Driver's High


Search: レパード / 19 Hits

ポルトローナ
Posted: 2017年8月 6日 21:35 中古車

U00021535208_11_001.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5913483952/index.html?TRCD=300001

車体番号:JGBY32-001512
モデル記号:BPFBRGAY32EDAABCA-
製造年月:94年8月
グレード:タイプX
カラー:DJ2(ダークグリーン)/P(タン)
装備:マッドガード、DSP、助手席パワーコンフォートシート+グリーンガラス+ポルトローナフラウ内装、鍛造ホイール

Jフェリーのフルオプションって意外と細かい装備までライン装着扱いになってモデル記号が変わるのでなかなか「これ!」という条件は挙げづらいのだけれども、少なくともリヤスポイラー辺りは付いてなくても良いと思うw

さてこの個体。

そもそもフラウレザー仕様ってこれ単体の値段が60万円もしていたせいか、他にオプションを付けている場合がかなり少なくて、場合によっては3リッターで助手席エアバッグを外してでもみたいな涙ぐましい個体が居たりするわけですが、V8でDSPや鍛造ホイールも付いているという、コミで言えば600万は当時払ったんじゃないかと思われる仕様。
(そもそもV8タイプXはオプションも何も付けなくても480万だ)

まあ「フル」かと言われればサンルーフやオートリフレックスミラー他のオプションは無いし多少カスタマイズされてるのは残念ですけど、こういうJフェリー自体珍しいので。。。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

元の鞘
Posted: 2014年12月22日 04:39 中古車

JPY32_016.jpg

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700051053820080927002.html

久しぶりにフラウレザー車を見かけたのでちょっと見てみたんだけれども、アレこの車どっかで見たこと無い?

・・・。

・・・・・・。

この個体だね。

6年前かぁ、廃車にならなかったんだねw

見た目的にはJ30ライトとホイール以外はほとんど変わってないみたいだけど。

やっぱりJフェリーはポルトローナ・フラウ仕様ってだけで価値が生まれるんだろうか。

でも、よく見てみると以前と風景まで同じ気がするんだけど、前ユーザーが買った店にまた売ったのか、それとも複数オーナー経由して偶然なのか、同じ店に舞い戻ってきたってこと?

***
ところで、以前見かけたKH1ホワイトパールのJフェリー。

その後調査してみたところ、どうもこれカタログに載ってたんじゃないかって気がしてきた。

何時の段階でカタログに載ったのかは分かりませんが、よく見てみるとカラーコードとしてはFASTにも載っている&存在が確認された前後の個体の車体番号を漁ると特注とは考えられないほどの数が存在することから、恐らくWK0との差し替えで平成6年頃に載ったのではないかと。

しかし不思議なのは、色の整理などがあった一部改良の直後は、白はWK0のままだったんですよね。

その後すぐ差し替わったってこと?

当時のカタログなんて・・・あるのかな。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

これは世に出るはずの車だったんだろうか
Posted: 2014年12月19日 12:18 中古車

JPY32_014.jpg

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/17/700101023830140828003.html

車体番号:JPY32-000120
モデル記号:BLEARGAY32EDAB-EE-
製造年月:92年6月
グレード:タイプL
カラー:CK0(レディッシュゴールド)/Q(不明)
装備:ASCD+キーレス+マッドガード、助手席パワーコンフォートシート+本革シート、サンルーフ

・・・で。

ちょっと前からこういう車があることにも気づいていたのですが、この車、内装色が恐らく純正です。

最初はベージュレザーの写真うつりのアヤかと思ったけど、よくよく見ればどう見ても白。

北米仕様には白皮仕様って純正でありましたし、日本でも張り替えたと思しき個体は一度見たことが有りますが、カタログ上では当然設定なし(FASTでも区分無し)、しかし現にこういう個体が存在するということは、日本でも白皮仕様の設定が模索された、というか車体番号的に半ば試作車?

カラーコードQも、どうやら過去の調査の結果では北米仕様では白皮内装を表すコードのようなので、そういうことなのでしょう。

CK0のボディカラーはともかくとして、派手に弄った姿と合わせて(でも何故かJ30ライトは未装着)張り替えたのかと思っていたけれども、実際に生産された個体のようで。

生産がド初期なのに登録落ちになっているっぽい辺りも怪しいですし、幻の黒のJフェリー(少なくともその後の調査の結果では数台存在することは判明)と同様、よく分からない車です。

***
そして、この車の車体番号でシートとかの部品検索をすると品番がないと出る。

やっぱり試作車か。それとも車検証持参すれば部品出してくれるのか。

***
ちなみにコレ以外にも確認してみたところ、内装コードがQの個体がもう1台見つかったので、複数台生産もされているようで。

その車は生き残っているのならばラズベリーレッドのフルオプションのタイプL。
生産時期はやはりごく初期で、車体番号は130番台でした。

***
こういうのを見てみると、Jフェリーは生産台数の割にはイレギュラー仕様の車が多すぎるんだけれども、一体どんな形で注文を受け付けていたのだろう?

***
JPY32_015.jpg

ちなみにこの車を最初見て思ったことは、Jフェリーに似合う社外ホイールってどんなんだろう、です。

Jフェリーって個人的には絶望的に社外ホイールが似合わない、稀有な車だと思っているので。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

いつ見ても異様
Posted: 2013年2月18日 08:04 中古車

F31_001.jpg

http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j209745042

インフィニティM30。

まあ今はMシリーズというと全く別の車になっちゃってますが、インフィニティディヴィジョンの立ち上げ当初、G50と共にインフィニティのラインナップに加えられたのがF31ベースのM30だったわけです。

が。

本来国内専用車だったレパードを無理やり左ハンドルかつ北米市場に投入しようとしたツケか、レパードなのにスカイラインの内装をベースにQ45のハンドルを付けて、P10など当時のニッサン小・中型車に汎用で用いられ始めてたシフトレバーをくっつけ、日本仕様には存在しないVG30Eを載っけるという、有り合わせにも程が有るような仕様で売り出したわけですw

ある意味、まるでオリジナルと異なるという意味では、レパードのようでレパードじゃない、インフィニティディヴィジョン専用の車と言えるんじゃないでしょうか。

後には屋根ぶった切ってるし。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

wwwwwwwwwww
Posted: 2013年1月31日 00:51 中古車

JPY32_012.JPG

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU1616315295/index.html?TRCD=200002

地元にJフェリーが、って思ったらいつもお世話になってるディーラーだw

そういえば最近中古車販売にも本腰入れ始めてたね。ウン。

だからといって普通の車屋なら敬遠しそうなJフェリーを販売しようという度胸は凄いですがw
ディーラーさんですから如何にも下取りで入ってきたっぽい感じですけど。
ただ、この値段では売れない気がするので、いつの間にかフェードアウトしてそうですが。
もしかして引き取った時に幾らか付けちゃったから売らざる得なくなったとか(w

でも、こんな車でも保証付販売だそうですが、ほぼ同年式の例のQ45と比較して、保証の有無の基準って何なんだろうw

ところでこの車、車台番号漁ってみると登録落ちですね。
しかも2年くらい寝かされた個体。

おそらく、JPY32-004350と思われるんですが、コイツだとすると92年の7月生産、つまり最初期型です。

っつーか末尾350で当たった場合、某Jフェリーのサイトにも車台番号の変遷が載ってますが、事実上この年式であることがあり得ないんですよね・・・。

結局、JPY32だけでも最初の半年(92年内)だけで5400台ほど生産して、残りの3年で600台しか作ってないんですから・・・。
JGBY32入れても800台弱。

だから、可能性的には5350の可能性もあるんですが、どちらにせよ92年生産であることには変わらないと。

うーむ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Jフェリーの色
Posted: 2012年4月12日 22:05 自由研究

何となく調べ方が分かったので、調べてみた海外仕様にしかなさそうな色。

JPY32_009.jpg
■KR5(日本名:グリニッシュグレー)
KR5って聞いたこと無い色だなぁって思ったら、JY33に設定あるのね。
確かに言われてみればJY33にはこんな色があったし、Y32系だとセドグロにWK2ウォーターグリーンって色の設定があったけど、あれよりも色味が深い感じになるのかな。
日本だとKR6との2トーンカラーになるから、カラーコード自体はまた違ったものになるから気づきづらいんだけど、アメリカでは単色があるらしい。

JPY32_011.jpg
■CG2(日本名:ベージュメタリック)
どうも海外仕様では後期モデルはJJ0の設定が廃止されてCG2となる模様。
CG2とKR5については、なんかJJ0と雰囲気が違うから調べてみたら違っていた、と。

ちなみにCG2は日本ではQ45に設定があった色でもある。
逆にアッチではQ45にCK0の設定があったり、意外と日米で仕様が違う事が分かる。

JPY32_010.jpg
■LP2(日本名:ミッドナイトパープル他)
どうもこの時期はミッドナイトパープルの設定が流行っていた模様。
スポーツカーのイメージが強いけど、プリメーラとかにもあったんだよね。

■KH3(日本名:ブラック他)
これは日本仕様にはなくて北米仕様にはある色ということでは有名ですが。
でも日本仕様でも特注なのか試作車なのか、生産されてるっぽいんだよなぁ。この色。

■KH1(日本名:ホワイト)
定番の色。
日本ではKH1はあまり使われなかった色だけど、Jフェリーは白はWK0っていう、やっぱりあまり使われてない色が・・・。

■DP0(日本名:ダークグリーン)
Jフェリーでは最後までDJ2だったけど、アメリカでは末期モデルはこの色にダークグリーンは入れ替わっている模様。
ちなみに日本でもG50の末期のダークグリーンはこの色。
最も、DJ2と色味はほとんど同じだと思うけどね。

他にはKK0とかKL0とかJJ0とかBK8とかAL0とかDJ2とか、日本と同じ色も当然有り。

***
内装色は概ね同じようだけど、タンの代わりにホワイトがあり、カラーコードは年式によってKの場合とQの場合がある、と。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

レパードを愛する、すべての人へ。
Posted: 2011年6月24日 00:03 RCカー

ABCホビー 1/ 10 電動ツーリングカー用 01 スーパーボディシリーズ ニッサン レパード(F31前期型)[66130]ラジコン用 [返品種別B]
ABCホビー 1/ 10 電動ツーリングカー用 01 スーパーボディシリーズ ニッサン レパード(F31前期型)[66130]ラジコン用 [返品種別B]

http://www.abchobby.com/productimg/car/leopard_f31/index.html

ABCホビーェ・・・

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

レディッシュゴールド&ポルトローナフラウ
Posted: 2011年3月25日 23:17 中古車

JPY32_007.jpg

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h151636283

車体番号:JPY32-003641
モデル記号:BLEARGAY32EDABBF--
製造年月:92年7月
グレード:タイプL
カラー:WK0(スーパーホワイトパール)/P(タン)
装備:ASCD、キーレスエントリー、マッドガード、DSPオーディオ、助手席パワーコンフォートシート、ポルトローナフラウレザー内装、熱吸収グリーンガラス

もしかしたらフラウレザーのJフェリーってコレが最後になるかなぁ・・・。

前見かけたフラウレザー車は後期のティーグリーン仕様という、ある意味究極のJフェリーだったけど、レスオプションがいくつか選ばれていて「何故そうした」的なところがあったり、或いはその前にはコレと同じ色だけどシートだけ移植したっぽい車だったりとか、ワケがわからないよ的車ばかりでしたけど、これはオプションもなかなか・・・。

まあ前期で(確率的には後期のJJ0+フラウレザーなんて、見かけたとはいえまずあり得ないけど)WK0っていうのはちょっと残念かなぁ。

選べる色が限られているとはいえ。


JPY32_008.jpg

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b119257678

車体番号:JPY32-005409
モデル記号:BLEARFAY32EDAC-G-
製造年月:92年11月
グレード:タイプF
カラー:CK0(レディッシュゴールド)/C(ブラウン)
装備:マッドガード、助手席エアバッグレス、運転席パワーシート

で、こちらは世紀の珍色・レディッシュゴールド・・・と言いたいけど、その割には注目してるとボチボチ見かけるのは気のせいか。

でも、出来る限り安く買うということに注力したような選択肢・・・。

まあ同じCK0なら32シーマの方のCK0をぜひ一度お目にかかりたい所存。
(実際ある)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

それにしても。
Posted: 2011年1月27日 17:38 中古車

http://list1.auctions.yahoo.co.jp/jp/%e3%83%ac%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%89J%ef%bc%8e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc-%e6%97%a5%e7%94%a3-%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e8%bb%8a%e4%bd%93-%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a-%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%90%e3%82%a4/2084049213-category-leaf.html

何故か今5台も(?)出品されてるJフェリー、ほとんどがタイプX(V8グレード)です。

某Jフェリー専門店にしても長々と売れ残ってるのはタイプXばっかりな気がしますし、やっぱりみんな手が出しづらいんでしょうか(笑

4100ccという排気量のお陰で税金はQ45と一緒(笑)、しかも全車重課税対象!(笑

つまり、自動車税が84100円も掛かるわけです。

真っ直ぐはすんげぇ速そうですけど。
あと、アメリカ人が泣いて喜びそう(だけど北米仕様にはQ45との差別化のため、設定なし)。

まあそれは別にいいんですが、タイプXとゆー、現在でも決して廉価ではないグレード(新車価格469万円・税別)の割には、オプションがほとんど付いていない・・・そう、例えばポルトローナフラウ仕様どころか、標準のシュミットレザー仕様までほとんど出てこないっていうのは、どういうことなんでしょうか。

そういう満艦飾は乗り潰されたか、然るべき人の手にあるということでしょうか。

個人的には、タイプLのポルトローナ仕様っていうのが欲しいですが、更に希少なんでしょうね。
1回見かけましたが。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

白革。
Posted: 2011年1月27日 14:35 中古車

JPY32_006.jpg

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w59113669

車体番号:JGBY32-000214
モデル記号:BPFBRGAY32EDAA-A--
製造年月:92年6月
グレード:タイプX
カラー:DJ2(ダークグリーン)/C(ベージュ)
装備:助手席パワーコンフォータブルシート、マッドガード

んー。

工場出荷時点ではブラウンのモケット内装ということのようですがー。
その割には運転席なんかは随分張り替え?てから年季が入っているようにも見えます。

ちなみに、張り替え?と言ったのは、実は「Jフェリー」には白革内装は設定がありませんが、「J30」には白革内装の設定があります。

それを取り寄せたか何かしたんでしょうか。

いちおー、張り替える以外にもそういう選択肢があるということです。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

CK0 #3
Posted: 2009年12月17日 20:18 中古車

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w46130155

この車もCK0だ。

・・・ただ、タイプFでエアバッグレスとかやってあって、色以外には見どころがあまり・・・

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

CK0
Posted: 2009年12月11日 18:58 中古車

石川県に(珍しく)Jフェリーの中古車登場。

JPY32_005.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU0004946490/index.html

ん・・・?

なんか違和感感じるんだけど、もしかしてこの色、超希少の珍色CK0・レディッシュゴールドじゃね?

でもボディカラー:薄茶か・・・。
単に写真写りの関係なだけでJJ0ティーグリーンかな・・・。

とりあえずチェキ。
目印はリヤスポ・マッドガード。

車体番号:JGBY32-001394
モデル記号:BPFBRGAY32EDAA-AG-
製造年月:92年12月
グレード:タイプX
カラー:CK0(レディッシュゴールド)/C(ブラウン)
装備:助手席パワーコンフォータブルシート、リヤスポイラー、マッドガード

・w・

この車・・・CK0だ!

これが車台番号000394となりますと、やはりJJ0なんですが、JJ0の方はオプションが1個も付いておらぬ故。

初めて見たよ、CK0。
後期(?)には無い色だしね。

※Jフェリーの後期と言っても、実は車台番号などから読み取る限りは、4年間のモデルサイクルを通して一部改良すら一度も入っていない扱いだったりする。
平成6年の改良?にしても、実質的にはボディカラーやコーディネートパターンの整理程度しかやってない。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

某Jフェリー専門店が興奮してます
Posted: 2009年3月26日 21:36 中古車

JPY32_004.jpg

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU0003907797/index.html

車体番号:JGBY32-001240
モデル記号:BPFBRGAY32EDAA-BC-
製造年月:92年7月
グレード:タイプX
カラー:JJ0(ティーグリーン)/G(オフブラック)
装備:マッドガード、助手席電動コンフォートシート+本革シート、鍛造ホイール+サンルーフ+リヤスポイラー

ティーグリーンに黒内装なんてあったんだ・・・っていうか、某Jフェリー専門店、こういうなかなかレアな仕様を仕入れれたせいか、妙に興奮してます・w・
メーカーOPで表すと割りと付いてない装備も多いですが、DOP含めるとかなり付いてますね。

ていうか、よく潰れないなぁ・・・と関心。

新しい車を仕入れるのが難しい車なのに。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ところでこの車を見てくれ
Posted: 2008年11月23日 17:34 中古車

http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU0003442196/index.html

こいつをどう思う?

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

そこまでしてポルトローナフラウが欲しかったか
Posted: 2008年10月11日 20:13 中古車

JPY32_003.jpg

http://www.goo-net.com/used/spread/goo/13/700051053820080927002.html

久しぶりにフラウレザー仕様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

しかも3リッター。
VHエンジンにはある意味食傷気味の僕には是非欲しいぜ。

では詳細。

車体番号:JPY32-005816
モデル記号:BLEARGAY32EDADCF--
製造年月:94年6月
グレード:タイプL
カラー:JJ0(ティーグリーン)/P(タン)
装備:マッドガード、助手席エアバッグレス、キーレスエントリー、オーディオレス、助手席パワーコンフォートシート、ポルトローナフラウレザーシート、断熱グリーンガラス

・・・( ^ω^)

いや・・・。確かに助手席エアバッグ全車標準もひとつのウリだったJフェリーとてこれを外すことができたし、オーディオレスにしたい理由もあったんだろう。
でも、フラウレザーを選んでおきながら、タイプLでレスオプション2つ重ねるってことは、どーしてもJフェリーでフラウレザーが欲しいけど予算不足という大変涙ぐましい理由が透けて見える気がするんですけど。
(たぶん、この仕様で本体価格は450万くらい。普通に当時のシーマが買える)

ちょっと前には3リッターでオプションてんこ盛りにしているのに(推定価格500万前後)何故かフラウレザーだけ付けてないという謎仕様もありましたが、それの逆パターンでしょうか。

まあ、そこまでしてJフェリーが欲しかったというのならばある意味ホンモノなんだろうし、整備記録がガッチリ残ってるのがウリの車のようですし、これは本当にJフェリーが好きな人が乗っていた車かもしれん。

Jフェリーといえばティーグリーン・フラウレザーという、ある種のアイコンを兼ね備えている車(このボディカラーのフラウレザーは後期にしか無いことを除いても特に少ない)ですから、こういう選択をするという事自体も「ツウ」の考え方だしな。

もしかしたらJフェリー最後の大当たり車かもしれん。

ではお値段。

89万円

・・・( ^ω^)

どうやら最近のJフェリーはQ45より高いようです。
フラウレザーで足元見られてるとしても!
一昔前ならJフェリーなんて10万20万で買える良質車の代名詞だったのに。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

448万円
Posted: 2008年10月 9日 22:49 中古車

なんとなくカーショップフレンドの在庫を見ていたら、こんな車を見つけた。

http://www.carshopfriend.com/zaiko/zenki/149/index.html

(゚д゚)

その販売価格なんと448万円。

えー・・・っと?
これは44.8万円とか48万円の間違いではなくて?
なんか新車の時より高い気がするんですが。
フルレストアって書いてあるからレストア代金コミなのか?

そういえば、先日まで(今は載ってないけど、リニューアル絡みで消えた?)ヨコバンのサイトにゴールド2トーンの31レパードの全塗装の様子が載っていましたが、この車なんでしょうか・・・。

てかこの色の前期31レパード見てると、20年近く前のことを思い出すよ・・・。
家にこの色・この型のレパードあったんだもん。
ただし、グレードはXJ-IIでしたが。

91年か92年に当時の32グロリアの下取りとして売られていったあと、どうなったんでしょうね?
まあ今頃はスクラップになって何かに再利用されているでしょうが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

本当に休日にしか乗ってなかったんだろうか。
Posted: 2008年4月 4日 12:46 中古車

ココで話題になっている、奇跡の超低走行Jフェリー。
あの専門店とか、あの専門店辺りが舌なめずりして狙っていそうです・w・

では、詳細を調べてみましょう。

車体番号:JBGY32-000608
モデル記号:BPFBRGAY32EDAA-B--
製造年月:92年6月
グレード:タイプX
カラー:JJ0(ティーグリーン)/C(ベージュ)
装備:マッドガード、本革シート、助手席パワーコンフォータブルシート

・w・

5年のゴールド(大概ティーグリーンを指す)って時点でタイプX革でも興味半減していたのですが、まあこんなモノですね・w・

データ上はBPFBRGAY32EDAABCCBという車も製造されていることは確かなようですが、一体いつ製造されて、何色の車で、今生き残っているのかどうかは分かりません。
(たぶん、Jフェリーの総数から考えれば生産台数自体1台とか2台だと思う)

前期のティーグリーン(あっちじゃティーゴールドって書いちゃったよ。みんなこの色ゴールドって言うんだもん・笑)では、たとえレザー仕様でもフラウレザーは付きません。

フラウレザーの設定があるのは、前期でWK0(スーパーホワイトパール)・DJ2(ダークグリーン)・AH1(ダークレッド)の3色で、後期になってAH1の代わりにJJ0ティーグリーンに追加になるのです。
つまり、ティーグリーン×フラウレザーの組み合わせは、6年以降でなければあり得ない組み合わせなのです。

あと、JBGY32(JフェリーのV8仕様)は全部で1500台程度しか製造されていないらしく、車体番号末尾が「608」となると必然的にこの車しか存在しません。

とゆーことで、売りに出ているのはこの車です(何

んーん。残念。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

BPFBRGAY32EDAABCCBではないけど
Posted: 2008年2月 9日 02:47 中古車

JPY32_002.jpg

車体番号:JPY32-004092
モデル記号:BLEARGAY32EZABBEA-
製造年月:92年7月
グレード:タイプL
カラー:DJ2(ダークグリーンパール)/P(タン)
装備:寒冷地仕様、ASCD、キーレス、マッドガード、ホログラフィックサウンドシステムDSP、助手席パワーシート&パワーコンフォータブルシステム、本革シート、鍛造アルミホイール

ちょっと前から気になってたんですけど、このJフェリー如何でしょう?・w・
フルではありませんが、ナンせここまであるのは珍しいくらいオプション付けまくってます。
ディーラーOPも見えるだけで純正のフォグランプに、1個ウン万円もする本木目製のATフィニッシャーとてんこもり。
新車価格では、本体だけで500万近い値段になっているのではないでしょうか。

ここまで付けてあって、このボディカラーで、かつタン内装を選んでもいるのに何故フラウレザーではないのかが疑問であり残念だとは思いますが・w・
(ちなみにタン内装は前期型では標準のシュミットレザーにも設定があります)

ちょっと過走行気味(10.7万km)ではありますが、年式を考えれば妥当とも言えますし、装備も見た感じはほぼ純正のまんまですし、なかなか面白そうなタマだと思うんですが・w・

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ポルトローナ?
Posted: 2007年10月28日 19:32 中古車

JPY32_001.jpg

極上のポルトローナJフェリー。
程度の良いフラウレザーモデルとしては、最後の出物かもしれない。
早速チェックです。

検索結果。

該当車無し。

・・・(;´x`)

なんと、この時期・車体番号末尾で製造されたJフェリーで、パールのポルトローナ車は存在しませんでした。

尚、諸条件を元に鑑みた結果、車体番号的にはこの車である可能性が高そうです。

車体番号:JGBY32-01458
モデル記号:BPFBRGAY32EDAA-A--
製造年月:93年5月
グレード:タイプX
カラー:WK0(スーパーホワイトパール)/C(ベージュ)
装備:マッドガード、助手席パワーコンフォートシート、モケットシート

某有名Jフェリーのサイトで車体番号を照合しても、末尾458で平成5年に製造になった車はこの車しか存在しない(・・・というか、JGBY32は車体番号上は1500台ほどしか製造されていない上、JGBY32-000458はボディカラーKK0)ので、少なくともボディカラー・製造時期・車体番号末尾が一致する以上、この車でしょう。

まあ、ポルトローナ仕様と組み合わされるボディカラーは限られているのですが、その中にはWK0スーパーホワイトパールはありますので一見矛盾は無いように見えますが、装備は勿論インテリアカラーも車体番号上は違いますし、たぶんコレ後付で付けたレザーシートですねぃ。

どういう過程でこういう車になったのかは知りませんが、ありがたみ半減・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search