Driver's High


Search: 7シリーズ / 11 Hits

【試乗】BMW・750Li Mスポーツ
Posted: 2018年4月30日 23:40 インプレッション

BMW_750Li.png
※写真は750Li

***
友人と丸一日車三昧。

BMW Tokyo Bayから750Li M Sport。
リスト上からは普通の750Liだと思ったらMスポだったよ。
なんかBMWの試乗ってこんなんばっかのようなw

***
やっぱり最近のBMWって基本的に乗り味が優しいんですよ。

自分がBMWに初めて触れたのはF10の5シリーズが初めてですが、その時に「これクラウンよりソフトで乗り心地が良い」って仰天したレベルですもの。

本当に一昔前の国産高級車のようにNVHの処理が完璧で、BMWはスポーティだから乗り心地をガマンしなければならないみたいな一昔前のイメージは全く無く、「駆け抜ける歓び」を標榜する走行性とともに恐らく世界でもトップレベルに乗り心地の良いアシを作れるメーカーなんです。

それでいて今度の7シリーズともなるといよいよ4輪エアサスで電子制御ダンパーにBMWお得意のアクティブスタビライザーですから、その機構の恩恵を最大限に利用してBMWの足回りに関する哲学がこれでもかってくらい盛り込まれている感じ。

それを長いホイールベースを物ともしない強靭な剛性のシャーシで支えているから、魔法の絨毯のような乗り心地と矢のような走行性能の高度な両立という、柔らかい硬いで乗り味をなんなんとする評価基準が完全に時代遅れとするレベルの足回りを持つ車になっている。

ドライブコントロールを弄っても、スポーツは確かにスロットルは鋭敏になるなー、コンフォートは大人しいなーくらいが一番わかり易い変化で、足回りも確かにスポーツにすると締まってはいるんだけど元のレベルが高すぎるのでいい意味であまり変化を感じない。

でも、それが「Mスポーツ」の走りですからね。
スポーツセダンとして縦横無尽に駆け回れるのに並みの高級車よりも遥かに乗り心地がよいという、よりコンフォート方向であろう標準車が形無しになるレベルのバランスで、この辺りホントここ10年くらいのBMWの特徴だと思うんですね。

これ以上を求めるなら油圧などの応答性に優れた方式のアクティブサスペンションですが、BMWはこの辺りは保守的だからまだしばらくは無いだろうなぁ。

***
エンジンはこのグレードだとV8ターボですが、久々にマルチシリンダーのシルキーフィールを味わわせてもらいまちた マル

個人的にはアクセルを踏んだ時の音がお気に入りでしたね。
V8だけど直6みたいなスムーズな音がする。
自分が昔乗っていたインフィニティのV8みたいな、アメ車みたいなドロンドロンの音ではないと。

如何にも高級スポーツセダンの音って感じでとても好みだ。

***
それだけに今世代のBMWの特徴である、「バカボンの本官さん顔」が個人的には大マイナスで、「最新が最良」の理屈の下、フルモデルチェンジを待とうと思います(キリッ

にほんブログ村 車ブログへ 


4WDまで付いた。
Posted: 2016年2月12日 22:56 自動車

http://www.autocar.jp/news/2016/02/12/157608/

ますますもって厨二病感が漂っとるんじゃが・・・。

***
大昔に2chとかで「V12ツインターボ8速AT4駆の高級車」なんていう妄想を垂れ流していた厨房が居ましたが、出る。

その条件全部満たした車が。

次はハイブリッドか。

でも値段が妙に安い上(先代の760Liは2000万近くしたのに1300万~?)、この前聞いた話では今度の760Liはアメリカ市場専用?みたいな話もあるので、アメリカ価格なのかもしれない。

元々アメリカは高級車安いですしね・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


7シリーズ
Posted: 2015年6月11日 23:26 自動車

BNW_7_002.jpg

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20150611-10225069-carview

最近のBMWはナマズ顔が好きなのか。

BMWのデザインというのは、不思議なことにデビュー当初は違和感の塊でも、見慣れると良くなってくるんだが、例外はバングル時代のツリ目顔と、このF30系の3シリーズ以降のバカボンというか、ナマズ顔じゃないだろうか。

しかし、BMWって足回りに関しては案外保守的ですよね・w・

一般には保守的に思われがちなメルセデスが油圧アクティブサスを今となっては10年以上、そろそろニッサンよりも長くやってるレベルになったんじゃないかってくらいしつこくやったりとか、その昔はマルチリンク構造のサスをいち早く取り入れたりとか、割りと先進性重視なのに、BMWは他のエレキ関係の装備は日本車並みに新しいもの好きな割には、足回りはコンベンショナルなサスペンション設計を非常に重視している。

実際、このプレスリリースを読む限りでは7シリーズもようやく4輪エアサスになったと読める(確か先代まではE65世代でようやくリヤエアサスになったんだったか)レベル。

或いは、足回りの基本構造にしても、マルチリンクなんかの複雑な形式を採用し始めたのはかなり遅かったはずで、Fストラット・Rセミトレーリングアームという、高級車・高性能車としては些かシンプル過ぎる構造を90年代半ばくらいまで普通に使っていたと記憶している。

まあ、その分アクティブスタビライザーのような技術は他よりも早かったような気もしますが、基本的にホント足回りに関しては真新しい要素ってあんまり入れてこないですよねえ。

にほんブログ村 車ブログへ 


雑記
Posted: 2015年6月 4日 18:01 自動車

http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20150603-10224694-carview/

E08A.jpgマジで作ってたんだなぁ・・・。

この2気筒ディーゼルエンジン、実は国内投入の予定があるらしいんです。

自分も投入予定の車種と見比べて意外すぎるから荒唐無稽っぽい気もしていたんだけど、現にこうやって発表されてしまった以上、元々は途上国向けだったAGSも日本に持ってきたスズキだから、今は「途上国向け」って嘯いていても、なんだろうなあ。

車種は・・・意外な車種に載るとか。

でも、どの程度のパワーを出すのか知らないけれども、たぶん途上国向けのチューンのままだったらパワー無いだろうから、多少は色付けるのかね。

しかし、2気筒エンジンのフィーリングっていうのは、たぶんおっさん世代の人から見ると古き時代の軽自動車を思い起こして3気筒以上のアレルギー反応を起こしそうだけど、自分らはフィアットのツインエアとかを見るに、あのブベーって感じの音が新鮮で面白かったです マル

これにディーゼルの音が混ざったらどんな音になるんだろう。

ある意味本当に日本に来るんだったらすごい楽しみなんだけど。

これにAGSを組み合わせて・・・すごい変態ドライブトレーンですね。

***
BMW_7_001.jpg今度の7シリーズ、760Liは残るんだろうか。

いや、元々V12モデルは歴代途中追加ばっかりなんで、最初は無くても別に驚かないんですけど、さすがにこのご時世でV12ツインターボなんていう、「ダウンサイジング」の言い訳もできないエンジンは生き残れるんだろうか。

現行型のV12ツインターボ+8速ミッションなんて、如何にも中学生が考えそうな組み合わせを実際に売っちゃったグレードだけどさ。

でも、ベンツにもなんだかんだで例のV12エンジンが残ってることを考えると、あっちではああいう仕様の需要も確実にあるんだろうなぁ、と思ったりするし、1年後か2年後くらいにシレッと復活したりするんだろうか。

***
ロードスターのドアミラーがイマドキ手折りだったことが議論になっている。

ただ、これがコストダウンとか軽量化のためか?と言われると、個人的にはいささか疑問だったりする。

最近では、パワーウインドウなんかはヘタすると手巻きよりもローコストで軽量な場合すらあるという。

つまり、ロードスターにしても、確かに格納は手動なのだが、鏡面調節は電動で可能なので、結局本当にコストダウンとかを目指しているのか?と問われると、流石に調節のためのアクチュエータとかを仕込んだブツがドンガラのミラーより軽いとかはあり得ないと思うので、むしろこれ日本はオマケって考えてる方の割り切り方じゃない?と。

だって、電動格納ミラーは約30年前に日本で生まれ、つい最近まで日本でしか繁栄していなかったように、外国ではあまり必要とされていない装備の一つだったりするし、本気で軽量化やコストダウンをするなら鏡面調節も手動でいいはずだ。
(ジムニーさんは全手動だった・・・)

***
ジムニーのXGは軽自動車とはいえ、ところどころそういう妙な割り切りを潔くやってあったので、時々驚かれたりしてた。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


バルブトロニック
Posted: 2013年1月 7日 22:09 自動車

この記事は、【BMW 7シリーズ 改良新型】直6、V8ともに新型エンジン採用について書いています。

むしろV8がやっとバルブトロニックになったことに驚き(w

このスロットルレステクノロジーも高回転域の制御性に劣るという性質上、Mモデルなどの高回転型NAエンジンには敢えて採用されていませんでしたし、一時期の直6ターボには場所が無いということで非採用になったこともありましたが、ちょいとばかし意外。

高級車は比較的スロットルを開かずに走る状況が多いはずなので、一寸のパワーもムダにしたくないローパワー車と並んでバルブトロニックのような技術が特に活きるカテゴリーだと思うのですが、不思議なモンです。

まあ元々BMWの中ではV8エンジンはマイナーな存在ではありますから、そういう意味ではカネ掛けてまで改良するほど需要も無い、要求も無かったってことなんでしょうか。

にほんブログ村 車ブログへ 


こういうの。
Posted: 2012年9月28日 22:41 自動車

BMW_F01_001.jpg

BMW_F01_002.jpg

こういうLEDライトとか液晶メーターとか、海外仕様では結構前から付いてるのは知ってたから、日本仕様じゃ削られてるのかなぁと思ったけど、導入されますか・w・

単に改良のサイクルが違ってただけか。

あとはBMWアシストみたいなテレマティックスサービスだろうなぁ。
あれ日本でやる予定はないんだろうか。

そういえば、レクサスでは逆に今度のマイチェンで液晶メーター無くなるんだっけ?
単にティーザーで出てきた車には付いてなかっただけ?

ところで「世界最速のハイブリッド」アクティブハイブリッド7、流石にチューンドのV8ターボを積むのはやり過ぎだと思ったのか、直6になりました。但しまだターボです。スペックも通常グレードのと一緒です。ミラーサイクルのNAでいいだろw

そして相変わらずV12ツインターボも生き残ってるっていうね。素晴らしい。

にほんブログ村 車ブログへ 


760Li
Posted: 2012年8月17日 00:46 中古車

そういえば、300万円で買える高級車として先代の7シリーズの760Liなんて勧められたんだけど、確かにモノによっては300万で買えるんだよなぁ。驚いたことに。

元が1500万とかする車だから、ポンコツを充てがわれるのか?って言われたら、ちょうど同じ年式・程度のセンチュリーと同じレベルか、むしろマシな車が来るっていう。

このクラスではセンチュリー・セルシオ・レクサス辺りがダントツで高いっていうのもありますけれども。

っていうか初期型だと150で普通に買えるって、もしかしてQ45より値落ち酷くないですかコイツ。

まあ先代の7ってデザインのせいで人気無かったけどさ。

じゃあ760だから維持費はどうかって言われたら、もしかしたら今と大して変わらないw

自動車税だって6リッターだと高そうに思えるけど、日本の税制だと4501~6000ccは税率が同じ区分で、しかも今は割増も食らってるからたった4000円しか変わらないという。

でも、逆を言えばこういう車って乗り潰すとか、心底気に入って買う以外では大損な車だなぁ。

にほんブログ村 車ブログへ 


つまり
Posted: 2009年10月29日 15:53 自動車

http://www.carview.co.jp/news/1/117149/

つまりIMAと同じってワケだな。

実際のトコ、メルセデスSクラスのハイブリッドもそうであるけど、要はホンダ型のパラレルハイブリッドだよねと。

ただ、この辺りの技術ってトヨタとホンダが特許でガチガチに固めちゃってて、この特許に抵触しない形でハイブリッドを作るのって結構厳しいそうなんですけど(ニッサンのハイブリッドが妙にややこしい構造なのはそのためと思われ)、このドイツ2社はどーゆー形でハイブリッドを作ったのか気になるところ。

まーこの辺りのメーカーは必要なら結構パテントを買うことも厭わないところもあるし、ちょっと前までハイブリッドのハの字も言ってなかったようなメーカーがそれなりに前から経験も開発も重ねてきたニッサンより早くハイブリッドモデルを発売するなんておかしいだろってことで、実際にホンダからパテント買って作ってたりして。
Sクラスや7尻なら多少値段上がっても問題ないし。

でも、ホンダが大排気量車へのIMAシステムの採用は結局アコードハイブリッド1台で止めてしまったように、「コンパクトな設計で収まるハイブリッド」って、モーターやインバータの出力を上げ辛い事から大排気量車への相性が悪い(効果が薄い)んですけど、こんな仕様でホントにいいんでしょうか。
カタログ値を上げるのはハイブリッドの得意技ではありますが、カタログ値しか良くないような気がします(w

そもそも

>4.4リッターV8直噴エンジン(449ps、66.3kg-m)に、モーター(20ps、21.4kg-m)と8速ATを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。0-100km/hを4.9秒で駆け抜ける加速性能と、同排気量のガソリン車と比べ約15%の燃費向上を実現した。

だそうですが、このクラスの車で15%程度の差って、これある意味誤差です。

そもそもカタログ値が8km/lとすれば、9.2km/l程度っすからねぇ。
リッター20km/l走るリッターカーとかが15%改善しますた!って言ったら凄い数字だし、ホンダならIMAでもインサイトやシビックハイブリッドならカタログ値ながら30km/lの大台に乗るなど、元々燃費には有利な状況でありながらほぼ同じエンジンを積むフィットと比べても3割前後の改善効果を出しています。

故にこのクラスでこの程度しか改善してないなら、誤差としか言いようがない。
実際、このクラスの車は全く同じ車・ユーザーでも使用環境次第でも燃費は雲泥の差が出ますし。

この程度なら、元々7尻のV8モデルはまだ6速ミッションのはずだから、8速化+エンジンマネージメントの改良だけでたぶん同等の数字出せるぞw
100km/h加速もこのエンジンとミッションならモーター無しでも出そうだし(w

インサイトとかがIMAでもそれなりに効果を出してるのは、結局モーターアシストの恩恵が相対的に大きいからであって、元々パワーに余裕のある車にこのようなシンプルな機構で済ませるというのは、環境対策どころか実質的にはハイブリッドという名のデッドウェイト載せてるようなモンなんですね。

結局何のためにリリースしたのかって言われたら、ベンツに負けたくないんだろw

ベンツは曲がりなりにもV6ミラーサイクルエンジンとか、それなりに環境性への対策もしてるけど、こっちゃモーター積んだ以外は実質何もしてないんじゃないか?

このエンジン、たぶんツインターボだろ(w

にほんブログ村 車ブログへ 


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
Posted: 2009年7月17日 00:35 自動車

http://www.carview.co.jp/news/0/111702/

V12ツインターボ+8速ミッションの世界最凶のキチガイモデルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これで足回りがアクティブサスだったら最高なんだけど!

にほんブログ村 車ブログへ 


V12ツインターボ+8速ツインクラッチセミAT
Posted: 2009年4月14日 23:45 自動車

http://www.carview.co.jp/news/1/106458/

凄まじい飛び道具ktkrwwwwwwwwwww

どっかのお子様が妄想するスペックそのものじゃないかw

にほんブログ村 車ブログへ 


意外とキープコンセプト?
Posted: 2008年7月 8日 14:20 自動車

http://www.carview.co.jp/news/0/75953/

んー・・・現行7シリーズ、好評だったのか不評だったのか分かんないな・・・コレ見てると。
割と若い人には好評だったらしいですけど。

エクステリアは現行後期のキープコンセプトだけど、インテリアはブッ飛んでた現行と比べれば「普通の」シフトレバーが復活したりちょっと斬新さが後退。
あからさまに現行のネガを潰しましたって感じ。

でも、現行型がヘタしたら20年先を行っていた車だけに、あれ以上やるのは今の段階では難しいのかもね。
とはいえ、なんとなく5年程度意気込みは退行したような気もしますが。

現行型は良くも悪くもインパクトのある車でしたが、さてこの車は?

にほんブログ村 車ブログへ 


Search