期でも白と銀に限ってこっそりと2トーンに塗り分けられている方の銀色側、これみなさん1トーンに塗り直しちゃう方多いですけど、敢えてバブル期風にゴールド(ベージュ)に塗り分けたらカッコイイかなぁ、とミレーニアを見てちょっと思ったり。

バンパーの塗り分けラインが似てるからね。

でもミレーニアと違って、サイド~後ろの塗り分けラインはフロントバンパーと合ってないから、あんまり格好良くないかもしれない。

この塗り分けライン、前期は全色で塗り分けがあったのですけど、フロント以外は前期と変わってないはずで、何故かFバンパーのキャラクターラインだけ上に上がっちゃってるから、こういう塗り方するとヘンになるんだよね。

たぶん、皆さん1トーンに手直ししちゃうのはそこらへん気になるんでしょ。

ってか、Q45でも前期の白は塗り分けが確かベージュだったんだけど。

HG50_117.jpg

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

初 め て 見 た
Posted: 2012年2月 6日 20:23 自動車

FY32_005.JPG

CK0の32シーマ・・・。

Jフェリーでレディッシュゴールドって名前で設定のあったピンクです。
シーマでもライトブラウンって名前で設定されてます。つまり純正色。

これ、何気なくFASTで見つけてぶっ飛んで、カタログで設定を確認して笑ったんですが、写真すら今まで見た事ないような仕様でありました。

でもやっぱこれブラウンじゃねーよ(笑
カタログのカラーチップじゃそれっぽい色になってるけど。

Jフェリーでも滅多に見ない・・・いや、Jフェリーではレアレアと言われながらも赤系3色(AH1・AL0・CK0)の中では一番見る気がするな。
でもシーマでも頼んだ人居たんだ・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

まぢょーら
Posted: 2012年2月 6日 05:01 自動車

ミスティックブラックが綺麗に写ってる写真ってホントねーなー。

E51_001.jpg E51_002.jpg

個人的に特徴がよく表れてると思う写真はこの辺りかなぁ。

ミスティックブラックってマジョーラカラーだけれども、エルグランドのデザインのせいか変色の具合が緑系か紫系のどちらかに偏るか、真っ黒なままっていうのがほとんどなんだよね。

なんであんな抑揚のないボディにマジョーラ使ったし(w

まあ綺麗に写ってたとしても色味の具合的になんか撮影や編集失敗とか、デジカメの故障みたいな感じに見えるっていうのがなぁ(爆

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

レアカラー
Posted: 2011年8月 1日 22:05 中古車

UCF30_003.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU0482202762/index.html?TRCD=200002

純正色です(笑

ようやくわかりやすい形で出てきてくれやがりましたね、このガチレア色。

30セルシオの最初期型のみ設定のあった純正ピンク、当時このテの色はブームということになっていたのでヴィッツなどでは大量に売れた色ですけど、セルシオではさすがのトヨタさんでも売ることが出来なかったらしく、トヨタさんとしては珍しくたった1年でカタログ落ちした色です。

山ほど売れて残存率も非常に高いと言われているセルシオなのに、都市伝説レベルの不人気ぶり。

中古は1000ウン百台も売られてる中で、その中で1台あるかどうかってどうよ。

しかしこういうヘンなモノがお好みなので、どうしてもセルシオに乗り換えねばならない事態(なんだそりゃ)になったならば、おそらく選ぶのは10系のC・Fパックか、この30系3P4のC・Fパックインテリアセレクションを選ぶでしょう。

インフィニティなら乗ってるだけでプライベートがバレますが(爆)、セルシオでもこの色に乗れば絶対に間違われない!(何

でもピンクって言うとJフェリーのピンク(CK0レディッシュゴールド)もレアって言われてるけど、あれはレアって言われてる割には意外と見かけるよねっていう。
まあ後期ではカタログ落ちしましたけど。

ちなみに専用色。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

エルグランドのボディカラー
Posted: 2010年8月 5日 04:29 自動車

ハイウェイスター系は4色中(ってか4色しかないのかよ)3色が特別塗装色

これもう唯一標準色のブリリアントシルバーだけ「値引き」にするか、最初から特別塗装色代コミの値札付けた方が良かったんじゃねーの?

しかも色がまた地味。
4色の内訳が黒・白・銀に、見所のマジョーラらしきLAEオーロラモーブのみw
これでモデル末期じゃなくて最新の新型車なんだぜ・・・。

ちなみにG50系は特別塗装色が無い車でした。
3コートのホワイトパールも、ソリッドのブラックも、前期の似非マジョーラ(トワイライトカラー)も、全部加算ナシ。

真の高級車とは、やっぱり細かいところは太っ腹っつーか、おおらかなものです。
まあ、その分仕上げに手間掛けてたみたいだから、磨き代>>>>>>>塗料代だったんだろうかw

しかし、一番下の250XGに用意されてるベージュっぽい色、何気にこのグレード専用色なのな。
これ高級っぽい感じがして似合いそうなのに。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ガーネットブラックのホンキ
Posted: 2010年7月18日 18:59 自動車

昼に出かけようとした時のヒトコマ。

IMG_19042.jpg

( ゚д゚ )!

IMG_19032.jpg

何ですかこの赤味。
これですよ。これを求めていたのですよ。

ちなみに、暑かったのでドア開けて熱気逃がしてるだけ(爆

IMG_19052.jpg

強烈に日差しを当てると、一気に浮き上がってきましたね。

同時にバフ目も(笑

ちなみにバフ目はオールペンの時の仕上げのまんまなんで、仕様です(w
コレ見てると洗車キズってレベルじゃないので、なんかその辺り半分どーでもよくなってるんですけどー(笑
どうしようかしら(笑

なんか、今日は一日中黒ってよりは紫みたいになってました。
これでガーネット「ブラック」なのよ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

スターライトブラックガラスフレーク
Posted: 2010年7月12日 22:29 自動車

せっかくレクサスに行ったのだから、トヨタ217、つまりスターライトブラックガラスフレークのカラーサンプルもじっくりと見てみたんだが・・・。

カラーサンプル単位だと、あんまり面白い色に見えないなぁ。

こう、見え方としてはブラックパール・ブラックメタリックとほぼ一緒。
それでいてベースカラーのブラックもほぼ漆黒。ヒネリなし。

色名やガラスフレーク使用の語感から受けるようなラメ感的な派手さは一切なし。
言われても従来のパール・メタと何が違うの?って感じ。
ガラスフレークの粒子が細かすぎるんだと思う。

うーむ。

タダのソリクロじゃ地味過ぎるって人向け?

レクサスで言えば、212じゃ物足りないけど、214じゃ派手すぎるって思う人・・・そんなニッチな人居るの?(笑

結局、色味として本当にタダの黒で、ブルーブラックとかそういうのでもないっぽいから、ちょっとどういう方向を狙っているのか、分かりづらい色なんだよね。
なんせ、ほぼ同色と言える212も普通に残っちゃってるんで、同じ色が2つあるような状態。
名前的に見てワゴンRのスパークブラックパールみたいな色味も入るのかと思ってたら、違ったし。

IS・GS辺りなんかは法人ユースとかは少ないだろうから、必ずしもソリクロのラインナップは要らないだろうし、212落として217に一本化すればいいのに。

レクサスGSハイブリッドなんか、今黒3色も設定あるしね(笑
(212・214・217)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search