Driver's High


Search: iPhone / 21 Hits

iPhone X
Posted: 2017年11月19日 02:05 パソコン・ネット

小さいことはいいことだ。

***
小さくなってすごく持ちやすくなった・・・。

これでも実寸自体は小さい方の8とほぼ同寸なので、5系までやSEの4インチモデルよりはかなり大きいのだけれども、流石にPlus筐体+カバーのかなり片手に余るサイズ感と比べれば遥かにマシかなって。

最も画面のサイズはこれでもPlus以上の5.8インチを確保されているので小さくて大きいのだけれども、変態仕様の解像度&アス比のせいでやはり解像度の変化のあった5以来の非対応アプリの強制表示リサイズが復活。
この辺りはまだ出て1ヶ月経っていないとはいえゲーム系は対応が遅く、ソーシャル系は対応が早い。

***
パッと見た感じは6以降のデザインとあんまり変わらないけれども、ワイヤレス充電対応などの絡みで、4s以来の表裏ガラスパネルの復活と、これまた(X限定ではあるものの)4s以来のステンレスフレームの復活。

アスファルトの上とかにでも落っことさない限りどう扱っても全く傷の付かなかった、重戦車のようにタフな4sと同様の組み合わせが復活である。

最も、4sがなかなか傷つかなかった理由の一つには、ガラス面はともかくとしてフレームは無塗装でマットな仕上げのおかげで傷が目立ちにくかったというのもありそうなので、同じステンレスでも鏡面仕上げ・スペースグレイならさらに塗装仕上げになるXでは、フレームそのものには傷が入らなくても、塗装は剥がれてしまうようなことは普通に起こりそうだ。

***
パフォーマンス。

ハードウェアの仕様自体はディスプレイ以外は8Plusとほぼ共通とされているので、ディスプレイの解像度が高い分だけ3D描写は遅いらしい。

Plusが登場してから伝統的に差別化されていたメインRAMの容量に関しても、8と8Plusでは従来通り差別化されているものの、8PlusとXでは共通の3GB。

ここ最近はiPhoneも立て続けにメインRAMの容量を増やしていたものの、ここに来て足踏み。

アプリの方もメモリが増えだしたことをこれ幸いとばかりにリッチな性能を要求するものが増えているだけに、Xでは画面解像度のせいもあるのか、久々にちょっとメモリが足りない感じが出てきている。

ハイエンドモデルとしての性能自体は確保されているものの、XではVRAMの余裕を持たせるためにもせめて4GBにして欲しかったのだが。

A9辺りから囁かれ始めた、ミドルクラスのx86を食えるレベルの性能というのは今回も健在のようだけれども、生憎iPhoneではそれを顕著に体感できる作業はほぼしないので、3Dゲーが徐々に軽くなっていくことくらいでしか実感できないのである。

しかしどうしたことか、アズールレーンだけは異常にロードが遅くなるという不具合が発生中。
たぶんハードの仕様を鑑みるにX固有のトラブルではなさそうなんだけど。

***
Face ID。

Touch IDと比べると、ロック解除に掛かる手間が大きくなった。

Touch IDではその構造上、事実上一瞬でロック解除ができたが、Xでは顔認証をした後改めてロック画面をスワイプする手間が必要になるので、この辺りのレスポンスは有為に悪くなっている。

顔認証のレスポンス自体は数秒程度認証が出来ないと即タイムアウトするので、そういう認証が終わらなくて操作待ちが発生するようなことは無いけれども。

正直、精度に関しても最初に顔認証を登録した端末と顔面の位置関係にも大きく左右されるし、Apple Payとかでもそもそもの端末のインターフェースが変わった影響もあるとはいえ操作性が下がっているので、セキュリティはいいんだろうけど、実用性はTouch IDよりも低いかと?

最も、ロック画面の通知なんかをよく利用する人だと、Xの仕様の方が都合がいいかも。

***
OLEDディスプレイ。

OLEDはバックライトを必要とせずその素子そのものが自発光する構造上、IPS液晶よりも更に発色等で有利になるので、確かにコントラストは非常に鮮明になった。

ただ普通に画面を眺めているだけだと大して変わった気はしないけれども、黒の領域の大きい画面を見てると非常によく分かるし、不評の「ノッチ」部分が画面表示の工夫や塩梅次第では全く目立たなくなるのも、OLEDのコントラスト比の高さ故。

ただ、OLEDはその特性上、画面焼け・・・というか素子の劣化で画面焼けのような症状がどういう風に使っても確実に発生するという時限爆弾持ちなので、どんなに長くても3年使ったらポイだろうなあと。

あとTrue Tone機能で覆い隠されてるけど、デフォルトの色温度がめっちゃ上がった模様。
(オフにすると画面が安いノートパソコン並みに青くなる)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

デュアルレンズカメラ
Posted: 2016年10月 6日 22:03 パソコン・ネット

IMG_0060.JPGiPhone7では、Plusに限ってカメラがデュアルレンズタイプになった。

つまり、広角の標準レンズと望遠レンズの2つが搭載されたわけで、何気にちょっぴり望遠レンズの方に期待していたりする。

やっぱり、自動車のような大きな被写体を撮る時は広角レンズよりも切り取りや圧縮効果の働きやすい望遠の方が自分の望む画が撮れるのではないかと最近薄々思っていたところで、ちょっと試してみた限りでも引きの画になればなるほど威力を発揮するようで、望遠レンズの効果は上々と言える。

iPhoneのカメラの性能はヘタなデジカメを食うくらいいいけど、勿論iPhoneの望遠レンズは本格的なものではなく、どちらかと言えばデュアルレンズでの撮影によるちょっとした編集機能の拡張とか、或いはズーム時の画質を引き上げるような用途(2倍を境に切り替わる)が主眼だと思うので、しっかりした望遠レンズのカメラ買ってみようかなぁ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone7 Plus
Posted: 2016年9月28日 17:29 パソコン・ネット

今年のiPhoneは是が非でも買わなければならないと思っていた。

iOS10、Apple A10、つまり10世代目に当たるアーキテクチャが多く、しかもフルモデルチェンジ世代だから、7はiPhone10周年のモデルだと思ってたら、来年なんだってな。

購入が遅れたのは単に林檎が需要予測を見誤った煽りを受けただけである。

***
カラーバリエーションにiPhone5以来のブラックが復活した。

自分が選んだのは普通のブラックである。
だってジェットブラックは傷つきやすそうだったし。

しかし、両面ガラス張りで7のジェットブラックみたいな質感だった4sはともかくとして、セミグロスでメタリック調だった5の黒と比べても7の黒はマット感が非常に強くてプラスチックみたいである。アルミなのに。

写真で見たときから不自然に艶の無い黒だったので気になっていたのだが、実物も写真の印象そのままであった。

この辺りの質感は年々下がっていってる・・・というかジェットブラックとの差別化を意識したんだろうが、ある意味やり過ぎである。

***
筐体のデザインはほぼ6から変わっていないらしい。
アップル純正の6Plus用ケースが専用品みたいにピッタリはまる。

ボリュームスイッチも、ロックボタンも、マナーモードスイッチも、全部使える。

むしろ6と互換性があると言われた6sの方が寸法が合ってないと感じるくらいにぴったりである。

ある1点を除いては。

そう、7Plus専用アイテムのデュアルレンズカメラである。

これが少し6sよりも左下にずれたようで、レンズが半分隠れてしまう。
これが6と同じ位置にレンズが来るようだったら、フラッシュLEDは使えなくなるけれども、カメラまで使えるくらい同じだった。

ここだけが外観上の唯一の差異点で、事実上ケースが共用できなくなっている唯一のポイントである。

***
使用感はiPhoneである。以上。

iPhoneを使う以上は大昔から変わらない味。

***
7からはホームボタンが物理スイッチではなくなり、おそらくMacBookのトラックパッドと同じ感圧センサーと3Dタッチ(タップティックエンジン)による擬似クリック感での動作になったが、そのフィーリングはしっかりとした面積と剛性の確保されたMacBookのそれと比べれば、よく言って押し込みに合わせて本体もボタンと一緒にベコベコ歪んでいるような安っぽい感覚、悪く言えばホームボタンを押す動作に合わせて本体下部が振動しているだけという風に感じることも少なくない。

でもなんやかんや言ってiPhoneでは「不自然だ」と思ってしまうこのタップティックエンジンによるホームボタンの動作も、電源が切れてる状態で触ってみるとMacBookのトラックパッド同様「タダのくぼみ」で、電源が入っているときのように「とりあえずは何かを押しているのだろう」という感覚が全く無いので、結果的には意外と上手く人間の感覚を騙し通せている。

***
デュアルカメラについては、標準のカメラアプリでは自動切り替えでユーザー側で明示的にどちらのレンズを使うかは指定できないようだけれども、いわゆる望遠レンズ側は自分が今まで撮りたいと思っていた画が撮れそうなので、ちょっと期待している。

***
ステレオスピーカー、スピーカーの位置的にはイヤホンジャック廃止したんだから底面×2なのかと思ったら、従来の位置に1つ、そして受話器スピーカーをそのまま流用する形で1つなのだな。

いや、確かにそこも元々スピーカーだけどさ。

どっちがLRなのかは判然としないが、どうも受話器SP側がLっぽい感じがする。

だけれども、つまり片方だけでもスピーカーが正面に来るというのは、比較的ステレオサウンドの配分がはっきりしていてゲームなどのように必ずリスナーが本体(スピーカー)正面に来るような場面の場合には、大変効果的であるというのを再認識する(FGOなんかは音響がかなり変わったように感じる)。
逆に動画サイトばっかり見てるような人だとあんまり差を感じないのではないか。

スマホの音響って、iPhone4sで初めてそれに触れた時は、ガラケのそれと比べて凄まじくレベルアップしたように感じたものだけど、それでもやはり本体底面からだけの出力では限界があったんだな、と思う。

***
あとは最近毎年のように変わる通知センター絡みの使い勝手がまたかなり変わったのと、なんだかやたらブルブル震えるようになったけれども、気になったのはその辺りくらいだろうか。

***
しかしながら、近年のiPhoneで気になっているのは、Android機との性能競争に巻き込まれているような気がするからである。

本来、iPhoneはいわゆるユーザーエクスペリエンスを重視する手前、説明しても通じにくいハードウェアの性能はあまり前面に押し出さない傾向があったが、6辺りからはその辺りを以前よりは積極的にアピールするようになってきた。

勿論、先代6sなんかは久方ぶりのRAMの増強やストレージの高速化など、使用感に直結する部分でしかもiPhoneの弱点とされていた部分が大幅に強化され、実際体感性能は6sから爆発的に上がったのだが、ある意味それはiPhoneを代々使い続けていないとわからない部分で、しかも以前はマニアユーザーが自主的に調べて悦に浸るような部分を、林檎自らがアピールしだしているのである。

これはヘビーユーザー層の厚いAndroid陣営と同じ構図で、本来そういうところとはユーザー層の異なるiPhoneには諸刃の刃である。

まあ、この辺りは急速にコモディティ化の進んだスマホ故、「ウチはウチ」で済んでいた時代は終わり、重箱の隅をつつくような改良をしなければ進化も無いという時代になったからなんだろうが。

***
とりあえず、アップルペイが早く来てくれないことには色の変わった6s程度の違いしかない状況なのじゃが・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone SE
Posted: 2016年3月23日 00:51 パソコン・ネット

流石に買わないけれども、どうも本当に3Dタッチが無い以外はほぼ4インチの6sだそうだ。

でもその割に6sよりも2~3万安いのはやっぱり感圧タッチとか仕込んだ液晶が高いのか。

最も、当初の噂ではRAMが6sの2GBから1GBに削減されている・・・という噂もあったが、よくよく考えるとiPhoneのメモリはCPUに統合されているので、6sと同じApple A9である以上は2GBという解釈でいいのか・・・とようやく納得した直後のついったでこの件に関する会話。

「アップルという企業をナメないほうがいい」

そうでした...。

当のApple A9、サムスン製とTSMC製でまるで作りが異なる(カタログスペックはプロセスルールとサイズ以外は一緒・・・らしい)ということをやらかしたばかりでした...。

でも、RAMが1GBになってたら魅力半減くらいに違うんだけど、どうなんだろ。

***
筺体はiPhone5系のものをほぼそのまま流用しているようだけど、個人的には5系のデザインは欠陥商品レベルだと思っているので、これでよかったのかなぁ...。

iPhone5系の筐体はエッジが立ったデザインになっているが、アルミ製故エッジを立ててある部分が非常に弱くて、いつの間にか削れてしまうのだ。

ケースを付けていても削れるのだから、最早欠陥デザインである。

その証拠に6ではエッジが削り落とされ滑らかなデザインになった。

まあ、突然こういうのを出しますって言って新しく筺体のデザインをしている暇が無かったのかもしれないけど。

***
とはいえ、かつてファブレットと呼ばれた5インチ以上のクラスのスマホが小型タブレットの市場を食ってしまい、りんごにしてもiPad miniが死にかけている理由の半分が大型化したiPhoneにあることを考えると、住み分けを求めて4インチに回帰するのは半ば必然であったのかもしれない。
林檎ユーザーは他社製スマホユーザーと比べても特に小型化志向が強いと言っても。

まあ、次の7が3サイズで出るのか、2サイズだけどどういう組み合わせになるのか、SEの登場で一気に分からなくなったけれども、4インチと5.5インチの組み合わせになったら、死ぬほど悩んでどちらかを買うことになるだろう。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone6s Plus #2
Posted: 2015年9月28日 15:05 パソコン・ネット

3日ほど使用してみての感想。

■メインメモリ
メインメモリ倍増はベビーユーザーにはかなりの魅力。
特にアプリをバックグラウンドに退避した時の安定性が大幅に向上している。

例えば、バックグラウンドに回ると不正終了することの多かった「ハイドラ!」や、いちいちタイトル画面に戻されることの多かった「Fate/Grand Order」などが、バックグラウンド動作の状態にしても安定して動作を継続し続けられるようになった。
(Fate/GOの場合はそれがいいのか悪いのかは分からんが)

従来より、コプロセッサーのM7を搭載した5sからはフィットネスアプリなどコプロセッサーに対応するアプリは別にフォアグラウンドに常に出しておかなくても勝手にデータを収集して動作するような芸当は出来たのだが、6sからは表に出しておくほどでもないけれども、バックグラウンドでは動作させ続けたい・・・というタイプのアプリ(自分ならハイドラ以外にはWaze辺りか)との親和性が従来よりも大幅に上がっている。

或いはFate/GOなどのメモリ負荷の大きな重いゲームアプリなんかは、いわゆるメモリデータのスワップ動作も抑えられるらしく、そういった点での動作の軽快感も上がっているような気がする。

自分の場合はこの辺りのアプリの動作が安定したのが一番嬉しいのだが、身近なところではSafariなんかもそういうバックグラウンドに回ったページなんかが見やすくなるんじゃないだろうか。

■Apple A9
コア単体の処理能力が大幅に向上したせいか、重いアプリでも処理に余裕が生まれて結果的に発熱が減ったりしているような気がする。

依然iPhoneではコア数自体はメインCPUでデュアルコアのままなので、マルチスレッド対応が重要な場面では3コアになるiPad Air2の方が速そうではあるが、「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」なんかだと、6ではカバー付けっぱなしで遊んでいると発熱し過ぎてサーマルスロットリング&処理落ちコンボでマトモに遊べなくなったりしてたが、6sではそういうことが無くなっていたりとか。

でもベンチマーク取るとMacBook12インチよりパワーあるってホント?

■低電力モード
コレは正確にはOSの機能なので、対応機種なら旧型でも使える(6でも使えた)のだが、結構強力な省電力性能がある。

ムダなバックグラウンド通信を抑えるのが特に大きいらしく、電波事情のあまり良くない場所に滞在する際の電池消費が大幅に軽減する。

例えば、これは6時代の比較結果だが、自分の場合は金沢~大阪の高速バスによく乗るわけで、この間結構電波事情の良くない地域を長時間通過するわけだけど、このバスに乗っている5時間の間に全く利用しなくて20~30%もバッテリーが消費することもあった。

これを抑え込むには一つの方法として機内モードがあり、これでその間の消費量を10%程度に抑え込むことができるが、これは単に電波発信をオフにするだけの機能なので、当然CPUなどは通常動作してしまうし、その他アプリなどが通信しようとする動作自体までは止められないようで、この辺りで少々バッテリーをムダに食っているようだった。

省電力モードの場合、ネットワーク接続自体までは止めないため、ユーザーが例えばネット閲覧などをすると通信してしまうが、そのまま待機状態に置いておく分にはこの機能の説明にある通りバックグラウンド通信の動作自体を全く行わなくなるらしく、CPUのダウンクロックなどと合わせて大幅に消費電力が抑えられるようだ。

故に6sになってからはバッテリーがリフレッシュしたりしたせいもあるんだろうが、省電力モードだけで5%くらいしか消費しないとかそういうレベルまで進化してきている。

■3Dタッチ
面白いことには面白いが、今のところは有用に活用できるAppがあまり無いような気がする。

意外とメジャーなアプリは続々と対応してきているし(Twitter・Instagram・Evernoteなど)、主要な純正アプリは当然対応しているので、使えるアプリ自体は結構あるのだが、TwitterやShazamが3Dタッチで即ツイートや聞き取り画面を呼び出せるようになった以外は、イマイチピンと来ない機能しか持ってない場合が多いような。

この辺りはアメリカでは使えるけど、日本ではまだ使えない・・・という機能が結構あるのも響いてる気がするけど。

しかも、押し込みに必要な力が感度を高くしても相当に大きいので、それも使いづらさに拍車をかけている気がする。

あと確かに3Dタッチ動作時にはブルンとフィードバックが返ってはくるのだが、MacのForce touchのような擬似的なクリック感というような感じではない。
(Dockに入れているアプリなんかはそれっぽく感じるが、それ以外の場所で動作させると明らかに振動ユニットが本体の下の方にあるというのを意識させられる)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone6s Plus
Posted: 2015年9月25日 17:34 パソコン・ネット

自分はau組なので4Sからの人間なのだが、(auとしては)初物で色々一悶着あった4Sは例外として、それ以降のシリーズでも発売日に新型を手にできたのは今回が初めてのような気がする。

予約自体は予約日当日に済ませているのが恒例なのだが、今回に限ってはネット予約だった。

ネットの方がこういうのはなんだかんだで早いのか、今回は生産が十分に間に合ってるのか、それとも単に売れていないのか。

***
まあ、見た目は見事に6と全く同一である。

持ってみれば明らかに重くなってるのが分かったり、寸法自体も誤差程度のレベルで大きくなったりはしているのだが。

***
しかし、ケースに嵌めてみると確かにサイズが変わったというのが分かる。

去年から使い倒しているアップル純正のレザーケースなのだが、6Sケースが6にも使えるようにその逆も一応は可能なようで、なんかガバガバだなぁという印象の強かった6時代と比べると、明らかにキツキツな印象になり、またケースの縁と画面がツライチに近くなっているので、ガード性はかなり下がっていそうである。

逆を言えば6S用のケースを6に流用すると、ただでさえガバガバだったのが余計ガバガバになりそうでもある。

***
話題の3Dタッチに関しては、Macで同種の機能を体感した時ほど感動は無い。

アップル純正Appはともかく、サードパーティにも上手く活用できる手段を提供しないと、すぐに存在を忘れそうであるw

でも、3Dタッチ動作時のアンサーバックとしてもバイブが機能するようになったせいか、バイブレーションの感触は明らかに前と違う。
(Android系のそういうタッチ反応を返してくる機種と同じような感じになった)

***
まあ、環境を復元すると基本的な使用感は以前と見事に変わらない。

それはiPhoneの美点でもあるのだが、反面そういう3Dタッチのようなハード的な新機能の存在感も希薄になるということで、さっきも言ったけども、その辺りをどうアピールしていくか、だよね。

性能的にはメインメモリが倍増したりして、ヘビーユーザーには明確なメリットが有るだろうけれども、今回のそれは現時点では実用上は例えばSiriやLTE、Touch IDの実装された時ほど明確な違いも感じないので、6からの買い替え・・・となるとその魅力は案外薄いような気がする。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

アッポー
Posted: 2015年9月11日 00:34 パソコン・ネット

iPhone6Sは筐体のサイズが誤差程度に変わってケース業者乙らしいけど、アップル純正のケースで考えるなら6用と共用できる気がする。

5用の純正ケースは異様に精度が高くて、あまりにピッタリハマりすぎたから、コンマ単位の変化でも入らなくなりそうだったけど、6用のケースは5の精度が嘘のようにガバガバかつ造りが雑なので大丈夫と思われる。

スペック的には順当な進化か。

カメラが1200万画素になるらしいが、iPhoneのカメラって画素数は少なくてもその分だけ画素辺りの画質がどえらくイイというイメージがあるので、この辺りどうなるんだろう。

***
買い替えで言えば、4S以降順当に毎年買い替えてきたけれども、さて今年はどうしようかなーという感じ。

っていうか去年もなんかそんな感じでしたね。

***
iPad Pro。

今年は普通のiPadの新型が無かった代わりに予てから噂のあった大画面のProが出てきたけど、流石に個人用途で12.9インチはデカすぎやしないか・・・。

重量的には劇的な軽量化を果たしたAirの系譜を受け継いで、あのサイズで700g強と、薄型化前のiPadと1割も変わらんのだが、鞄の中に突っ込むには10インチくらいまでが限界なのじゃ。

まあこのサイズを望んでいるのは主に法人という話で、個人ではあっという間に飽和してしまったタブレット需要も法人はまだまだ成長の余地があるということで、双方の思惑が一致する形で出てきたらしい。

***
その割にはminiの新型は何故か登場。

今となっては流行りモノのそのまた中の一時的なブームだったと総括されつつある小型タブレット、miniもご多分に漏れず確か初代はそれなりに売れたけど新しいのはジリ貧だって言われてるのに。

最も、薄くなってCPUがA8になった程度では、新型感は薄い。

奇しくも数カ月前にiPod touchも新型が出たけれども、CPUも同じならやれることもほぼ一緒でまさしくデカいiPod touch。
いや元からそうかもしれないけどさ。

単に名前変えただけじゃんレベルだった先代よりはマシだけど。

***
お値段的にはProがセルラーモデルで1000ドルを超えてしまっているので、日本に持ってきたら為替や諸々入れて15万くらい?

そろそろ年末で3年目を迎えるiPad4もいい加減限界だから買い換えたいけども、わざわざ型落ちAirには興味なし、Proは高すぎデカすぎで持て余しそう、miniは微妙、となると、ノートと統合してSurfaceでも買うか、1回は触ってみたい泥タブでも買うか、それとも思い切ってタブレットはもうやめる(iPad4続投?アップルケア切れてるから壊れたらポイだけど)か。

***
Pro用のスマートキーボードはキー配列がMacのキーボードとほとんど同じだけど、これはちゃんと全部のキーが使えるようになるの?

最初はBluetoothで色々繋がるのかと思ってたけど、あれたぶんiPadしか繋がらないよね。

今のiOSデバイスって、たとえAppleのキーボードをペアリングしても汎用キーボードと同じ挙動、というか死にキーが大量に出てきたり、一応キーボードも使えますよ程度の妙な挙動が出るんだけど、それを解消しないと無意味になるキーが大量に出てくるけど・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Handoff
Posted: 2014年10月22日 13:37 パソコン・ネット

iPhone・iPadをiOS8.1にアップデートしたところ、YosemiteMacとのBluetooth接続が不調になってしまった。

Handoffなどの機能は全てBluetoothも介して連携を組むわけなので、そうなるとiOS8とOS X Yosemiteが自慢する連携機能が全く使えなくなる。

何故そのような現象に気づいたのかというと、まずInstant hotspotの動作がおかしいことに気づく(Wi-Fi管理画面にiPhoneが現れない)。

次に純正の連携機能とは別にNotifyr(これは青歯でデータのやり取りをする)もペアリングが解除され動かなくなっていることに気づく。

勿論Handoffは全く働かない(何故か電話の連携だけは問題ないようだ)。

以上の事柄から、Bluetoothが絡んだ不具合であると推測したわけである。

しかも単にそういう機能が使えないというだけではなく、Bluetoothの管理画面からも双方のデバイスが見えないという状態である。

しかし不思議なことにiOS同士のHandoffはほぼ問題なく動作し、またBluetooth自体はやはりOSX・iOS間以外では普通に動作しているという、全くを持って不思議な状態に陥っている。

今回のアップデートではBluetoothなどの接続改善も含まれているというが、不思議なものである。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Yosemite
Posted: 2014年10月19日 20:36 パソコン・ネット

AppleのOSアップデートは何故か毎回のようにバグ祭りが開催されるので、せめて1週間は様子見てからアップデート・・・と思っていたけれども、1日も待てずにアップデートw

まあ今回は特定のアプリを入れるとアップデートに異様に時間が掛かる程度の不具合しか今のところ出ていないみたいなので、見切り発車。

今回のアップデートは見た目も当然だけれども、Handoff絡みのOSXとiOSの連携強化がすごい魅力的だったから。

でも実際のところ、iOS8で一足先にその手の連携は一部体験できたのけれども、あのiPhoneの着信を他のデバイスで取り次げる機能、アレ凄い魅力的に見えるけれども、実際使ってみるとアレなんだよ。

Appleはどうも連携するデバイスがそれぞれ別の部屋にある事を想定してるみたいだけれども、実際には同じ部屋にあるんだよなwww

だから電話が掛かってくると一斉に着信音が鳴り始めてウルサイとwwww

アメリカとかでは寝室とパソコン部屋が分かれてるのが普通なんですかね?

***
インスタントホットスポットもとてつもない片手落ち要素がある。

つまりiPhoneとかがロック状態だとそもそもMac側からテザリングの設定ができないという。

まあiPhoneのテザリングって、元々そういう風にロックに入ったりすると勝手に切れるのがなぁ・・・。

***
AirDropはアレは何故かOSXとiOSでは互換性が無かったのが、Yosemiteからは相互に連携できるようになった。

最も使うかと問われると謎である。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Hey,Siri
Posted: 2014年10月 3日 17:33 アフターパーツ

iOS8からSiriが音声呼び出しもできるようになった。

これがナビのハンズフリーと組み合わせると簡易Car Playとも呼べる環境を構築できることが判明。

勿論、これはHey,Siriという機能を使って単にSiriをハンズフリー呼び出ししているだけなので、Car Playが標榜してるようなiPhoneとカーナビの一体化みたいな思想は実現できないけれども、Siriがこういう形で呼び出せるということは、たぶんCar Playがしようとしていることの半分以上は既に出来ると思われる。

最も、Hey,Siriの仕様上、ウチの車の場合だと車載のマイクから音声を取得してるのか、それとも本体のマイクから直接取得してるのかはよくわからないけれども、少なくともSiriの呼び出し自体は常時できるみたいなので、問題はない。

しかしながら、そういうことを考えると、林檎が考えるCar Playとは、そんなカロッツェリアとかが出してるアプリユニットの林檎版みたいな仕様にするよりは、各社のカーナビの機能を拡張したり、或いはSiriやiPhoneでナビを制御できるようにする拡張機能的なポジションの方がいいんじゃないの、って思ったりする。

例えば、Siriでサイバーナビの目的地を設定できるとか。

まあ、カロのアプリユニットなんかは楽ナビと比べても更に廉価ですから、カーナビを更に進化させる機能というよりは、高価なカーナビは載せられない車向けの機能・装備なんだろうか。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone6
Posted: 2014年9月16日 13:31 パソコン・ネット

iphone6.png
当然のように予約済みなのである。

少なくともauがiPhoneを取り扱いだしてからは毎年買い換えてる状態なんだけど、確か5sの時はいい加減2年は使おうとか思っていたはずなのだが、気がついたら6を予約していたのである。

128GBを。NFC付くし。

しかもデカイのなんてiPhoneじゃねえ!とかいいつつPlus。

128GBとNFCはある意味iPhoneに一番望んでいた仕様であるので、買わざるを得ない。
でも5.5インチは他の同寸の機種をちょっと見てみたけど、いくらなんでもデカすぎだ。

でもこのNFCにしても付くって最初発表された時はイヤッホゥ!遂にSH-04A引退!(※iDで使ってる)と思ったけれども、まずスクリーンに映し出されたVISA・アメックス・マスターカードの文字と、Apple Payという名前を聞いて思ったのである。

もしかしてこれFeliCa対応してなくね?

今のところこの辺りについての詳細は未だに不明だけれども、恐らく非対応であろうという各種予測と、そもそもApple Payという自社への囲い込み政策(お約束)を抱き合わせているということは、無理なんだろうなぁ、と。

この辺りはまだモバイル決済が浸透しておらず、かつシェアも落としている欧米市場対策も兼ねているんだろうけど、日本でNFCをウリにする機種を大々的に売りたかったらFeliCa対応は必須だよなぁ、と。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

同期エラー?
Posted: 2013年10月27日 09:06 パソコン・ネット

itunes_error.pngどうもこの点線の丸、本体への転送待ち表示らしいな。。。

だから普通は転送が完了するとグルッと円グラフのように黒く描写されて消える。

時々iPhone(iPad)との同期に曲単位で失敗して本体側から曲データが見えなくなることがあるんだけど、その時に上手く反映されない曲には大体このマークが出てるからなんだろ?と思ったらそういうことらしい。

そりゃ、iTunesのヘルプにも記載されてないわな。

そもそもこの問題、Appleのコミュニティですら正しい答えが全く知られていないので、今のところ正確な原因や対策というものが全く不明、とにかくただ同期に失敗しているようだということしか分からない。

正常化したければ今のところ全曲消して入れ直すしか無いけれども、iTunesの同期管理は不完全なのか時々こういう事が起こってiTunes側からはそういうデータの管理ができなくなるので、本体側から曲を消して改めて入れ直すしか無い。

でも、このマークが出っぱなしの状態でも反映されていることもあるし、だけど何度再同期してもこのマークは消えることがまず無いのでわけがわからない。

まあとにかく何故かこの同期の動作が妙に不安定なんだよねえ。

iTunesがWin版だからなんだろうか?

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone5s
Posted: 2013年9月22日 23:59 日記

20日には手に入らなかったが案外早かったw

4Sの時は半月くらいかかったのに。

一番変わったのは・・・やっぱ色?(爆

5sからは黒が無くなってスペースグレーになったけれども、ディスプレイ側から見るとホームボタンが指紋認証対応になった以外は変わっていない。

でも、スペースグレーになった部分(アルミの部分)は、結構この色、写真で見るよりもシルバーに近いグレーで、色が変わってない部分とのコントラストは鮮明で、ディスプレイ側から俯瞰で見た時の印象はちょっと4Sの黒っぽい見た目。

特にエッジの部分がメッキかポリッシュメタルみたいな質感だから、サイドフレームがステンレスだった4Sっぽく見えるのかも。

使ってみた感じ・・・指紋認証がちょっと面白い以外は全く変わらん(w

5でもすでにiOS7仕様を数日使っただけにね。

5s特有のハード機能とかを使うアプリとかが増えてくれば変わるのかもね。

***
そういえば、800Mhz帯のLTEに対応したお陰で、自宅周辺もLTEエリアに。

おうちのケーブルより速いお・・・。
(特にうp側。倍以上出てる)

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone5s
Posted: 2013年9月14日 01:19 パソコン・ネット

何故か5sの事前予約は取らない、と各社申し合わせたように発表したけれども、ダメ元でauショップに駆け込んでみたところ、「予約の予約」というなんとも奥歯に物の挟まった対応をしていただいたw

こりゃ20日にゲットするのはほとんど絶望的だな。
勿論、20日の朝、或いはそれ以前から並ぶなんていうのはできないわけで。

5sに関しては本当に対応が決まってないようで、予約の予約とは「希望は一応聞きます、とりあえずなんか決まったら連絡します」程度のレベルで、現時点では予約の予約したところで何か優先予約ができるわけでもなく、20日以降に改めて予約してもらった順から販売するんだと。

でもそれだったら20日にいきなり店訪ねた人とかどうなるんだろう。
予約取って順番が間に合わなかったら追い返すんだろうかw

最も、自分が行ったauショップは暇そうだったけどねw

その近くのドコモショップは近年見たことがないくらい(駐車場は)混んでたけど。
(隣のドラッグストアの客が溢れただけかもしれない)

***
色は結局スペースグレーにしそう。

ゴールドとかリークで出た時は色めき立ったけど、コーディネートが金×白なのが気に入らない・・・。

金はやっぱり黒と組み合わせないと。

128GBとか言われてたの、何だったんだろうね。

***
ドコモが4Sで初めてiPhoneを取り扱った時のauみたいな対応しててウケるw

***
ドコモ独自のdマーケットとかは別途appをiTunesからDLする感じになるそうだけど、それだったらたぶんどこのキャリアのiPhoneでもapp自体は落とせるので、ドコモの契約も持ってる自分はauのiPhoneからそれを利用することも出来るんだろうかw

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

R.G.B. #2
Posted: 2013年7月 3日 00:55 アフターパーツ

先日の続き。

メディアデータをiPhoneで全てを管理してしまおうと思った。

が。

ここにも落とし穴があって、iPhone5×ZH0009だと、よく考えてみるとまずLightningコネクターはアナログの映像出力が出ていないので、単純に有線接続してiPod扱いにしただけでは音楽は流れるが動画を見ることはできない。

けれども、映像もデジタルでは出ている。

ので、LinkwithのためにせっかくHDMIに変換するアダプタを買ったのだから、まるで役に立たないLinkwith同様、HDMIから音声と映像を流すことになるが、今度はHDMI側からデータを流した場合、なんとiPodモードにならない(!)。

どーもこの接続で繋いでしまうと、事実上スマホはLinkwithのために使うような形になるようだ。

別にLinkwithとHDMI入力自体はイコールではない。
そもそもHDMI自体は映像音声の入出力端子のひとつなので、HDMIモードは数ある外部入力モードの一つ、単なるビデオモードなので、LinkwithをせずともHDMIモードでナビにはiPhoneからの映像・音声がそのまんま出る。

ただしそれだけだ。

しかもこれでは本来はタッチで操作している画面が見えてるのに操作は基本的にiPhone側で行うことになる。なんてこった!

しかしそれを解決する方法がひとつある。

それがこの「エンブリーLinkwith」。

結局、カロもワザとやってるのかやってないのか、Linkwithモードで動作するメディアプレイヤーアプリが用意されていて(ryという、大変めどい仕様になっているのだ。

もちろん、ニコ動が見たいとかそういうイレギュラーな事をやりたい時はいつでもiPhoneである。
でも単にLinkwithせずにiPodなどから映像・音声を垂れ流したいのならDOCKコネクター時代のモデルの方が良さげであるが。

どうしてくれよう。コレ。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

ダディクール
Posted: 2013年3月 1日 12:48 ジムニー

ようやく車載ホルダーを購入したことにより、車載iPhone・iPadが可能となった。

これでジムニーは一気にカーナビ・デジタルオーディオ・ドラレコ・ハンズフリー電話・メール・Skype・Twitter・YouTube・ニコ動・ウェブ視聴などなどが出来るようになった・・・と書くとジムニーが現代的な超ハイテクマシンになったように感じるが、要するにiPhoneとかiPadがそれらしく載ってるだけである。

ちなみにETCはまだ無い。

IMG_0230.JPG

でもiPadはいざ載せてみたら真ん中が完全に死角になる。Shit!

だけどそんなことよりも車載動画撮るのがおもしろいです マル

元画像が10分1GBで何するにしてもやたら時間がかかるのは閉口するけど。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

やってみたけどできなかったよ・・・。
Posted: 2013年1月31日 01:03 アフターパーツ

サイバーナビに有線でiPhoneは(データ端末として)繋がるのかという実験。

ウィルコムの端末はハーネスが何気にUSBなので、同じくUSBで相手機器と繋がる形になるiPhoneの充電コード兼データ転送コードもウィルコム端末とサイバーナビを繋ぐハーネスにそのまま繋ぐことが出来る。
但し、携帯電話(通信端末)として認識するかは未知数、というところ。

昨日久しぶりに動かせる合間があったので試してみる。

いざ繋ぐ。

充電が始まった。どうやら電源は(当たり前だけど)通っているみたいだ。

しかし、残念なことに携帯電話としてもデータ通信端末としても、ナビ側には認識されない。

とりあえず、車内でお手軽にiPhoneの充電ができることは分かった。
だがそれだけでは意味が無い(笑

結局、対応している端末を接続すると、「機器が接続されました」というメッセージが出るので、これが出ない(そして操作しても反応しない)iPhoneでは、有線だとBluetoothでは可能なハンズフリーとかすら不可能ということに。

見た目は普通に携帯電話を有線で繋いでいるのと一緒なのに、一体何が違うんだろう。

***
そういえば、やっぱり非対応機器、或いは通信端末非接続状態で通信しようとすると、「機器が繋がってません」というエラーが出た。

何も繋がってないことを確認していたはずなのに、普通にスマートループを受信していた社長の店の楽ナビは一体何と通信していたんだ・・・。

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

サイバーナビ
Posted: 2013年1月15日 14:29 アフターパーツ

ND-HUD1.jpg

実物を見ると意外とハッキリ見えて想像以上に面白いでありやがります。

ハッキリ見えすぎて投影画像が乗ってる部分は背景が見えないくらい。
あと、解像度はそれほど高くないのか、結構投影画像は粒子感の強い見た目。

最も、あくまで室内での感想であるので、太陽光の下に持って行ったらどう見えるのか分からないけど。

でも、ウチの車に付けると結構圧迫感出そうだなぁ。

ウチの車のバイザーの位置だと、思っていたよりも手前に付く感じになりそうなんだよね。

視点とコンバイナーまでの距離が近いと相対的にちっさく見えるので、それも実用性とか、実装着した時の見た目にどう影響するか・・・。

Continue reading

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

L・T・E!L・T・E!
Posted: 2012年9月25日 04:58 パソコン・ネット

ふと、駅西のニッサンでiPhoneを見たらLTEの電波があることに気づいたので、嬉々として速度を計測してみた。

iPhone5_LTE.PNG

LTE、予想以上に速い。

でもこれが実際の数字かっていうと、これかなり過小評価になってると思う。

どーもこの計測アプリの仕様が20Mbpsくらいまでの回線向けにチューニングされているらしくて、LTEみたいな高速回線では計測時間というかサンプルの送受信容量が少なすぎるみたいで、実態速度が測りきれてない感じ。

雰囲気ではダウンはおそらく30Mbps以上は確実に出てるような感触。
アップは微妙だけど、それでももしかしたら10~15M程度まで行ってるかもしれない。

まあ田舎過ぎて庭のiPhone5ユーザーがまだ少なそうっていうのも、割りと良い記録が出た要因かもしれない。

尚一番下の数字は自宅周辺の3G回線のものw

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

iPhone5
Posted: 2012年9月21日 20:44 パソコン・ネット

■ウワサの林檎星の地図は案外普通だった
但し見た目は寂しい。

■デザインが全体的に安っぽくなった
ガラスと金属で構成された・・・っていう感じのアナクロチックだけど如何にも重厚な筐体から、なんだかフツーっぽい筐体に。

フロントパネルは当然ゴリラガラス、バックパネルは一応アルミらしいけど、なんかそうは見えない。
軽量化された以上にスカスカになったような薄っぺらい軽さに感じる。

4Sの本体に初めて触れた時は質感・重量感ともに国産機離れしたとんでもない逸品で、「なにこれすげぇ」ってカルチャーショックレベルだったのに。

4(4S)はとにかく全体が硬質無垢なガラスと金属に覆われてるようなデザインだったので擦過傷には異常に強かったけれども、5はなんだか安い塗装を多用している感じで、バックパネルなんかカバー無しだとこれムチャクチャ傷入ると思う。
ていうか既に謎のチッピングキズがありますしおすし。

なんていうか、先代まではアップルイズム全開の確信犯的デザインとも言えたけど、新型は単に流行りを追っただけの普通のカッコイイスマホ。

今のスマートフォンっていうのはiPhoneフォロワーの大群なのに、肝心の親玉が下々の者たちに擦り寄ってっちゃった感じ?

なんか、そういう意味ではタイミング的には最悪なレベルで、ジョブズが死んだからフンダララ~っていうような、いらん詮索されるんじゃないの。

■使い勝手は特に変わったところは無い
単にスマートフォンとしての機能性を考えれば、良くも悪くも大した変化なし。

見た目は安っぽくなっても気密性の高そうな作りは健在(でもなんか音出すと以前は無かった、本体内部で共振しているような感じもする)、ハードウェア的な設計も堅実でAndroid機みたいな出来・不出来は気にしなくてもいい、高い完成度は相変わらずだと思うけど、見方によっては非常に保守的な機種だと思う。

まあ4Sの時の流れのまま扱えるようなノリで、昔のガラケみたいに物珍しい間は弄り回すけれども、飽きたら終わりってことはないだろうけど。

LTE?なにそれおいしいの?

にほんブログ村 車ブログへ 


Comments: 0

Search