Driver's High


Search: BMW / 41 Hits

Synchronized
Posted: 2016年10月26日 10:10 自動車

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20161025-10253971-carview/?mode=full

そういえばZ34のシンクロレブコントロールってすっかり忘れられてるよなぁと。

AT系では最早常識的な技術ですが、MTでは8年くらい前のZ34で初めて登場して以降何故かこんにちまで追従者が居なかったわけです。
(ニッサンもいつの間にかATの同種の制御もシンクロレブコントロールと呼ぶようになってるな)

どれほど効果的なのかは、そもそもMTの試乗車なんて見たことないので体感したこともないですが。

正直、MTのシフトダウン時の回転合わせは難しい&面倒くさいんで自分もほとんどやらないですし、半クラッチ・坂道発進と並んで何気にMTのシェアを押し下げる三大要因な気がしますが、なんか技術的に難しかったんですかね。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

4WDまで付いた。
Posted: 2016年2月12日 22:56 自動車

http://www.autocar.jp/news/2016/02/12/157608/

ますますもって厨二病感が漂っとるんじゃが・・・。

***
大昔に2chとかで「V12ツインターボ8速AT4駆の高級車」なんていう妄想を垂れ流していた厨房が居ましたが、出る。

その条件全部満たした車が。

次はハイブリッドか。

でも値段が妙に安い上(先代の760Liは2000万近くしたのに1300万~?)、この前聞いた話では今度の760Liはアメリカ市場専用?みたいな話もあるので、アメリカ価格なのかもしれない。

元々アメリカは高級車安いですしね・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

これわざとじゃね?
Posted: 2015年9月24日 22:28 自動車

「独BMWも11倍超過」=欧州排ガス基準―米NPO調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00000170-jij-eurp

・・・言っとくけど、意図的に排出ガス量を多く出すような運転方法って普通にあるからね?

ガソリン車なら理論空燃比を外れたまんまの状態になるような運転、ディーゼル車なら吸気量と燃料噴射量のアンマッチが大きくなる運転、要するに極度の高負荷運転や負荷変動が激しい運転を続けると、だいたい・・・というかこの世に存在する自動車はEVと燃料電池車以外、全部「排ガス規制を通らない状態」になるから。

まあ逆を言うと意図的か否かに関わらず、モード計測手順から逸脱する運転手順、要するに普段使いでは殆どの車は排ガス規制を守れてない状態である可能性は高いわけだが。

だから、こういうのは計測手順・実測データ等々、信頼に足るデータを公表していない限り、信用性は無い。

***
アメリカではこの手のNPO組織による消費者運動が盛んで、自動車関連では大昔にシボレー・コルベアの欠陥問題を炙り出したラルフ・ネーダーとか有名ですよね。

ただ、ラルフ・ネーダーなんかのパターンにしても、半ば言い掛かりに近いけれども間違ってもいないレベルから話が始まったりしてるからややこしい。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

【試乗】BMW・M5
Posted: 2015年7月25日 20:10 インプレッション

F10_M5_002.png

今日のお題。

***
ずーっと前(確か現行のM5が出る前)に聞いた話では、M5って「普段使いに困るほどのシビアさとスパルタンさを持った車」と聞いていたが。

***
元々、M5という車はコンペティションベースのために生まれたM3と違って、Mの名前を使ったEセグメントの高級車であるから、実際のところはアリストみたいなポジションと考えるのが妥当なんだろうが、特に先代がアレ(超高回転型のV10だったり)だったりしたので、殊更そういう面が強調されて見えていたのかもしれない。

ベスモなんかでかっ飛んでるE60の方のM5を見てると、そういうのに出てくる車と比べるタイプの車ではないとはいえ、エンジンばっかり勝ってる基本的に直線番長に見えたけれども。

故に現行型は元々、そういう先代から見れば「マイルド」なプロダクトになるというのはプロト段階から言われていたことで、実際のところ「すっげえ550i」的な仕様になるのでは?という風に見る向きもあった。
(ちなみに標準の550iも今や400馬力オーバーだ)

実際、噂の段階では流れていた標準車ベースの8速トルコンオートマチックは流石に載ることはなかったが、カリカリの高回転型NAだったV10からV8のダウンサイジング(?)ターボになり、更にはアイドリングストップが付いていたり、排気量も550iと一緒だったりとか、何となくMモデルっぽくないような気がしないでもないけれども、実際載っているエンジンは何気に細部を専用に設計し直した専用ユニットである。

***
IMG_1892.JPGまあ実際、乗ってみた感じもものすごく標準車の上位互換的な感じ(笑

ミッションはDCTだけれども、最近のAT然と振る舞おうとするDCTとは一線を画するように、クリープ制御は無しだったりとか、あくまでこの車はメガスポーツモデルです、というところを感じさせる片鱗もあるけれども。

でも、無茶にアクセルを踏まなければ560馬力というパワーが嘘のようにジェントリーに振る舞うV8エンジン、通常のDレンジなら寧ろトルコンATチックなルーズさも見せるDCTと、ドライブトレーンは後ろから聞こえてくる音に耳を塞いでいれば(まあ塞がなくても大した音量じゃないけど)、まさに路上のでの振る舞いは高級車のそれである。

勿論、アクセルを深く踏み込めばターボパワーが容易に炸裂するし、DSレンジに入れてマニュアル変速をすると軽いシフトショックを伴いながら電光石火で変速する辺りはやっぱりDCTですが。

***
足回りはクラウンのように乗り心地のいい標準の5シリーズとは一線を画する、如何にもバネの硬い感じの乗り心地にはなっているけれども、電子制御ダンパーがいい仕事をしてくれるのと、本質的にシャーシ剛性は当然のように高く、路面からの無駄な動きを一切許さないので、しなやか、と言うには少し違うけれども、ごすんとタイヤが路面を叩く感覚が伝わってきたりとか、こういうスポーツモデルにありがちな如何にもなハーシュネスなんて一切無い。

相変わらず、冗談のように乗り心地がいい。

勿論、ゴムなんかの部品で誤魔化そうとも一切していないので、車の動きがスッキリしているので、余計快適に感じる。

故に、あまりに走りが快適過ぎるので、妙に重いハンドルだけが、スポーティというよりは現行5シリーズ・M5の巨体を意識させられる方向に作用していた気がする。

だけれども、ギャップを踏むたびに内装の立て付けが悪いのか、どこからともなくカタカタ言ったりしてたのは興ざめだったが(笑

***
・・・とここまでは様々なドライブモードセレクターを基本的に街乗りモードで乗っていた時の話。

ただ、電子制御ダンパーなんかはコンフォートとスポーツの差はよく分からない、むしろスポーツの方がダンパーが引き締まる分、硬いバネとの相性が良くなって乗り味が良くなっているように感じたりとか、そういう電子制御の及ばないブレーキは街乗りモードのマイルドさには似つかわしくないと感じる程度にはソリッドだったりとか、この車、本質的にはサーキットを視野に入れたガチモードは兎も角として、そういう街乗りスポーツモードが標準じゃないの?と思ったりする。

***
内装なんかは普通の5シリーズとほぼ一緒。

シートもこういうモデルの割にはホールド感は低めだし。

標準で用意されているコーディネートも基本的に地味な色しか無いから、1500万もするこの車を買えるのならば、インディビジュアルを選んで好きなコーディネートを選べばいいと思うよ。

ただ、ハンドルが小径過ぎるのか、ステアリングポジションを合わせるとメーター上部が隠れがちになっていたのは、こういうチューンドモデル故か。

***
結局、そういう意味で「M5ってすごい乗りにくい車って聞いたんだけど」的な話をしていると、やっぱり現行型のプロダクトは明確に5シリーズの最上級モデル的なポジションを意識しているらしくて、今のは普通に乗れるという話。

まあ、アイドリングストップなんて付けてたら、レーシングエンジンみたいなセンシティブなユニットは速攻ぶっ壊れるだろうから、そういうのを付加できるっていうことは、そういう余裕もある車だということだ。

そういう意味では、「乗りこなす」楽しみはないかもしれないけれども、FRの究極のグランツーリスモの1台でしょう。コイツ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

誰がためにカネはナる
Posted: 2015年6月24日 00:29 雑記

905615.jpg

http://response.jp/article/2015/06/23/254029.html

どう見てもアメリカ仕様です。本当にありがとうございました。

まあ、これが量産1号車かどうかなんていうのはこの記事のどこにも書いてないわけですし、第一正規の車体番号が割り振られていてもごく初期の生産車は試作車紛いの個体(当然普通は表に出せない)も混ざってたりする場合すらあるわけですから、これが量産1号車かどうかなんていうのはどうでもいい話かもしれませんけど、それでもこういう生産開始式典に出てくる個体が本国仕様ではなくアメリカ仕様って辺り、非常にビジネスライクな感じがするというか、なにか複雑な気分にもなりますね・w・

少なくともこの車はユーザーの手に渡るのがほぼ確実なんでしょうし、なんらかの記念車としてユーザーの手の届かない場所にとっておくなんてことは無いんでしょう。

でも、こういう車になると逆に幾らでもカネは積むから、初物をくれって客が居たりするんでしょうか。
(中国辺りにはすごい居そう)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

7シリーズ
Posted: 2015年6月11日 23:26 自動車

BNW_7_002.jpg

http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20150611-10225069-carview

最近のBMWはナマズ顔が好きなのか。

BMWのデザインというのは、不思議なことにデビュー当初は違和感の塊でも、見慣れると良くなってくるんだが、例外はバングル時代のツリ目顔と、このF30系の3シリーズ以降のバカボンというか、ナマズ顔じゃないだろうか。

しかし、BMWって足回りに関しては案外保守的ですよね・w・

一般には保守的に思われがちなメルセデスが油圧アクティブサスを今となっては10年以上、そろそろニッサンよりも長くやってるレベルになったんじゃないかってくらいしつこくやったりとか、その昔はマルチリンク構造のサスをいち早く取り入れたりとか、割りと先進性重視なのに、BMWは他のエレキ関係の装備は日本車並みに新しいもの好きな割には、足回りはコンベンショナルなサスペンション設計を非常に重視している。

実際、このプレスリリースを読む限りでは7シリーズもようやく4輪エアサスになったと読める(確か先代まではE65世代でようやくリヤエアサスになったんだったか)レベル。

或いは、足回りの基本構造にしても、マルチリンクなんかの複雑な形式を採用し始めたのはかなり遅かったはずで、Fストラット・Rセミトレーリングアームという、高級車・高性能車としては些かシンプル過ぎる構造を90年代半ばくらいまで普通に使っていたと記憶している。

まあ、その分アクティブスタビライザーのような技術は他よりも早かったような気もしますが、基本的にホント足回りに関しては真新しい要素ってあんまり入れてこないですよねえ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

雑記
Posted: 2015年6月 4日 18:01 自動車

http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20150603-10224694-carview/

E08A.jpgマジで作ってたんだなぁ・・・。

この2気筒ディーゼルエンジン、実は国内投入の予定があるらしいんです。

自分も投入予定の車種と見比べて意外すぎるから荒唐無稽っぽい気もしていたんだけど、現にこうやって発表されてしまった以上、元々は途上国向けだったAGSも日本に持ってきたスズキだから、今は「途上国向け」って嘯いていても、なんだろうなあ。

車種は・・・意外な車種に載るとか。

でも、どの程度のパワーを出すのか知らないけれども、たぶん途上国向けのチューンのままだったらパワー無いだろうから、多少は色付けるのかね。

しかし、2気筒エンジンのフィーリングっていうのは、たぶんおっさん世代の人から見ると古き時代の軽自動車を思い起こして3気筒以上のアレルギー反応を起こしそうだけど、自分らはフィアットのツインエアとかを見るに、あのブベーって感じの音が新鮮で面白かったです マル

これにディーゼルの音が混ざったらどんな音になるんだろう。

ある意味本当に日本に来るんだったらすごい楽しみなんだけど。

これにAGSを組み合わせて・・・すごい変態ドライブトレーンですね。

***
BMW_7_001.jpg今度の7シリーズ、760Liは残るんだろうか。

いや、元々V12モデルは歴代途中追加ばっかりなんで、最初は無くても別に驚かないんですけど、さすがにこのご時世でV12ツインターボなんていう、「ダウンサイジング」の言い訳もできないエンジンは生き残れるんだろうか。

現行型のV12ツインターボ+8速ミッションなんて、如何にも中学生が考えそうな組み合わせを実際に売っちゃったグレードだけどさ。

でも、ベンツにもなんだかんだで例のV12エンジンが残ってることを考えると、あっちではああいう仕様の需要も確実にあるんだろうなぁ、と思ったりするし、1年後か2年後くらいにシレッと復活したりするんだろうか。

***
ロードスターのドアミラーがイマドキ手折りだったことが議論になっている。

ただ、これがコストダウンとか軽量化のためか?と言われると、個人的にはいささか疑問だったりする。

最近では、パワーウインドウなんかはヘタすると手巻きよりもローコストで軽量な場合すらあるという。

つまり、ロードスターにしても、確かに格納は手動なのだが、鏡面調節は電動で可能なので、結局本当にコストダウンとかを目指しているのか?と問われると、流石に調節のためのアクチュエータとかを仕込んだブツがドンガラのミラーより軽いとかはあり得ないと思うので、むしろこれ日本はオマケって考えてる方の割り切り方じゃない?と。

だって、電動格納ミラーは約30年前に日本で生まれ、つい最近まで日本でしか繁栄していなかったように、外国ではあまり必要とされていない装備の一つだったりするし、本気で軽量化やコストダウンをするなら鏡面調節も手動でいいはずだ。
(ジムニーさんは全手動だった・・・)

***
ジムニーのXGは軽自動車とはいえ、ところどころそういう妙な割り切りを潔くやってあったので、時々驚かれたりしてた。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーン
Posted: 2014年3月13日 04:01 自動車

http://carview.yahoo.co.jp/news/market/200767/

4シリーズか・・・。

すっかりいつかネタにしようと思って忘れていたのだけれども、今まで3シリーズクーペと名乗っていたものが遂に4シリーズとして独立したせいかどうかは知らないけれども、醜悪としか言いようがない3シリーズと比べれば随分と見れるデザインになったと思う。

BMWのデザインは最初は違和感を感じてもそのうち慣れるとはよく言うけれども、バングルデザイン時代とならんで「ナマズ顔」F30系3シリーズのデザインは違和感の塊で今なお慣れない。

c93a9cec15.jpg

元々、3シリーズクーペだった時代も似てるように見えてほぼ外装パーツなんかは別物だったことはよく知られてはいるけれども、逆に4シリーズと独立した割には3シリーズのテイストを引き継ぎすぎているような気もする(笑

では何故3シリーズのデザインがアレなのかといえば、ボンネットのラインが不自然なんだと思う。

低く見せるために鼻先はかなり低くデザインしてるのに、おそらく最近の歩行者安全要件を満たすため&全体のシルエットに合わせるためにボンネットのラインをその鼻先の部分から盛り上げるようなデザインにしてるのがダメなんだと。

だからこの辺りはそもそもボディシルエット自体が別物で車高が高くてそういうことを意識する必要もない3シリーズグランツーリスモなんかも勿論だし、4シリーズはクーペということもあって3尻よりも車高が下がる=ボンネット・ウエストラインも下がって、この奇っ怪な3シリーズのボディラインが緩和されたのが良かったんだろうな。

***
ただ、素の4は普通なのに、これにMが付くとまたアレな感じになる最近のBMWのセンスはどうしたものか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

M3
Posted: 2013年12月13日 22:38 自動車

F30_M3.jpg3シリーズのセダンとクーペを分離するっていうのは先代E90の頃から構想はありましたけど、先代の段階では一先ずボツになってましたよねい。

まあそれはそうとして新型M3。

個人的には現行の3シリーズのデザインはナマズみたいで嫌いなんだけど、近年のMシリーズはどんなに元のスタイルが不格好でも何故かMのエアロを纏うとたちまち偉くかっこ良くなるっていうのを繰り返してたけど、今度のM3は下品だな!

バンパーのインテークに出っ歯みたいな飾りが付いたけど、これ取っちゃった方がいいんじゃない?

バングルデザインを脱しても、かっこ悪くなっちゃ元の木阿弥だよね・・・。

5シリーズなんかも当初はいい方向に行ったと思ったのに、マイチェンで何故か3シリーズに引っ張られてかっこ悪くなったし・・・。

***
しかしファンの心理というものも難しいもので、せっかく直6に回帰してもターボが付いたからクソと平然と言い放つ人もいるわけで。

先代の時は直6じゃないM3はクソとか聞いた気がするが。

そもそもM3は元々はレースのホモロゲーション取得目的の車だったから、初代は直4ターボだった気がするが。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

後期型
Posted: 2013年5月25日 19:30 自動車

F10_M5_004.jpg

この記事は、BMW M5 が進化...575psのコンペティションパッケージ新設定について書いています。

後期型の5シリーズは3シリーズのテイストが入ってきてうわぁ・・・って思ったけど、相変わらずMは一緒なのかw

こういう感じのデザインになったのはE39の頃からだったと思うけど、これは代々変わんねえなぁ。不思議なモンだ。
それだけあのM5(Mスポーツ)のデザインは秀逸ってことだよなぁ・w・

でも、あの後期のフロントバンパーの造形見てたら、今度のはMのほうがいいね・・・
前のはアルピナのスポイラーとか付けたら甲乙付けがたかったけど。

だから今度のはアルピナどうしよう。。。。

ところで、この眼力がやたら上がったヘッドライトは前期でも本国仕様にはオプションであったような・・・。

F10_BMW_001.jpg

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

アルピナ
Posted: 2013年3月26日 23:02 自動車

先日BMWのディーラーを訪ねた際にはチラ見程度しかしなかったけど、その一瞬のインパクトっていうのは実際のところ、BNR34が現役だった当時にたまたまディーラーの前に置かれていた新車をチラ見した際に受けたインパクトに匹敵するレベルのものだった。

要するにここ数日くらいアルピナB5(D5)のことしか考えていない。

元来アルピナの方向性は好みではあるけれども、BMW本家のM5がE39で大変身してからはスペシャルモデルとしてのアルピナとの存在感が拮抗してしまったが故(特にE39なんかはノーマルは今でもやっぱりダサいと思うから、ノーマルベースでエアロを組んで仕上げるアルピナはどうしてもノーマルの雰囲気に引っ張られる)、悩ましいところであるけれども、現行F10世代では僅差でアルピナの勝ち、なんだろうか。

やっぱり、Mのエアロの雰囲気もE39以降はアレが好評だったのかあの方向性をずっと続けているけど、現行はちょっとデッパみたいでエグみが出てきてしまっていた。

ところで、アルピナってお高いと思ったけれども、B5で1500万でM5とほぼ同じ、D5になると何故か1000万弱という異様なリーズナブルさになる。

なんでB5とD5でそんな差が出てるのかは知らないけれども、まあ求めやすいということはいいことだ。

最も、アルピナは元来製造数が極端に少ないので(全モデル合わせて年間の生産台数が1000台以下)、じゃあ安くなった頃に中古で・・・って思うと恐らくタマが無いと思われる。

でもD5なら頑張ればなんとか届くかもね・・・本国には345馬力仕様ってあるらしいけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

BMW 523d BluePerformance
Posted: 2013年3月24日 01:14 インプレッション

本来ならば順序は逆だと思うんだけど、BMWのディーゼルも見てきた

***
ホームページで調べる限りでは、地元のディーラーにある5シリーズディーゼルの試乗車って普通のツーリングのはずだったんだけど、何故か実際出てきたのはセダンの、しかもMスポーツ仕様である。

この仕様、650万くらいもするような仕様なのに、シートはハーフパワーとでも言うべきスライドは手動でリフターとかが電動というような、中途半端なパワーシートだったりと、なんだかよく分からない装備になっている。

ただ、見た目バケット風になってヤル気を感じさせるシートそのものに関しては、格段印象は残らなかった。

でもよく考えてみると、この前乗ったガソリン(535i)と比べるとそれでも200万安いんだね。仕方ないね。

ちなみになんかフェアをやっていたらしく、アルピナD5やM6の試乗車がやってきてたりと、なんか凄い日だったようだ。

アルピナD5は恐ろしくカッコ良かった(小並感

***
肝心のエンジンフィールだけれども、どちらかと言えば古典的なディーゼルの味わいを残す感じで、マツダなんかと比べると如何にもディーゼルという趣が強い。

この辺りはルノー製ディーゼルとなるエクストレイルなんかもそうなので、結局市場性の違いなんだろう。

日本はなんだかんだ言ってディーゼルへの拒否感は未だに取れてないわけなので、メーカーも新規開発するならなるべくディーゼル色を消そうと努力するけど、そんなの関係ないヨーロッパではディーゼルはディーゼルということか。

自分は如何にもディーゼルって感じのが好きなので、コッチの方が好みだけれども。

ただ、結局BMWの場合はとにかく賢い8速オートマチックが組み合わされるので、ミッションとの協調で効率よく速く走るという感じなので、どちらかと言えばエンジンの勝っている日本勢と比べると、いくらガラガラ言うようなエンジンでも、その存在は黒子に近い。
これはガソリンでも一緒だったね。

***
ところで、Mスポーツの乗り味なんだけれども、従来のMスポ仕様の評判を聞いてると、Mスポっていうのは良くも悪くもステレオタイプなBMW像そのものって感じの、走るけれども硬いというものだけれども、現行5のMスポーツは全く違った。

ディーラーの敷地から出るとき、スロープを跨いだ時に、サスがふわんとストロークしたのが分かったんだ。

コレにはちょっとびっくりしたなぁ。
確かに現行の5シリーズは国産の高級車よりも柔らかいくらいのびっくりするくらいソフトなセッティングではあるんだけど、Mスポまで想像していたよりも遥かにソフトなタッチで、これMスポだったよねって一瞬戸惑ったくらいだもの。

それでいて、素の5で感じた無駄なボディの動きだけ綺麗に消してフラットに路面に追従するという非常に素晴らしく躾けられたもので、やはり最近の欧州勢というのはとにかく足を動かすということを念頭に置いてサスセッティングをしていると改めて認識した。

素の5っていうのは良くも悪くも良く出来たクラウンといった風情だけれども、こっちはちょっと日本車では追従出来るレベルの車は無いんじゃないかなぁ。
運動性と快適性の両立のレベルが高すぎる。
スポーティで言えばフーガのタイプSなんかは硬すぎるし。

ある意味、最近アクティブサスが流行らないのはコストの問題以外にも、割りとこういうパッシブでもそれなりものが出来るようになったからなのかもしれない。

***
ちなみにボディサイズはアテンザとあんまり変わらないのに車重はコッチの方が300kgほど重い。
(っつーか、あんまり変わらないのレベルが4.9×1.85mの凌ぎ合いってすげえな・・・)

BMWは代々見てくれよりも重い車が多いというが、何処がそんなに重いんだw

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ガイアが俺にこれを買えと囁いている?
Posted: 2013年1月 9日 07:51 中古車

E39_M5_001.jpg

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h172123709

E39の後期って2000年からだったっけ?
でもマイチェンしたのも秋ごろだったはずだから、いずれにせよマイチェン初年度のE39ってそんなに多くない気がするけれども。

もうこの世代のM5の相場なんてあって無いようなもの(そもそも在庫抱えてる店が千葉の某店ばっかりだし・・・)だから、高いか安いかはなかなか難しいところだけど、確かに200万前後のM5ってもうちょっとマイレージ嵩んだ車が多いよねえ。

E39のM5ならそれだけであと10年戦えますけれども、今の車みたいに数十万レベルなら落としてから考えてもいいけど、安いとはいえ200万は流石に。

個人売買はさすがに資金調達も難しいですゆえ´・ワ・`
(やってやれないこともない)

でもまあ、この車も14年落ちになるので、5リッターの自動車税8万8000プラス1割で10万弱とかまたまたご冗談をってレベルだし、ねえ。

板金痕っていうのも気になるし。

クオーターパネル辺りを当てたのなら、パネル交換するとそれは文句なしに歴有り扱いになるから、多少無理してでも板金(一応基準的には補修歴には当たらない)する人はいるけどねえ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

M5のMT
Posted: 2013年1月 9日 03:39 自動車

F10_M5_003.jpg

現行型だぞ(笑

でも実際のところ、この北米仕様のM5のMT、引っ張ってきたら欲しがる人って結構居そうな。

お台が9万ドルだから、今の為替相場だと850万円くらい、まあ色々とアッチでの税金とか輸入に係る経費とかを合計すれば8ケタ万円届くだろうけど、それでも日本仕様の1500万円+諸経費よりは安く上がりそうでしかもMT、絶対欲しがる人居るよね。

まあ、左ハンドルでMTしかなかったE39までのM5が日本ではマイナーモデルだったように、左ハンドルに引っかかる人も多そうだけどねw

あ、ガスガズラー税ってまだあるんだw
(北米版グリーン税制。20年以上前からある)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

北米仕様
Posted: 2013年1月 8日 20:04 自動車

ちょっと驚いた。

アメリカ仕様でも5シリーズにMTの設定がある上、アメリカ仕様には欧州仕様にすら設定の無いM5のMTがあるwwwww

アメリカ仕様には時々法規とかの関係でトリッキーな仕様がある(有名なのはE36のM3で、確かエンジンがエミッション重視のものに載せ換えられていた)ことがあるけど、エンジンも同じ560馬力のV8ターボのようだ。

なんだこれ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

欧州仕様
Posted: 2013年1月 8日 01:31 自動車

cosySecCAKH37VQ.jpg

ほう・・・。

※535i・MT・Individual仕様・フルオプション

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

バルブトロニック
Posted: 2013年1月 7日 22:09 自動車

この記事は、【BMW 7シリーズ 改良新型】直6、V8ともに新型エンジン採用について書いています。

むしろV8がやっとバルブトロニックになったことに驚き(w

このスロットルレステクノロジーも高回転域の制御性に劣るという性質上、Mモデルなどの高回転型NAエンジンには敢えて採用されていませんでしたし、一時期の直6ターボには場所が無いということで非採用になったこともありましたが、ちょいとばかし意外。

高級車は比較的スロットルを開かずに走る状況が多いはずなので、一寸のパワーもムダにしたくないローパワー車と並んでバルブトロニックのような技術が特に活きるカテゴリーだと思うのですが、不思議なモンです。

まあ元々BMWの中ではV8エンジンはマイナーな存在ではありますから、そういう意味ではカネ掛けてまで改良するほど需要も無い、要求も無かったってことなんでしょうか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

こういうの。
Posted: 2012年9月28日 22:41 自動車

BMW_F01_001.jpg

BMW_F01_002.jpg

こういうLEDライトとか液晶メーターとか、海外仕様では結構前から付いてるのは知ってたから、日本仕様じゃ削られてるのかなぁと思ったけど、導入されますか・w・

単に改良のサイクルが違ってただけか。

あとはBMWアシストみたいなテレマティックスサービスだろうなぁ。
あれ日本でやる予定はないんだろうか。

そういえば、レクサスでは逆に今度のマイチェンで液晶メーター無くなるんだっけ?
単にティーザーで出てきた車には付いてなかっただけ?

ところで「世界最速のハイブリッド」アクティブハイブリッド7、流石にチューンドのV8ターボを積むのはやり過ぎだと思ったのか、直6になりました。但しまだターボです。スペックも通常グレードのと一緒です。ミラーサイクルのNAでいいだろw

そして相変わらずV12ツインターボも生き残ってるっていうね。素晴らしい。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

コードネームF31
Posted: 2012年9月 5日 21:06 自動車

この記事は、BMW、3シリーズツーリングを発売について書いています。

BMW_F31_001.jpg

ふむ。

きっと誰もこの車のことは日本の届出型式で呼ぶ人間は居ない(w

別にいつものことですが。

E-G50という型式が実はBMWの7シリーズを指す場合もあるということも知っている人間が、この世にどの程度居るのか、っていうのと同レベルの話。

ということで、BMWもE系のコードネームが枯渇(?)したせいか、現行7シリーズからFに突入したわけですが、今度の3シリーズツーリングには「F31」が割り当てられるんだって。

でも、現行型の3シリーズはナマズみたいで嫌いだ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

悠久の翼
Posted: 2012年8月23日 04:11 中古車

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700056020520120127001.html

チンク=M5(爆

E60のM5は死んでもいらんが、E39は永遠のヒーロー。

乗り換える人が増えてるのが、久しぶりに出物が多い気が。

新車1400万の車ですが。
ようやく相場が落ちてきた。長かったぜ。

http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/945012080800510676001.html

っていうかこの車は相場の半分くらいですが、一体なんなんでしょう。

***

http://www.hanaguruma.co.jp/alpina/index.html

ってかM5の記録簿の記載が明瞭に残ってる個体の履歴見てたらちょっと頭抱えたっていう。

消耗部品の交換多すぎはもう何も言わないにしても、Q45ですら壊れないような部分の部品やら、どうしてそこを交換するのかちょっと理由が分からない部品まで普通に修理交換してるって大丈夫なんですかこの車。

しかもそのメンテナンスが古い車ですからレストア的にドサッとやるんじゃなくて、平素のメンテでどの車も定期でやってるってのがですね。

っていうか、ここまでメンテしないとマトモに乗れないような車なら、Q45にそのメンテと購入資金投入した方が色々まだマシな気もするっていう。

これくらい手間を掛ける気概がありましたら、そもそもどんな車でも車が変わります故。

それにここの業者はそういう風に結構色んな情報を載せてくれてるので、割りと「下調べ」がやりやすくて助かるんですけれども、その分だけ「?」なところも見つかるわけでして、自分的にちょっと注目してるこの13年式で最も条件が良さそうな個体、引っかかる点が幾つかありますた。

■車高が心持ち低い
これGoo-netでは書いてなかったんですけど、心持ち低いよなぁって違和感がずっと拭えなくて、改めて公式(やカーセンサー)見てみたら、やっぱり足回りに手が入ってるって書いてありますね。

■タイヤの銘柄がバラバラ。
最低3本。ヘタしたら4本とも。
確認できる限りでは、コンチのCSC2と銘柄不明、ピレリのP-Zeroネロ?とP7000。
しかもサイズが純正と違う・・・。

あとはドレスアップパーツがいくつか付いてる(残ってる?)事と合わせて、つまりこの辺りから推測するとコイツ結構弄ってあった個体じゃね?(売るときにノーマルに戻したんじゃね?)って推測ができるわけであります。

正直、M5となるとハデに弄った個体って実はこういうレベルではあんまり見たことがなかったりしますし、そもそもE39が現役だった時代からイジリには苦労するグレードだったようなので、弄っていたとしてもあまりハデではないんでしょうし、全体的なAISの評価点が低めなのももう古い車であることと、あと車の性格的扱いが荒い人が多いんだろうなぁで諦めることもできますが、この辺りを勘案してみていくと、実は今んところ一番安くて程度悪そうな15万km弱走ってる奴が一番マトモそうに見えたり・・・。

まあM5ってディーラーさんですらしかめっ面するくらいややこしい車みたいだから、15万km走ってる分だけ相応の扱いがされていた車っていう、一部のエンスーさんがドヤ顔で能書き垂れるタイプの車なのかもしれない。

そして公式ですでにSOLD扱いになってる格安(っぽい)M5、確かにコイツは値段と程度と履歴の塩梅がこの業者の個体の中では一番良くて、SOLDになる理由がそれなりに分かるってもんです。

こりゃ買うなら実物見て考えないと100%後悔しますな。

あとベンツのABC不具合多すぎワロタ。

信頼性を上げる努力をする気は無いんでしょうか。ベンツ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search